奈良のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 奈良のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

奈良のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

奈良 ホテル・宿泊施設情報

奈良県は、近畿地方の紀伊半島内陸部に位置する県です。北西部の奈良盆地と北東部の大和高原を囲んで近畿地方でも有数の山地が広がっており、自然林の地域は大型哺乳動物の生息地となっています。県土における山間部の割合が高く、林業が発展している地域でもあります。奈良時代には大和朝廷、平安時代には大和源氏に縁のあった土地とされており、史上にその名を登場させています。
奈良県には、法隆寺や平城京、東大寺などの歴史的な建造物や遺跡が複数存在し、観光客が国内外から訪れる土地としても知られています。他にも国の天然記念物に指定されている鹿が生息する奈良公園、彫刻や仏像が展示されている奈良国立博物館などもあり、観光産業に力を入れている県です。観光地周辺には宿泊施設が点在しており、歴史的な情緒を残した木造建築のホテルや、天然温泉が設置されたホテルも見られます。JR西日本の関西本線、桜井線や近畿日本鉄道の奈良線、大阪線などで京都や大阪からのアクセス手段が複数あり、奈良駅には県の中心駅として複数の路線が乗り入れています。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 奈良県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 十津川温泉

      十津川温泉郷は、十津川村に湧く3温泉(十津川、上湯、湯泉地)を総称したもので、十津川温泉は、二津野ダムの湖畔にあり、旅館が点在し活気のある小温泉街を形成。元禄時代に炭焼職人が発見したとされる滑らかな湯は少し離れて、十津川支流の上湯川沿いの下湯に湧き、そこから引き湯。史跡も多く、景勝地でもある。

    • 大峯山洞川温泉

      古くから大峯山の登山者たちの疲労回復に利用されてきた洞川温泉は無色透明のアルカリ性温泉。渓流と山に囲まれた温泉街は、昔ながらの和宿や和漢胃腸薬「陀羅尼助丸」を扱う商店も軒を連ねのんびりした雰囲気。名水百選にも選ばれた「ごろごろ水」はカルシウム分たっぷりの名水を自由に汲み持ち帰ることもできる。

    • 吉野山温泉

      全国屈指の桜の名所に湧く温泉で泉質はメタケイ酸・遊離二酸化炭素の鉱泉で神経痛や疲労回復等に効能があるとされる。吉野随一の景勝地・中千本に位置する湯元宝の家が吉野山温泉の一軒湯宿。中千本の吉野山に迫り出すように設えられた露天風呂からは四季折々の情景が楽しめる。

    奈良県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 奈良県 おすすめの観光スポット

    • 曽爾高原

      曽爾高原

      4.2

      ニホンボソ,亀山とその麓にひろがる丘陵地帯。ススキが一帯を覆っています。春から夏にかけて新緑の世界を創り出し、秋にはススキが一斉に穂を出します。夕暮れ時には辺り一面金色に輝き、限りなく優しい表情を見せます。

    • 法隆寺

      法隆寺

      4.3

      法隆学問寺とも、斑鳩寺とも称する南都七大寺の一つ。木造建築物では世界最古であり、ユネスコの世界文化遺産に姫路城とともに、日本ではじめて登録された。推古天皇の時代に聖徳太子により建立され、飛鳥時代を始めとする各時代の貴重な建造物や宝物類が広大な境内に存在している。

    • 橿原神宮

      橿原神宮

      4.2

      初代天皇であると伝えられる神武天皇が橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき建てられました。祭神は神武(じんむ)天皇とその皇后・ヒメタタライスズヒメです。本殿は京都御所の賢所(かしこどころ)を移築したもので、文華殿と共に重要文化財に指定されています。

    奈良県 おすすめの観光スポットガイドを見る

  • 奈良県 おすすめのイベント情報

    • 大和七福八宝めぐり

      大和七福八宝めぐり

      2017年12月07日〜2018年12月31日(予定)(開催場所:奈良県 奈良県桜井市 安倍文殊院 長谷寺 談山神社 大神神社、平群町 信貴山朝護孫子寺、葛城市 當麻寺中之坊、橿原市 おふさ観音 久米寺)

      七福神をお祀りする大和の7社寺、安倍文殊院(弁財天)、おふさ観音(恵比須天)、信貴山朝護孫子寺(毘沙門天)、當麻寺中之坊(布袋尊)、久米寺(寿老神)、長谷寺(大黒天)、談山神社(福禄寿尊)に加え、大和信仰の原点である三輪山(大神神社)にお参りします。三輪山は、日のいづる山として仰がれる大和の信仰の原点で、参拝すれば七福がさらに倍増し、「八宝円満」の御利益を授かるとされます。御朱印を受ける場合は、「お福掛け」と呼ばれる朱印色紙が各社寺から無料で授与されます。

    • 奈良・町家の芸術祭 はならぁと

      奈良・町家の芸術祭 はならぁと

      2018年09月22日〜2019年02月11日(予定)(開催場所:奈良県 奈良県吉野町(国栖/上市)、橿原市(八木/今井町)、曽爾村(合計4エリア))

      アートによる地域価値の発掘作業を通して、奈良県の豊かな文化や暮らしを過去から未来に繋ぐアートプロジェクト『奈良・町家の芸術祭 はならぁと』が、8回目を迎え開催されます。2018年は、メインとなる「はならぁと こあ」が吉野町国栖エリアで催され、“くず・たみ”をテーマに、現代芸術の展覧会が構成されます。「はならぁと ぷらす」が橿原エリア(八木/今井町)にて行われるほか、曽爾村エリアと吉野町上市エリアでは、地域の課題に寄り添ったワークショップやプレイベントを実施する「はならぁと あらうんど」が展開されます。 ※大和上市駅から臨時バス運行(「はならぁと こあ」開催時のみ)

    • 亥年のジャンボ干支花絵 公開

      亥年のジャンボ干支花絵 公開

      2018年11月01日〜2019年04月30日(予定)(開催場所:奈良県 奈良県桜井市 安倍文殊院)

      国内最大の国宝文殊菩薩を本尊とする安倍文殊院で、新春を迎えるにあたり、手作りの「ジャンボ干支花絵」が公開されます。参拝者の幸多き事を祈念し、同山の僧侶をはじめ職員一同が、2019年度の干支「亥」の花絵を、パンジー約8000株を用いて縦20m横25mのキャンパスに制作します。毎年、11月から翌年4月下旬まで楽しめます。

    奈良県 おすすめのイベント情報ガイドを見る

奈良県のグルメとして知られているのは、柿の葉で包んだ押し寿司、柿の葉寿司です。海の幸を内陸部で味わえるよう考え出された保存と調理方法です。柿の葉には防腐効果があり、ハーブのような良い香りが特徴です。
鍋料理には飛鳥鍋があります。古代に中国大陸から伝わったといわれており、鶏ガラを出汁に、牛乳を加えてまろやかさを出しています。鶏肉は大和肉鶏と呼ばれる名産の地鶏を用いることもあります。
また大和野菜には薬味として重宝される香味野菜、花ミョウガがあります。みそ汁の具や天ぷらにしても美味です。葛の根からとれるでんぷんで作られる吉野葛は繊細なとろみがあり、葛湯や葛切りの原料になります。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル