滋賀のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 滋賀のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

滋賀のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

滋賀 ホテル・宿泊施設情報

滋賀県は、近畿地方北東部に位置している県です。県のおよそ6分の1の面積を占めている琵琶湖は、県のシンボルとしての役割を果たしているだけでなく、1,400万人超の飲用水の源となっており、近隣住民の生活とも重要なかかわりがあります。また、古くから交通の要衝として重要な地域。東海道と中山道、北陸道が合流しているため、戦国時代をはじめとしてしばしば戦乱の舞台になっていました。現在でも、米原駅は滋賀県のターミナル駅として機能しているほか、JR東海とJR西日本の境界駅となっているなど、交通の要衝という位置づけになっています。
滋賀県内の観光スポットは各地にあります。その中でも県庁所在地の大津市にある比叡山延暦寺は世界遺産にも登録されており、海外からの観光客も多く訪れています。また、琵琶湖を中心にアウトドアレジャーが発達。カヌー体験やサイクリングをはじめとしたさまざまなサービスが行われています。琵琶湖周辺は関西方面の避暑地として利用され、琵琶湖で獲れた魚や山の幸を使った料理を提供するホテルや旅館、飲食店もあります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 滋賀県 おすすめの温泉・露天風呂

    • おごと温泉

      平安時代、最澄が開湯したといわれる湯歴ある温泉。西方には世界遺産の比叡山延暦寺、東方には琵琶湖を、また近江八景のひとつ浮御堂をはじめとする景勝地としても知られ多くの文人も訪れたところ。アルカリ性の湯は無色透明、しっとり肌に馴染む感触がいい。

    • 長浜太閤温泉

      秀吉の出世城として知られる長浜城のあった長浜に湧く長浜太閤温泉は、総鉄イオンを含む泉質で微黄色がかっているのが特徴。長浜城跡に造られた公園、豊公園には天守閣を模した長浜歴史博物館のほか往時の名残をしのぶ太閤井戸などの遺構が残されている。プールやテニスコートの利用もできる。

    • 石山温泉

      紫式部が「源氏物語」を構想したといわれる石山寺の参道沿いにたたずむ温泉宿。岩間寺山腹の源泉からの引き湯で、純性低張冷鉱泉が泉質。目の前は琵琶湖より続く瀬田の清流。石山寺西には松尾芭蕉が住んでいたといわれる幻住庵跡や近江八景のひとつ、瀬田の夕照(せきしょう)といわれる瀬田の唐橋などへも。

    滋賀県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 滋賀県 おすすめの観光スポット

    • メタセコイア並木

      4.2

      マキノ高原へのアプローチ道として全長約2・4km、ただひたすらまっすぐと続く並木道。約500本のメタセコイアの木は樹高12mにも及び、天に向かって幹を伸ばすそのたくましさに、誰もが絶賛するはず。また季節によって趣も異なり、新緑がまぶしい初夏やムード溢れる紅葉時、雪化粧した冬の姿も格別。

    • 延暦寺

      延暦寺

      4.3

      伝教大師最澄が比叡山に草庵を結んだことに始まる天台宗総本山。標高848mの比叡山全域を境内とする寺院で、日本仏教の母山と言われている。広大な寺域は100余りの建造物があり、延暦寺の総本堂である根本中堂(国宝)や大講堂などがある「東塔」、最澄作の釈迦如来を本尊とする釈迦堂やにない堂などがある「西塔」、横川中堂や元三大師堂などがあり、静寂に包まれた「横川」の三つのエリアに分かれている。戦国時代に織田信長の焼き討ちにあいましたが、豊臣秀吉や徳川家康などにより復興され、平成6年に世界文化遺産に登録された。

    • 安土城跡

      安土城跡

      3.9

      標高約200mの安土山山上にあり、400年を経た今も石垣や礎石が往時をしのばせてくれる。 安土城は、織田信長が、天正4年(1576年)から3年有余をかけ完成した五層七重の、わが国最初の天主閣を有する城。本能寺の変で信長が倒れたのち、城下町とともに焼き払われ、天下の名城をわずか3年にして灰燼と化した。 当時は四方を琵琶湖と沼に囲まれていたが、今は大中の湖干拓地として田園が広がり、そう見寺跡から見る西の湖が美しく、わずかに二の丸跡の信長墓所や、秀吉、前田利家などの屋敷跡が戦国の世を語り伝えている。 織田信長(1534年〜82年) 尾張に生まれたが、永禄10年岐阜城主となり、10年東奔西走して安土に移る。井の口を岐阜と改称した。本能寺の変に討死。

    滋賀県 おすすめの観光スポットガイドを見る

  • 滋賀県 おすすめのイベント情報

    • 長浜盆梅展

      長浜盆梅展

      2019年01月10日〜2019年03月10日(予定)(開催場所:滋賀県 滋賀県長浜市 慶雲館)

      明治建築の「慶雲館」に、高さ3mに迫る巨木や、樹齢400年を超える老木など、見頃を迎えた約90鉢の盆梅が展示されます。2018年は、京都造形芸術大学の学生たちが、新館の“映える”展示を手がけます。関西の早春の風物詩ともなっており、梅を見ながらいたただくお抹茶(有料)もまた風流です。

    • 第74回びわ湖毎日マラソン大会

      第74回びわ湖毎日マラソン大会

      2019年03月10日〜2019年03月10日(予定)(開催場所:滋賀県 大津市 皇子山総合運動公園 陸上競技場発着)

      琵琶湖畔の日本陸連公認コース42.195kmを走る男子の国際マラソン大会が開催されます。日本代表選手の選考大会として、毎年、国内外のトップ選手らが競います。皇子山陸上競技場をスタートし、柳が崎、瀬田唐橋西詰、石山寺、瀬田川洗堰と進み、新瀬田浄水場前で折り返し、再びゴールとなる皇子山陸上競技場を目指します。

    • 滋賀びわ湖のひな人形めぐり

      滋賀びわ湖のひな人形めぐり

      2019年01月01日〜2019年04月14日(予定)(開催場所:滋賀県 滋賀県大津市、竜王町、日野町、近江八幡市、彦根市、長浜市、愛荘町、東近江市の対象施設)

      「日本遺産 滋賀・びわ湖水の文化ぐるっと博」の広域事業として、『滋賀びわ湖のひな人形めぐり』が開催されます。滋賀県下8市町(大津市、竜王町、日野町、近江八幡市、彦根市、長浜市、愛荘町、東近江市)の各地でひな人形展が行われ、それぞれに地域色豊かなひな人形が楽しめます。井伊家13代直弼公の愛娘、弥千代のお雛様と大揃いの雛道具や、近江商人のお雛様、黒壁ガラスのお雛様など、近江の歴史や文化を伝えるひな人形が公開され、早春の近江路に彩りを添えます。※対象施設はホームページなどでご確認ください。

    滋賀県 おすすめのイベント情報ガイドを見る

滋賀県のグルメとして挙げられるのは、なんといっても琵琶湖で獲れる魚を用いた料理です。川魚の定番アユや、脂が乗ったとろサーモンのような味わいのビワマスが名物ですが、琵琶湖原産の高級魚といえば、ホンモロコです。10センチほどの小魚で、丸ごと塩焼きや天ぷらにするといった調理法があります。
魚料理の他にも、シジミの汁物や炊き込みご飯、あっさりとした味わいの鴨鍋が挙げられます。野菜では、湖の干拓地で栽培される信長ネギや、下田地区で採れる下田ナスがあります。下田ナスは普通のナスよりも小ぶりで皮がやわらかく、漬物に適しています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル