close

【2020】京都の紅葉観光モデルコース8選!嵐山や東福寺など絶景名所をエリア別に紹介

2020.11.07

今回は秋の京都で行ってほしい、おすすめ紅葉観光モデルコースを紹介します!嵐山や東福寺などの絶景名所から、中心部から少し離れたスポットまでをエリア別にコースにしています。

11月に入り各地で紅葉のシーズンがじわじわと始まりつつありますね。ぜひこちらを参考に、美しい京都の紅葉旅を計画してみてくださいね!

※この記事は2020年10月9日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

嵐山エリアのモデルコース

おすすめルート
10時30分 嵐山 渡月橋
↓徒歩5分
11時 ぎゃあてい
↓徒歩20分
12時35分 祇王寺
↓徒歩25分
14時10分 CHAVATY kyoto arashiyama

嵐山 渡月橋【京都市右京区】

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬

嵐山 渡月橋
渡月橋の後ろにそびえる嵐山の紅葉は例年11月下旬にピークを迎える

山全体が華麗に色づく、パノラマ紅葉に見惚れる。
京都の観光名所として真っ先にその名が挙がる渡月橋。秋には嵐山全体が鮮やかに色づき日本の美を体感させてくれる。木々や川に囲まれた開放的な空間は癒やしそのもの。

■嵐山 渡月橋
[TEL]075-861-0012(嵐山保勝会)
[住所]京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町
[営業時間]自由観賞
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】嵐電嵐山本線嵐山駅より徒歩2分【車】京都縦貫道大原野ICより25分
[駐車場]なし
「嵐山 渡月橋」の詳細はこちら
「嵐山 渡月橋」のクチコミ・周辺情報はこちら

ぎゃあてい【京都市右京区】

ぎゃあてい
旬の食材を盛り込んだ12種の小鉢が並ぶ

小鉢でいただく京の秋。
新鮮な鰆を京名物白味噌に漬け込んで焼いた西京焼きや汲み上げ湯葉の豆乳寄せなど、京都の食材を用いたおばんざいがいただける。季節ごとに変わる献立も魅力的

■ぎゃあてい
[TEL]075-862-2411
[住所]京都府京都市右京区嵯峨天竜寺造路町19-8
[営業時間]11時~LO14時30分
[定休日]水
[料金]ぎゃあてい御膳2200円
[アクセス]【電車】嵐電嵐山本線嵐山駅より徒歩1分【車】京都縦貫道大原野ICより25分
[駐車場] なし
「ぎゃあてい」の詳細はこちら
「ぎゃあてい」のクチコミ・周辺情報はこちら

祇王寺【京都市右京区】

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬

祇王寺
苔の上にふんわり重なる優しげな紅葉
祇王寺
秋限定の御朱印(300円)※画像は昨年のもの(授与開始・終了はSNSにて告知)
祇王寺
(左)朱印帳(苔庭)1500円(右)朱印帳(白拍子)1500円

柔らかな苔に楓が重なり、静かな絶景が広がる。
美しい苔庭が著名な祇王寺。秋になるとその庭を楓が覆い、真っ赤な絨毯を敷き詰めたような光景に。平家物語にも登場した尼寺で、静かに秋を感じてみよう。

■祇王寺
[TEL]075-861-3574
[住所]京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
[営業時間]9時~17時(16時30分受付終了)
[定休日]なし
[料金]大人300円、小中高生100円
[アクセス]【電車】JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩25分【車】京都縦貫道大原野ICより30分
[駐車場]なし
「祇王寺」の詳細はこちら
「祇王寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

CHAVATY kyoto arashiyama【京都市右京区】

CHAVATY kyoto arashiyama
茶葉とミルクが絶妙な味わいの「ウバティーラテ」
CHAVATY kyoto arashiyama
サクっと軽い嵐山店限定「抹茶チュロス」

お茶とミルクにこだわった本物志向のティーラテ専門店。
昨年7月にオープンしたティーラテ専門店。嵐山店限定で京都らしい抹茶を使ったスイーツも味わえる。川沿いを散策しながら嵐山の絶景とまろやかなティーラテを一緒に楽しんで。

■CHAVATY kyoto arashiyama
[TEL]080-4055-6978
[住所]京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町官有地朝乃家内
[営業時間]10時~17時
[定休日]なし
[料金]ティーラテ518円~、抹茶チュロス378円
[アクセス]【電車】嵐電嵐山本線嵐山駅より徒歩6分【車】京都縦貫道大原野ICより22分
[駐車場]なし
「CHAVATY kyoto arashiyama」の詳細はこちら

祇園~清水エリアのモデルコース

おすすめルート
13時30分 祇をん 豆寅
↓徒歩すぐ
15時 ラデュレ 京都 祇園店
↓徒歩25分
16時 清水寺
↓徒歩10分
17時 K36
↓徒歩5分
18時 高台寺

祇をん 豆寅【京都市東山区】

祇をん 豆寅
カブラやエビイモなど秋冬の京野菜に舌鼓。ゆったり過ごせる個室もあり※個室料1名500円、予約可

ちょこんと並んだ姿にキュン!
見た目も華やかな一口サイズの「豆すし」が名物。毎月変わる献立には旬の食材が取り入れられる。情緒あふれる祇園の町家でほっこり和食を堪能しよう。

■祇をん 豆寅
[TEL]075-532-3955
[住所]京都府京都市東山区祇園町南側570-235
[営業時間]11時30分~15時(LO14時) ※11時30分~、13時30分~の2部制
[定休日]なし
[料金]豆すし膳4620円※予約可
[アクセス]【電車】京阪本線祇園四条駅より徒歩5分【車】名神京都南ICより15分
[駐車場]なし
「祇をん 豆寅」の詳細はこちら
「祇をん 豆寅」のクチコミ・周辺情報はこちら

ラデュレ 京都 祇園店【京都市東山区】

デュレ 京都 祇園店
京都 祇園店限定の抹茶マカロンなど6個が好きに選べる

パリと京都の伝統が融合。甘く美しい別世界。
2020年8月にオープンした新店舗。1階はマカロンなどのテイクアウト購入ができるブティック、2階はアフタヌーンティーやパフェがいただけるサロン・ド・テ。

■ラデュレ 京都 祇園店
[TEL]075-548-1110
[住所]京都府京都市東山区祇園町南側570-122
[営業時間]11時~20時(LO19時)
[定休日]不定
[料金]マカロンボックス「ジャポニズム」2862円
[アクセス]【電車】京阪本線祇園四条駅より徒歩4分【車】名神京都南ICより20分
[駐車場]なし
「ラデュレ 京都 祇園店」の詳細はこちら

清水寺【京都市東山区】

紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬

清水寺
華やかな紅葉が地上約13mの清水の舞台を包み込む
清水寺
清水寺
西国三十三所16番札所の御朱印(300円)は本堂近くの納経所でいただける

眼下を埋めるまばゆい朱色に息を呑む。
世界文化遺産にも登録された名刹。京の街を見下ろしながら紅葉が楽しめる清水の舞台からの眺めは格別の美しさ。観音さまをお参りしてからその光景を心に刻もう。

■清水寺
[TEL]075-551-1234
[住所]京都府京都市東山区清水1-294
[営業時間]6時~18時
[定休日]なし
[料金]高校生以上400円、小中学生200円
[アクセス]【電車】JR京都駅より京都市バス206系統北大路バスターミナル行き15分、五条坂バス停より徒歩10分【車】名神京都南ICより20分
[駐車場]なし
「清水寺」の詳細はこちら
「清水寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

K36【京都市東山区】

K36
夕焼けを背景に八坂の塔が浮かび上がる
K36
京都の食材を使用したフードはお酒との相性◎

夕暮れ時の京都に乾杯。
京都市街を360度のパノラマビューで一望できるルーフトップバー。日没後はライトアップされた八坂の塔を眺めながら、心地よい夜風ととっておきの一杯を楽しんで。

■K36
[TEL]075-541-3636
[住所]京都府京都市東山区清水2-204-2 ザ・ホテル青龍 京都清水4階
[営業時間]15時~24時(LO23時30分)
[定休日]不定
[料金]ブルームーン~奇跡の予感~1650円、馬肉のタルタル 九条ネギとちりめん山椒の京都スタイル1980円※別途サービス料10%、15時以降は1名1100円のチャージ要
[アクセス]【電車】JR京都駅より京都市バス206系統北大路バスターミナル行き15分、清水道バス停より徒歩5分【車】名神高速京都南ICより20分
[駐車場]なし
「K36」の詳細はこちら

高台寺【京都市東山区】

紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬

高台寺
庭師監修のライトアップは毎年テーマが変わる
高台寺
暗闇で光るユニークな「夜間拝観限定御朱印」(500円)

庭に柔らかな光を重ねれば昼とは別人の水鏡紅葉。
1606年に豊臣秀吉の正室・北政所が秀吉の菩提を弔うために創建した臨済宗建仁寺派の寺院。臥龍池の水面に映り込む紅葉など秋ならではの見どころも満載。

■高台寺
[TEL]075-561-9966
[住所]京都府京都市東山区高台寺下河原町526
[営業時間]9時~17時30分(17時受付終了)
[定休日]なし
[料金]大学生以上600円、中高生250円
[アクセス]【電車】京阪本線祇園四条駅より徒歩10分【車】名神京都東ICより16分
[駐車場]100台(1時間まで600円、以後30分300円)
<秋の夜間特別拝観>
[期間]開催中~12月13日
[時間]17時~22時(受付終了21時30分)
[料金]大学生以上600円、中高生250円
「高台寺」の詳細はこちら
「高台寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。