close

鎌倉土産「クルミッ子」が人気の理由は?切り落とし・グッズ情報も!【神奈川】

2020.09.12

愛らしいリスが描かれたパッケージ、ぎっしり詰まったクルミと自家製キャラメルをバター生地ではさんだ贅沢な焼き菓子「クルミッ子」。鎌倉のお土産として注目され、人気を集めています。

今回は、限定店舗で販売される“クルミッ子切り落とし”情報のほか、食べたくなる!欲しくなる!クルミッ子の魅力を紹介していきます。

※この記事は2020年9月8日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

職人技が光る!「クルミッ子」のおいしさの秘密

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?

1954年に創業し、鶴岡八幡宮の門前に本店を構える菓子店「鎌倉紅谷」。和洋双方の素材や職人技を生かしたお菓子が豊富に揃っており、なかでも人気なのが約36年前に誕生した「クルミッ子」です。

たっぷりのくるみをクッキー生地で包み込むスイスの伝統菓子・エンガディナーをヒントに作られ、自家製キャラメル、クルミ、バター生地の3つが組み合わさった風味豊かな一品です。生地の厚さもこだわっており、下よりも上の生地が薄くなっているため軽やかな食感を楽しめます。

繊細かつ手間ひまのかかる製造工程のほとんどは、クラフトマン(職人)の手作業。クルミとキャラメルの絶妙な配合、キャラメル作りにバター生地をのばす過程、焼き上がりの見極めなど、すべてクラフトマンの腕次第。

季節や天候によって火加減を変えるなど、慎重に、丁寧に、作られています。「クルミッ子」のおいしさの秘密は、こうした職人技にあるんですね。

限定店舗のみで販売する「クルミッ子切り落とし」とは?

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
クルミッ子切り落とし 310g 1080円

「クルミッ子」の製造時にできる切れ端を袋詰めにしたのが「クルミッ子切り落とし」。正規品のクルミッ子に比べて生地部分が多く、少し違った味わいと食感を楽しめます。

雪ノ下店・常盤店・幸浦店・テラスモール湘南店・オンラインショップで購入でき、雪ノ下店とテラスモール湘南店は朝9時から整理券を配布しています。そのほかの店舗も売り切れ次第終了となるので、早めに行くのがおすすめ。オンラインショップでの販売は、月~金曜の午前9時からです。

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
クルミミカップ 540円

また、横浜ハンマーヘッドにあるクルミッ子ファクトリーでは、「クルミミカップ」として工房内で作られた切り落としを購入できます。ひと味違う「クルミッ子」も味わってみて!

「クルミッ子ファクトリー」でクルミッ子作りに挑戦

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
クルミッ子ファクトリーの工房
鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
「クルミッ子つくるっ子!」の完成品

工房が併設されていて、クルミッ子を作っている様子が眺められるほか、カフェ、ショップ、ワークショップスペースのある「Kurumicco Factory(クルミッ子ファクトリー)」。横浜・みなとみらいにある商業施設「横浜ハンマーヘッド」の2階にあり、クルミッ子をさまざまな形で楽しめる場所として人気を集めています。

なかでも注目は、ワークショップの「クルミッ子つくるっ子!」。クラフトマンに教えてもらいながら、通常サイズのクルミッ子8個分、大きなホールサイズのクルミッ子をつくることができます。体験料は1人3300円。完成品は本のようなパッケージに入れて持ち帰ることができます。旅の思い出に作ってみるのもおすすめです。

※2020年のワークショップは年内いっぱい休止しており、再開時期は未定。詳細はホームページを確認ください。

オリジナルのパッケージや限定グッズがかわいい!

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
クルミッ子ファクトリーのオリジナルパッケージ クルミッ子 5個入 724円

「クルミッ子ファクトリー」には、ここでしか購入できないオリジナルグッズも豊富に揃っています。

おなじみの「クルミッ子5個入」のパッケージもファクトリー仕様になっており、おみやげに最適。箱の表にはクルミッ子のキャラメルを鍋でかき混ぜるリスくん(パッケージに描かれているリスの名前は“リスくん”)、側面にはみなとみらいの風景が描かれています。

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
オリジナルデザイントートバッグ 1210円 ※クルミッ子は別売りです

グッズで人気なのは、ロゴが入ったオリジナルデザイントートバッグ。縦横の大きさは約34cm×34cmとたっぷりサイズで使いやすいデザイン。そのほかにマグカップやコースターなど、さまざまなグッズが並んでいます。

■Kurumicco Factory
[TEL]045-263-9635
[住所]神奈川県横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド2階
[営業時間]11時~20時(工場見学は~19時)、ワークショップはホームページより要予約 ※2020年の年内のワークショップは休止しており、再開時期は未定
[定休日]横浜ハンマーへッドに準ずる
[アクセス]横浜高速鉄道 馬車道駅より徒歩10分、みなとみらい駅より徒歩12分
「Kurumicco Factory」の詳細はこちら

「サロン・ド・クルミッ子」で“クルミッ子スイーツ”を堪能

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
落ち着いた雰囲気の店内

鎌倉紅谷 八幡宮前本店の2階にあるのが、クルミッ子を存分に堪能できるカフェ「Salon de Kurumicco(サロン・ド・クルミッ子)」。“新しいクルミッ子”をコンセプトとしたデザートとこだわりのドリンクを楽しめる、夢のような空間です。

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
クルミッ子・パフェ 1100円

一番人気は、リスくんのクッキーがのった「クルミッ子・パフェ」。塩キャラメルとミルクのアイス、コーヒージュレやチョコレートムースと「クルミッ子」が相性抜群。甘くて、香ばしくて、少しほろ苦い、大人のパフェに仕上がっています。

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
フロマージュ浮島 935円

もうひとつ、盛り付けがかわいい「フロマージュ浮島」も人気。日本の伝統菓子“浮島”の製法を用いて作られた、しっとり食感のチーズケーキです。季節限定メニューもあるので、いろいろなスイーツをシェアしながら味わっても。

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?

また、カフェに行った際に探してほしいのが、レンガ、壁、ラテアートなどにデザインされた「隠れリスくん」。かわいいリスくんを探しながら、オリジナルスイーツをいただく至福のひとときを。

■Salon de Kurumicco
[TEL]0120-36-9635
[住所]神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4 鎌倉紅谷 八幡宮前本店2階
[営業時間]【月】13時~17時(L.O.16時30分)【火~木】9時30分~17時(L.O.16時30分)【土・日・祝】9時30分~17時30分(L.O.17時)
[定休日]金曜日
[アクセス]JR 鎌倉駅東口より徒歩7分
「Salon de Kurumicco」の詳細はこちら

ほかにもある!新商品や可愛いグッズをおみやげに

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
クルミッ子INN 1本 1512円
鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
飾っておきたくなる、クルミッ子INNのパッケージ

2019年に発売された新商品が、コーヒーのパウンドケーキにクルミッ子を丸ごと包み込んだ「クルミッ子INN」。表面にはレモン風味のクランブルとあられをトッピングし、豊かな風味と食感を楽しめます。パッケージもリスくんたちがひと息つくお宿(INN)をイメージしており、贈り物にも最適です。

鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
手帳などに利用できるブックマーク 600円
鎌倉みやげ「クルミッ子」が人気の理由は?
「クルミッ子」をイメージしたマスキングテープ 1個 418円

また、かわいくて癒されるのが「クルミッ子」のオリジナルグッズ。八幡宮前本店とオンラインショップ(一部のみ)、サロン・ド・クルミッ子で購入できます。

写真のブックマークやマスキングテープ以外にも、トートバッグやタンブラーなど愛らしいグッズがいっぱい。創業地である本店は品揃えも全店舗でいちばん。本店だけの限定商品もあるので、訪れた際はチェックしてみて。

■鎌倉紅谷 八幡宮前本店
[TEL]0467-22-3492
[住所]神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4
[営業時間]【平日】9時30分~17時30分 【土・日・祝】9時30分~18時
[定休日]なし
[アクセス]JR 鎌倉駅東口より徒歩7分
「鎌倉紅谷 八幡宮前本店」の詳細はこちら
■鎌倉紅谷オンラインショップ
詳細はこちら

まとめ

クルミッ子切り落としにワークショップ、カフェのオリジナルスイーツなどなど…、いろいろな魅力がある「クルミッ子」。カフェでは新メニューや季節限定商品も登場しています。ワクワク&ときめきを大切にした「鎌倉紅谷」のお菓子たちに、これからも注目です!

※新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード