close

【いちご図鑑】23種類のブランド・品種をご紹介!糖度や味の違いがわかる

2022.02.25

かわいい見た目と甘酸っぱさがたまらない、いちご♪一見どのいちごも美味しそうに見えるけど、食べてみると酸っぱかったり、はたまた甘みがいまひとつだったり…なんて経験はありませんか?

そこで今回は、品種ごとの糖度や味の違いから、美味しいいちごの見分け方、最後まで甘味を感じるおすすめの食べ方など、いちごにまつわる豆知識をご紹介します!

知っておけば、スーパーに並ぶいちごも美味しいものを選べたり、いちご狩りの時ももっと楽しくなるかも!?自分好みのいちごを見つけてみてくださいね♪

※この記事は2021年12月9日時点での情報です。

記事配信:じゃらんニュース

いちご品種MAP

いちご品種MAP
※酸度が不明の品種はMAPへの記載を省略

「糖度」とは…果汁100gの中に果糖、ブドウ糖、ショ糖などの糖分が何g含まれているかを表す数値。
「酸度」とは…果汁100gの中にクエン酸やリンゴ酸などの有機酸が何g含まれているかを表す数値。

※いちごの平均糖度・平均酸度の目安は、糖度:10.0~11.0度、酸度:0.63~0.65度(参考値)。

A:紅い雫
[糖度]11.5度 [酸度]0.74度

B:章姫
[糖度]9~10.1度 [酸度]0.38~0.69度

C:あすかルビー
[糖度]9.8度 [酸度]0.56度

D:あまおとめ
[糖度]10.6度 [酸度]0.65度

E:あまえくぼ
[糖度]11.8度 [酸度]0.59度

F:おいCベリー
[糖度]9.4度 [酸度]0.67度

G:かおり野
[糖度]10.5~11.9度 [酸度]0.41~0.58度

H:甘雫姫(かんなひめ)
[糖度]15度 [酸度]0.3~0.5度

I:紀の香
[糖度]9.6度 [酸度]0.66度

J:古都華
[糖度]10.9度 [酸度]0.58度

K:さがほのか
[糖度]8.3~12.1度 [酸度]0.46~0.62度

L:さちのか
[糖度]9.1~10.4度 [酸度]0.52~0.82度

M:天使のいちご(エンジェルエイト)
[糖度]10~15度 [酸度]0.71~0.73度

N:桃薫
[糖度]10度 [酸度]0.79度

O:とちおとめ
[糖度]9.1~10.7度 [酸度]0.57~0.74度

P:とっておき
[糖度]10.5~12.2度 [酸度]不明

Q:女峰
[糖度]8.1~9度 [酸度]0.54~0.82度

R:紅ほっぺ
[糖度]8.9~9.7度 [酸度]0.64~0.79度

S:星の煌めき
[糖度]14度 [酸度]不明

T:まりひめ
[糖度]9.2~9.3度 [酸度]0.48~0.53度

U:もういっこ
[糖度]9度 [酸度]0.6度

V:やよいひめ
[糖度]9度 [酸度]0.7度

W:よつぼし
[糖度]10.7~11度 [酸度]0.54~0.8度

※出典 果物ナビ、各いちご農園
https://www.kudamononavi.com/zukan/strawberry.htm

※データは収穫時期や産地、栽培方法などによって大きく変化します。あくまで目安としてお考えください。

「美味しいいちごの見分け方」と「いちごの美味しい食べ方」

完熟のいちごを見つけるには、果実の色づきはもちろん、ヘタ周りの状態にも注目!ただし一度触ったいちごは必ず自分で食べるようにしよう。

1:ヘタが反り返って首の部分がくびれている。
2:果実にハリとツヤがある。
3:いちご特有の甘い香りがする。
4:ヘタがピンとして種のツブツブがくっきりしている。
5:ヘタの下の部分が少しひび割れている。
6:果実全体が赤く染まっている。

※これは果物ナビが独自に糖度を計測して作成したものです

先端に行くほど糖度が高くなるいちごは、ヘタ側から食べることで最後まで甘味が感じられ、よりおいしく味わえそう!

※監修:果物情報サイト「果物ナビ」/管理人さきさん
果物の種類、歴史、見分け方、保存方法、主な栄養素などを紹介する個人運営サイト。

みんなに愛される定番品種

章姫

[糖度]9.0~10.1度 [酸度]0.38~0.69度
果汁が豊富で酸味が少なく、甘味をしっかり感じられる。果実は少しやわらかめで口当たり◎。

とちおとめ

[糖度]9.1~10.7度 [酸度]0.57~0.74度
ほどよい酸味と甘味があり果汁も豊富。サイズは大きめで果実がしっかりしている。

紅ほっぺ

[糖度]8.9~9.7度 [酸度]0.64度~0.79度
酸味がやや強めだから、本来の甘酸っぱさを楽しめそう。熟した果実は香りも優れている。

おいCベリー

[糖度]9.4度 [酸度]0.67度
ビタミンCなどの栄養価の向上を目標に開発された品種で、香りがよく瑞々しいのが特徴。

憧れの白いちご

桃薫

[糖度]10.0度 [酸度]0.79度
甘味と酸味が調和し、桃に似た香りを持つ。ココナッツのような香りなども含み風味が豊か。

天使のいちご(エンジェルエイト)

[糖度]10.0~15.0度 [酸度]0.71~0.73度
酸味と甘味のバランスのとれた美味しさが魅力。種が赤く色づいてきたら食べ頃の合図!

注目の新品種

とっておき

[糖度]10.5~12.2度 [酸度]不明
果実が硬めで甘みの強い鳥取県オリジナルのいちご。果皮は濃い赤色、果肉は白っぽい。

よつぼし

[糖度]10.7~11.0度 [酸度]0.54~0.8度
甘味は強く、酸味は適度で濃厚な味わい。鮮やかな赤色で見た目が美しくデザートにも最適。

番外編・いちごのプチトリビア

いちごの冷蔵保存/冷凍保存のコツ

いちごを冷蔵保存する際は、いちご同士が密着しないように離して、立てて保存するのがコツ。いちごのへた近くが白い、8割くらいの熟成度のものが適している。

冷凍いちごには、へたの近くまで赤い、完熟のいちごを選ぶのがおすすめ。3か月くらい保存可能。いちごを冷凍する前に砂糖をまぶしておくと、密着せずばらけるので使用しやすくなる。

土耕栽培or高設栽培、いちご狩りするならどっちがお好み?
「土耕栽培」は、土の栄養を沢山吸収して成長するので、旨みが強い。土と触れ合い、より自然を体感可能。「高設栽培」は、立ったままの体勢で収穫できるので楽。通路も広く、バリアフリーな施設も多い。

いちごの甘さは品種だけではない?
いちごの甘さは、品種が持つポテンシャルだけで決まるわけではなく、土作りや肥料、ストレスのかけ方など、農園の努力があって甘~いいちごが育つそう。

ストレスで甘くなる!?
いちごの甘さを出すためには、上手に「ストレス」をかけることも一つのポイント。塩を与えたり、寒くしたり、いちごが嫌がることをあえてすることによって、いちごが甘くなるらしい。

いちごの育つ土には
いちごの栄養源の一つである土。アミノ酸や海藻などの栄養を取り入れて土づくりをしている農園も。人間が食べるようなものも入っていてなんとも贅沢。人間の腸内環境と同じで、土が良いと健康ないちごが育ちやすいので重要なのだ。

天敵農法とは?
いちごの害虫を餌にしている人畜無害の益虫(※人間の役に立つ虫)で退治する農法。自然の仕組みをうまく利用している。

激レアいちご!?
農家の方曰く、いちごの先端が2つに割れているものは、と~っても甘いいちごらしい。見つけたらラッキ~!


※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、感染拡大防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。