石川のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 石川のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

石川のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

石川 ホテル・宿泊施設情報

石川県は、本州中央部の北側に位置している県です。2014年時点での人口が約120万人となっています。県庁所在地は金沢市です。複数路線が乗り入れるターミナル駅の金沢駅は特徴的なデザインの東口が特徴です。駅周辺にも観光スポットがあり、現代美術を展示する施設として2004年に開館された金沢21世紀美術館は、地方の美術館としては驚異的な入館者数が注目を集めており、外国からの観光客も多く訪れます。
能登半島を含む石川県内は豪雪地帯であり、古くは冬の畑作が行えない時期に農家が家業として始めた伝統工芸品が数多くあります。特に「輪島塗」は国の重要有形文化遺産に指定されており、現在でも代表的なお土産として知られています。
また、日本三大名園のひとつに数えられる兼六園も金沢市内にあります。この庭園は、金沢城の外郭に造園されたものが起源となっており、1985年には江戸時代を代表する池泉回遊式庭園として国の特別名勝に指定されています。海外でも認知されていることから、21世美術館と合わせて外国人観光客が訪れることも少なくありません。そのため、金沢市内には多くの観光客向けホテルがあります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 石川県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 和倉温泉

      和倉温泉

      七尾湾に面した能登最大の温泉地。歴史ある豊富な食塩泉の伝説は、白鷺が傷を癒し、羽を休めた海の出湯が発祥とされている。街の中心には、総湯もあるので立ち寄りOK。能登観光の拠点としての人気が高い。

    • 山代温泉(加賀温泉郷)

      山代温泉(加賀温泉郷)

      昔、高僧・行基が傷口を湧き水で癒す烏を見て、その湧き水が温泉だったことが山代温泉の始まり。それ以来「からすの湯」と呼び親しまれた。1300余年の歴史を持ち、北大路魯山人や与謝野晶子が愛した伝統と文化の香りのする名湯。源泉64度の含石泉・食塩・芒硝泉の3つの泉質をもつ。

    • 山中温泉(加賀温泉郷)

      山中温泉(加賀温泉郷)

      鶴仙渓沿いに広がる自然豊かな温泉地。かの松尾芭蕉が扶桑三名湯と称えた湯は日本屈指の古湯(含石膏芒硝泉)。肌にやさしくまろやかな湯はまさに名泉と言える。名所「こおろぎ橋」や芸術的な「あやとり橋」の鶴仙渓遊歩道がすばらしい。温泉街「ゆげ街道」も温泉情緒たっぷり。

    石川県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 石川県 おすすめの観光スポット

    • 近江町市場

      近江町市場

      4.0

      加賀百万石の台所として知られる「近江町市場」は、石川県金沢市の中心部にあり、主に生鮮食品などの食品と生活雑貨を扱う小売店が主体。 狭い地域に170店舗あまりが建ち並び、鮮魚、青果、精肉、かまぼこ、乾物、塩干、漬物、酒、駄菓子、惣菜、花、セトモノ、洋品雑貨など様々なものが販売されています。 お土産に生ものを購入したいという方には氷詰めをしてくれるサービスもあり、常に活気のある市場として観光客から人気も。 また、2009年4月には市街地再開発事業により、「近江町いちば館」が開業、こちらには73店舗が入居し、飲食店や食品売り場のほかにも近江町交流プラザがあります。

    • 兼六園

      兼六園

      4.2

      小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。延宝年間(1673年〜1681年)、五代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、1822年(文政5年)十二代藩主斉広が竹沢御殿を建てるに際し、拡張整備を行い、さらに1837年(天保8年)、十三代藩主斉泰が竹沢御殿を壊して霞ガ池を造りほぼ現在の形となった。兼六園の名は奥州白河藩主白河楽翁が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つを兼備する名園であるとして命名した。その名に恥じず、10万平方mを超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。

    • ひがし茶屋街

      ひがし茶屋街

      4.2

      金沢には「西」と「東」・「主計町」と3つの茶屋街があった。なかでもひがし茶屋街は料亭街となった現在でも、全体が保存区域になっているのでお茶屋建の家並みが続き、夜ともなれば三味線や太鼓の音が聞こえ、雅な伝統文化の世界を垣間見ることができる。金沢素囃子は金沢無形文化財に指定されている。

    石川県 おすすめの観光スポットガイドを見る

  • 石川県 おすすめのイベント情報

    • 穴水駅ホームあつあつ亭

      穴水駅ホームあつあつ亭

      2019年01月12日〜2019年03月17日(予定)(開催場所:石川県 石川県穴水町 のと鉄道穴水駅)

      のと鉄道穴水駅のホーム脇に、牡蠣炉端焼店「あつあつ亭」が、冬季限定でオープンします。毎年1月から3月の土日祝営業。焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣ごはん、牡蠣釜めし、能登ワインなどの能登特産が味わえます。

    • 能登立国1300年記念 能登ふるさと博

      能登立国1300年記念 能登ふるさと博

      2018年04月01日〜2019年03月31日(予定)(開催場所:石川県 石川県 能登半島全域)

      能登立国1300年を記念し、宝達志水町以北の4市5町の能登地域で、能登の旬を堪能してもらおうと各地域の魅力を大いに発信する観光イベントが開催されます。期間中、「能登のキリコ祭り」「灯りでつなぐ能登半島」など、伝統の祭りや行事が各会場で行われるほか、能登の山海の食材をテーマとした「うまいもんイベント」、スポーツイベント、スタンプラリーやフォトコンテストもあります。

    • 金沢冬の旅キャンペーン

      金沢冬の旅キャンペーン

      2018年11月23日〜2019年02月28日(予定)(開催場所:石川県 金沢市 市内各地)

      冬の金沢の魅力を存分に堪能できる「金沢冬の旅キャンペーン」が、市内各地で開催されます。兼六園の雪吊りや長町武家屋敷のこもがけ、旬を迎えた加能ガニをはじめとする日本海の魚介や、加賀野菜など、冬の金沢は風物詩と美食に満ちています。16か所のライトアップスポットを巡る「金沢ライトアップバス」(毎週土曜運行)や、金沢の奥深さを体験できる「体感!金沢の旅 冬のプログラム」、ガイドさんと巡る「冬の特別モニターツアー」、三茶屋街でのお茶屋遊び体験、酒蔵見学、伝統工芸体験など、多彩なプログラムが用意されています。期間中は、金沢市消防出初式や近江市場の七草粥のふるまい、氷室の仕込みなどの行事や、「フードピア金沢」も行われるほか、美術館などの各施設でもさまざまな展覧会が催されます。

    石川県 おすすめのイベント情報ガイドを見る

石川県は農業が盛んな地域です。また、北陸地方で雪が積もるため冬には冷え込む日も多く、古くから鍋物や汁ものが親しまれてきました。
山間部では狩猟が伝統的な地域であり、鴨を用いた郷土料理があります。アザミの打ち豆汁や、鴨のじぶすきなどで、山の幸を使ったものが使われることが特徴です。また、冬の飢えをしのぐために考え出された固豆腐や塩漬けアザミや餅を使った料理が伝えられています。
石川県は対馬海流とリマン海流のぶつかる地点であり、良質な漁場として知られています。海の幸では甘エビやブリが特産ですが、他にも新鮮な刺身を味わうことができます。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル