秋田のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 秋田のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

秋田のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

秋田 ホテル・宿泊施設情報

秋田県は、東北地方の日本海に面した県です。人口は2013年時点で約100万人であり、そのおよそ3分の1が県庁所在地である秋田市に在住しています。全国有数の穀倉地帯として知られており、この歴史は、江戸時代よりも昔にまでさかのぼります。江戸時代には20万石の久保田藩がこの地域を治めていたことや、松尾芭蕉が訪れた記録の残っている象潟の田園風景など、古くから米どころとして親しまれてきた地域です。夏場はすごしやすい気候であることから避暑地や観光地として利用されています。
秋田県の主な観光地は、世界自然遺産に登録されている白神山地や、十和田湖、田沢湖といった自然豊かな景勝地です。古い街並みが残っている地域もあり、仙北市にある武家屋敷が観光スポットとして知られています。また、温泉地が内陸側に集中しており、田沢湖や十和田湖の周辺は、温泉施設が充実しているホテルがあります。また、地元ブランドである秋田由利牛などを用いた料理が味わえる旅館や、米どころならではの郷土料理のきりたんぽ鍋を味わえる料亭が充実しています。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 秋田県 人気の温泉・露天風呂

    • 乳頭温泉郷

      十和田・八幡平国立公園の乳頭山麓に点在する七湯が「乳頭温泉郷」と呼ばれています。七湯は独自に源泉を持ち、その泉質は多種多様で、合計すると十種類以上もの源泉があります。ぶなの原生林の呼吸によって澄んだ空気の中、温泉を堪能できます。また、山菜やきのこ等自然の恵みも溢れていて、宿で味わうことが出来ます。

    • 田沢湖の温泉

      秋田新幹線利用で、東京から最速2時間58分。日本一の深さと、高い透明度を誇る田沢湖。この湖を一望できる田沢湖高原温泉郷と水沢温泉郷は秋田駒ケ岳に広がる高原の温泉。更に秘湯とよばれる乳頭温泉郷は、源泉を持つ一軒宿が点在する。料理は、山の芋鍋など。

    • 男鹿温泉

      奇習なまはげの里、男鹿半島。半島の北側に位置する秋田を代表する温泉宿泊地である男鹿温泉郷は、純弱炭酸食塩泉の湯。。名物料理は石焼き。新鮮な魚介類などを桶に入れ、その中に、真っ赤に焼けた石を投げ込むことで、瞬時に煮込むという豪快な漁師料理だ。

    秋田県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 秋田県 人気の観光スポット

    • 角館武家屋敷

      角館武家屋敷

      4.3

      古い建物と現代とが違和感なく溶けあう武家屋敷。町を一望できる古城山に立つと,防火帯としてもうけられた火除けと呼ばれる広場を境に、内町(武士の町)、外町(商人の町)が画然と区別されている。古城山、桧木内川の清流、古木による緑、街路の配置などは“みちのくの小京都”の名に恥じない。

    • 抱返り渓谷

      抱返り渓谷

      4.2

      東北の耶馬渓と称される名渓谷。両岸には垂直の断崖,回顧の滝をはじめとする大小の滝,マツ・サクラ・カエデ等の混生林で被われる。遊歩道を散策しながら、新緑から紅葉まで楽しめる。河原での水遊びやなべっこも格別。 現在、回願(みかえり)の滝より奥の散策道は、崩落などのため通行止め。

    • 元滝と伏流水

      元滝伏流水

      4.4

      平成の名水百選に認定される。木々に囲まれた傾斜面から地表に湧き出る水量が豊富で見ごたえあり。

    秋田県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 秋田県 人気のイベント情報

    • (c)一般社団法人角館町観光協会

      角館 紅葉ライトアップ(武家屋敷通り)

      2017年10月01日〜2017年11月30日(予定)(開催場所:秋田県 秋田県仙北市 角館 武家屋敷通り)

      角館武家屋敷通りの紅葉の見頃にあわせて、ライトアップが行われます。石黒家、青柳家、岩橋家などの武家屋敷が建ち並ぶ、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けている内町(うちまち)で、情緒ある藩政時代の街並みに映える幻想的な紅葉が楽しめます。※外町(とまち)ではライトアップは行われません。

    • 秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館) 竿燈の定期実演

      4.0

      2017年04月01日〜2017年10月29日(予定)(開催場所:秋田県 秋田市 秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館))

      東北三大祭りの「秋田竿燈まつり」をはじめ、秋田市に古くから伝わる行事や民俗芸能を広く紹介する秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)で、秋田市竿燈会による竿燈の妙技の実演が行われます。米俵をかたどった提灯を下げ、稲穂に見立てた重さ50kgもの竿燈を、手のひら、額、肩、腰で支え、軽々と差し上げる技は見るものを魅了します。巧みな技を堪能できるだけでなく、竿燈の体験もできます。

    • 五城目朝市

      2017年01月02日〜2017年12月31日(予定)(開催場所:秋田県 秋田県五城目町 五城目町下タ町通り(朝市通り))

      秋田県内で最も古い歴史をもつ朝市で、500年以上も続きます。1495年、馬場目の地頭、安東季宗が齊藤弥七郎に命じて、町村に「市神」を祀らせ、市を開いたのが始まりと伝わります。朝8時頃から昼近くまで店が並び、豊かな自然の恵みから日用品まで、暮らしに密着した品がずらりと揃います。その日収穫した土のついた自家製朝掘り野菜を前に、農家のおばあさんとの買物のやりとりは、北国の温かな人情に触れながらのどこか懐かしい一時を実感できます。季節ごとのイベントもあり、2月中旬は「あったか鍋まつり」、5月中旬は「山菜まつり」、6月中旬は「市神祭」、10月中旬は「きのこまつり」が開催されます。市の立つ日が日曜となる場合は、アクセサリーや雑貨などの店舗も並ぶ「ごじょうめ朝市plus+」も同時開催されます。

    秋田県 人気のイベント情報ガイドを見る

日本でも有数の稲作地として知られる、秋田県の代表的な郷土料理はキリタンポやダマコモチです。秋田県内の飲食店では鍋料理を中心に、それらの伝統的な味を堪能することができます。酒どころでもあるため、地元産の米を使った複数のブランド酒が存在します。また、厳寒を利用した干し餅、野菜や山菜の漬物など、保存食の文化が根付いている県でもあります。
県北部で飼育される比内地鶏も、秋田県のグルメとして代表的です。日本三大地鶏に数えられるブランド鶏であり、鍋料理、丼料理、ご当地カレーなどの材料となっています。さまざまなお店で伝統的な料理だけではなく、現代のニーズに合わせて提供されています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル