石川のホテル・旅館 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
宿・ホテル予約TOP > 石川のホテル・宿泊施設

石川のホテル・宿泊施設

地図から探す

宿泊日

人数等 部屋

大人

子供

0名

注目プランのある宿[PR]

※最安料金は、5月27日時点、日付未定/1泊2名1室料金の最安料金です。

石川 ホテル・宿泊施設情報

石川県は、本州中央部の北側に位置している県です。2014年時点での人口が約120万人となっています。県庁所在地は金沢市です。複数路線が乗り入れるターミナル駅の金沢駅は特徴的なデザインの東口が特徴です。駅周辺にも観光スポットがあり、現代美術を展示する施設として2004年に開館された金沢21世紀美術館は、地方の美術館としては驚異的な入館者数が注目を集めており、外国からの観光客も多く訪れます。
能登半島を含む石川県内は豪雪地帯であり、古くは冬の畑作が行えない時期に農家が家業として始めた伝統工芸品が数多くあります。特に「輪島塗」は国の重要有形文化遺産に指定されており、現在でも代表的なお土産として知られています。
また、日本三大名園のひとつに数えられる兼六園も金沢市内にあります。この庭園は、金沢城の外郭に造園されたものが起源となっており、1985年には江戸時代を代表する池泉回遊式庭園として国の特別名勝に指定されています。海外でも認知されていることから、21世美術館と合わせて外国人観光客が訪れることも少なくありません。そのため、金沢市内には多くの観光客向けホテルがあります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

金沢・羽咋

※最安料金は、5月27日 11時09分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

加賀・小松・辰口

※最安料金は、5月27日 11時09分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

輪島・能登

※最安料金は、5月27日 11時09分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

ページの先頭に戻る

  • 石川県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 和倉温泉

      和倉温泉

      七尾湾に面した能登最大の温泉地。歴史ある豊富な食塩泉の伝説は、白鷺が傷を癒し、羽を休めた海の出湯が発祥とされている。街の中心には、総湯もあるので立ち寄りOK。能登観光の拠点としての人気が高い。

    • 湯涌温泉

      養老2(718)年、羽を休める白鷺が飛び立った後に湯が湧いているのを農夫が見つけたといわれ、一説では白山開山の泰澄大師が発見したとも伝えられる。歴代加賀藩主の湯治湯。詩人画家・竹久夢二が愛人を伴い逗留した地でもあり、以来「金沢の奥座敷」として文人墨客が好み、また金沢人が賓客をもてなす場所でもある。

    • 山代温泉(加賀温泉郷)

      山代温泉(加賀温泉郷)

      昔、高僧・行基が傷口を湧き水で癒す烏を見て、その湧き水が温泉だったことが山代温泉の始まり。それ以来「からすの湯」と呼び親しまれた。1300余年の歴史を持ち、北大路魯山人や与謝野晶子が愛した伝統と文化の香りのする名湯。源泉64度の含石泉・食塩・芒硝泉の3つの泉質をもつ。

    石川県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドをみる

  • 石川県 おすすめの観光スポット

    • 近江町市場

      近江町市場

      4.0

      加賀百万石の台所として知られる「近江町市場」は、石川県金沢市の中心部にあり、主に生鮮食品などの食品と生活雑貨を扱う小売店が主体。 狭い地域に170店舗あまりが建ち並び、鮮魚、青果、精肉、かまぼこ、乾物、塩干、漬物、酒、駄菓子、惣菜、花、セトモノ、洋品雑貨など様々なものが販売されています。 お土産に生ものを購入したいという方には氷詰めをしてくれるサービスもあり、常に活気のある市場として観光客から人気も。 また、2009年4月には市街地再開発事業により、「近江町いちば館」が開業、こちらには73店舗が入居し、飲食店や食品売り場のほかにも近江町交流プラザがあります。

    • 妙立寺(通称・忍者寺)

      妙立寺(通称・忍者寺)

      4.2

      「忍者寺」と呼ばれ、落とし穴になる賽銭箱、床板をまくると出現する隠し階段、金沢城への抜け道が整備されていたとされる井戸などの仕掛けが、寺のあちこちで見られます。創建当時、徳川幕府と緊張状態にあったため、襲撃に備えて出城・砦の役目を果たしていました。外観は2階建てですが、実際は7層になっていて、23部屋と29階段もあると言われています。迷路のような内部をガイドが案内してくれるので、事前に予約をして訪れることをおすすめします。

    • 金沢21世紀美術館

      金沢21世紀美術館

      3.8

      現代美術を収蔵した美術館として、2004年10月に石川県金沢市に建てられた「金沢21世紀美術館」。 地上1階、地下1階建ての建物は、芝生の敷地の中央に、円形の総ガラス張りとして建てられ、全てが正面に見えるという不思議な構造に。 気軽に立ち寄ってもらえるようにとどの方面からでも入場することができ、無料で入れる範囲が広く、多数の作品を無料で鑑賞することも可能です。 また、収蔵作品の収集方針としては、1900年以降に制作された歴史的参照点となるような作品や、1980年代以降に制作された新しい価値観を提案するような作品、金沢にゆかりのある作家による新たな創造性に富む作品になっています。

    石川県 おすすめの観光スポットガイドをみる

  • 石川県 おすすめのイベント情報

    • 重要文化財の特別公開「金沢城 石川門」「金沢城 鶴丸倉庫(金沢城土蔵)」「三十間長屋」

      重要文化財の特別公開「金沢城 石川門」「金沢城 鶴丸倉庫(金沢城土蔵)」「三十間長屋」

      2022年04月02日〜2023年03月26日(予定)(開催場所:石川県 金沢市 金沢城公園)

      金沢城公園内の、藩政時代から伝わり、国の重要文化財に指定されている「金沢城石川門」「金沢城鶴丸倉庫(金沢城土蔵)」「三十間長屋」が、特別公開されます。白の塗籠壁、海鼠壁が巧みに組み合わされた、金沢城の顔ともいえる「石川門」や、幕末の嘉永元年(1848年)竣工の武具土蔵で、城郭内に残る土蔵としては国内最大級の遺構となる「鶴丸倉庫(金沢土蔵)」、安政5年(1858年)に再建された二層二階の多聞櫓の様式を持つ「三十間長屋」が公開されます。内部には、ボランティアガイドが常駐しています。復元された「菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門」「河北門」「鼠多門」も併せて見学できます。

    • アンブレラスカイ

      アンブレラスカイ

      2022年03月01日〜2022年11月30日(予定)(開催場所:石川県 石川県小松市 加賀伝統工芸村ゆのくにの森)

      加賀伝統工芸村ゆのくにの森に、3月上旬から11月下旬にかけて、「アンブレラスカイ・ロード」が出現します。頭上に飾られたカラフルな傘と、趣ある古民家との取り合わせは、絶好の被写体となり、写真スポットとしても人気があります。

    • 未来へつなぐ陶芸−伝統工芸のチカラ展

      未来へつなぐ陶芸−伝統工芸のチカラ展

      2022年04月05日〜2022年06月19日(予定)(開催場所:石川県 金沢市 国立工芸館)

      2022年に、日本工芸会陶芸部会の活動が50周年を迎えたことを記念し、伝統陶芸の活動の歩みと多彩な展開を紹介する展覧会が、国立工芸館で開催されます。日本工芸会陶芸部会は、日本工芸会の中で会員数が最も多く、陶芸技術の保存と活用をしており、先達が培った技術・技法から学んだことを糧として創作活動を続けています。同展覧会では、歴代の人間国宝の名品をはじめ、草創期に勢力を二分した日展や陶芸部会以外の陶芸家の作品、新進作家らの最新作など全139点が一堂に展示され、戦後の日本の陶芸の歩みとともに、未来へとつなぐ陶芸の技と美を堪能できる機会となっています。

    石川県 おすすめのイベント情報ガイドをみる

石川県は農業が盛んな地域です。また、北陸地方で雪が積もるため冬には冷え込む日も多く、古くから鍋物や汁ものが親しまれてきました。
山間部では狩猟が伝統的な地域であり、鴨を用いた郷土料理があります。アザミの打ち豆汁や、鴨のじぶすきなどで、山の幸を使ったものが使われることが特徴です。また、冬の飢えをしのぐために考え出された固豆腐や塩漬けアザミや餅を使った料理が伝えられています。
石川県は対馬海流とリマン海流のぶつかる地点であり、良質な漁場として知られています。海の幸では甘エビやブリが特産ですが、他にも新鮮な刺身を味わうことができます。



宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|レンタカー航空券観光ガイド海外