島根のホテル・旅館 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
宿・ホテル予約TOP > 島根のホテル・宿泊施設

島根のホテル・宿泊施設

地図から探す

宿泊日

人数等 部屋

大人

子供

0名

注目プランのある宿[PR]

※最安料金は、5月27日時点、日付未定/1泊2名1室料金の最安料金です。

島根 ホテル・宿泊施設情報

島根県は、日本海側にある中国地方の県の一つです。世界遺産に登録されている石見銀山などの観光スポットで知られています。県庁所在地は松江市で、同地には松江城や玉造温泉などがあります。そのため、市内は観光地としての整備が進められており、ホテルや旅館が点在しています。浜田市や益田市など県内の沿岸部は豪雪地帯ではないことから、内陸部と比較すると過ごしやすいエリアだと言えます。
島根県はかつて出雲国・隠岐国・石見国と呼ばれていた三国から成り立っており、日本の神話にある逸話と関わりの深い史跡や場所が数多くある地域です。特に、日本神話の中でも重要な場所である出雲大社は同地の代表的な観光スポットであると言えます。また、出雲大社の近くには、遺跡から発掘された資料が展示されている古代出雲歴史博物館が営業しています。神社の建造物の中では日本で随一の大きさを誇り、三重県の伊勢神宮と同じく一定期間での遷宮を行うことも知られています。出雲大社を中心として周辺に多くの温泉地や観光スポットが点在しているため、出雲市を中心に回るのが島根県の代表的な観光コースとなっています。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

松江・安来・玉造・奥出雲

※最安料金は、5月27日 12時40分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

益田・浜田・津和野

※最安料金は、5月27日 12時40分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

出雲・大田・石見銀山

※最安料金は、5月27日 12時40分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

ページの先頭に戻る

  • 島根県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 玉造温泉

      玉造温泉

      日本でも最古の歴史を持つ玉造温泉は、大国主命とともに国造りをした、少彦名命の発見と伝えられるまさに「神湯」。「出雲国風土記」にもその名を記す玉造温泉は、宍道湖南岸から玉湯川を2キロほどさかのぼった山間に湧く。古くから美人の湯、薬湯としてその名が伝わってきた。温泉街は玉湯川の東西に独特の湯の街情緒を醸しだしている。

    • 松江しんじ湖温泉

      松江しんじ湖温泉

      地下1250Mから湧き出す温泉は77度と高温なうえ、湯量が豊富。文豪小泉八雲がこよなく愛した宍道湖を眺めながら贅沢な時間が過ごせる。温泉街の西の外れにある湯元には、その恵みに感謝して「お湯かけ地蔵」が祭られており、お地蔵様に湯をかけて手を合わせれば、健康と幸せになれるとか。宍道湖の自然が育んだ「宍道湖七珍料理」が名物だ。

    • 温泉津温泉

      泉源は2つ有り、効能もそれぞれで微妙に異なる珍しい温泉。一つはその昔傷ついたタヌキが傷を癒している所を村人が見つけたという伝説が残る元湯。もう一つは明治5年の浜田地震で湧き出した薬師湯。昔ながらの温泉街の趣が温泉情緒を醸し出し、全国からの湯治客の足が絶える事はない。夏には近くの海岸で海水浴、ダイビングなどが楽しめる。

    島根県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドをみる

  • 島根県 おすすめの観光スポット

    • 出雲大社

      出雲大社

      4.4

      伊勢神宮に並ぶ古社。大國さまとして親しまれる大国主命を奉る。縁結びの神・福の神として親しまれる。1744年に建てられた本殿は、日本で最も古い神社建築の形式である大社造りで、国宝に指定されている。参拝方法が「二拝四拍一拝」と一般の神社と異なる。

    • 足立美術館

      足立美術館

      4.5

      足立美術館は、島根県安来市出身の実業家、足立全康(1899〜1990)が長年にわたって収集した美術品をもとに、昭和45年11月に開館しました。全康は、享年91歳で他界するまで絵画の収集はもとより庭造りにも情熱を傾けました。収蔵品は横山大観をはじめとする近代日本画を中核とし、北大路魯山人の陶芸、平櫛田中の木彫、林義雄の童画、院展作家を中心とした現代日本画など総数約2,000点におよび、中でも大観の作品は初期から晩年までの約120点を数え、質・量ともに最も充実しています。これらの作品は季節の移ろいにあわせ展示替えを行い、順次公開しています。 また、当館は「庭園もまた一幅の絵画である」という信念のもと、作庭にも力を入れています。主庭の枯山水庭をはじめ、苔庭、池庭、白砂青松庭と、美術館を取り囲むように広がる日本庭園は、後背地も含め5万坪に及び、春はサツキやツツジ、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季を通じて美しい表情を見せます。なお、アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」は2003年より実施している日本庭園ランキングにて、当館の庭園を「19年連続日本一」に認定しています。また、フランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、山陰エリアで唯一、最高評価の「三つ星」として掲載されています。

    • 松江城

      松江城

      4.3

      堀尾吉晴の入封によって慶長16年(1611)に完成した。五層六階の天守閣を中心に,6基の櫓を構えた。堀尾氏三代につづき,京極忠高が入城したが,嗣子なく断絶。のち松平直政が入封,松平氏が明治までつづいている。現存する天守閣では,姫路城,松本城と松江城だけが五層の天守閣をもっている。別名,千鳥城という。城跡は城山公園と呼ばれ,二ノ丸跡には松江神社と木造洋館興雲閣がある。◎堀尾吉晴(1543-1611)尾張生れ。戦国武将。豊臣秀吉に仕え戦功。豊臣家三老中の一人。関ケ原戦後出雲へ入封,広瀬富田城から松江へ移り,松江城と近世城下町を創る。◎松平直政(1601-66)近江国生れ。松江松平藩祖。結城秀康の子で徳川家康の孫。一四歳のとき大坂冬の陣での活躍は有名。藩主として堅実な藩経営を行い,松江藩の基礎を築く。◎松平治郷(1751-1818)江戸生れ。松江松平藩七代藩主。不昧と号し,茶道で有名。幼少より茶道を学び奥義をきわめる。藩収入の増大で高価な道具収集に執着。大名茶人,風流人の代表人物。また、松江城では毎日9時と13時30分にガイドを行ってます。

    島根県 おすすめの観光スポットガイドをみる

  • 島根県 おすすめのイベント情報

    • 出雲神楽の夕べ

      出雲神楽の夕べ

      2022年01月08日〜2022年12月10日(予定)(開催場所:島根県 島根県雲南市 古代鉄歌謡館)

      雲南市古代鉄歌謡館で、毎月第2土曜(8月は第3土曜)の夜に、定期神楽公演「出雲神楽の夕べ」が開催されます。雲南市内の神楽社中による、伝統芸能“出雲神楽”を鑑賞することができます。「簸の川大蛇退治(ひのかわおろちたいじ)」など、1公演2演目が上演され、神話の名場面を楽しめます。

    • トロッコ列車「奥出雲おろち号」運行

      トロッコ列車「奥出雲おろち号」運行

      2022年04月17日〜2022年11月23日(予定)(開催場所:島根県 島根県雲南市 JR木次駅〜JR備後落合駅)

      2両編成のトロッコ列車で鉄道の旅を楽しめる「奥出雲おろち号」が運行されます。ヤマタノオロチの物語や、数々の神話の舞台となった奥出雲を、爽快に駆け抜けます。約162mの高度差を登る、出雲坂根駅の三段スイッチバックは必見です。一部の日程で、出雲市駅から片道延長運転が行われます。※木次線には山陰本線「宍道駅」で乗り換え。※お問い合わせ先などの詳細は、「JRおでかけネット」ホームページをご覧ください。

    • 美しき日本の風物 日本画歳時記

      美しき日本の風物 日本画歳時記

      2022年03月01日〜2022年05月31日(予定)(開催場所:島根県 島根県安来市 足立美術館)

      四季折々の植物、動物、節目ごとの行事や、風習が描かれた日本画を紹介する展覧会「美しき日本の風物 日本画歳時記」が、足立美術館で開催されています。日本には、春夏秋冬それぞれに美しい風物があり、多くの画家が、四季の風物を題材にした作品を描いています。春風に乱れ散る桜の花びら、うちわを片手に涼む着物姿の女性、秋の野で愛らしい姿を見せるうずら、辺りを真っ白に覆う雪。こうした作品からは、移り行く季節の儚さや豊かな詩情が感じられ、多くの人々を魅了します。多彩なモチーフによって四季を描いた、“日本画による歳時記”を堪能することができます。

    島根県 おすすめのイベント情報ガイドをみる

島根県の出雲地方は奥の院詣りの時、門前でそばを食べるのが庶民の楽しみ方となっていました。これが出雲そばの由来となっています。甘皮を挽きこんだ蕎麦粉をほぼそのまま使い、つなぎ粉も最小限にしているという点が特徴です。
また、島根県は漁業が盛んなこともあり、鯖の入り焼きやしば寿司といった魚を使った料理も有名です。その中にスズキの奉書焼というメニューがあります。これは焚火の熱灰で焼き上げたスズキを松江藩主が食べたところ、美味であったことから、明治になるまで庶民が口にできなかったというエピソードがあります。



宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|レンタカー航空券観光ガイド海外