お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国ペット雑誌編集長が教える!愛犬と一緒に旅行を楽しむためのコツ

ペット雑誌編集長が教える!愛犬と一緒に旅行を楽しむためのコツ

2020.05.23

初めての愛犬との旅行。大切な家族の一員だから一緒に旅行へ行きたいですよね。 楽しい旅行にするためにも、事前準備が旅をスムーズにするポイント! ペット雑誌編集長の田中深雪さんが、旅を快適にするための旅のコツをご紹介してくれます。

ペットとの旅行は飼い主にとってもワンコにとっても良いことがたくさん!
事前にしっかり準備をし、愛犬との思い出をたくさん作りましょ♪

記事配信:じゃらんニュース

移動・おでかけ編

旅先で事故なく楽しく過ごすために移動方法やおでかけ先も要チェック!人もワンコも「安全第一」です!

Q.移動のコツを教えて!

移動のコツ

A.クレートに入れてシートベルトが一番安全!
シートベルトで固定したクレートが愛犬のセーフティシート。車内で自由にさせると運転席まで来て思わぬ事故につながることも!水分補給するためにも1時間ぐらいで休憩を挟み外の空気を吸わせてあげて。

Q.車移動で気を付けるべきことは?

A いつもと違う景色に興奮状態!脱走しないよう目を光らせて。
車から降ろそうとした一瞬の隙をついて脱走!しかも車が行き交う駐車場…!なんてことのないよう注意!ドアを開ける前にクレート内で首輪にリードを付け、しっかり持ってから開けましょう。

Q.どんなところに立ち寄ろう?

愛犬

A.愛犬の快適さを基準に考えましょう。SAもうまく使って。
移動が長くなると愛犬もストレス。思い切り体を動かせるドッグランなどがある場所を選んであげてください。最近のサービスエリアでは専用の水飲み場やドッグカフェなどペット連れで利用できるサービスが充実しています。

Q.車酔いしないかが心配・・・。

愛犬

A.普段から車に慣れさせるほか、酔い止め薬を処方する手も。
吐く・荒い息・ヨダレを垂らすなどが車酔いの症状。車に数分乗せては降ろすを繰り返し、慣れさせておきましょう。動物病院では酔い止め薬の処方もあります。食事は少な目にし乗車2~3時間前に済ませておいて。

Q.体調が悪いのはどこで分かる?

愛犬

A.体が熱い、息が荒い…いつもの様子を覚えておきましょう。
普段と様子が違わないか都度確認を。特に車は熱中症になりやすく、数分でも愛犬を車内に置いたまま離れるのは絶対NG!具合が悪そうなら旅を中止する判断も必要。道中の病院も事前に調べておきましょう。

宿泊編

初のお泊まりは飼い主もワンコもドキドキ!一晩快適に過ごせるか事前にチェックを!

Q.ペットOKのホテルってどう選ぶ?

ペットOKのホテル
ペットOKのホテル
ペットOKのホテル
写真提供/わんこと泊まれる 
わん泊亭(下呂温泉 アルメリアグループ)

A.グッズ貸出のほか、ワンコ用のお風呂も!過ごし方で選んで。
館内を自由に行き来できる宿から、部屋以外はNGの宿まで様々。情報収集して愛犬とどんな滞在をしたいかで選びましょう。最近ではフルコースのような本格料理が出たり、愛犬と入れる貸切家族風呂があったりと、飼い主と差のないサービスがどんどん増えているようです。

Q.ホテルでのNGマナーってある?

愛犬

A.犬を連れている人は特別待遇と過信せずに、周りへの配慮を。
ベッドの上はNG、リード着用マストなど各ホテルに決まりがあるので従って。宿によっては犬連れでないお客さんがいる場合もあります。もしイタズラや粗相をしてしまったらきちんとお伝えし謝罪を。そのためにもトイレや吠えのしつけは事前にしておくのがやはり大事です。

Q.知らない場所で寝るのに緊張しない?

愛犬

A.新しい環境に早く慣れるよう愛用品を持ち込む!
いつも愛用しているグッズの持ち込みが効果的。施設に着いたら部屋の一角に専用の場所を決め、愛用品と共に寛がせてあげてください。トイレを用意して排せつさせる、おやつや水をあげる、スキンシップをとるなどして「宿泊先=快適な場所」という印象を与えると良いです。

Q.おとなしくしていられるかな・・・。

愛犬

A.ワンコが何を望んでいるかを先回りして解消してみて。
環境が変わることで普段イイコでも待てずに要求吠えをしてしまうことも。先回りして散歩やごはんなど愛犬の気持ちに応えましょう。噛むオモチャで気持ちを落ち着かせる方法もあります。逆に、宿泊する日は新しいことがいっぱいで疲れて早く寝ることもありますよ。

Q.他のコとケンカしないか心配。

愛犬

A.トラブル回避のため視界から隠す・引き離すを心掛けて。
慣れない場所で他のコに興奮するのは仕方ないこと。吠えそう・飛びつきそうなら、相手が見えない場所に移動を。飼い主さんが前に立ち、視界から隠すのも効果的です。マウンティングする・されるようならすぐに引き離してください。そのためにも部屋以外ではリードを付けましょう。

ペットとのおでかけメリットは?

<メリット1> 飼い主の楽しそうな顔を見てワンコも幸せ♪
大好きな飼い主が楽しそうにしていると、愛犬はそれだけで嬉しがります。いつもより長く一緒に遊べるのも嬉しいはず。

<メリット2> 旅で五感が刺激され、より元気に!
宿周辺を歩くだけでも新体験。季節の風、草花の匂いが五感への刺激となり、元気な生活を送れることが期待できます。

<メリット3> 思い切り体を動かしてストレス解消できる!
自然に近い場所へ行けば日頃気になる電子音などから解放され生き物本来の行動ができます。ストレス解消にオススメです。

旅のコツを教えてくれたのはこの方!!

『いぬのきもち』 編集長  田中深雪さん

『いぬのきもち』 編集長 田中深雪さん
生活情報誌とWebの編集を経て、2019年4月同誌編集長に就任。愛玩動物飼養管理士の資格を持つ。撮影時に犬に囲まれ、もみくちゃにされるのが至福の時。

いぬのきもち

ヒトと愛犬との生活総合誌『いぬのきもち』
2002年5月創刊、発行部数7万部の会員制月刊誌。飼い始めの人用・ベテラン飼い主用の2種を発刊し、しつけ、お世話、病気のほか犬との絆を深める方法など、犬との暮らしがより楽しくなる情報を毎月10日に自宅へお届け。

※この記事は2020年5月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
全国
この記事に関連するキーワード
家族旅行
ペット