close

【全国】SNS映え抜群!レトロな街並みを歩こう♪ノスタルジックに癒される

2021.03.29

日本全国の「おしゃれ&レトロな街並み」をまとめてご紹介!

昔ながらのノスタルジックな町の風景はどこを撮っても絵になるところばかり。
静かな時間を感じながら雰囲気のよいカフェでお茶をしたり、町歩きを楽しんだり、夜のロマンチックな灯りを眺めたり…。

そこにはゆったりとした時間が流れています♪

※この記事は2021年2月19日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース
※口コミはじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

小樽運河【北海道】

石造りの建物とレトロなガス灯の光…雪化粧の冬はより幻想的

(画像提供:小樽観光協会)
(画像提供:小樽観光協会)

運河に沿って石造りの倉庫群や歴史的建造物などが点在。風情ある雪景色の中を散歩するのはもちろん、当時の姿をそのまま残す倉庫を改築したレストランや喫茶店に立ち寄るのもおすすすめの楽しみ方です。

昼間は空の青が運河の水に映ってとてもきれいで、夕暮れ時には、63基のガス灯が灯り昼間とは違った雰囲気に包まれます。11月から1月までは、「小樽ゆき物語」の一環として「青の運河」の開催も予定。真っ白な雪を染める青色のLEDがなんともロマンチックで癒されますよ。

\口コミ ピックアップ/
冬の雪景色の小樽運河は、風情があります。夜景はなおさら綺麗です。ロウソクの灯りの雪明かりの路。素晴らしい。
(行った時期:2020年2月)

小樽と言えば運河です。情緒があって落ち着きます。夜と朝(あるいは日中)では、雰囲気が異なる様に思います。2度訪れて比較してみてはどうでしょう。
(行った時期:2020年12月)

■小樽運河
[住所]北海道小樽市港町
[アクセス]【電車】JR小樽駅から徒歩8分
[駐車場]無
「小樽運河」の詳細はこちら
「小樽運河」の口コミ・周辺情報はこちら

角館武家屋敷通り【秋田県】

「みちのくの小京都」をゆっくり散策。人力車での町めぐりを楽しんでも

(画像提供:(一社)田沢湖・角館観光協会)
(画像提供:(一社)田沢湖・角館観光協会)

江戸時代に城下町として栄え、今もなおその面影を色濃く残す角館。武家屋敷が軒を連ねており、現在はそのうち6軒を歴史的建造物として公開中(有料・無料あり)。「みちのくの小京都」と呼ばれ、多くの観光客が訪れています。

町は「火除(ひよけ)」と呼ばれる広場を境に、武士の町(内町)と町人の町(外町)に区分けされており、かつての暮らしぶりを垣間見ることができます。

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、四季折々の美しい風景を眺めながら散策を楽しみましょう。人力車で町めぐりをするのもおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
有名な垂れ桜の時期は逸したものの、新緑が美しく期待以上の景色でした! 今度は是非桜の頃にお邪魔したいです。人力車の方の説明も大変参考になり、良かった。
(行った時期:2019年5月)

古き良き日本屋敷の風景で紅葉が映えます。そろそろ紅葉もラストですが、とても綺麗で見応えがあります。山の紅葉とはまたひと味ちがう小京都風の紅葉は見る価値があります。
(行った時期:2020年11月)

■角館武家屋敷通り
[住所]秋田県仙北市角館町表町~東勝楽丁
[アクセス]【電車】JR秋田新幹線角館駅から徒歩約20分
[駐車場]有(有料)
「角館武家屋敷通り」の詳細はこちら
「角館武家屋敷通り」の口コミ・周辺情報はこちら

銀山温泉【山形県】

レトロな街並みをのんびり散策。日帰り温泉や無料の足湯も

(画像提供:銀山温泉)

銀山川をへだてて三層四層の木造の宿がズラリと建ち並ぶ風景は情緒たっぷり。湯治場の雰囲気が残っている点では全国でも有数の温泉街で、そのノスタルジックな景色も楽しみの一つ。

銀山温泉は出羽の名湯として評判が高い、無色透明の硫酸塩温泉。温泉街には共同浴場もあり、日帰りでも気軽に温泉を楽しむことができます。

(画像提供:銀山温泉)

温泉街から白銀の滝や滝の不動尊、せとこい橋、銀鉱洞などの名所をめぐる散策もおすすめ。歩き疲れたら、銀山川のほとりにある足湯に入ってリフレッシュしましょう。
※銀鉱洞は3月下旬頃まで冬季封鎖

\口コミ ピックアップ/
冬と夏、また昼と夜とで、ずいぶん見える景色が変わります。温泉はもちろん温泉街の散策や食べ歩きも楽しいです。
(行った時期:2020年2月)

大正から昭和初期の頃の街並みが見事に保存されています。モダンなデザインで修復された建物もありますが、景観に配慮したデザインですので、違和感が全くありません。近くに美しい滝もあって日中の散歩も良いですが、夜の雰囲気も抜群です。何日かゆっくり滞在するのがお勧めです。
(行った時期:2020年8月)

■銀山温泉
[住所]山形県尾花沢市大字銀山新畑
[アクセス]【バス】大石田駅からバスで40分
[駐車場]有(無料)
「銀山温泉」の詳細はこちら
「銀山温泉」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:銀山温泉)

蔵造りの町並み【埼玉県】

通りに響く「時の鐘」を聞きながら、春の小江戸を散策

(画像提供:川越市)
(画像提供:川越市)

立派な鬼瓦に黒漆喰の壁…。蔵造りの家々が並ぶ城下町・川越。通りには電柱もなく、江戸の面影をそのまま今に伝えています。

そんな川越のシンボルが、高さ約16mの「時の鐘」。町の中でもひときわ目立つ3層のやぐら造りで、建築から125年以上が経った現在も1日4回、その音色を響かせます。

また、歴史ある神社仏閣のほか、お土産物屋や飲食店も多く、商店街としても魅力ある場所です。本通りから路地に入った、懐かしい駄菓子屋が並ぶ「菓子屋横丁」も有名スポット。風格のある蔵や旧家を一軒一軒めぐりながら、食べ歩きやショッピングも楽しめて、まさに「小江戸」の名前に相応しい観光地です。

\口コミ ピックアップ/
川越を代表する街並みです。今風のお店もレトロな外観で、タイムスリップしたような雰囲気になります。歩くだけでも楽しいですが、ついつい買いたくなるものです。
(行った時期:2019年4月)

和装の女性をちょくちょく見かけましたが町の雰囲気と合っていて素敵でした。100年以上現役のお醤油造りの蔵を見学できてすごく良かった!
(行った時期:2019年5月)

■蔵造りの町並み
[住所]埼玉県川越市幸町2
[アクセス]【電車】西武新宿線本川越駅より徒歩10分
[駐車場]有
「蔵造りの町並み」の詳細はこちら
「蔵造りの町並み」の口コミ・周辺情報はこちら

佐原の歴史的町並み【千葉県】

江戸時代に栄えた商人の町へ。舟に乗ってゆったりと遊覧するのも贅沢

(画像提供:佐原の歴史的町並み)
(画像提供:佐原の歴史的町並み)

平成8年に関東で初めて重要伝統的建造物群保存地区として選定された佐原の歴史的町並み。
水運が盛んだった小野川の流域は商人の町として栄え、江戸時代の名残がある風景は「北総の小江戸」といわれています。

川べりにはかつての旅館や商店など重厚な木造建築が軒を連ねており、時代劇のような日本らしい景色を眺めながら散策することができます。
佐原の歴史的町並みを舟で遊覧する「小野川舟めぐり」もおすすめ。

江戸情緒あふれる町にタイムトリップしてみませんか?

\口コミ ピックアップ/
昔ながらの雰囲気の中をゆっくり散歩することができます。タイムスリップしたかのようでした。そんな町並みの中に普通に電車が走っていたりするのも魅力。
(行った時期:2019年2月)

心が落ち着くような風景が広がっている場所になっていますよ。ゆったりとした気分も感じることができるようになっていましたよ。
(行った時期:2019年4月)

■佐原の歴史的町並み
[住所]千葉県香取市佐原イ
[営業時間]各店舗により異なる※一部施設にて、感染防止対策として団体での入場を制限している場合あり
[定休日]各店舗により異なる
[料金]伊能忠敬記念館個人【大人】500円【小・中学生】250円、水郷佐原山車会館 個人【大人】400円【小・中学生】200円、その他の施設:入館・見学は基本無料
[アクセス]【電車】JR成田線佐原駅から徒歩10分【車】東関東自動車道佐原香取ICから10分、大栄ICから20分
[駐車場]有(有料・無料)
「佐原の歴史的町並み」の詳細はこちら
「佐原の歴史的町並み」の口コミ・周辺情報はこちら

妻籠宿【長野県】

江戸時代の宿場町を散策。大切に守られ続ける美しい町並みに感動!

(画像提供:南木曽町観光協会)

妻籠宿は全国で初めて古い町並みを保存した宿場町で、国の重要伝統的建造物保存地区に選定されています。

驚くことは、文化財でありながらも現在もそこで人々が生活を営んでいるということ!

妻籠を愛する地域の人々が「売らない・貸さない・こわさない」という3原則をつくり、貴重な町並みを守っています。

(画像提供:南木曽町観光協会)

3つの建物で構成される博物館では、外だけでなく内側からも江戸文化を間近に見ることができます。※博物館の入場は別途有料です。

築300年を超えるお食事処や寺子屋風の甘味処など、タイムスリップを味わえるお店もオススメ。昔のまま変わらない、日本情緒を感じながら楽しんでくださいね♪

(画像提供:南木曽町観光協会)

\口コミ ピックアップ/
妻籠宿は奈良井宿の半分程度の規模の街並みでした。回りが山で囲まれ空気が美味しく気持ちの良い散策が出来ました。途中でにわか雨に遭遇し雨宿りに入ったお店では美味しい焼き立ての五平餅を頂きました。ゆっくりとした時間のながれでリフレッシュ出来ました。
(行った時期:2019年8月)

古い建物が多く良かったです。食べ歩きの出来る美味しい物が多かったですよ。クリームあんみつ、五平餅美味しかったです。
(行った時期:2020年7月)

■妻籠宿
[住所]長野県木曽郡南木曽町吾妻
[アクセス]【電車】JR南木曽駅から徒歩40分【車】中央自動車道中津川ICより約30分 ※2021年2月現在新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、見学順路の設定やマスク着用、手指消毒、検温等のお願いをしています
[駐車場]有 400台(500円/回)
「妻籠宿」の詳細はこちら
「妻籠宿」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:南木曽町観光協会)

金屋町(千本格子の家並み)【富山県】

格子造りの家々が軒を並べる城下町。石畳や飾り金具に感じる鋳物師たちの暮らし

(画像提供:高岡市)
(画像提供:高岡市)

加賀前田家2代当主前田利長が鋳物造りを奨励したことから、高岡鋳物発祥の地として大いに栄えた金屋町。江戸時代にはここに多くの鋳物職人たちが移り住みました。

格子が連なる家屋が建ち並び、とくに1階部分の細やかな格子は「千本格子」と言われています。さらに家屋をよく見ると凝った飾り金具が使われていたり、石畳の道に胴片が散りばめられていたりと、鋳物師町らしさが随所に。

約500mの町並みは、重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けており、今も残る鋳物関係の工房で、風鈴や箸置きなどの鋳物作りも体験できます。

\口コミ ピックアップ/
千本格子の家並みが大変綺麗で趣があり、風情がありました。初めて訪れましたが、大変良かったです。また機会があれば、是非とも訪れたいです。
(行った時期:2019年2月)

■金屋町(千本格子の家並み)
[住所]富山県高岡市金屋町
[アクセス]【車】能越自動車道高岡ICから10分【電車】JR高岡駅から徒歩20分
[駐車場]金屋緑地公園駐車場(無料)
「金屋町(千本格子の家並み)」の詳細はこちら
「金屋町(千本格子の家並み)」の口コミ・周辺情報はこちら

ひがし茶屋街【石川県】

着物が似合うフォトジェニックな町並み。金箔を使った甘味や上質な伝統工芸品も

(画像提供:金沢市)
(画像提供:金沢市)

「ひがし茶屋街」の誕生は、今から約200年前の文政3年(1820年)。金沢文化を代表する茶屋街のひとつで、木虫籠(きむすこ)と呼ばれる美しい出格子のある古い町並みが残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

現在でも数軒のお茶屋が伝統文化を継承しており、夜ともなれば三味線や太鼓の音が聞こえ、雅な伝統文化の世界を垣間見ることができます。

名物の金箔ソフトクリームなど、金沢らしいスイーツを味わうのもおすすめ♪おしゃれな町家カフェやバー、伝統工芸品を扱うセレクトショップなどもあるので、じっくりと散策してみてくださいね。

\口コミ ピックアップ/
レンタル着物を着て散策して見える方を多く見かけました。歩き疲れたらお茶屋さんで金箔入りのスイーツをちょっと贅沢にいただきました。疲れが取れました。
(行った時期:2019年4月)

金沢に来たら金箔ソフトは食べたいですね。金箔は味はしませんが、美容にいいし、何より写真映え、ソフトクリームの半分が金箔に覆われ、綺麗な黄金色を放ち、インパクト抜群。ソフトクリームの味も濃厚で美味しかったです。自然に満面の笑みになります。
(行った時期:2020年11月)

■ひがし茶屋街
[住所]石川県金沢市東山1
[アクセス]【車】北陸自動車道金沢東ICから約15分【バス】北鉄バス・橋場町バス停から徒歩3分
[駐車場]市営駐車場(有料)
「ひがし茶屋街」の詳細はこちら
「ひがし茶屋街」の口コミ・周辺情報はこちら

にし茶屋街【石川県】

茶屋街に響く、芸妓さんの三味線の音。和モダンな町屋カフェやショップも多数

(画像提供:金沢市)
(画像提供:金沢市)

有名な金沢三茶屋街のひとつで、約100mの目抜き通りを歩けば、芸妓衆の稽古場から三味線や太鼓の音が聞こえてきます。出格子が美しい茶屋建築が連なり、夕暮れ時にはお茶屋さんを出入りする芸妓さんに出会うことも。

お茶屋のお座敷を再現した空間を、ガイドが無料で案内してくれる「金沢市西茶屋資料館」も、見どころの1つです。

江戸時代の面影を残す町並みながら、近年はかつてのお茶屋を改装した町屋ショップやカフェも続々とオープン!粋でモダンな町歩きを楽しめます。

■にし茶屋街
[住所]石川県金沢市野町
[アクセス]【バス】北陸鉄道路線バス「広小路」停留所から徒歩3分【車】北陸自動車道金沢西ICから15分
[駐車場]市営観光駐車場(有料)
「にし茶屋街」の詳細はこちら
「にし茶屋街」の口コミ・周辺情報はこちら

有松町並み保存地区【愛知県】

江戸時代を感じさせる古い町並みを歩いて、悠久の歴史に想いを馳せよう

(画像提供:有松・鳴海絞会館(有松絞商工協同組合))
(画像提供:有松・鳴海絞会館(有松絞商工協同組合))

旧東海道の古い町並みが残り、江戸時代の趣を色濃く残している有松地区。2019年5月に文化庁により日本遺産にも認定されました。

漆喰の白壁などが印象的な町並みには、当時の面影を残した町屋が多く並び歩くだけでも風情がただよいます。商業の町としても栄え、旧家「竹田邸」や重厚な造りの大邸宅「岡邸」など見どころもたくさん。

また、「有松・鳴海絞会館」では、400年続く「有松絞り」の歴史と工程がわかる映画の放映や資料展示、絞り製品の販売も。町歩きとあわせて有松地区の歴史を体感してみてください。

■有松町並み保存地区
[住所]愛知県名古屋市緑区有松3008
[営業時間]有松・鳴海絞会館:9時30分~17時 ※資料室は16時30分まで
[定休日]有松・鳴海絞会館:年末年始、臨時休館あり
[料金]有松・鳴海絞会館:【大人】300円【子ども】100円
[アクセス]【電車】名鉄名古屋本線有松駅から徒歩約5分
[駐車場]有松・鳴海絞会館(10台/無料)
「有松町並み保存地区」の詳細はこちら
「有松町並み保存地区」の口コミ・周辺情報はこちら

ITP47  ITP47

日本を楽しもう!47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪