1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  ◆富山@◆魚料理と自然と動物満喫!!(魚津/滑川/立山/富山/氷見/高岡/小矢部)

やんまあさんの富山県の旅行記

◆富山@◆魚料理と自然と動物満喫!!(魚津/滑川/立山/富山/氷見/高岡/小矢部)

  • 夫婦
  • 2人

京都から5:00発で富山へ車でGO!!水族館、神社仏閣、魚を食す旅!!◆一日目は魚津⇒滑川⇒立山⇒富山市内◆二日目は富山⇒氷見◆三日目:高岡⇒小矢部

神社ツウ やんまあさん 男性 / 40代

1日目2016年7月16日(土)

魚津総合公園

魚津市

「魚津総合公園」を   >

パターゴルフ、テニスコート、フィールドアスレチック、水族館、プール、遊園地、バーベキュー広場など一日過ごそうと思えば過ごせる総合施設です。駐車場も無料で、全体的にリーズナブル!!富山湾に面しており景色もよいです。

13:00-15:00

ミラージュランド

魚津市

「ミラージュランド」を   >

●魚津水族館と併設●海岸沿いにあるちょっとした遊園地です。浜辺にすぐ出られたり、駐車場も無料です。すべてにおいてこじんまりしていますが、さほど人はいないのでゆっくりできます。

13:00-15:00

魚津水族館

魚津市

「魚津水族館」を   >

「水族館=イルカショー&アザラシショーなどダイナミックなショー」を期待しているかと思いますが、ここの注目株は石鯛、ウマヅラハギの芸です。正直、地味なショーだろうと期待していなかったのですが、ここだけ見られるレア芸かもしれません。。魚も調教できるんだと妻もびっくりしていました。富山湾大水槽はブリや真鯛などがおり、エサやりはなかなかの見物で、おかげでお腹が減りました!?ここは近くに時間をつぶせるものが多く、再入場もできるので、ゆっくり過ごせます。駐車場も無料なので、ここから離れることもできます、

13:00-15:00

大伴家持の歌碑

魚津市

「大伴家持の歌碑」を   >

●魚津水族館と併設●大伴家持は、日本最初の和歌集である、万葉集の選者で、奈良時代の貴族・歌人、越中国司として、著名な人物です。大伴家持は今回の旅行であちこちで目にすることになります。

魚津埋没林博物館

魚津市

「魚津埋没林博物館」を   >

魚津水族館で共通券で安くなり、予定より早く着いたので行きました。魚津水族館から車で5分の距離で、駐車場も無料、近くに海の駅もあるので水族館のショー待ちの場合、ここに訪れるがよいです。

魚津埋没林

魚津市

「魚津埋没林」を   >

河川氾濫と海面上昇により埋没した木々が展示されており、2000年前からの環境の変化が見られる貴重な資料館です。国の特別天然記念物に指定されている。

パノラマレストラン 光彩

●ほたるいかミュージアムとセット●ホタルイカ丼&白エビ丼を頼みました。道の駅二階にあります。窓際は景色が綺麗で、能登半島がしっかり見えます。地図で見ると大きさは感じませんが、実物を見ると大きいです。

滑川市観光協会

滑川市

「滑川市観光協会」を   >

●ほたるいかミュージアムとセット●ほたるいかミュージアム入口です。富山の観光パンフレットもあり、ここで予定している観光地以外を調べるのもよいかと思います。3日目に予定していた北陸唯一の三井アウトレットモールのクーポン券が貰えるパンフレットをGETしました。

ほたるいかミュージアム

滑川市

「ほたるいかミュージアム」を   >

謎の生態を持つホタルイカの博物館です。時期によってはホタルイカが発光するショーが見られます。ちなみに7月はホタルイカはいないので、代わりに最近、発見された光を放つ生物のジョーになります。食事処や道の駅と隣接しています。

滑川市民交流プラザ

滑川市

「滑川市民交流プラザ」を   >

屋上に展望台があり、無料です。5階には620円で入られる「あいらぶ湯」があり、ちょっとした時間つぶしによいです。4階には食事処もあります。駅に近いので、交通機関でほたるミュージアムに行く方は寄りやすいかと思います。

梅かまミュージアムU-mei館

富山市

「梅かまミュージアムU-mei館」を   >

富山に来れば、土産物など選んでいると「かまぼこ」を目にするかと思いますが、ここは工場内部と製造工程を無料見学できます。お土産物もあり、テレビの撮影も多いらしく、無造作に色紙が置かれていました。。壁に張らないみたいです・・・。

雄山神社(前立社壇)

立山町(中新川郡)

「雄山神社(前立社壇)」を   >

祭神:イザナギ、タヂカラオ◆本殿は国重文◆雄山神社は富士山・白山と並ぶ霊山信仰である。立山頂上に本宮があるが行くのが大変なため?時代とともに中宮ができ、平野部に近い前立として設立されたらしい。ここも神仏習合時代の流れが残っている。前立という表現が寺の仏像表現「秘仏本尊のお前立」みたいな感じのネーミングも面白い。

雄山神社(前立社壇)

立山町(中新川郡)

「雄山神社(前立社壇)」を   >

参道と本殿を抜けると神社に所縁がある寺に出ます。この裏参道には小さいが力強い瀧があります。面白いのは次に行く中宮にも異なる所縁のある寺(神宮寺?)があります。

雄山神社(芦峅中宮)

立山町(中新川郡)

「雄山神社(芦峅中宮)」を   >

一の鳥居からは厳格な雰囲気が漂っています。(写真には写っていませんが)右側の由緒書きから「雄山神社(前立社壇)」と同じ祭神です。当たり前ですけど・・。

雄山神社(芦峅中宮)

立山町(中新川郡)

「雄山神社(芦峅中宮)」を   >

熊注意報ですか・・。確かにテレビで熊のニュースを観ますが、まさかここにも出没する可能性があるとは思っていなかったので、ちょっとビビリながら参拝。

雄山神社(芦峅中宮)

立山町(中新川郡)

「雄山神社(芦峅中宮)」を   >

祭神:イザナギ、タヂカラオ◆想像していたのと違い周りに家が多かったので、ちょっと拍子抜けしました。神域に入ると写真の通り杜に囲まれた参道で、長野の戸隠神社を思い出させる大木に囲まれます。本殿などは「雄山神社(前立社壇)」のほうが見ごたえがありました。まあ~雪で本殿などの維持が大変なため、小ぶりにしているのかもしれません。

立山博物館

立山町(中新川郡)

「立山博物館」を   >

雄山神社(芦峅中宮)横にあります。駐車場も大きいので、車で行く場合は雄山神社(芦峅中宮)をちょっと越えて、ここに置くのがよいかもしれません。閻魔様の特別公開中で、最近、行くところに閻魔様絡みが多いなと思いつつ、+200円で入りました。閻魔帳もいただき得しました!!

雄山神社(峰本社)

立山町(中新川郡)

「雄山神社(峰本社)」を   >

行きたいけど命は落としたくないなとキャンセルです。本当に頂上にあり、屋根は石屋根のようです。元々は修験道の方により祀られたのだと思っています。まあ~立山博物館で映像が見られるので、行く方はここでどんな感じか見てもよいかと。

富岩運河環水公園

富山市

「富岩運河環水公園」を   >

時間が余り、ホテルも夕食なし&駐車場もないので、妻のリクエストで「富岩運河環水公園」に行きました。最近テレビで取り上げられた建物が2つあり、超長い糸電話がある。対面の建物に人が上るのを待ち、糸電話で話しかけるが無視される。。数分後、それぞれの建物に分かれた観光客が糸電話で話すが、強風のためか上手くいかなかったようです。

富岩運河環水公園

富山市

「富岩運河環水公園」を   >

糸電話は大失敗ですが、景色は綺麗です。右側の対岸にあるのがスターバックスで、日本で指折りの景色の良いところとか。この後、時間つぶしに寄りました。因みに両岸に駐車場があり無料です。

きときと市場とやマルシェ

富山市

「きときと市場とやマルシェ」を   >

富山駅近くにお目当ての食事処があったので、ここの駐車場に泊めました。とやマルシェは食事処や服などちょっとした百貨店?モール?です。新幹線待ちなどには最適かと思います。ひとまず、いきいきKANへ!!

いきいきKAN

富山市

特産品の展示や販売をはじめ、富山情報が盛りだくさんです。新幹線開通に際してかどうかはわかりませんが、富山へ訪れる観光客の観光情報の提供、イベントを開催するなどしています。天候が悪い時はオススメかもしれません。

富山市まちなか観光案内所

富山市

「富山市まちなか観光案内所」を   >

ここに行けばどこに行こうか迷う必要はないかと思います。新幹線で来たときはまずはここですかね。

富山県いきいき物産(株)「ととやま」

富山市

「富山県いきいき物産(株)「ととやま」」を   >

物産センター富山 は、6月30日をもちまして閉店したそうです・・。

(一財)富山観光物産センター

富山市

「(一財)富山観光物産センター」を   >

物産センター富山 は、6月30日をもちまして閉店したそうです・・。

白えび亭

富山市

「白えび亭」を   >

富山駅の1階にあるお土産・食事処で夕食。白えび造り丼2400円。白エビがドーン!!とまでは行かないですが、新鮮であり、生で手で剥いているらしく手が込んでいるので、しょうがないですかね。味は美味しいです!!甘いです!!なので、適量かもしれません。

天然温泉 富山 剱の湯 御宿 野乃

「天然温泉 富山 剱の湯 御宿 野乃」を   >

最近、温泉に行っていないので、富山市内で温泉があるところを検索しここを選びました。ここは部屋も温泉が付いており、ゆっくりできます。部屋は正直狭いですが、21:30以降の夜食、朝食のバイキングで作られる海鮮丼はよいです。朝は洋食選択が多い妻がイクラをてんこ盛りに乗せて、和食を食べていました。ちなみに駐車場はないのでホテルを越えたところに24時間1000円の駐車場があるのでそこに駐車しました。映画館もあり、富山城も徒歩3分なので、電車の音とか嫌な方はよいホテルかと思います。

2日目2016年7月17日(日)

富山城址公園

富山市

「富山城址公園」を   >

富山城内にあります。新幹線が通ったせいか、外国人もチラホラ見えました。次の富山城も含め、9:00開場なので、ホテルでゆっくりして出発できます。

富山城

富山市

「富山城」を   >

本丸が近い!!と思いきや昔は堀が何重もあったようです。ですよね。。これじゃ一発で攻められそうですし。意外に小さくてびっくりしました。前田利家など有名どころなので、もっと大きいかと思っていたので。

日枝神社

富山市

「日枝神社」を   >

あああああああ~18:00-9:00の駐車が500円。。ここに置けばよかった。。これは昨日に参拝しなかった私への天罰か!?というのはさておき、なかなか手入れされた良い神社です。地元の信仰心が強いんでしょうか、お金かかっています。

富山市科学博物館

富山市

「富山市科学博物館」を   >

恐竜やナウマンゾウなどの模型があります。福井の「恐竜博物館」を行ったことがある方は、感動は薄いかもしれませんが、県立富山美術館も近くにあるのでセットで行くのがお勧めです。事前に特別展を調べることをオススメします。

鵜坂神社

富山市

「鵜坂神社」を   >

越中一宮とも言われている。確かに力強い天神が多い。○祭神:淤母陀琉神&訶志古泥神(国之常立神に続いて天地開闢の最初にあらわれた神世七代の第六の神)○配祀:鵜坂姉比メ神 鵜坂妻比メ神 大彦命、○合祀:天照皇大神、豊受大神、誉田別大神、豊玉姫命、倉稻魂神、建御名方命、水波賣神、天兒屋根命

鵜坂神社

富山市

「鵜坂神社」を   >

神明造りの良い神社です。大伴家持が当地へ訪れ詠んだ歌が、万葉集に残されている。立山神社に行く途中もそうだが、杜に囲まれた神明系の鳥居を持った神社があちこちにある。御朱印を貰うため社務所を訪れたが人の気配はなく御朱印を諦めたところ、氏子らしき人が、家を教えてくれた。三重の伊賀もそうだが地域に愛された神社はよいものです。清掃などがされており、居心地が良いです。

富山市ファミリーパーク

富山市

「富山市ファミリーパーク」を   >

財布にやさしい動物園です。入口に多くの顔の部分に穴が開いている観光地写真パネルがたくさんある。園内は広く歩く必要があるが、園内バスを利用すると楽です。私たちは時間の都合歩きましたが。

富山市ファミリーパーク

富山市

「富山市ファミリーパーク」を   >

暑さのためかライオンが隠れています。のぞき穴があり、そこから凝視していると気づかれ、ご機嫌斜めです。

富山市ファミリーパーク

富山市

「富山市ファミリーパーク」を   >

次の瞬間・・・。

新湊大橋

射水市

「新湊大橋」を   >

いやああ~急な坂でベタ踏みです。ある意味、鳥取のベタ踏み坂と良い勝負かもしれません。海側を見ると船の帆が大量に出ており、景色が最高です。

海王丸パークフェスティバル2016

射水市

海上保安庁、自衛隊の戦艦も登場しており、無料で内部に入れました。国家秘密もあるため、荷物検査などありましたが。因みに、タモリさんが来られていました。数年前から、船のレースをしているらしく、毎年、訪れるそうです。

海王丸パーク

射水市

「海王丸パーク」を   >

綺麗な景色です。写真真ん中は、あちこちに現れる「恋人のなんちゃら」で幸せの鐘ですね。

海王バードパーク/富山新港臨海野鳥園

射水市

「海王バードパーク/富山新港臨海野鳥園」を   >

海王丸パーク内にありますが、7月はバードがいないです。。。冬場がよいそうです。。駐車場は8台ぐらい置けますが、海王丸パークで置いたまま行くのがよいかと思います。

富山新港臨海野鳥園

射水市

「富山新港臨海野鳥園」を   >

海王丸パーク内にありますが、7月はバードがいないです。。。冬場がよいそうです。。駐車場は8台ぐらい置けますが、海王丸パークで置いたまま行くのがよいかと思います。

放生津八幡宮

射水市

「放生津八幡宮」を   >

由緒書きの通り、大伴家持に所縁がある神社。2015年の映画「人生の約束」の撮影場所のようです。妻と知らんなぁと話していましたが、結構な有名俳優が出ているんですね。

放生津八幡宮

射水市

「放生津八幡宮」を   >

参拝時に本殿で神社の人が祝詞と太鼓を叩いていて、私たちが参拝すると、再度、行っていただけた。有難い!!この後、発覚するのだが、集団のツアー客が来たらしく、祝詞と太鼓のサービスはそのツアー用だったようだ。。

光山寺

放生津八幡宮横です。無料です。勝手にドアを開けて入れます。新湊大仏こと丈六の阿弥陀如来坐像がおり、3000体以上の仏像を背負っています。圧巻です!!駐車場もあります。

気多神社

高岡市

「気多神社」を   >

天平年間(757〜764年)に越中一ノ宮として能登一丿宮の気多大社から勧請したとも言われている。なお、富山県内には気多神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社・高瀬神社)ある。ここには総社跡があり、個人的には、ここが一宮な気がしました。ちなみに本殿は重要文化財で参拝したときは修理中でした。◆御祭神:大己貴命、奴奈加波比賣命@高志の姫、 相殿:菊理姫命@白山信仰、事代主命

能登半島国定公園 雨晴海岸

高岡市

「能登半島国定公園 雨晴海岸」を   >

無料駐車場に置いて、海岸沿いへ行きました。暑いので磯で親子連れがカニや小魚を採って遊んでいます。藤子不二雄の生誕の地でもあることから、忍者ハットリ君の電車が通っていました。

まんがロード

氷見市

「まんがロード」を   >

駐車場がないなと車で周っていると観光客用の駐車場を発見!!そこから寺と神社が見え目を凝らすと寺に懐かしいアニメキャラが。後ほどわかるのですが、この寺「光禅寺」は藤子不二雄Aの生誕の地とのこと。

湊川リバーウォーク

氷見市

「湊川リバーウォーク」を   >

この写真の左がからくり時計です。正面に赤いポストがあり上にハットリ君がいます。右側の海の方向へ行くと巨大なハットリ君の壁画があります。ご覧のとおり、人は少ないです。冬場の寒ブリシーズンは多そうですが。

忍者ハットリくんカラクリ時計

氷見市

「忍者ハットリくんカラクリ時計」を   >

30分おきにカラクリ時計が動きます。暑かったので霧状の水しぶきが気持ちよかったです。橋の上から見ましたが、横から見た方がよいかもしれません。光禅寺近くの無料駐車場から歩いて5分くらいかかります。

氷見市潮風ギャラリー

氷見市

「氷見市潮風ギャラリー」を   >

1階では原画などがあります。2階には漫画の読み放題フリースペースとちょっとしたアトラクションがあります。ここも駐車場があり、入場料も200円と良心的です。

まんがロード

氷見市

「まんがロード」を   >

まんがロードにはハットリ君などのキャラオブジェが揃っています。鳥取の境港も水木しげる氏の出身地で通りに代表作「ゲゲゲの鬼太郎」のオブジェがありますが、そこと同じですね。違うのは観光客の多さぐらいですか・・。

道の駅 氷見 氷見漁港場外市場 ひみ番屋街

氷見市

「道の駅 氷見 氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」を   >

写真右側に土産物、足湯、温泉など勢ぞろいしています。翌日の朝もここに来たのですが、キャンピングカーなどで素泊まりしている方が多くおられました。釣りをしている方もチラホラ。

日本海氷見 小さな隠れ味宿 魚恵

「日本海氷見 小さな隠れ味宿 魚恵」を   >

久しぶりの民宿。部屋の風呂・トイレがないけど5部屋しかないし、温泉あるからよいかと宿泊しました!!いや~魚食べつくしですね。

日本海氷見 小さな隠れ味宿 魚恵

「日本海氷見 小さな隠れ味宿 魚恵」を   >

1品目

2品目

3品目。左からカンパチ、海老、イカ、さわら、アカダイ、鮪のトロ&赤身です。赤身は写真から切れていますが・・。

4品目

5品目。フグ

6品目

7品目。ノドグロ!!テニスプレーヤー錦織選手で有名&高級魚ですね。確かに油のノリがよいです!!

8品目。カキ

9品目。ナスラタンだったかと。

10品目。・・氷見うどん

11品目。忘れた。。この後、心太が出て、終わりかと思えば・・

13品目。カラアゲ

14品目。ちなみに一番右はみそ汁です。地元漁師はこの器で飲むそうで、入っている魚が見えるようにしているとのこと。

ラスト!!メロンプリン!!

15畳の部屋から富山湾を撮影。直線上に氷見漁港があり、前の川で魚が釣れるようです。

3日目2016年7月18日(月)

高岡古城公園

高岡市

「高岡古城公園」を   >

北口の無料駐車場に車を止めました。いざ、射水神社へ!!広い・・東京ドームが何十個分あるらしい。この公園は道しるべが少ないですが、看板右下にパンフレットがあります、その地図を頼りに歩きました。わからない場合は地元の方が散歩しているので、聞いてみるのもよいかもしれません。

射水神社

高岡市

「射水神社」を   >

●高岡古城公園内●神社の人が祝詞をあげており雰囲気はよいです。二上神を祀っており、ニニギノミコトだそうです。なお、参拝して分かったのですが、車でここまで来れます。。時間ロス・・。

芸術の森

高岡市

「芸術の森」を   >

●高岡古城公園内●射水神社横に高岡城の跡地があり、芝生が綺麗です。写真は小さいですが、謎のオブジェが並んでいます。正直、芸術性が高すぎて凡人にはわからないです。。18禁ではと思うものもあります。。

高岡古城公園動物園

高岡市

「高岡古城公園動物園」を   >

●高岡古城公園内●大阪の池田市にある五月山動物園などと同じく無料の動物園です。小動物を中心に、 約50種170点飼育展示しており、標本が多いです。時間の都合、今回はサクッとみて次に向かいました。

高岡大仏

高岡市

「高岡大仏」を   >

●高岡古城公園近く●奈良東大寺、神奈川県鎌倉の鎌倉大仏と比べれば小さい気がします。顔はシュッとしています。ここは人が多く、観光地っぽいです。ちなみに駐車場は右手と裏側にあります。裏側は一通になっているので曲がるところは気を付けてください。

瑞龍寺

高岡市

「瑞龍寺」を   >

高岡の開祖前田利長の菩提寺、曹洞宗の名刹です。富山唯一の国宝が集まっており、対象は金堂、法堂、山門です。京都の萬福寺を思い出しました。駐車場も無料なので、行きやすいです。参拝後、ツアー客が来て、感動していました。って、高岡大仏にいたツアー客だったかもしれない・・。

瑞龍寺

高岡市

「瑞龍寺」を   >

おおおおお~芝の色と建物のコンストラストが何とも言えないです。まっすぐ行く前にまずは左側の回廊に進んで戻ってきてください。そして、真ん中を突き進むのがお奨めです。そのあとは、写真中央の金堂奥に進んで法堂に行けます。

瑞龍寺

高岡市

「瑞龍寺」を   >

回廊左側にある「烏枢沙摩明王(ウスサマ)」で、これは初めて見た仏像かと思います。通称トイレの神様です!?ちなみに、これは模型で、後ほど法堂で本物を見ることはできますが、小さくて見にくいので、ここでパネルなどで見どころを押さえてください。

瑞龍寺

高岡市

「瑞龍寺」を   >

すばらしいの一言です。桜や紅葉もよいですが最近は新緑が好きになってきました。維持管理のため寺の人がマメにハゲ部分に肥料をやっているのを見ました。

高岡おとぎの森公園

高岡市

「高岡おとぎの森公園」を   >

地元の人が多く、観光客は「ドラえもんの空き地」で写真撮りまくりでした。無料駐車場があり、大型遊具など小さい子がいる家族には良いところかと思います。その他、遊具などもあります。

道の駅 メルヘンおやべ

小矢部市

「道の駅 メルヘンおやべ」を   >

三井アウトレットパーク北陸小矢部が隣にできたせいか、車は止まっているが人は少ない。周りを気にせずに済むので小さい子を持つ家族が多かった気がします。本当はここで、富山ブラックラーメンに対抗した!?おやべホワイトラーメンを食べる予定でしたが、お隣で寿司を食べてしまいました・・。

三井アウトレットパーク北陸小矢部

小矢部市

「三井アウトレットパーク北陸小矢部」を   >

一周年記念で、安くなっている情報を聞き、富山の観光地で割引クーポンなど配布していたので行きました。80%引きなどありお買い得でした。昼食は「氷見きときと亭」で頂きました。廻り寿司ですが、ネタは大きく、美味しいです。廻り寿司の有名チェーン店と比べると割高ですが、納得の味です。と思いましたが、ここもチェーン店なんですね。。

4日目2016年7月19日(火)

●そのほかの写真●メバル。。京都の京丹後市か鳥取で煮付けで食べたことがあります。釣り糸たらしたい・・。美味しそう・・。

●そのほかの写真●富山市内です。大学生の時も車で来ましたが、なんか綺麗になっています。妻の友人がここらあたりに住んでいますが、最近、整備されたみたいです。

●そのほかの写真●山羊と豚の朝ごはん。。器用に登り食べますな・・。

●そのほかの写真●気多神社の境内にある総社跡。

●そのほかの写真●ドクターフィッシュ先生に手のクリーニングしていただくが、ちょっとサイズが大きいです。。

東京オリンピック競技場を設計するかたのデザインだそうです。正直、わからん。。。難しい。。20:00まで空いています。

◆富山@◆魚料理と自然と動物満喫!!(魚津/滑川/立山/富山/氷見/高岡/小矢部)

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!14

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

やんまあさんの他の旅行記

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ