山形のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 山形のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

山形のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

山形 ホテル・宿泊施設情報

山形県は、東北地方の南西部に位置する、日本海に面した県です。県西部は庄内平野と言われ、稲作を中心とした農地が広がっています。県東部はほとんどが山地で、県のシンボルマークは山が3つ並んだ様子が図案化されたものです。県中央部にそびえる月山は、磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、名山として県民に親しまれています。県内は大きく4つの地域に分けられ、それぞれ村山地方・置賜地方・庄内地方・最上地方と呼ばれており、地形や自然環境に違いがあります。戦国時代には最上氏、伊達氏、上杉氏など著名な戦国武将がこの地の覇権を争いました。今でも、各地域には特有の文化が残っています。
山形県には、1992年に開通した山形新幹線を利用すれば首都圏から3時間ほどでアクセスできます。主な観光地としては、温泉やスキー場などがあります。特に蔵王温泉・スキー場は全国的に知られており、多くの旅館、ホテルがあります。また、歴史を感じさせる寺社仏閣、戦国時代がしのばれる旧跡、遺構も多く存在します。各地の伝統を受け継ぐ祭事も開催されており、山形花笠まつり(8月上旬開催)や米沢上杉祭り(4月下旬〜5月上旬開催)などには多くの観光客が集まります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 山形県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 銀山温泉

      銀山温泉

      大正ロマンの風情溢れる温泉郷。日が暮れると温泉街にガス灯が灯ってさらにロマンチックに。共同浴場や足湯などもあるので銀山の湯を満喫してみては。温泉はもちろんのこと、そばや尾花沢牛などもぜひ食してみてほしい。ひとつひとつの宿が、それぞれ趣のある佇まいで、温泉街を眺めているだけでも時間を忘れてしまいそう!

    • 蔵王温泉

      蔵王温泉

      蔵王温泉は、高湯温泉、最上高湯とも呼ばれ、白布(山形県)、信夫(福島県)とともに「奥羽三高湯」に数えられる。強い酸性の硫黄泉は、皮膚に良く効き、肌を白く滑らかにするため「姫の湯」「美人づくりの湯」と言われている。温泉本来の成分を感じてもらおうと、多くの施設で源泉100%掛け流しの湯を楽しめる。

    • かみのやま温泉

      かみのやま温泉

      上山は会津の東山、庄内の湯野浜と並び、「奥羽三楽郷」と称えられる温泉地。地区ごとに、湯町、十日町、新湯、高松、葉山、河崎、金瓶など多くの温泉があり、総称して「かみのやま温泉」と呼ぶ。おおむね塩化物泉(ナトリウム塩化物・硫酸塩泉)で神経痛・創傷・皮膚病等に効能があると言われる。

    山形県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 山形県 おすすめの観光スポット

    • 山寺

      4.3

      「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだ芭蕉の句が有名。1100余年前、円仁さんこと慈覚大師によって創建された名刹立石寺は、別名山寺の名で親しまれている。1015段の石段を上るのは少し大変だが、半分ほど行ったところにあるせみ塚には、芭蕉の句が刻まれていて、周りの厳粛な雰囲気もとても良い。

    • 上杉神社

      上杉神社

      4.1

      米沢城本丸奥御殿跡に建立。松が岬公園の中央に位置する。上杉謙信を祀る。現在の本殿は明治神宮や平安神宮の設計者として知られる米沢市出身の伊東忠太の設計。大正12年に再建された。

    • 山形上野温泉天神の湯

      山形上野温泉天神の湯

      3.7

      四季の移り変わりを感じながら、100%源泉の露天風呂が楽しめる天神の湯。ここのお湯は石膏芒硝泉という日本でも珍しい泉質。美肌効果が大きく、飲んでは肥満症や慢性便秘に効能があるといわれている。山形名物玉こんにゃく(1本100円)や地元産の梅干なども販売している。温泉湯の全国発送もOK。

    山形県 おすすめの観光スポットガイドを見る

  • 山形県 おすすめのイベント情報

    • 新庄の春の風物詩「新庄カド焼きまつり」

      新庄の春の風物詩「新庄カド焼きまつり」

      2019年04月29日〜2019年05月05日(予定)(開催場所:山形県 山形県新庄市 最上公園内特設会場)

      新庄の春の名物イベント「カド焼きまつり」が開催されます。春の産卵期になると北方の海に現れることから、“春告魚”(はるつげうお)とも呼ばれる旬の魚カド(ニシン)を、戸外で炭火焼きにし、春の訪れを祝います。会場周辺の約300本の桜も見頃を迎え、歌謡ショーの上演や縁日の出店などもあり、穏やかな春のひとときを楽しめます。

    • 赤湯温泉桜まつり

      赤湯温泉桜まつり

      2019年04月13日〜2019年05月06日(予定)(開催場所:山形県 山形県南陽市 烏帽子山公園)

      “烏帽子山千本桜”と親しまれる烏帽子山公園は、世界でも数少ないエドヒガンの群生地で、「日本さくら名所100選」にも選出されています。エドヒガンのほかにも、ソメイヨシノやシダレザクラなど約25種1000本の桜が作り出す大回廊の中を散策しながら、名木「二代目放鳥目白桜」や「輪廻の桜」などが楽しめます。夜は花見客で賑わい、温泉街から見上げる春色の夜桜も見応えがあります。街中から見るパノラマの景色は圧巻で息をのむ美しさです。まつり期間中は、地元特産品の販売や伝統芸能の披露、御神輿渡御なども行われます。

    • 寒河江雛まつり

      寒河江雛まつり

      2019年03月03日〜2019年05月06日(予定)(開催場所:山形県 山形県寒河江市 料亭慈恩寺陣屋、古澤酒造資料館、寒河江八幡宮)

      徳川幕府の天領として栄えた寒河江に数多く残る、江戸時代の華やかで美しい雛が市内3つの会場で展示されます。料亭慈恩寺陣屋では、御殿雛や古今雛、平成宮廷雛など享保から現代までの逸品400体以上が、古澤酒造資料館では、古い造り酒屋で紅花商人でもあった古澤家の雛などが観賞できます。寒河江八幡宮参集殿では、時代ごとの雛の展示をはじめ、ひな飾りのルーツとも言われる「京都紫宸殿飾り」、珍しい「五人楽人」なども観賞できます。※古澤酒造資料館まで/JR「寒河江駅」から徒歩13分、寒河江八幡宮まで/JR「西寒河江駅」から徒歩8分

    山形県 おすすめのイベント情報ガイドを見る

山形県の郷土料理は芋煮や納豆が有名です。また、ブランド米を生産している米どころとしても知られています。地元産のお米を使用したご飯と納豆を出すなど、地産地消を推奨する料亭や旅館も少なくありません。
また、山形県は山岳地帯が多い地域です。その裾野では畜産業が盛んに行われており、地元の和牛ブランドである米沢牛も盛んです。県内には同ブランド牛を扱った焼肉店やステーキハウスが複数あります。そばやうどんも名産品としており、米沢牛と組み合わせた肉そばや山菜、芋をうどんの具材として用いた創作料理を堪能することができるお店もあります。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル