長崎のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 長崎のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

長崎のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

長崎 ホテル・宿泊施設情報

長崎県は、九州の西端部に位置します。佐賀県と隣接している部分以外は周囲を海に囲まれており、海岸線の長さは北海道に次ぐ国内2位です。古くは対馬国、肥前国、壱岐国に分かれていた県であり、1550年にポルトガル船が来航し、フランシスコ・ザビエルによってキリスト教の布教が開始されました。これをきっかけとして長崎は南蛮貿易の中心地となり、17世紀には鎖国下においても日本の数少ない貿易港として機能していました。県庁所在地の長崎市には坂が多く、住宅が斜面に建設されている場合もあります。
長崎県は観光地として発展しており、平和公園の一角にある長崎原爆資料館、鎖国の間も海外に開かれ、窓口となっていた出島、洋風建築を集めたグラバー園、夜景スポットとして知られる稲佐山など、観光客で賑わう場所が複数あります。他にも貿易や戦争など、長崎が歩んできた歴史を反映させた施設や場所が見られ、周辺にはホテルなどの宿泊施設があります。また、歴史の中で独自の食文化が発展していったため、長崎ちゃんぽんやカステラ、トルコライスなどさまざまなグルメも存在します。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 長崎県 人気の温泉・露天風呂

    • 小浜温泉

      雲仙岳の西麓、橘湾の海岸一帯に湧き、野母半島を望む温泉で、特に落日の景観のよさは絶品。高い温泉温度と豊富な湯量が自慢で、至るところで蒸気が立ち上る。泉質は食塩泉で、 リュウマチ、神経痛、痛風などに効くとされる。海岸沿いに30軒の旅館・ホテルが建ち並び、新鮮な海の幸が味わえる。

    • 雲仙温泉

      島原半島中央にそびえる雲仙岳一帯は、日本初の国立公園に指定された温泉保養地。硫黄のにおいと水蒸気に包まれた大小30からなる雲仙地獄はキリシタン殉教の舞台になった所でも知られており、哀しい歴史と悲話が今に残る。 平成2年に噴火した「平成新山」を近くに眺め、春はミヤマキリシマを楽しむことができる。

    • 平戸の温泉

      1977年、朱塗りの平戸大橋が架かり九州本土の松浦郡と直接結びついた平戸市。かつて南蛮貿易の中心地として栄え、当時の商館跡などの異国情緒溢れる史跡が多く残り、キリシタンも多い。平戸温泉、千里ヶ浜温泉、平戸たびら温泉、田の浦温泉などの温泉が地元の人や観光客に親しまれている。

    長崎県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 長崎県 人気の観光スポット

    • ハウステンボス

      4.2

      東京ドームの33個分という広大な敷地に17世紀のオランダの街並みが再現されたウォーターフロントリゾート。ハウステンボスとは、オランダ語で「森の家」という意味。街には船が行き交う全長6kmの運河が走り、様々なアミューズメント・ミュージアム施設をはじめ、ショッピングや、レストランも充実。欧州香る街には、季節の訪れを知らせる四季折々の花々が一年中咲き誇ります。日が暮れた夜にはハウステンボスの街はまるごと光きらめく街へ一変。街のお城や、運河などが美しい光に照らされ、ガーデンや樹木にはイルミネーションがきらめきます。

    • グラバー園

      4.1

      1974年の開園から長崎を代表する観光地として、世代を問わず愛されている「グラバー園」。 長崎県長崎市、大浦天主堂の横、長崎港を見下す南山手にあり、広さ30,000平方メートルの園内には、イギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸といった歴史的建造物から長崎伝統芸能館といった資料館も建ち並びます。 園内には散策コースもあり、車椅子でも移動できるようバリアフリー対策が出来ているのも嬉しいポイントです。 また、園内の石畳の中にハート型の敷石が2ヶ所、埋め込まれていて、これを探し出して手で触れると恋愛が成就するとも言われており、若者の間で人気になっています。

    • 出島

      3.9

      鎖国時代,海外に向けて開かれた唯一の窓口であった出島。復元整備が進行しており、平成18年には新たに5棟が復元された。

    長崎県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 長崎県 人気のイベント情報

    • (c)ハウステンボス/J−17978

      ハウステンボス 大村湾遊覧クルーズ(遊覧船フリッパー)

      2017年01月01日〜2017年12月31日(予定)(開催場所:長崎県 長崎県佐世保市 ハウステンボス)

      ハウステンボスのハーバータウンを出航し、可愛らしいイルカの形をした遊覧船「フリッパー」に乗って、波の静かな大村湾のクルーズが体験できます。運が良ければ、スナメリに出会うことも。船上デッキから潮風を感じながら、海からならではのハウステンボスの全景が楽しめます。

    • グラバーナイトイルミネーション2017

      2017年11月18日〜2017年12月31日(予定)(開催場所:長崎県 長崎市 グラバー園)

      異国情緒あふれるグラバー園内全域で、「グラバーナイトイルミネーション」が開催されます。世界新三大夜景に選ばれた長崎の夜景と、約30万球のイルミネーションの灯りが幻想的な空間を創り出します。長崎駅からグラバー園までのベイサイドエリアでは、クリスマスまで、さまざまな施設や教会がイルミネーションで装飾され、夜の長崎の街を彩ります。

    • 五島列島キリシタンクルーズ

      2017年04月01日〜2018年03月31日(予定)(開催場所:長崎県 長崎県新上五島町 五島うどんの里〜福江港(五島市))

      世界遺産登録を目指す教会を含む、キリシタンゆかりの地を巡るクルーズが行われます。「上五島発コース」と「福江(下五島)発コース」の2コースがあり、江上天主堂や旧五輪教会堂をはじめ、キリシタン洞窟(上陸なし)など、船でしか巡ることのできない史跡を訪ねます。海上タクシーの利用でスムーズな見学ができ、巡礼ガイドによる解説もあります。四季折々の島の美しい風景を眺めながら、五島列島(中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島)を巡る船旅が楽しめます。

    長崎県 人気のイベント情報ガイドを見る

長崎県は、佐賀県と隣接している以外は、その周囲が海である地域のため漁業が盛んに行われています。また、江戸時代にこの地で出島を築いて貿易をしていたことから今でも貿易が盛んな地域として知られており、各所に外国人向けのレストランや居留地があります。特に、佐世保市はもともと海軍基地があり、その地にいたアメリカ人から伝えられたとされる佐世保バーガーは、地元の人気グルメとなっています。
また、長崎県を代表する料理として皿うどんとちゃんぽんがあります。鳥ガラと豚骨をベースとしたスープに海と山の幸をふんだんに用い、ラードで調理したものを麺と絡めるという独特な麺料理は、観光客にも人気があり多くのお店が県内に開店しています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル