新潟のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 新潟のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

新潟のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

新潟 ホテル・宿泊施設情報

新潟県は、本州の北陸地方、甲信越地方に属する日本海に面した県です。山形県、福島県、群馬県、長野県、富山県と隣接しています。気候は、冬は豪雪地帯のため非常に多くの雪が降り積もりますが、それ以外の時期は高温多湿。お米の生産に向いている環境であることが、盛んに稲作が行われるようになった要因のひとつです。
新潟県には、国に指定されている名勝地が多くあります。中でも、日本海沖に位置する佐渡島は、佐渡金山や蓮華峰寺弘法堂をはじめとした多くの場所が文化財や史跡となっています。そのため、本土からの観光客も多く訪れる場所でもあり、観光客向けにホテルや旅館などの宿泊施設も営業しています。また、日本でも有数の豪雪地帯であるとともに、雪の性質が水分を含んで重いため、スキーやスノーボードのゲレンデを有するスキー場が多い地域です。スキー場施設の周辺には複数のホテルや旅館など宿泊施設があることから、ウィンタースポーツを目的に訪れる利用客もいます。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 新潟県 人気の温泉・露天風呂

    • 越後湯沢温泉

      開湯800年の歴史をもつ越後湯沢温泉は、川端康成の小説「雪国」の舞台としても知られている。新幹線、車(高速道路)ともにアクセスがよく、冬のスキー・スノーボード以外にも、トレッキング・郷土料理・地酒など、一年を通して楽しめる。また気軽に入れる外湯も充実している。

    • 赤倉温泉

      岡倉天心や与謝野晶子など数多くの文化人に愛された景観美が自慢。大正から明治時代にかけて開発されたリゾート地として現在も幅広い年齢層に人気。妙高高原最大の温泉地として冬はスキー&スノボ、春・夏・秋は妙高山へのトレッキングやゴルフ、テニス等のスポーツが楽しめる。

    • 月岡温泉

      美人を作る温泉として知られる月岡温泉。美肌効果のある硫化水素泉で街はほのかに硫黄の香に包まれている。温泉街には大小24軒の旅館が立ち並ぶ。料理には新潟の山海の旬の幸がふんだんに使われ、目と舌を喜ばせてくれる。辺り一面を染める「田んぼに沈む夕陽」は最も新潟らしい風景の一つだ。

    新潟県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 新潟県 人気の観光スポット

    • 三国街道 塩沢宿 牧之通り

      三国街道 塩沢宿 牧之通り

      3.5

      かつて南魚沼市塩沢は三国街道の塩沢宿として雪国の歴史と文化を育んだ街でした。その雪国の歴史と伝統であった雁木(がんき)のある風格あるたたづまいの町並みを再現。ゆっくり散策するのにお勧めです。

    • 棚田

      星峠の棚田

      4.3

      『にほんの里100選』に選ばれた松之山・松代地域で松代地域にある「星峠の棚田」。 その美しさを一目見ようと、全国から多くのカメラマンが足を運びます。 【棚田に訪れる方は、下記の事にご注意ください】 棚田地域は、観光地ではありません。 農家の方がお米を作る大切な農地(私有地)です。 棚田を訪れる際は、ロープが張ってある場所や農地には入らず、車を所定の場所以外には止めない、ゴミは持ち帰るなど、マナーを厳守して見学ください。

    • シャトー塩沢

      4.0

      おだやかで温かみのあるムードで、初級者から上級者まで人気を集めています。ベビーシッターが常駐するなど、ファミリーに人気があります。今シーズンもチビッコゲレンデでチビッコまつり開催します。楽しいイベントが盛沢山。

    新潟県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 新潟県 人気のイベント情報

    • 城下町村上 町屋の人形さま巡り

      2017年03月01日〜2017年04月03日(予定)(開催場所:新潟県 新潟県村上市 旧町人町一帯)

      城下町、村上で代々受け継がれてきた人形約4000体が、70余軒の町屋に展示されます。江戸から平成までのさまざまな人形が揃い、町屋造りの残る伝統的な家屋とともに、いにしえの風情を楽しめます。

    • 上越の朝市 二・七の市

      2017年01月02日〜2017年12月27日(予定)(開催場所:新潟県 新潟県上越市 大町3丁目)

      高田に入城した旧陸軍第13師団の「兵隊に新鮮な野菜を食べさせたいので、定期的な市が欲しい」という要望により、明治43年(1910年)10月に現在の本町2丁目で開催された市が始まりで、当時は市民の利用はもちろん、軍の関係者が大量に品物を買い込む姿が目立ったといわれています。昭和35年(1960年)から現在の大町3丁目に移設され、2と7のつく日に開催されています。地元の人たちの台所をうるおすばかりでなく、文化の薫りを訪ねて全国各地からやってくる観光客にも人気があります。

    • 上越の朝市 四・九の市

      2017年01月04日〜2017年12月29日(予定)(開催場所:新潟県 新潟県上越市 大町4丁目・5丁目)

      大町小学校をはさんで「二・七の市」と隣接し、4と9のつく日に開催される「四・九の市」は、大正9年(1920年)8月、当時の新須賀町から須賀町にかけて(現在の仲町2丁目付近)、町内の有志の発案で始まりました。現在では、雁木の街並みとして知られる大町4丁目、5丁目で開催されています。雁木は各家の軒先を出して歩道にした雪国独特の街づくりで、道行く人の歩行を楽にという温かな思いやりから生まれたものです。雁木の道沿いには、新鮮な野菜や果物を扱う店を中心にずらりと露店が並びます。

    新潟県 人気のイベント情報ガイドを見る

新潟県は日本有数の米どころとして知られているように、農業が盛んな地域となっています。また、お米や野菜をメインにしたものが郷土料理となっています。けんさ焼きと呼ばれるしょうがみそをご飯につけて焼き上げた、新潟で古くから親しまれている料理や、日本海で獲れるカレイやブリなどの魚を使った海鮮料理があります。
また、魚沼地方はお米だけではなく、蕎麦も知られています。小千谷市を中心に作られているへぎそばは緑がかった色をした麺が特徴です。本来、織物を作る時に使用される布海苔を蕎麦粉の繋ぎにしており、薬味には刻みネギやからしを用います。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル