茨城のホテル・旅館 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
宿・ホテル予約TOP > 茨城のホテル・宿泊施設

茨城のホテル・宿泊施設

地図から探す

宿泊日

人数等 部屋

大人

子供

0名

茨城 ホテル・宿泊施設情報

茨城県は、関東地方の北東部に位置する県です。江戸時代は徳川家が統治する水戸藩がありました。関東平野の東側にあたるため農業が盛んでしたが、石油化学や発電所、鉄鋼業といった工業地帯が発展しています。また、つくば市には筑波大学を中心とした筑波研究学園都市があり、科学技術関係機関が集中しています。
観光スポットとして挙げられるのは、水戸藩の中心地であった水戸市です。時代劇の登場人物として有名な徳川光圀ゆかりの地としても知られています。水戸徳川家によって整備された偕楽園は日本三大名園となっています。毎年春には水戸梅祭りが開催され、多くの人が訪れます。沿岸部の大洗町は、夏は海水浴、冬はあんこうなど地元の海の幸を用いた鍋といった、四季折々の楽しみを持つリゾート地という面を持っており、多くの旅館やホテルがあります。県南部には広大な関東平野を一望できる筑波山や、日本第2位の湖である霞ケ浦など、首都圏からアクセスしやすい景勝地があります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

大洗・ひたちなか

※最安料金は、5月27日 10時39分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

水戸・笠間

※最安料金は、5月27日 10時39分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

霞ヶ浦・土浦・鹿島・潮来

※最安料金は、5月27日 10時39分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

ページの先頭に戻る

  • 茨城県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 筑波温泉

      首都圏から車で2〜3時間で行ける、程よいドライブコースとなっている筑波山で日帰りも人気の温泉。筑波山の中腹で関東平野が一望、眺望抜群。泉質はアルカリ性単純泉。無色透明のサラリとした湯だが、PH値が高くお肌スベスベ効果の「美人の湯」が自慢。

    • 大洗温泉

      大洗の海水浴場のそばにある温泉。泉質はナトリウム塩化物泉。夏の海水浴やサーフィンなど、マリンスポーツも楽しめるエリア。温泉宿・日帰り入浴施設共、新鮮な海の幸も楽しみの一つ。都心からも常磐道・北関東道と高速がつながっており、大洗町まで1時間ちょっとで車で来れ、交通の便が良い。

    • 五浦温泉

      五浦は、近代画泊「岡倉天心」や「横山大観」も愛した松と白波が美しい景色を望める、海辺の温泉地。泉質は炭酸水素塩泉で、効能は、切り傷、火傷、皮膚病。漁港が近いので新鮮な魚介料理が味わえる。東京からも車2時間とアクセスが良く、気軽に温泉を楽しめる。

    茨城県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドをみる

  • 茨城県 おすすめの観光スポット

    • 偕楽園(茨城県水戸市)

      偕楽園(茨城県水戸市)

      4.0

      1842年(天保13)年、徳川斉昭公が「民と偕に楽しむ」という趣旨で開きました。当時の面積は14万8,000平方メートル、その大半を梅畑としましたが、これは「種梅記の碑」にあるように、その実を梅干として非常の時に備えるのがねらいでした。1873年(明治6年)、常磐神社(光圀・斉昭を祀る)の境内に一部を充てたので、現在の面積は11万平方メートル、東側が梅林、西が老杉木・竹林になっています。園内の梅は約3,000本、品種が豊富なことでも知られ、早春にはたくさんの観梅客で賑わいます。他にも,ツツジやハギも植えられ四季折々花の香りに包まれています。園内には、偕楽園開園の由来や使用規定を記した偕楽園記の碑、水戸八景の一つ僊湖莫雪の碑、正岡子規の句碑など、たくさんの碑が点在しており、杉林の崖下には茶の湯に使った吐玉泉が、今も大理石の井筒からこんこんとあふれています。 平成27年度には、弘道館とともに近世日本の教育遺産群の日本遺産に認定されました。

    • 国営ひたち海浜公園

      国営ひたち海浜公園

      4.4

       春はネモフィラ・秋はコキアなど四季折々様々な植物が咲き乱れ、また観覧車やジェットコースターなどのアトラクションもあり、ご家族で楽しめます。

    • 偕楽園の梅

      偕楽園の梅

      4.1

      日本三名園の一つである偕楽園は、梅の公園としてその名は全国に知られています。現在約100品種、3,000本の梅が植えられており、2月下旬ごろから紅白の花を楽しませてくれます。また,開花期の「水戸の梅まつり」は、全国からの観光客でにぎわっています。

    茨城県 おすすめの観光スポットガイドをみる

  • 茨城県 おすすめのイベント情報

    • 生誕150年記念 板谷波山の陶芸 〜麗しき作品と生涯〜

      生誕150年記念 板谷波山の陶芸 〜麗しき作品と生涯〜

      2022年04月16日〜2022年06月19日(予定)(開催場所:茨城県 茨城県筑西市 しもだて美術館、板谷波山記念館、廣澤美術館)

      茨城県出身で、明治後期から昭和中期にかけて活動した陶芸家、板谷波山(いたやはざん、1872〜1963年)の生誕150年を記念する展覧会が、しもだて美術館、板谷波山記念館、廣澤美術館の3館で同時開催されます。波山は、昭和28年(1953年)に工芸家として初の文化勲章を受章し、昭和29年(1954年)には日本画の横山大観とともに茨城県名誉県民の第1号となりました。しもだて美術館では、泉屋博古館東京が所蔵する国指定重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶(ほこうさいじちんかもんかびん)」をはじめ、国立工芸館、出光美術館、MOA美術館などが所蔵する波山の代表作が一堂に紹介されます。理想の作品づくりのためには一切の妥協を許さないという強い信念から生み出された、端正で格調高い作品の数々を堪能できます。

    茨城県 おすすめのイベント情報ガイドをみる

茨城県は、あんこうや納豆などが名産です。中でも水戸市のご当地グルメである水戸納豆をベースとした料理を開発する飲食店は少なくありません。干した納豆と大根を細かく刻んだそぼろ納豆、納豆オムレツ、ねばり丼といったメニューを提供するお店が複数あります。
あんこうは調理をする際に皮のぬめりがあることから、マナ板で切ることが難しいです。そのため、伝統的なあんこうの吊るし切りが行われており、大洗の漁港で見ることができます。素材を活かしたベーシックなあんこう鍋、クセの強いどぶ汁、ポン酢と一緒に食べるあん肝などがあります。



宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|レンタカー航空券観光ガイド海外