宿・ホテル予約TOP > 岐阜のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

岐阜のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

岐阜 ホテル・宿泊施設情報

中部地方の内陸部に位置する岐阜県は、北部に飛騨山脈を有しており、山岳地帯が多いのが特徴です。南部には日本の名水百選に選ばれた清流があり、木曽川をはじめとして、複数の美しい川が流れています。標高差が激しいということもあり、気候は各地域によって異なり、一部では豪雪地帯とされるところもあります。県の南西部は暖かい気候となっているため稲作が盛んに行われており、中部から北東では涼しい気候のため、トマトやほうれんそうといった野菜の栽培が盛んです。
自然が多くあふれる岐阜県では、その地形を生かした観光産業が積極的に行われています。新穂高ロープウェイから眺める景観や、チューリップやラベンダーといった花が一面に咲き誇るひるがの高原牧歌の里など、自然を満喫できるスポットが充実しています。また、県内でも有名な観光地として挙げられるのが下呂温泉です。「日本三名泉」とも言われており、多くの観光客が訪れます。県内には和のテイストを打ち出したホテルや旅館が多くあり、古き良き日本の風情を感じさせてくれる宿泊施設もあります。また、温泉を売りにした宿泊施設も多くあり、観光客の疲れを癒します。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 岐阜県 人気の温泉・露天風呂

    • 下呂温泉

      歴史は古く、江戸時代より湯治場として栄えてきた下呂温泉は草津、有馬と並ぶ日本三名泉のひとつ。泉質はアルカリ性単純泉。肌になめらかな独特の感じがある下呂の湯を楽しみに、年間多くの人が訪れている。白川郷より移築した合掌造りが点在する「下呂温泉合掌村」。春〜秋には、「いでゆ朝市」も開催されている。

    • 奥飛騨温泉郷(新穂高温泉)

      奥飛騨温泉郷の最奥に位置し、北アルプス登山への玄関口としても有名。蒲田川沿いに宿が並び、川沿いで野趣溢れる造りや、北アルプスの眺め自慢・・・など、開放的な景色が楽しめる露天風呂を持つ宿が多い。「日本のスイス」と呼ばれる中尾高原には、民宿、旅館のほか、リゾートの雰囲気溢れるペンションもある。

    • 奥飛騨温泉郷(平湯温泉)

      奥飛騨の中で、一番歴史の古い温泉。武田信玄の家臣が攻め入った際に、疲れ果てた兵の前に一匹の白猿が現れ、温泉を教えてくれたという『白猿伝説』がある。奥飛騨随一の豊富な湯量。しかも40もの源泉が!!湯温も高く、最高90度にもなる。泉質は、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、炭酸水素塩泉などさまざま。

    岐阜県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 岐阜県 人気の観光スポット

    • 虎渓山永保寺

      4.3

      土岐川河畔の丘陵にある古刹で、山号を虎渓山という。夢窓国師の創建。国宝の観音堂,開山堂などがある。庭園は国の名勝に指定されている。開山仏徳禅師お手植えの木と言われるイチョウの木は、多治見市天然記念物に指定されている。庭園の紅葉はとても美しく多くの観光客が訪れる。雲水が禅の修業に励む南禅寺派の専門道場。入山禁止の時期もある。10名以上は事前に見学申し込みを!

    • 金山巨石群(岩屋岩蔭遺跡)

      3.7

      日本に数多くある巨石群の中で、金山巨石群は考古天文学的調査が行われた最初の遺跡。この調査によって3箇所にある巨石の石組みは、いずれもイギリスのストーンヘンジのように、太陽暦として機能するように設計され建設されたと推定されるなど、いくつかの事実が明らかになった。現地では、夏至や冬至の頃を基準とした太陽観測が可能。金山巨石群調査資料室でガイドも可能。

    • 世界遺産白川郷合掌造り集落

      4.3

      合掌造りの建物が最も多く残る地域で、大小あわせて現在100棟余りある。合掌集落の規模としては全国で最大で、国の伝統的建造物群保存地区に選定されている。平成7年12月世界遺産に登録され、本年20周年を迎えます。今も実生活の場として使われているところに価値があり、それが他地域の合掌民家集落と違うところである。白山山麓の自然を背景とした集落の景観は、俗界と切り離された仙境のよう。

    岐阜県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 岐阜県 人気のイベント情報

    • 冬の飛騨高山ライトアップ

      2.0

      2016年12月01日〜2017年02月28日(予定)(開催場所:岐阜県 岐阜県高山市 中橋周辺)

      冬景色の美しい飛騨高山で、ライトアップが行われます。赤い中橋と宮川が銀世界の中に浮かぶ、幻想的な光景が楽しめます。

    • 飛騨の冬の風物詩 幻想のイルミネーション

      2016年11月23日〜2017年02月28日(予定)(開催場所:岐阜県 岐阜県高山市 飛騨・世界生活文化センター)

      環境に優しい光で、飛騨・世界生活文化センターの館内が幻想的に彩られます。11月13日から20日までは、「世界糖尿病デー」の啓発を目的としたブルーライトアップも行われます。

    • 初金毘羅宵祭

      2017年02月25日〜2017年02月25日(予定)(開催場所:岐阜県 岐阜県飛騨市 神岡町市街地(西里通り〜本町通り一帯))

      昭和31年の発足以来、神岡町の真冬の行事として親しまれている「初金毘羅宵祭」は、芸者衆と木遣保存会の人々が商売繁盛、家内安全などを祈願して行列したのが始まりとされます。現在では、金毘羅のお札を先頭に掲げ、「商売繁盛」「家内安全」を祈願し、手作りの工夫を凝らした創作山車が市街地を練り歩きます。創作山車は、地元の町内会や同級会などが数か月前から制作にかかり、精妙に作られた物、その年の干支をかたどった物とさまざまで、賑やかなパフォーマンスで見物人を楽しませます。

    岐阜県 人気のイベント情報ガイドを見る

岐阜県は山間の地形に位置しており、木曽川や長良川などの河川が流れています。水質もよく水量も豊富な河川は、魚の生育や稲作をするのにも適した水源となっています。長良川に生息する鮎は身が引き締まっているのが特徴で、名産品として知られています。塩焼きや雑炊といった調理法があります。また、これにちなんだ鮎菓子という銘菓もあります。
河ふぐ(ナマズ)も飛騨地方の特産品です。下小鳥ダム湖で養殖が盛んに行われており、淡白でふぐに似た食感であることが名前の由来です。飛騨市や高山市の旅館や料亭では、生け造りにした刺身やかば焼き、から揚げなどの調理方法で味わうことができます。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル