新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ岩手県岩手名物「わんこそば」おすすめ6選!はずさない定番店!

岩手名物「わんこそば」おすすめ6選!はずさない定番店!

2018.09.26

岩手名物「わんこそば」が楽しめる、おすすめ店をご紹介!

お椀に一口大のそばを盛り、給仕の方に継ぎ足してもらいながら食べる“わんこそば”。タイミング良く入れてくれる、給仕さんとのやりとりも醍醐味の1つです。次々盛られる状況は、蓋をしめるまで終わりません。何杯食べられるか、自分の限界に挑戦するのも楽しいかも。
平泉エリアには、すでにお椀に小分けされたものを、自分のペースで楽しめる“盛り出し式わんこそば”もあるので、合わせて紹介します♪

記事配信:じゃらんニュース

わんこそば・食事処・嘉司屋

創業から114年の歴史を誇る老舗。

長い歴史を誇る嘉司屋。食べたそばの数をマッチ棒で数える昔ながらのスタイルで、わんこそばを提供しています。

わんこそば本来のおもてなしの心を大事にし、「美味しく・ゆっくりと・おなか一杯」味わっていただけるお店なので、自分のペースで食べるもよし、限界に挑戦してみるもよし、好きな方法で老舗の味を楽しんでくださいね。

ちなみに“わんこそば全日本大会”発祥のお店でもあるんです。60年前の昭和32年に始まったこの大会には、全国の猛者が集まり見ごたえも充分。今では冬の風物詩となり、地元で親しまれています。

わんこそば・食事処・嘉司屋
わんこそば 大人3,500円(小学4年生以上)、小学1~3年生2,800円、小学生未満1,700円(税込)

 

わんこそば・食事処・嘉司屋
店内はお座敷44席、イス席15席、カウンター席7席あり、一名様から団体様までくつろげます
■わんこそば・食事処・嘉司屋
[住所]岩手県花巻市東町2-19
[営業時間]【昼の部】11時~15時(14時10分 LO)【夜の部】17時~21時(20時 LO)
[定休日]毎週水曜(祝日・大型連休時は営業)
[アクセス]【車】東北自動車道「花巻南IC」から車で15分 【電車】東北新幹線「新花巻駅」から徒歩15分
[駐車場]無料 20台
「わんこそば・食事処・嘉司屋」の詳細はこちら

やぶ屋 花巻総本店

創業以来、歴史と伝統を守る花巻の老舗!

岩手県産のみを使用した香り高い“そば”と、代々味を引き継いできた“つゆ”。1923年から続く伝統の味を楽しむことができるお店です。

わんこそばではこだわりの詰まったそばを、給仕さんがタイミングよくついでくれるから「あと一杯」とついついつい箸も進みます。食べ終わったお椀は周囲に重ね、気づいたら机一杯になることも…。

わんこそばを食べた方には記念の証書をプレゼント。見事100杯以上完食した方は横綱に認定されます。自信がある方は目指してみてくださいね!

やぶ屋 花巻総本店
わんこそば3,000円(税抜)
やぶ屋 花巻総本店
賢治セット1,000円(税抜)偉人も愛したそばの味です。
■やぶ屋 花巻総本店
[住所]岩手県花巻市吹張町7-17
[営業時間]11時~15時(わんこそばLO14時30分)、17時~20時(LO19時30分)
[定休日]月曜日(祝日の場合は火曜日)
[アクセス]花巻南インターより車で10分、JR新花巻駅より車で10分、JR花巻駅より徒歩10分
[駐車場]無料70台
「やぶ屋 花巻総本店」の詳細はこちら

直利庵

2018年3月にリニューアルオープンした創業134年の老舗店!

給仕さんは「はい、じゃんじゃん」と声をかけながらそばを入れ、賑やかな雰囲気を楽しみながら昔ながらのわんこそばを味わえる“直利庵”。

薬味で味を変えながらそばを食べ、「もうそろそろ…」と思っても「はい、どんどん」と言われればいつもより多目に食べちゃうことも。そうした給仕さんとの駆け引きも楽しいですよ。

2018年にリニューアルしたきれいな店内は居心地抜群。やさいそばやかきそばなど、季節限定メニューも豊富で、県内外のリピーターも多く訪れています。

直利庵
わんこそば 普通コース 3,294円(税込)
直利庵
きれいな中庭を眺めながらの食事は味わいも格別!
■直利庵(ちょくりあん)
[住所]岩手県盛岡市中ノ橋通1-12-13
[営業時間]11時~21時(わんこそばLO19時30分、通常メニューLO20時)
[定休日]水曜日、祝日の場合は前後
[アクセス]【車】「盛岡南インター」より車で14分【電車】JR「盛岡駅」より徒歩10分
[駐車場]契約有料駐車場30台(食事の方2,000円以上30分無料・わんこそばの方1時間無料)
「直利庵」の詳細はこちら

初駒 本店

海の幸から山の幸まで、薬味も食べごたえばっちり!

こちらではわんこそばを食べたら、お椀を目の前に重ねる“重ね”という方法でおもてなしをしてくれます。給仕さんとのやりとりを楽しみながら食べ進めると、いつのまにか思ったより高くなっていることも…。

わんこそばをリズム良く食べるのも良いですが、たまには薬味で一味違ったそばを楽しむのもわんこそばの味わい方の一つ。“初駒 本店”の薬味は岩手の旬の食材にこだわっており、そばだけじゃなく薬味も自慢の一品です。海の幸から山の幸まで楽しめますので、ぜひ一緒に味わってみてくださいね。

初駒 本店
桜コース3,780円(税込)
初駒 本店
ご家族の気軽なお食事から宴会まで、幅広いシチュエーションに対応可能です!
■初駒 本店
[住所]岩手県盛岡市八幡町10-21
[営業時間]11時~15時(LO14時30分)、17時~20時(LO19時30分)
[定休日]水曜日、日曜日のディナー
[アクセス]「盛岡駅」よりバスで約15分。
[駐車場]無料10台
「初駒 本店」の詳細はこちら

駅前芭蕉館

平泉駅から徒歩1分。アクセス抜群の“盛り出し式わんこそば”のお店!

名前の通り駅からすぐのところにある“駅前芭蕉館”。電車で移動する方も訪れやすいお店です。駐車場も完備なので、車移動の方もご安心ください。

提供するわんこそばは、自分のペースで食べられるのが嬉しい平泉の盛り出し式わんこそば。注文すると24杯そばがお椀に盛られて運ばれてきます。24杯と聞くと多いようですが、ご心配はいりません。甘口のたれが良く合って、女性もペロリと完食。さらに地元の食材にこだわった薬味も一緒に食べれば、最後まで飽きることなくおいしくいただけます♪

駅前芭蕉館
わんこそば2,500円(税込)ご家族の気軽なお食事から宴会まで、幅広いシチュエーションに対応可能です!
■駅前芭蕉館
[住所]岩手県西磐井郡平泉町平泉泉屋82
[営業時間]10時~17時
[定休日]なし
[アクセス]JR「平泉駅」から徒歩1分
[駐車場]無料7~8台
「駅前芭蕉館」の詳細はこちら

きになるお休み処 夢乃風

おそばと地元名物の「お餅」、両方楽しめる平泉の“盛り出し式わんこそば”

平泉の盛り出し式わんこそばを提供しているこちら。お椀に取り分けられたおそばのお味もさることながら、地元の食材をふんだんに使った“お餅”が付いてくるのが大きな特長!

実はお店に近い一関地域では、冠婚葬祭など人生の節目にお餅を食べる餅文化があり、ここではその文化も楽しめちゃうんです。あずき・ずんだ・くるみ…ほかにもイロイロ。種類が豊富で食べごたえもばっちりです。

創業から50年続くお店の味、ぜひ味わってみてください!

きになるお休み処 夢乃風
夢御膳1,200円(税込)
きになるお休み処 夢乃風
赤い傘を目印にしてくださいね!
■きになるお休み処 夢乃風
[住所]岩手県西磐井郡平泉町平泉字花立11-2
[営業時間]10時~18時
[定休日]基本無休(冬季は不定休あり)
[アクセス]【車】「一関IC」から15分、「前沢平泉IC」から5分【電車】JR「平泉駅」から徒歩15分
[駐車場]10台
※詳細はお店にお問い合わせください

まとめ

一口にわんこそばといっても、盛岡・花巻の“わんこそば”と平泉の“盛り出し式わんこそば”がありましたね。
あなたが好きなのはどちらでしたか?岩手に行ったらぜひ食べてみてくださいね!

※この記事は2018年7月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
東北
岩手県
この記事に関連するキーワード
ご当地グルメ
グルメ
そば