佐賀のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 佐賀のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

佐賀のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

佐賀 ホテル・宿泊施設情報

佐賀県は県庁所在地を佐賀市とする、九州の北西部に位置している県です。佐賀藩と唐津藩が統治をしていたという歴史的な背景から、現在でも佐賀市を中心とする南部と、唐津市を中心とする北部に分類されることがあります。農業が盛んな県であり、特に米作りには古くから力が入れられています。また、酒類の原料ともなる大豆や二条大麦、玉ねぎやレンコンなどの栽培も行われています。第二次産業として、有田町を中心に作られている有田焼は、17世紀初頭から現代まで受け継がれている伝統工芸です。有田陶磁の里プラザや、有田ポーセリンパークなど、有田焼を展示する文化施設もあります。
佐賀県の神崎市には、吉野ヶ里歴史公園があり、大規模な弥生時代の遺跡を見ることができます。出土品の展示や、当時の遊びや生活を紹介するレクリエーション施設となっています。また、唐津城や佐賀城跡などは、唐津藩や佐賀藩の歩んだ歴史を遺す観光地です。佐賀市内や鳥栖、嬉野温泉周辺にホテルなどの宿泊施設があり、源泉からくみ上げた温泉を提供しているところもあります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 佐賀県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 嬉野温泉

      嬉野温泉

      九州屈指の名泉として知られ、源泉は17ヶ所で湯量も豊富。食塩と炭酸を含有したアルカリ性の湯は良質で、汲み上げ時の温度は約100度ある。江戸時代の嬉野温泉は長崎街道の宿場町として栄え、今でも嬉野川の清流に沿って60軒余の宿が建つ。嬉野温泉の名物はお茶と、とろける温泉湯豆腐。

    • 武雄温泉

      塗りの楼門がシンボルの武雄温泉。宮本武蔵やシーボルト、吉田松陰もその湯に浸かったとされ、古くから肥前街道の宿場町としてにぎわった古湯。低張性弱アルカリ性高温泉で神経痛、筋肉痛、関節痛などに効果があるとされる。古窯跡も数多く残されており、陶芸の発祥地としても名高い。

    • 古湯温泉

      四方を小高い山々に囲まれ、嘉瀬川流沿いにある古湯温泉。その歴史は古く、約2200年前に発見されたと言われるから、文字どおり古湯と言えよう。夏にはホタルが飛び交い、四季折々の自然の表情を見せる。芸術家たちにも愛され、 青木繁や斎藤茂吉ゆかりの宿が今も、のこっている。 泉質はアルカリ性単純温泉。

    佐賀県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 佐賀県 おすすめの観光スポット

    • 佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」

      佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」

      4.3

      九州で最大規模の自然科学系博物館として佐賀県が整備したもの。宇宙発見ゾーン・地球発見ゾーン・佐賀発見ゾーン・科学のおもちゃ箱・こどもの広場からなる5つの展示ゾーンと、最新式の投影機器を備えたプラネタリウムや天文台がある。

    • 御船山楽園

      御船山楽園

      4.1

      鍋島茂義公の別荘跡。4月下旬から5月初めにかけて色とりどりののツツジが咲き誇り、園内一面、ツツジの絨毯を敷き詰めたようになる。秋には紅葉が一面に広がり幻想的な御船山楽園が楽しめる。H21年には国登録記念物に認定された。

    • 鳥栖プレミアム・アウトレット

      4.1

      国内外の著名ブランド約150店舗が揃う九州最大のアウトレットセンター。 ブランド品から生活雑貨まで豊富に取り揃えられている。また、季節に応じて多彩なイベントも用意されている為、大人から子供まで楽しめる。さわやかな空気と明るい陽光が似合うカリフォルニア州南部の美しい街をイメージしたスパニッシ・コロニアルスタイルの施設で、リゾート感覚のショッピングを思いっきり楽しもう。

    佐賀県 おすすめの観光スポットガイドを見る

  • 佐賀県 おすすめのイベント情報

    • 肥前さが幕末維新博覧会

      肥前さが幕末維新博覧会

      4.8

      2018年03月17日〜2019年01月14日(予定)(開催場所:佐賀県 佐賀市 幕末維新記念館(市村記念体育館)、リアル弘道館(旧古賀家)、葉隠みらい館(旧三省銀行) ほか 県内全域)

      明治維新の先駆的役割を果たした“幕末維新期の佐賀”の歴史や魅力を知ることができる「肥前さが幕末維新博覧会」が、佐賀市内の各所で開催されます。メインパビリオンの幕末維新記念館(市村記念体育館)では、佐賀の偉業や偉人などが最新の映像技術などでダイナミックに紹介されます。テーマ館のリアル弘道館(旧古賀家)では、大隈重信など近代日本の形成に貢献した人物を多数輩出した藩校「弘道館」を体験でき、葉隠みらい館では、現代に生きる武士の心得を表した「葉隠(はがくれ)」を知ることができます。明治期に建てられた洋館のユージアム サガ(さがレトロ館)では、人間国宝の器などで特別メニューが味わえます。県内の各施設でも、展示やワークショップなど各種催しが行われます。

    • アート県庁プロジェクト「夜空のタイムトラベル」

      アート県庁プロジェクト「夜空のタイムトラベル」

      2018年07月20日〜2019年07月19日(予定)(開催場所:佐賀県 佐賀市 佐賀県庁展望ホール)

      累計来場者数が11万人を突破致したアート県庁プロジェクトが、今年も開催されます。第3弾となる今回は「未来にも残したい佐賀の良さ」をテーマに、県鳥でもある「カチガラス」が物語のアクセントとなっています。150年前から現代、未来をタイムトラベルする作品となっており、少しでも未来の佐賀に想いを馳せるきっかけとなってほしいという思いを込めた作品です。2017年度は北側の一部で行われていたインタラクティブウィンドウが、北側全面に拡大され、窓に手を触れると、触れた先に建物や木などが映し出され、来場者自ら未来の佐賀の街並みを作ることができます。

    • 宇佐の宮浮立

      宇佐の宮浮立

      2018年10月20日〜2018年10月21日(予定)(開催場所:佐賀県 佐賀県みやき町 宇佐八幡神社)

      宇佐八幡神社は豊前国(現在の大分県)にある宇佐八幡宮の分社で、分霊からしばらくの間、9月26日の例大祭に宇佐から供奉された御神輿が下り、宇佐八幡神社で舞を奉納していたことが、「宇佐の宮浮立(ふりゅう)」の起源とされます。これは豊年祭りの浮立で、現在は10月20日に近い土日曜に秋季例祭が行われます。舞は地区により異なり、天衝浮立(てんつくぶりゅう)や獅子浮立(ししぶりゅう)があります。2018年は、5年に一度となる天衝浮立が奉納されます。

    佐賀県 おすすめのイベント情報ガイドを見る

佐賀県は、有明海を有し北西部の玄界灘もあるために海の幸が多く獲れることで知られています。そのうち有明海で取れるものはどれも有明海固有の種であることや、あまり見かけない珍味であることもある上に、見た目に特徴を持っています。それらの食材を利用した有明海料理は地元の郷土料理としても観光客向けのグルメとしても人気があります。ムツゴロウの蒸し焼きや、ワラスボ、クチゾコ、赤貝などを使用した揚げ物や焼き物が有名です。
また、佐賀県では伊万里牛が和牛ブランドとして定着しており、県内の各所に地元の和牛や野菜を使った料理を提供するお店が点在しています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル