close

西日本の「あじさい」スポットおすすめ30選!名所や穴場の見頃、祭り情報も<2021>

2021.05.07

梅雨の時期の風物詩ともいえる紫陽花(アジサイ)。今回は、西日本の絶景「あじさい」スポットを見頃情報とともにご紹介します。

幻想的なあじさい寺や花手水、滝や海絶景とのコラボレーションなど、色とりどりの花々にきっと癒されるはず。あじさい祭りが開催予定のスポットも要チェックです。

この時期ならではの花景色を堪能してみるのはいかがでしょうか?

※この記事は項番1~10のスポットは2021年4月12日時点、12、17、18、20、22、27、30のスポットは2021年4月8日時点、その他のスポットは2021年3月25日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

1. 舞鶴自然文化園【京都府舞鶴市】

約100品種10万株のあじさいが咲き誇る(画像提供:PIXTA)
舞鶴自然文化園
舞鶴湾も望める絶景!約45分間の散策コースを歩き、芝生広場でのんびり休憩も◎(画像提供:PIXTA)

[見頃]6月中旬~7月上旬

大浦半島にある自然豊かな公園で、都市圏から離れているので比較的来場者の少ない穴場。初夏には、あじさいが一面に広がり、淡紫色の海のよう!特に「鑑賞デッキ」から見渡すあじさいは必見。

■舞鶴自然文化園
[TEL]0773-66-1053(舞鶴市役所土木課)
[住所]京都府舞鶴市字多祢寺地内
[営業時間]アジサイ園(6月中旬~7月中旬)9時~17時(最終受付16時30分)
[定休日]アジサイ園期間中はなし
[料金]高校生以上500円、小中学生250円
[アクセス]【車】舞鶴若狭道舞鶴東ICより車で20分
[駐車場]100台
「舞鶴自然文化園」の詳細はこちら
「舞鶴自然文化園」のクチコミ・周辺情報はこちら

2. 霊源院【京都府京都市】

霊源院
生まれ変わった甘茶の庭。白砂の庭にブルーのあじさいが華やかさを添える

[見頃]5月中旬

建仁寺塔頭。甘茶(ヤマアジサイの変種)の見頃に合わせ、昨年新しくなった枯山水庭園・鶴かく鳴めい九きゅう皐こうを特別公開。淡い色合いとレースのように繊細な形の甘茶の花に見とれて。

■霊源院
[TEL]075-561-0986
[住所]京都府京都市東山区小松町594
[営業時間]10時~16時
[定休日]なし
[料金]拝観料大人500円、中高生300円、小学生以下無料、御朱印400円
[アクセス]【電車】京阪祇園四条駅より徒歩12分
<令和の枯山水庭園特別公開>
[期間]5月1日(土)~7月31日(土)(予定)
[拝観料]通常通り
※期間限定御朱印の授与(400円)あり
「霊源院」の詳細はこちら

3. 三室戸寺【京都府宇治市】

三室戸寺
見つけたら恋が叶うというハートのあじさいを探して。珍しい品種「七段花」なども
三室戸寺
期間中はあじさいを浮かべた花手水が登場

[見頃]6月中

広大な境内には、ツツジ(5月)や蓮(7、8月)など季節の花が咲き誇る。中でも約50種1万株ものあじさいは京都随一のスケール。夕闇の中、ライトアップで幻想的に浮かび上がるあじさいも必見。

■三室戸寺
[TEL]0774-21-2067
[住所]京都府宇治市莵道滋賀谷21
[営業時間]8時30分~16時30分(最終入山16時)
[定休日]なし
[料金]平常時拝観料大人500円、中学生以下300円、、特別御朱印志納料500円
[アクセス]【電車】京阪三室戸駅より徒歩15分
<あじさい園>
[期間]6月1日(火)~7月11日(日)
[時間]8時30分~16時30分(最終入山16時)
[拝観料:大人800円、中学生以下400円
<あじさい園ライトアップ>
[期間]6月12日(土)~6月27日(日)の土日のみ
[時間]19時~21時(受付終了20時30分)
[拝観料]大人800円、中学生以下400円※昼夜入替制
「三室戸寺」の詳細はこちら
「三室戸寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

4. 藤森神社【京都府京都市】

古社を彩るあじさいに注目。

藤森神社
境内2カ所、延べ1500坪のあじさい苑
藤森神社
見つけたら恋愛運UP!?のハートのあじさい

[見頃]6月中旬

菖蒲(しょうぶ)の節句発祥と言われ、“勝負”に勝つ神として信仰を集める。境内のあじさい苑では、セイヨウアジサイやアナベル、オタフクアジサイなど約3500株の多彩な品種を観賞できる。

■藤森神社
[TEL]075-641-1045
[住所]京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609
[営業時間]【授与所・あじさい苑受付】9時~16時
[定休日]なし
[料金]拝観無料
[アクセス]【電車】京阪墨染駅より徒歩7分、JR藤ノ森駅より徒歩5分
<あじさい苑>
[期間]6月上旬~7月上旬
[時間]9時~16時
[入苑料]中学生以上300円
「藤森神社」の詳細はこちら
「藤森神社」のクチコミ・周辺情報はこちら

5. 法金剛院【京都府京都市】

法金剛院
名勝・青女の滝がある庭園に数十株のあじさいが彩を添える(画像提供:PIXTA)

[見頃]6月中旬~7月上旬

極楽浄土の情景を現した浄土式庭園が有名。別名・蓮の寺とも呼ばれ、6月中頃から大賀ハスや即非蓮など、約90種もの蓮の花が池を彩る。池の西側を中心にあじさいも開花する。

※2021年4月27日電話確認時点:状況により、見頃時期に開門しない可能性あり(現在は毎月15日のみ開門)詳しくは直接お問い合わせください。

■法金剛院
[TEL]075-461-9428
[住所]京都府京都市右京区花園扇野町49
[営業時間]9時30分~16時30分(受付終了16時)※現在は毎月15日のみ開門
[定休日]12月30・31日
[料金]拝観料大人500円、小中学生300円、6歳以下無料 
[アクセス]【電車】京福電車御室仁和寺駅より徒歩13分※蓮の状況はHPにて要確認
「法金剛院」の詳細はこちら
「法金剛院」のクチコミ・周辺情報はこちら

6. 天龍寺【京都府京都市】

天龍寺

[見頃]6月中旬~7月

6月中旬~7月、曹源池庭園の西側や多宝殿奥の百花苑などで約40~50株のあじさいが見頃に。

■天龍寺
[TEL]075-881-1235
[住所]京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
[営業時間]8時30分~17時(受付終了16時50分)
[定休日]なし(行事により諸堂参拝不可の日あり)
[料金]庭園参拝料大人500円、小中学生300円、未就学児無料 ※諸堂参拝は300円追加
[アクセス]【電車】京福電車嵐山駅より徒歩2分
「天龍寺」の詳細はこちら
「天龍寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

7. 余呉湖【滋賀県長浜市】

余呉湖

[見頃]6月下旬~7月上旬

約1万株のあじさいが余呉湖畔約600mを埋め尽くす。

■余呉湖
[TEL]0749-65-6521(公益社団法人長浜観光協会)
[住所]滋賀県長浜市余呉町
[営業時間・定休日・料金]観賞自由
[アクセス]【車】北陸道木之本ICより車で10分
[駐車場]30台
「余呉湖」の詳細はこちら
「余呉湖」のクチコミ・周辺情報はこちら

8. 兵庫県立淡路島公園【兵庫県淡路市】

兵庫県立淡路島公園
園内にある「アジサイの谷」や「花の谷」が紫陽花の見所

[見頃]6月

5月はツツジ、6月には約40種9000株の紫陽花が見頃に。展望広場では明石海峡大橋も!

■兵庫県立淡路島公園
[TEL]0799-72-5377
[住所]兵庫県淡路市淡路市楠本2425-2(管理事務所)
[営業時間・定休日]散策自由
[料金]園内入園無料
[駐車場]合計1477台(無料)※ほか有料Pもあり
「兵庫県立淡路島公園」の詳細はこちら
「兵庫県立淡路島公園」のクチコミ・周辺情報はこちら

9. 仁平寺【和歌山県有田市】

仁平寺
花は白、ピンク、紫と多彩

[見頃]5月下旬~6月中旬

境内に約1000株が咲き、裏の斜面から見渡すのがおすすめ。色とりどりの花が美しい。

■仁平寺
[TEL]0737-22-3624(有田市産業振興課商工観光係)
[住所]和歌山県有田市糸我町西791
[営業時間・定休日・料金]散策自由
[駐車場]約7台(無料)
「仁平寺」の詳細はこちら
「仁平寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

10. 神宮寺【広島県府中市】

神宮寺
隣接の南宮神社までの散策で約1時間

[見頃]6月中旬~下旬

約1500坪もの広大な境内に約80種3000株ものあじさい。撮影スポットも多彩で、見頃時期には「あじさい祭り」でバザーなどを実施予定。

■神宮寺
[TEL]0847-43-7135(府中市観光協会)
[住所]広島県府中市栗柄町2987
[営業時間]8時30分~17時
[定休日]期間中なし
[料金]参拝・観賞無料
[駐車場]50台(1回300円)
「神宮寺」の詳細はこちら
「神宮寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。