山形のホテル・旅館 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
宿・ホテル予約TOP > 山形のホテル・宿泊施設

山形のホテル・宿泊施設

地図から探す

宿泊日

人数等 部屋

大人

子供

0名

注目プランのある宿[PR]

山形 ホテル・宿泊施設情報

山形県は、東北地方の南西部に位置する、日本海に面した県です。県西部は庄内平野と言われ、稲作を中心とした農地が広がっています。県東部はほとんどが山地で、県のシンボルマークは山が3つ並んだ様子が図案化されたものです。県中央部にそびえる月山は、磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、名山として県民に親しまれています。県内は大きく4つの地域に分けられ、それぞれ村山地方・置賜地方・庄内地方・最上地方と呼ばれており、地形や自然環境に違いがあります。戦国時代には最上氏、伊達氏、上杉氏など著名な戦国武将がこの地の覇権を争いました。今でも、各地域には特有の文化が残っています。
山形県には、1992年に開通した山形新幹線を利用すれば首都圏から3時間ほどでアクセスできます。主な観光地としては、温泉やスキー場などがあります。特に蔵王温泉・スキー場は全国的に知られており、多くの旅館、ホテルがあります。また、歴史を感じさせる寺社仏閣、戦国時代がしのばれる旧跡、遺構も多く存在します。各地の伝統を受け継ぐ祭事も開催されており、山形花笠まつり(8月上旬開催)や米沢上杉祭り(4月下旬〜5月上旬開催)などには多くの観光客が集まります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

山形・蔵王・天童・上山

※5月24日時点の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

酒田・鶴岡

※5月24日時点の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

米沢・置賜

※5月24日時点の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

ページの先頭に戻る

  • 山形県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 銀山温泉

      銀山温泉

      大正ロマンの風情溢れる温泉郷。日が暮れると温泉街にガス灯が灯ってさらにロマンチックに。共同浴場や足湯などもあるので銀山の湯を満喫してみては。温泉はもちろんのこと、そばや尾花沢牛などもぜひ食してみてほしい。ひとつひとつの宿が、それぞれ趣のある佇まいで、温泉街を眺めているだけでも時間を忘れてしまいそう!

    • 蔵王温泉

      蔵王温泉

      蔵王温泉は、高湯温泉、最上高湯とも呼ばれ、白布(山形県)、信夫(福島県)とともに「奥羽三高湯」に数えられる。強い酸性の硫黄泉は、皮膚に良く効き、肌を白く滑らかにするため「姫の湯」「美人づくりの湯」と言われている。温泉本来の成分を感じてもらおうと、多くの施設で源泉100%掛け流しの湯を楽しめる。

    • かみのやま温泉

      かみのやま温泉

      上山は会津の東山、庄内の湯野浜と並び、「奥羽三楽郷」と称えられる温泉地。地区ごとに、湯町、十日町、新湯、高松、葉山、河崎、金瓶など多くの温泉があり、総称して「かみのやま温泉」と呼ぶ。おおむね塩化物泉(ナトリウム塩化物・硫酸塩泉)で神経痛・創傷・皮膚病等に効能があると言われる。

    山形県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドをみる

  • 山形県 おすすめの観光スポット

    • 銀山温泉

      銀山温泉

      4.3

      銀山川をへだてて三層四層の木造の宿がズラリと建ち並んでいる。銀山温泉のお湯は、細かな湯花が混じった無色透明。湯治場の雰囲気が残っている点では全国でも有数の温泉「能登屋旅館 木戸佐左エ門」や「旅館 永澤平八」などと屋号が大きく書かれた漆喰(しっくい)の看板も珍しく、訪れる人々を大正レトロな雰囲気に誘う。温泉街には共同浴場が2ヵ所あり、日帰りでも気軽に銀山温泉のお湯を堪能できる。石畳の歩道沿いには足湯「和楽足湯(わらしゆ)」もあるので、川の流れや景色を眺めながら、ゆっくり会話を楽しみたい。

    • 最上峡芭蕉ライン観光株式会社

      最上峡芭蕉ライン観光株式会社

      4.2

      最上川の流れに身をまかせ、船上からの景色を楽しめるのが最上峡芭蕉ライン舟下りです。雄大な自然の中を船頭の舟唄を聞きながらゆっくりと下る舟下りは、四季を通じていつでも楽しめます。

    山形県 おすすめの観光スポットガイドをみる

  • 山形県 おすすめのイベント情報

    • 鶴岡天神祭(化けものまつり)

      鶴岡天神祭(化けものまつり)

      2024年05月25日〜2024年05月25日(予定)(開催場所:山形県 山形県鶴岡市 鶴岡天満宮、市内目抜き通り ほか)

      菅原道真公を祀る鶴岡天満宮の祭りで、学問の神様と言われた道真公が太宰府へ配流になった際、別れを惜しむ人々が時の権力をはばかり、姿を変え、顔を隠して酒を酌み交わしたという言い伝えによるもので、通称「化けものまつり」と呼ばれます。派手な花模様の長襦袢に角帯を締め、手ぬぐいと編み笠で顔を隠した“化けもの”が市内のあちこちで見られます。天満宮では天狗舞と獅子舞が奉納されるほか、市内では道真公行列や手踊り行列など、総勢約2000人によるパレードが行われます。

    • 肘折温泉朝市

      肘折温泉朝市

      2024年04月20日〜2024年12月10日(予定)(開催場所:山形県 山形県大蔵村 肘折温泉街)

      風情あふれる肘折温泉街では、春から降雪期直前まで、山菜や野菜などその季節の旬の味覚がずらりと並ぶ朝市が開催されます。朝市のお母さんたちとの会話を楽しみに訪れる人も多く、肘折温泉の名物となっています。

    • 湊町酒田の傘福

      湊町酒田の傘福

      2024年02月28日〜2024年11月04日(予定)(開催場所:山形県 山形県酒田市 山王くらぶ 2階大広間)

      子どもが健やかに育つことを願い、傘の中にその思いを形にした細工を吊るす「傘福」が、山王くらぶの106畳ある大広間に所狭しと並びます。2024年は辰年にちなんで「昇り龍」で縁起を担ぎ、6基の野点の傘をはじめ、約40基の大小さまざまな笠福が展示されます。山王くらぶには、人形作家の辻村寿三郎の人形「さかたの雛遊び」と「舞妓」が常設展示されており、あわせて鑑賞することができます。

    山形県 おすすめのイベント情報ガイドをみる

山形県の郷土料理は芋煮や納豆が有名です。また、ブランド米を生産している米どころとしても知られています。地元産のお米を使用したご飯と納豆を出すなど、地産地消を推奨する料亭や旅館も少なくありません。
また、山形県は山岳地帯が多い地域です。その裾野では畜産業が盛んに行われており、地元の和牛ブランドである米沢牛も盛んです。県内には同ブランド牛を扱った焼肉店やステーキハウスが複数あります。そばやうどんも名産品としており、米沢牛と組み合わせた肉そばや山菜、芋をうどんの具材として用いた創作料理を堪能することができるお店もあります。

山形の宿についてよくある質問

山形で予約数が多いホテルTOP3を教えてください。

山形で予約数が多いホテルTOP3をご紹介いたします。

山形で予約数が多い旅館TOP3を教えてください。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|レンタカー航空券観光ガイド海外