close

絶対喜ばれる!佐賀県のお土産22選!地元民「人気ランキング」&編集部おすすめ

2022.06.30

じゃらん編集部では地元の方にお土産についてのアンケートを実施。佐賀県の美味しいお土産ランキング、人気TOP10を発表します!

地元ならではの特産品や銘菓、名物のお菓子、オシャレな産直スイーツなど、佐賀のおいしい名産品が目白押し!ランキングの他にも、定番や最新のおすすめお土産情報もお届けします。

※ランキングは2021年11月14日、編集部おすすめは2022年6月20日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース


●地元民の声を集めたお土産ランキング

1位【萬坊】萬坊いかしゅうまい

華やかな見た目と食感が魅力!多数の店舗を展開し、知名度も抜群の呼子名物

(画像提供:萬坊)
萬坊いかしゅうまい 1296円(画像提供:萬坊)

「いかしゅうまい発祥の店」として、イカの産地・呼子をはじめ、唐津や佐賀市内にも複数の店舗を展開している「萬坊」。

県外のデパ地下などでもおなじみの一品なので知名度もあります。一般的なしゅうまいのようにワンタンの皮で包むのではなく、皮を細かく刻んで外側にまぶした華やかな見た目が特徴。にがり成分が豊富な海塩や、産み立て卵など、イカ以外の素材にもこだわり抜いた逸品で、ふんわりプリプリの食感が魅力です。内容量はサイズ違いで「大まる8個入」「小まる15個入」の2種類がありますが、どちらも同価格の1296円。

贈る方の人数に合わせて選べるので、年代や家族構成を問わず、さまざまなシーンの手土産に重宝します。

お土産におすすめの理由

■呼子のいかしゅうまいは、ホントに美味しい(20代/女性)
■イカのすり身がふわふわして、味わい濃厚。ご飯だけでなく、お酒も進む(30代/男性)
■イカと言えば呼子!イカの風味と中華の融合が絶品(30代/男性)

■萬坊いかしゅうまい
[取扱い店舗]海中レストラン萬坊、朝市通り店萬坊、えきマチ1丁目唐津駅店萬坊、他佐賀市内にも店舗あり
「萬坊いかしゅうまい」の詳細はこちら

2位【村岡屋】さが錦

2021年10月に発売50周年を迎えた老舗の銘菓。モンドセレクション最高金賞を連続受賞!

(画像提供:村岡屋)
さが錦8個入詰合せ 1296円(画像提供:村岡屋)
(画像提供:村岡屋)
さが錦1個140円

栗や小豆を入れた浮島生地を、バームクーヘンでサンドしたさが錦。

伝統織物「佐賀錦」にちなんだ美しい縞模様も特徴です。和洋折衷の上品な味わいで、2008年~2011年のモンドセレクションでは、4年連続で「最高金賞」を受賞!小豆と栗のミックスや、抹茶味などがあり、村岡屋の全店で購入できます。写真の個包装のさが錦は1個140円、8個入りの詰め合わせは1296円、さらに棹タイプもあり、贈答用のバリエーションも豊富。

2021年10月には、いよいよ発売50周年を迎えました。半世紀もの長きにわたって、地元で愛され続けている銘菓です。

お土産におすすめの理由

■佐賀の手土産の定番!小豆の美味しさと、スポンジ、バームクーヘンの層の一つのお菓子で楽しめる(30代/男性)
■洋菓子のようでもあり、和菓子のようでもあり、上品な味が美味しい(40代/女性)
■あずきや、カステラが好きなら絶対好きなはず、甘くて美味しい。個人的には佐賀のお菓子で一番好きです(20代/男性)

■さが錦
[取扱い店舗]村岡屋全店(本店、大和店、佐賀駅店、ゆめタウン佐賀店、他)
「さが錦」の詳細はこちら

3位【北島】丸芳露

ポルトガルから伝来し、日本で定着した「ぼうろ」。元禄9年の老舗が厳選した素材を使用

(画像提供:北島)
(画像提供:北島)
丸芳露10個入 864円(画像提供:北島)

ぼうろはポルトガル由来の南蛮菓子。元禄9年(1696)に創業された、「北島」が改良を重ね、明治の初めに現在の丸芳露が誕生しました。

小麦粉・砂糖・鶏卵というシンプルな材料ながら、しっかりと吟味した材料だけを使い、伝統的な職人技で素材の味を最大限に引き出しています。10個入で864円とリーズナブルな価格と、素朴な味わいが愛され、今ではおやつの定番に。流行に左右されない本格志向のお菓子づくりが「北島」のポリシーです。

白山の本店のほか、JR駅でも購入できるので、出張のお土産にも最適です。贈答用の箱詰め商品は、化粧箱のモダンなデザインも目を引きます。

お土産におすすめの理由

■いくら食べても飽きない懐かしいお菓子だから(20代/女性)
■佐賀の代表的なお菓子。素朴な味で美味しい!(20代/男性)
■子どもから大人まで親しめる味だから(30代/女性)

■丸芳露
[取扱い店舗]白山本店・JR佐賀駅店・佐賀東店
「丸芳露」の詳細はこちら

4位【村岡総本舗】小城羊羹

100年以上続く村岡総本舗の原点!羊羹のふるさと・小城で生まれた伝統製法と味わい

(画像提供:村岡総本舗)
特製切り羊羮(小城羊羹) 800円(画像提供:村岡総本舗)

佐賀の老舗メーカーとして、多彩な和菓子を販売している村岡総本舗。その原点とも言えるのが、明治32年の創業以来、作り続けている小城羊羹。

高級な糸寒天と角寒天を使った小城羊羹は、今なお職人の手によって、100年以上続く伝統的な製法で作られています。竹の皮と経木で包むことによって、煉りが控えめで、やわらかさと風味が際立ちます。小豆や抹茶、きびざとうなど、バリエーションも豊富で、季節限定商品や水羊羹も展開。メディアでもたびたび取り上げられています。

また、小城本店には、シュガーロードとして栄えた小城のお菓子のルーツを探る「羊羹資料館」も隣接されており、入館料は無料。特製切り羊羮の試食や季節ごとの催しが楽しめます。

お土産におすすめの理由

■羊羹好きなら絶対好き!濃厚な甘さがたまらない(20代/男性)
■緑茶と一緒だとより美味しいです(30代/女性)
■佐賀を代表するお菓子だから(40代/男性)

■村岡総本舗 本店
[住所]佐賀県小城市小城町861
[営業時間]9時~18時
      村岡総本舗羊羹資料館 9時~17時
[定休日]なし
[アクセス]【電車】JR小城駅より5分
[駐車場]あり (無料)
「村岡総本舗 本店」の詳細はこちら

5位佐賀牛カレー

肉質等級最高ランクの黒毛和牛を贅沢に使用!プレミアム版はリピーター多数

佐賀牛カレー
写真:じゃらんおみやげガイドより

「佐賀牛」は、JAグループ佐賀管内で飼育される黒毛和牛の中でも、もっとも高級な牛肉です。

肉質等級がA5・A4の最高ランクで、サシ(霜降り)の数値を示すBMS値も最高ランクの7以上という厳しい基準をクリアしたものだけが「佐賀牛」と呼ばれます。この高級和牛をふんだんに使った風味豊かなビーフカレーがレトルトパックで登場!

唐津市の宮島醤油株式会社が手がける「佐賀県産和牛カレー180g」が特に有名で1個810円。佐賀牛肉を増量し、カレーソースの配合も改良したプレミアム版は、1404円という価格にも関わらず、リピーターが続出の名品です。

お土産におすすめの理由

■佐賀牛の美味しさがしきつまってる(40代/男性)
■お肉がゴロっと入ってて食べ応えがある(30代/女性)
■高級なお店にも出されるなど有名で、あっさりして美味しい佐賀牛が入っているから(20代/女性)

6位【大原老舗】松露饅頭

保存料・着色料は使わず、北海道産の小豆で丁寧に仕上げた、一口サイズのお饅頭

(画像提供:大原老舗)
(画像提供:大原老舗)
松露饅頭10個入1080円(画像提供:大原老舗)

日本三大松原の一つである唐津虹ノ松原に自生するキノコ(松露)に形が似ていることから、この名が付けられた松露饅頭。その歴史は170年以上続いており、銅板で1つずつ丹念に手焼きしていく、伝統的な製法で仕上げています。

北海道産の小豆をはじめ、放し飼いにされている地鶏の卵、小麦粉、砂糖など吟味した材料だけを使い、保存料・着色料は一切不使用。食べやすい一口サイズで、子どもから大人まで楽しめます。コロンとした可愛らしい皮の中には、職人が手作りした甘さ控えめのあんこがぎっしり。江戸時代から続く、伝統の味わいです。

県内6店舗のほか、唐津城内やホテル、SAなどさまざまな施設の売店でも売られています。

お土産におすすめの理由

■控えめな甘さなあんこと上品な皮が美味しい一口でパクっと食べれちゃう(30代/女性)
■小さくて中のあんこが絶妙な甘さで薄めの皮とのバランスがいい。(40代/女性)
■あんこや甘いものが好きな人にはハマると思う(30代/男性)

7位ヤリイカ一夜干し

肉厚で甘みが強い呼子イカの旨みをギュッと凝縮!呼子朝市ではイカの一夜干し体験も!

(画像提供:PIXTA:22692967)
(画像提供:PIXTA:22692967)

荒波が立つ玄界灘に面し、豊富な海の幸に恵まれた港町・呼子。中でも身に厚みがあり甘みが強いと評判のイカは呼子定番の名物です。

県内の飲食店やお土産屋でも販売されていますが、観光スポットでもある呼子の朝市での購入がおすすめ。大正時代から続く伝統ある朝市で、日本三大朝市のひとつです。基本的に元旦以外は無休で、毎日午前中に開催。約200mの「朝市通り」には30~50件の露店や店舗が並び、元気な呼び声が飛び交います。

ヤリイカの一夜干しを出している店も多く、4名以上ならイカの一夜干し体験も可能!事前予約が必要で、唐津観光協会が受け付けています。

お土産におすすめの理由

■新鮮なイカ本来の味わいが凝縮しており、イカを存分に楽しめる逸品(30代/男性)
■酒のおつまみとして最高(20代/男性)
■呼子の朝一名物(30代/男性)

8位【元祖吉野屋】白玉饅頭

明治15年の創業から続く伝統製法。保存料や添加物を使わず、精米から始めるこだわり

(画像提供:白玉饅頭 元祖吉野屋)
(画像提供:白玉饅頭 元祖吉野屋)
白玉饅頭10個入り810円(画像提供:白玉饅頭 元祖吉野屋)

創業明治15年より、川上峡名物である白玉饅頭の製法を守り続けてきた元祖吉野屋。

保存料や添加物を一切使わず、契約農家の棚田米をまず自家で精米するところから始めるというこだわり!さらに石臼で搗いて粉から白玉饅頭ができるまでに、2回蒸し、2回捏ねるなど、手をかけて丁寧に仕上げています。中に入っているあんこは北海道産の小豆を使用。上質な砂糖をつかって、じっくり時間をかけて練りあげます。

また店舗では、白玉饅頭をコーヒーと一緒にいただける和カフェも併設。大きな窓から川上峡の四季を望む癒しの空間で、ぜんざいなどのオリジナルメニューも展開しており、白玉饅頭をアレンジした抹茶パフェも味わえます。

お土産におすすめの理由

■白玉団子の中にたっぷり詰まった黒餡がたまらない佐賀銘菓(30代/男性)
■そのまま食べても、パフェのようにアイスにトッピングしても美味しい!(30代/男性)
■優しい甘さで、軽く食べられてしまう。その上、手頃な価格が嬉しい(30代/女性)

■白玉饅頭 元祖吉野屋
[住所]佐賀県佐賀市大和町梅野173
[営業時間]8時30分~17時以降売り切れ次第閉店
[定休日]第2,4水曜日定休日
[アクセス]【電車】JR佐賀駅駅より車で15分【車】大和インターより約30分

「白玉饅頭 元祖吉野屋」の詳細はこちら

9位【甘夏かあちゃん】甘夏ジュレー

メディアで話題の産地直送スイーツ!コンクール優秀賞の甘夏が手作りゼリーに!

(画像提供:甘夏かあちゃん)
甘夏ジュレー6個入り1680円(画像提供:甘夏かあちゃん)
(画像提供:甘夏かあちゃん)

佐賀・呼子の特産品でもある甘夏を作り続けている農園から生まれた甘夏ゼリー。

恵まれた風土で育った甘夏は、やさしい酸味が特徴で、平成20年度には第14回全国環境保全型農業推進コンクールで優秀賞を受賞しました。その果肉と果汁を丸ごと濃縮し、本物の甘夏の皮を器にしたスイーツが、甘夏夢ゼリーです。食べ終わった後の皮を、マーマレードやお菓子作りの原料として使えるのも、新鮮な甘夏をそのまま使っているからこそ。

もともとは、市場に出せなかった甘夏を活用するために地元の女性たちが開発したサスティナブルな商品。食と環境にも貢献する逸品として、テレビや新聞でもたびたび紹介されています。

お土産におすすめの理由

■素材の味が堪能できる(40代/女性)
■程よい甘さで口どけのよいゼリーがとても美味しい。(40代/女性)
■甘すぎず、美味しい。うつわもかわいい。(40代/女性)

■甘夏かあちゃん
[住所]佐賀県唐津市呼子町大字加部島3748
[アクセス]【車】JR唐津駅よりで約30分
「甘夏かあちゃん」の詳細はこちら

10位【のり道楽】佐賀のり しょうゆせんべい

有明海の特産品・佐賀海苔の有名メーカーが、精米から取り組んだこだわりのせんべい。

(画像提供:のり道楽)
佐賀のり しょうゆせんべい(130g) 486円(画像提供:のり道楽)

有明海の恵みを受けた佐賀の特産品・佐賀海苔を全国にお届けしている有名メーカーが、素材からこだわり抜いてつくったせんべいです。

低温貯蔵した九州産の餅米玄米を使用し、水は阿蘇外輪山水系の天然水。醤油は天然醸造のものを使用し、佐賀海苔は芳醇な味わいを持つ上質なものを吟味。昔ながらの手の込んだ製法で、それぞれの素材のおいしさを最大限に引き出しています。

食べていると周りにもせんべいの香ばしい香りが漂ってくるほど、豊かな風味が特徴で、ほどよい硬さと自然な味わいが、なつかしさを感じさせてくれる一品です。

お土産におすすめの理由

■全国的に有名な有明海産の佐賀のりを使った一品(30代/男性)
■色が濃く、歯ごたえが良く、香り高い(40代/男性)
■食感が他のせんべいと違い、パリッとしている(20代/男性)

■のり道楽
[住所]佐賀県佐賀市川副町犬井道1672
[営業時間]9時30分~17時
[定休日]日曜日・祝日
[アクセス]【車】佐賀空港より車で約6分【電車】JR佐賀駅より車で約30分
[駐車場]あり (ありの場合は料金記載)
「のり道楽」の詳細はこちら

 
【アンケート調査概要】
インターネット 調査:選択方式によるアンケート
調査時期:2021年8月26日~2021年8月28日
調査対象:都道府県在住20~40代男女
有効回答数:100名

\こちらの記事もチェック!/
【佐賀】観光のおすすめスポット!モデルコースとマップで温泉やグルメを紹介

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード