close

「飛騨高山」のおすすめ観光スポット13選!食べ歩きや古い町並みの散策も<岐阜・2021>

2021.01.21

江戸時代の城下町の面影が残る古い町並が特徴の岐阜県にある飛騨高山。そんな飛騨高山での楽しみのひとつが、テイクアウトグルメ!そこで今回は、飛騨高山の古い町並みの魅力を食べ歩きグルメとともにご紹介!

町のシンボルである高山陣屋と古い町並を結ぶ中橋を歩きながら古き良き高山を観光し、定番の飛騨牛にぎり寿司や酒造で升酒を堪能するのはいかが♪

※この記事は2020年12月9日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

さんまち(古い町並)

さんまち古い町並は人力車で散策も楽しい!

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されるエリアで、出格子や弁柄塗りの町家が並んでいます。周辺には多くの飲食店や土産物店が点在。

■さんまち(古い町並)
[TEL]0577-32-3333(代)※高山市観光課
[住所]岐阜県高山市上三之町
「さんまち(古い町並)」の詳細はこちら

宮川朝市

宮川朝市
多い日は40店舗ほどの露店が軒を連ねる
宮川朝市
スーパーでは目にしない地元産の野菜が並ぶことも
宮川朝市
種類豊富な地元産のりんご
宮川朝市
コマコーヒー自家焙煎豆と飛騨のミルクを使ったクッキーカップ・エスプレッソ。カップまで食べられる
宮川朝市
地元のお母ちゃんが愛情込めて作った無添加の漬物。高山特産の赤カブがおいしそう

宮川沿いに約350mにわたって露店が並んでいます。飛騨牛乳を使ったプリンや飛騨ネギ入りたこ焼きなど、ご当地グルメも豊富。地元の人との会話も楽しいです。

■宮川朝市
[TEL]080-8262-2185(飛騨高山宮川朝市協同組合)
[住所]岐阜県高山市下三之町宮川沿い
[営業時間]8時~12時(4月~11月は7時~)
[定休日]なし
「宮川朝市」の詳細はこちら

<

歩行者専用「行神橋」

行神橋

本町商店街がある本町と宮川朝市が開催される下三之町を結ぶ歩行者専用の橋。欄干の檜の格子が美しい。夜はライトアップされます。

■行神橋
[TEL]0577-32-3333(高山市観光課)

金のこって牛

金のこって牛
本店と同じ味が食べられる。「三種盛り」1000円(右)。こちらは「金のこって牛」限定。「金乃すだち飛騨牛三種盛り」1100円(左)
金のこって牛
金のこって牛は広々としたイートインスペースあり。アルコールも注文できる

竹炭塩、生姜醤油、軍艦の三種盛りの定番に、すだちをのせた新メニューが春に登場。生姜醤油はポン酢に変更。飛騨牛のさしの甘みと、皮ごと食べるすだちの爽やかさは女性向き。

■金のこって牛
[TEL]0577-32-0397
[住所]岐阜県高山市上二之町76
[営業時間]10時~16時
[定休日]木
[アクセス]【車】中部縦貫道高山ICより15分
[駐車場]なし
「金のこって牛」の詳細はこちら

舩坂酒造店

舩坂酒造店
サーバーにある6銘柄のうち、3種が100円で試飲可
舩坂酒造店
信田さんおすすめの日本酒「大吟醸 四ッ星」を持って撮影

古い町並には酒蔵が多く、こちらは200年以上の歴史をもつ。製造販売だけでなく、食事処や日本酒バー、そして新たに導入した試飲サーバーなど味わう楽しみもあります。

■舩坂酒造店
[TEL]0577-32-0016
[住所]岐阜県高山市上三之町105
[営業時間]9時~19時
[定休日]不定
[アクセス]【車】中部縦貫道高山ICより15分
[駐車場]なし
「舩坂酒造店」の詳細はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード