close

キラキラ輝く新緑に癒やされる!深呼吸したくなる新緑カフェランキング【全国・2023】

2023.05.10

新緑の眩しい季節。心地よく爽やかに過ごせる全国の新緑カフェの中から「深呼吸したくなる新緑カフェ」についてアンケートを実施しました。その結果とともに、トップ10にランクインしたスポットを紹介します!

※この記事は2023年4月28日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。

記事配信:じゃらんニュース

『じゃらん』深呼吸したくなる新緑カフェランキング

『じゃらん』深呼吸したくなる新緑カフェランキング

【アンケート調査概要】インターネット調査/調査時期:2023月3月20日(月)~23日(木)/調査対象:47都道府県在住 20代~50代/有効回答数:1074名(深呼吸したら気持ちよさそうだと思う新緑カフェを3つまで選択)

「深呼吸したくなる新緑カフェ」第1位に輝いたのは、静岡県にある「連理の木の下で」内にあるカフェ「HACK BERRY」。シンボルツリーである連理の木が枝葉をのばし、心地よい木陰を作る下にはテラス席が設けられ、ワンちゃんと一緒に過ごすことができます。続く2位の熊本県「ゆずの木 ねむの木 みずたまの木」は眺望自慢のテラス席をはじめ、全席屋外という好ロケーション。3位の東京都「野外テラス 水の音」は抜群の開放感と清涼感があり、テラス席は自然に溶け込むような一体感を味わえるスポットです。

そのほかランクインした新緑カフェは、緑の香りや木漏れ日をたっぷり感じられるスポットがズラリ。思わず深呼吸をしたくなる心地よい空間の中で、おいしいグルメやスイーツを味わいながら、素敵なひとときを過ごしてみてはいかがでしょう。

深呼吸したくなる新緑カフェランキングTOP10のスポットを紹介

1位:HACK BERRY【静岡県】

HACK BERRY

レストランや自社農園などが集まるコミュニティエリアとして親しまれている「連理の木の下で」。春には新緑と花の鮮やかなコントラストが楽しめる。その一角にあるカフェ「HACK BERRY」ではランチやスイーツなどを提供しており、シンボルツリーの下にある屋外のテーブル席は、ワンちゃんも一緒に寛ぐことができる。

■HACK BERRY(ハックベリー)
「HACK BERRY」の詳細はこちら

2位:ゆずの木 ねむの木 みずたまの木【熊本県】

ゆずの木 ねむの木 みずたまの木

阿蘇五岳を見渡せる絶景が好評の「ゆずの木 ねむの木 みずたまの木」。全席屋外の天空カフェで、眺望自慢のテラス席やガラス張りの建物が特徴的。あらゆる面で“持続可能”をコンセプトに、より一層人々に寄り添うカフェとして展開。完全予約制なので来店の際は予約をお忘れなく。

■ゆずの木 ねむの木 みずたまの木
「ゆずの木 ねむの木 みずたまの木」の詳細はこちら

3位:野外テラス 水の音【東京都】

野外テラス 水の音

秋川渓谷の中でも有数の景勝地・岩瀬峡を眼下に望む絶景のカフェ。3月中旬~11月下旬の期間限定でオープン。テラス席はテーブルがガラスでできているため、開放感と清涼感は抜群!自然の中に溶け込むような気分が味わえる。

4位:富士山の茶の間【静岡県】

富士山の茶の間
※画像は「海と富士の茶の間」

屋外の貸切ウッドデッキで絶景が楽しめるスポット。「富士山の茶の間」は現在都合により営業停止中だが、同じく富士市には「海と富士の茶の間」もある。こちらは駿河湾からの潮風も心地よく、ごろんと寝そべると茶畑と同じ高さの目線になるインフィニティー茶畑が特徴。希望すれば、茶摘み体験も可能!

5位:そらふねの桟橋カフェ【熊本県】

そらふねの桟橋カフェ

雲海スポットとして注目の「そらふねの桟橋」のほど近くにあり、不定期で営業している開放感抜群のカフェ。雄大な阿蘇の絶景を望み、カウンター席からは爽快なパノラマ絶景が見られる。そらふねの桟橋カフェのある田子山(たんごやま)展望所までは田子山トレッキング駐車場から徒歩約30分。

6位:ROKKO 森の音ミュージアム【兵庫県】

ROKKO 森の音ミュージアム

六甲の自然と音に癒やされるミュージアム内にある「森のCafe」では、ワンプレートランチやセミセルフ式のコーヒーなどが楽しめ、飲食メニューは、SIKIガーデン内のテラス席でいただくことも可能。緑いっぱいの開放的な空間で味わことができる。

7位:さがの楓カフェ【京都府】

さがの楓カフェ

嵯峨野ののどかな風景が広がる「落柿舎」の斜め向かいにあるカフェ。庭園のカエデが5月、6月はより一層グリーンを深め、雨に濡れる青葉もまた風流。初夏の風が吹くテラス席から艶やかな青葉の庭を眺めながら、手作りの抹茶スイーツを味わうのもおすすめ。

8位:滝の見える湧き水カフェ 風水庵【長崎県】

滝の見える湧き水カフェ 風水庵

渓谷の中腹にある和テイストのカフェ。窓からは龍頭泉(千綿渓四十八潭)のひとつ「蓮花淵」と呼ばれる滝が望める。店内とデッキ席があり、木々の新緑と滝や川の水音に包まれながら、ゆったり寛ぎのひとときを過ごすことができる。

■滝の見える湧き水カフェ 風水庵
「滝の見える湧き水カフェ 風水庵」の詳細はこちら

9位:くらすわ 駒ヶ根店ベーカリー&カフェ【長野県】

くらすわ 駒ヶ根店ベーカリー&カフェ

養命酒駒ヶ根工場の敷地内にあるカフェ。駒ヶ根の自然を感じる心地よいテラス席で時間を忘れてのんびりと過ごせる。粉から仕込む風味豊かなパンや、挽きたての豆で淹れるコーヒーなどが味わえる。養命酒やくらすわのオリジナル商品が並ぶショップも必見。

■くらすわ 駒ヶ根店ベーカリー&カフェ
「くらすわ 駒ヶ根店ベーカリー&カフェ」の詳細はこちら

10位:ゆふいん文学の森【大分県】

ゆふいん文学の森

由布岳ビューの絶景テラスを有するカフェ。5月からは周辺が新緑に染まり、清々しい空気に包まれる。作家の太宰治が1936年に暮らしていたアパート・碧雲荘(へきうんそう)を東京から丸ごと移築。一歩足を踏み入れると昭和の世界へどっぷり浸ることができるのも魅力。

※スポットの最新情報は各公式サイトをご確認ください
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するキーワード