京都のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 京都のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

京都のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

京都 ホテル・宿泊施設情報

京都府は、平安時代から明治時代の東京奠都までおよそ1,000年もの間、日本の首都として機能していました。県庁所在地は京都市です。中心市街地に存在するJR京都駅はターミナル駅としての役割を果たしており、在来線や東海道新幹線などが停車します。また、駅周辺をはじめとして現在も関西都市圏を形成する一大都市として機能するとともに、国内外の観光客を迎え入れる宿泊施設も充実しています。公平性の高い格付けとして著名な『ミシュランガイド関西』で、5つ星ホテルとして取り上げられているホテルや旅館が複数あります。
京都市を中心に世界遺産に登録されている文化財が多く、世界中から観光客が訪れることが特徴です。清水寺や本願寺、足利将軍が室町時代に建てた金閣寺や銀閣寺といったさまざまな寺社仏閣、二条城のような史跡など、京都市内を中心に歴史的な建造物が多数あります。他にも日本三景の一つとして知られる宮津市の天橋立や、信仰対象としても知られる比叡山、京丹波町にある質志鍾乳洞、若狭湾など、京都府全域に景勝地や観光スポットが充実しているのが特徴です。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 京都府 おすすめの温泉・露天風呂

    • 天橋立温泉

      日本三景の天橋立を有するこの地に3年前から開湯し、泉質はナトリウム炭酸水素塩泉であり、手を浸けただけでも、その湯の柔らかさと湯上り後のしっとり感が体感できる。夏季は海水浴場も近く、冬季は松葉かに料理が有名で、プラスαで楽しめる。

    • 湯の花温泉

      京都の奥座敷、市内から西へ7キロ程、静かな山間にある温泉地。戦国時代「明智光秀」が刀傷を癒しに訪れたと言われる歴史ある名湯。昔、鬼退治に使われた不思議な霊力がある「桜石」は天然記念物。その時に鬼が泣いて涙が溜まり、湯の花温泉になったといういわれもある。万病の治癒と除災除厄として親しまれている。

    • 夕日ヶ浦温泉郷

      夕日ヶ浦温泉郷

      大阪から約3時間、夕日の名勝「夕日ヶ浦」に沸く通称「美人の湯」。他に神経痛や疲労などにも効能があるとか。静かな海辺の町に旅館・民宿が点在する。春、秋は豊富な地魚を、夏は海の家も登場する約8Kmのロングビーチで海水浴を、冬は自慢のカニ料理を戴けるのも魅力。

    京都府 おすすめの温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 京都府 おすすめの観光スポット

    • 伏見稲荷大社

      伏見稲荷大社

      4.3

      全国3万社ある稲荷神社の総本宮。重厚な社殿・摂末社が建ち並び、五穀豊穣、商売繁昌の神として庶民信仰を集める。本殿背後より奥社に通じる参道の数多くの朱塗りの鳥居は“千本鳥居”と呼ばれ有名である。

    • 清水寺

      清水寺

      4.3

      西国三十三ヶ所めぐりの第16番札所。「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は釘を使わず縦横に組まれた柱が見事。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔がある。桜,紅葉の名所でもある。

    • 平等院

      平等院

      4.3

      平安時代の後期、1052年に宇治関白藤原頼道(よりみち)が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。「鳳凰堂(ほうおうどう)」は、その翌年に阿弥陀堂として建てられ、仏師定朝(じょうちょう)の作になる阿弥陀如来坐像が安置されている中堂と、左右の翼廊、背面の尾廊で成り立っています。大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な宝相華文様や極彩色の扉絵で装飾されています。二重の天蓋や雲中供養菩薩像も必見です。 「鳳凰堂」の前には池を配した庭園(史跡・名勝)がありますが、創建当初は宇治川や、対岸の山並みを取り入れて、西方極楽浄土を現したものといわれ、各地の寺院造営に影響を与えました。 1994年に世界遺産に登録されました。

    京都府 おすすめの観光スポットガイドを見る

  • 京都府 おすすめのイベント情報

    • 京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 旧邸御室

      京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 旧邸御室

      2018年07月07日〜2018年09月30日(予定)(開催場所:京都府 京都市 旧邸御室)

      昭和初期を代表する和風邸宅である旧邸御室で、「京の夏の旅キャンペーン」の文化財特別公開が行われます。旧邸御室は、昭和12年(1937年)、双ヶ岡の北側に位置する約500坪の敷地に建てられ、平成28年(2016年)に国の登録有形文化財に指定されています。玄関脇に茶室を備える主屋のほか、座敷には、床、琵琶床、付書院、違い棚を備え、次の間との境には、富士山をかたどった欄間があるなど、細部にわたって、特徴的な意匠が施されています。双ヶ岡の斜面をうまく取り入れた日本庭園には、茶室「双庵」と待合が設けられ、御室の山を一望できます。

    • 京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 長楽館「御成の間」

      京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 長楽館「御成の間」

      2018年08月08日〜2018年09月30日(予定)(開催場所:京都府 京都市 長楽館)

      明治期を代表する和洋折衷の住宅建築である長楽館で、「京の夏の旅キャンペーン」の文化財特別公開が行われます。長楽館は、「明治のたばこ王」と称された実業家・村井吉兵衛が明治42年(1909年)に建築した別邸で、各部屋それぞれにヨーロッパの建築様式が採用されています。今回は、バカラ社製のシャンデリアや折上格天井、金箔の襖絵などを有する東洋と西洋の文化が融合した特別な空間で、最上階に位置する「御成の間」が特別公開されます。

    • 京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 大雲院 祇園閣

      京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 大雲院 祇園閣

      4.5

      2018年07月07日〜2018年09月30日(予定)(開催場所:京都府 京都市 大雲院 祇園閣)

      天正15年(1587年)、織田信長・信忠(のぶただ)父子の菩提を弔うために創建された大雲院の「祇園閣(ぎおんかく)」が、「京の夏の旅キャンペーン」として特別公開されます。祇園閣は、大倉財閥創始者・大倉喜八郎の別邸の一部であった建物で、建築家・伊東忠太(いとうちゅうた)の設計による昭和初期の名建築として知られ、国の登録有形文化財となっています。高さ36mの三階建てで、祇園祭の鉾(ほこ)をモチーフにした外観となっており、閣上からは東山の山並みや京都の街を一望できます。

    京都府 おすすめのイベント情報ガイドを見る

京都府の名物料理と言えば、湯葉や豆腐、生麩を用いたものが定番です。また、京野菜も名産として知られています。これらの素材を活かした京料理は、味だけでなく盛り付けや見た目の美しさを追求しており、さらに店内の雰囲気も含めてこだわっているお店が見られます。
海外から観光客が訪れる京都府は日本の伝統料理ばかりではありません。寿司や天ぷら、そばといった和食ばかりでなく、フレンチやイタリアンといった西洋料理を提供しているお店もあります。他にも、中華料理やエスニックなど幅広いニーズに応える業態の飲食店が存在しています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル