滋賀のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 滋賀のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

滋賀のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

滋賀 ホテル・宿泊施設情報

滋賀県は、近畿地方北東部に位置している県です。県のおよそ6分の1の面積を占めている琵琶湖は、県のシンボルとしての役割を果たしているだけでなく、1,400万人超の飲用水の源となっており、近隣住民の生活とも重要なかかわりがあります。また、古くから交通の要衝として重要な地域。東海道と中山道、北陸道が合流しているため、戦国時代をはじめとしてしばしば戦乱の舞台になっていました。現在でも、米原駅は滋賀県のターミナル駅として機能しているほか、JR東海とJR西日本の境界駅となっているなど、交通の要衝という位置づけになっています。
滋賀県内の観光スポットは各地にあります。その中でも県庁所在地の大津市にある比叡山延暦寺は世界遺産にも登録されており、海外からの観光客も多く訪れています。また、琵琶湖を中心にアウトドアレジャーが発達。カヌー体験やサイクリングをはじめとしたさまざまなサービスが行われています。琵琶湖周辺は関西方面の避暑地として利用され、琵琶湖で獲れた魚や山の幸を使った料理を提供するホテルや旅館、飲食店もあります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 滋賀県 人気の温泉・露天風呂

    • おごと温泉

      平安時代、最澄が開湯したといわれる湯歴ある温泉。西方には世界遺産の比叡山延暦寺、東方には琵琶湖を、また近江八景のひとつ浮御堂をはじめとする景勝地としても知られ多くの文人も訪れたところ。アルカリ性の湯は無色透明、しっとり肌に馴染む感触がいい。

    • 石山温泉

      紫式部が「源氏物語」を構想したといわれる石山寺の参道沿いにたたずむ温泉宿。岩間寺山腹の源泉からの引き湯で、純性低張冷鉱泉が泉質。目の前は琵琶湖より続く瀬田の清流。石山寺西には松尾芭蕉が住んでいたといわれる幻住庵跡や近江八景のひとつ、瀬田の夕照(せきしょう)といわれる瀬田の唐橋などへも。

    • 長浜太閤温泉

      秀吉の出世城として知られる長浜城のあった長浜に湧く長浜太閤温泉は、総鉄イオンを含む泉質で微黄色がかっているのが特徴。長浜城跡に造られた公園、豊公園には天守閣を模した長浜歴史博物館のほか往時の名残をしのぶ太閤井戸などの遺構が残されている。プールやテニスコートの利用もできる。

    滋賀県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 滋賀県 人気の観光スポット

    • メタセコイア並木

      4.2

      マキノ高原へのアプローチ道として全長約2・4km、ただひたすらまっすぐと続く並木道。約500本のメタセコイアの木は樹高12mにも及び、天に向かって幹を伸ばすそのたくましさに、誰もが絶賛するはず。また季節によって趣も異なり、新緑がまぶしい初夏やムード溢れる紅葉時、雪化粧した冬の姿も格別。

    • びわ湖テラス

      4.2

      2016年7月にオープンした、琵琶湖の絶景が望める「びわ湖テラス」。壮大な琵琶湖をどのエリアからも眺めることができ、ウッド調テラスなど計3種類のテラスから、リゾートのような絶景を楽しむことができます。

    • 延暦寺

      延暦寺

      4.3

      伝教大師最澄が比叡山に草庵を結んだことに始まる天台宗総本山。標高848mの比叡山全域を境内とする寺院で、日本仏教の母山と言われています。広大な寺域は100余りの建造物があり、延暦寺の総本堂である根本中堂(国宝)や大講堂などがある「東塔」、最澄作の釈迦如来を本尊とする釈迦堂やにない堂などがある「西塔」、横川中堂や元三大師堂などがあり、静寂に包まれた「横川」の三つのエリアに分かれています。戦国時代に織田信長の焼き討ちにあいましたが、豊臣秀吉や徳川家康などにより復興され、平成6年に世界文化遺産に登録されました。

    滋賀県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 滋賀県 人気のイベント情報

    • 開館20周年記念特別企画「桃源郷はここ −I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡」

      2017年09月16日〜2017年12月17日(予定)(開催場所:滋賀県 滋賀県甲賀市 MIHO MUSEUM)

      MIHO MUSEUMでは、11月3日に迎える開館20周年を記念し、「桃源郷はここ−I.M.ペイとMIHOMUSEUMの軌跡」が開催されます。北館では、伊藤若冲筆「象と鯨図屏風」や重要文化財「耀変天目」「持国天立像」「地蔵菩薩立像」など日本古美術の名品を、南館では、中国・山東博物館より5年ぶりの再来となる「蝉冠菩薩像」を中心に、MIHOコレクションからエジプト、西アジア、南アジア、中国・西域などの古代美術の名宝が展示されます。「聖なるもの」「美しきもの」を求めて形成されたMIHOコレクションの精粋が、全館にわたり紹介されます。※会期中展示替えあり

    • 近江八幡の水郷

      日本遺産 滋賀・びわ湖 水の文化ぐるっと博

      5.0

      2017年10月01日〜2018年03月31日(予定)(開催場所:滋賀県 滋賀県 県内各所 ※各イベントにより異なる)

      日本遺産「琵琶湖とその水辺景観−祈りと暮らしの水遺産」の地を舞台に、6か月にわたりさまざまな催しを繰り広げる「水の文化ぐるっと博」が開催されます。琵琶湖の魚を使った郷土食について紹介する「水と食の文化」、琵琶湖と社寺にスポットを当てる「水と祈りの文化」、人と自然との共生についての「水と暮らしの文化」の3テーマを柱として、それぞれのテーマに沿ったまち歩きツアーや、文化財の特別公開、体験プログラムなどが行われます。日本遺産の地を巡りながら、滋賀県内各地の魅力を存分に体感できます。10月7日には、比叡山延暦寺東塔でオープニングイベントも催されます。※各イベントについての詳細はホームページでご確認ください。

    • 弥平旨辛スタンプラリー

      2017年10月01日〜2018年02月28日(予定)(開催場所:滋賀県 滋賀県湖南市 市内参加各店舗)

      湖南市の伝統野菜「弥平とうがらし」をアピールしようと、「弥平旨辛スタンプラリー」が、湖南市内各参加店舗で開催されます。ピリリと辛い「弥平とうがらし」を使ったオリジナルメニューを食べてスタンプを集めると、抽選で湖南市内のお店で使える商品券が当たります。オレンジ色の弥平とうがらしは、辛さがタカノツメの2倍もありますが、甘みもあり香りも高いため人気があります。

    滋賀県 人気のイベント情報ガイドを見る

滋賀県のグルメとして挙げられるのは、なんといっても琵琶湖で獲れる魚を用いた料理です。川魚の定番アユや、脂が乗ったとろサーモンのような味わいのビワマスが名物ですが、琵琶湖原産の高級魚といえば、ホンモロコです。10センチほどの小魚で、丸ごと塩焼きや天ぷらにするといった調理法があります。
魚料理の他にも、シジミの汁物や炊き込みご飯、あっさりとした味わいの鴨鍋が挙げられます。野菜では、湖の干拓地で栽培される信長ネギや、下田地区で採れる下田ナスがあります。下田ナスは普通のナスよりも小ぶりで皮がやわらかく、漬物に適しています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル