1. 宿・ホテル予約TOP >  みんなの旅行記 >  福井2泊3日の旅

さりゅーさんの福井県の旅行記

福井2泊3日の旅

  • 一人
  • 1人
  • 史跡・歴史

今年の11月の3連休に福井県の観光地として定番の永平寺、東尋坊、丸岡城、恐竜博物館、大野城、一乗谷を巡ってきました。

さりゅーさん 男性 / 40代

1日目2019年11月2日(土)

東海道新幹線で米原を経由して福井駅で下車しました。東口には福井で発見された恐竜のオブジェが設置されていて、時折これらは動きます。

曹洞宗大本山永平寺

永平寺町(吉田郡)

「曹洞宗大本山永平寺」を   >

福井駅東口から永平寺ライナーというバスに乗り、永平寺最寄りのバス停へ。そこからお土産店が並ぶ坂を上っていくと永平寺の「龍門」にたどり着きました。

曹洞宗大本山永平寺

永平寺町(吉田郡)

「曹洞宗大本山永平寺」を   >

「吉祥閣」という建物から「傘松閣(さんしょうかく)」という建物へ。この2階には「絵天井の間」という156畳敷きの部屋があり、その名の通り天井に昭和五年当時の著名な画家144名に寄る230枚の美しい色彩画が飾られています。

曹洞宗大本山永平寺

永平寺町(吉田郡)

「曹洞宗大本山永平寺」を   >

「絵天井の間」の後は「七堂伽藍」めぐりへ。七堂伽藍の一つである「仏殿」には曹洞宗のご本尊お釈迦様が祀られています。

曹洞宗大本山永平寺

永平寺町(吉田郡)

「曹洞宗大本山永平寺」を   >

「法堂(はっとう)」には聖観世音菩薩が祀られていて、奥の階段には狛犬が設置されています。

曹洞宗大本山永平寺

永平寺町(吉田郡)

「曹洞宗大本山永平寺」を   >

「承陽殿」のお参りあとは「大庫院」へ。お寺の僧侶の食事が作られる場所で「韋駄天」が祀られています。そして、そのそばには永平寺の名物である巨大なすりこぎがぶら下げられています。

永平寺そば亭 一休

永平寺町(吉田郡)

「永平寺そば亭 一休」を   >

七堂伽藍めぐりの後、永平寺最寄りバス停の前にある「一休」というお蕎麦屋で昼食をたべました。蕎麦の薬味としてネギに大根おろしとからしが用意されていたのですが、大根おろしを入れると風味が増した感じがしてとてもおいしく感じました。

丸岡城

坂井市

「丸岡城」を   >

永平寺最寄りバス停からバスに乗ること約25分。日本最古と言われる天守閣が残る「丸岡城」に到着しました。小高い丘を登るとすぐに天守閣にたどり着きます。

丸岡城

坂井市

「丸岡城」を   >

天守閣の石垣のそばには「一筆啓上賞」のモチーフになったとされる本多作左衛門重次が陣中から妻に充てたとされる手紙の文が刻まれた石碑が設置されています。

丸岡城

坂井市

「丸岡城」を   >

天守閣に入ると日本最古と言われるだけあり、かなり古いものであることがよく分かります。そして、この天守閣は三層なのですが、階段がかなり急で設置されているロープをつかまないと上り下りが大変でした。

一筆啓上 日本一短い手紙の館

坂井市

「一筆啓上 日本一短い手紙の館」を   >

丸岡城から道路を渡ったところにある「一筆啓上 日本一短い手紙の館」へも行ってきました。手紙のコンクールとして有名な「日本一短い手紙」の応募作が展示されていて思わず笑ってしまうものからウルッとくるのものまで様々な内容の「手紙」が展示されています。

あわら温泉「芦湯」

あわら市

「あわら温泉「芦湯」」を   >

「あわら湯のまち駅」の駅前にある「芦湯」前の広場では「あわら灯源郷」というイベントが行われていました。「芦湯」前には竹で作られた燈篭?がずらりと並び、通路には明かりに照らされた色とりどりの和傘が並んでいて幻想的な雰囲気になっていました。

あわらグランドホテル

「あわらグランドホテル」を   >

ホテル内には男女、混浴用を合わせて7つの浴場があります。

2日目2019年11月3日(日)

雄島

坂井市

「雄島」を   >

「あわら湯のまち駅」前からバスに乗り、「雄島」へ。バス停のすぐそばから「雄島」へ渡ることができる220mほどある朱塗りの橋が架かっています。

雄島

坂井市

「雄島」を   >

「雄島橋」を渡り切ると狛犬と鳥居があり、この島が神域であることが分かります。鳥居をくぐるとすぐに急な石段があります。石段を登りきると二手に道が分かれていたため、時計回りで島を渡ることに。

雄島

坂井市

「雄島」を   >

森の中の道を歩くと神社が姿を現します。そして、神社の真正面に海に面して鳥居が建てられていてそこから海を眺めると真正面に東尋坊とタワーを見ることができます。

雄島

坂井市

「雄島」を   >

海沿いの道から少しそれると柱状節理がびっしり敷き詰められている崖や海岸沿いに斜めに傾斜している岩など様々な形状をした岩々を見ることができます。

東尋坊

坂井市

「東尋坊」を   >

40分ほどで雄島を一周した後、ちょうどいいバスがなかったので、20分ほど歩いて「東尋坊」に到着しました。三連休の中日だったためか海に突き出た崖の上には大勢の観光客がいました。

東尋坊

坂井市

「東尋坊」を   >

崖っぷちまで近づくと海面までかなり高く、しばらく見つめていると海に吸い込まれてしまいそうでかなり怖いです。

東尋坊観光遊覧船

坂井市

「東尋坊観光遊覧船」を   >

東尋坊の崖の間にある船着き場から船は出発し、雄島やこの周辺のが崖などをガイドさんの解説付きで眺めることができます。

周遊船から降りた後は付近に並ぶ食堂で海鮮丼を注文しました。うににいくらに越前ガニが載ったどんぶりでしたが、新鮮だったせいかとてもおいしかったです。

東尋坊タワー

坂井市

「東尋坊タワー」を   >

昼食を食べた後、まだバスの時間まで余裕があったので、東尋坊タワーに登りました。

東尋坊タワー

坂井市

「東尋坊タワー」を   >

高さ55mの展望台からは先ほど訪れた「雄島」を眺めることができ、さらに天気がいい時は丹後半島も見えるのだとか。

福井県立恐竜博物館

勝山市

「福井県立恐竜博物館」を   >

えちぜん鉄道を乗り継ぎ、勝山駅で下車。そこからバスに乗り「恐竜博物館」まで移動しました。博物館前にはベンチに座る「恐竜博士」がいて観光客がみんな記念撮影をしていました。

福井県立恐竜博物館

勝山市

「福井県立恐竜博物館」を   >

博物館の脇の丘の上にはこいのぼりならぬ恐竜のぼりが風に乗って泳いでいました。

福井県立恐竜博物館

勝山市

「福井県立恐竜博物館」を   >

入場券を購入してエスカレーターで地下へ。しばらく歩くとティラノザウルスが出迎えてくれます。そして、周辺には様々な恐竜の全身骨格が展示されています。

福井県立恐竜博物館

勝山市

「福井県立恐竜博物館」を   >

博物館には恐竜だけでなく爬虫類、両生類、昆虫など様々な化石や全身骨格も展示されています。

城下町に佇む名水の宿 扇屋

「城下町に佇む名水の宿 扇屋」を   >

「恐竜博物館」から勝山駅まで戻り、そこから路線バスに乗り換え越前大野城が目の前に見える本日の宿へ。私が宿泊した部屋からは少し木が邪魔でしたがライトアップされた天守閣を見ることができました。

3日目2019年11月4日(月)

城下町に佇む名水の宿 扇屋

「城下町に佇む名水の宿 扇屋」を   >

朝食を食べた後、宿をチェックアウト。まずは「越前大野城」へ向かいました。

越前大野城

大野市

「越前大野城」を   >

天守閣の西側から登ることにしたのですが、とても急で長い石段が続いていました。

越前大野城

大野市

「越前大野城」を   >

石段を登り続けようやく天守閣に到着しました。天守閣内は様々な資料や遺物が展示されています。

越前大野城

大野市

「越前大野城」を   >

天守閣の最上部からは大野の街並みを一望できます。早朝の段階で立ち込めていた霧がまだ残っていて遠くの方が霞んでいました。

武家屋敷旧内山家

大野市

「武家屋敷旧内山家」を   >

「武家屋敷内山家」は幕末の大野藩の財政再建に功績を残した家老の屋敷。

武家屋敷旧田村家

大野市

「武家屋敷旧田村家」を   >

1827年に建てられた大野藩の家老・田村家のお屋敷。出入り口には色とりどりの風車がずらりと並んでいて、風が吹くとなかなか綺麗でした。

福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

福井市

「福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館」を   >

「越前大野」駅から電車に乗り「一乗谷」駅で下車しました。一乗谷の遺跡で発見された遺物や資料が展示されています。

一乗谷朝倉氏遺跡

福井市

「一乗谷朝倉氏遺跡」を   >

資料館から遊歩道を歩いて遺跡を目指しました。その途中には「平面復原地区」があります。建物は復原されていませんが水路や道路などは復原されています。思ったより広範囲に広がっているためその当時かなりの人々が住んでいたことが分かります。

一乗谷朝倉氏遺跡

福井市

「一乗谷朝倉氏遺跡」を   >

「平面復原地区」から川を渡ったところには朝倉義景の菩提を弔うために建てられた「松雲院」の山門だった「唐門」があります。唐門をくぐると朝倉義景が住んでいた「朝倉館跡」があります。

一乗谷朝倉氏遺跡

福井市

「一乗谷朝倉氏遺跡」を   >

「唐門」の前にはお堀があり、観光客がエサをあげているせいかまるまると太った鯉がたくさんいました。

一乗谷朝倉氏遺跡

福井市

「一乗谷朝倉氏遺跡」を   >

大規模な武家屋敷や職人たちの小規模な町屋からなる街並みが復元されていて、まるでタイムスリップしたような気持になりました。

1日目の旅ルート

みんなのコメント(0件)

投稿する

投稿に際しては、必ず観光ガイドご利用規約をご確認ください。
皆様がより快適にご利用いただくための「投稿上のルール」や、
投稿内容の利用に関して記載しております。

閉じる

この旅行記は参考になりましたか?参考になった!2

この旅行記をもとに旅の計画をつくる
この旅行記をカスタマイズして、あなたの旅の計画を作りましょう

さりゅーさんの他の旅行記

  • 佐渡島山形宮城をめぐる5泊6日の旅

    2019/8/12(月) 〜 2019/8/17(土)
    • 一人
    • 1人

    今年、夏季休暇を利用して新潟県の佐渡島、山形県の出羽三山神社や銀山温泉、山寺そして宮城県の松島な...

    154 0 0
  • 鹿児島宮崎をめぐる旅

    2019/4/30(火) 〜 2019/5/5(日)
    • 一人
    • 1人

    今年のゴールデンウィークは鹿児島と宮崎をめぐる旅に出ました。鹿児島県では霧島市内、鹿児島市内、桜...

    390 1 0
  • 春の深大寺散策

    2019/3/31(日)
    • 一人
    • 1人

    昼頃から暖かくなってきたので、急に思い立って深大寺周辺でお蕎麦を食べに行ってきました。そして、深...

    160 1 0
  • 甲府へ行ってきました。

    2018/11/2(金) 〜 2018/11/3(土)
    • 一人
    • 1人

    超電導リニアの体験試乗に参加した後、甲府市内で宿泊し、翌日市内の観光をしてきました。      ...

    430 3 0
(C) Recruit Lifestyle Co., Ltd.
リクルートグループサイトへ