じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ北海道【北海道】夏の絶景25選!一度は行きたいスポットまとめ!2018

【北海道】夏の絶景25選!一度は行きたいスポットまとめ!2018

2018.06.13

青い空と白い雲、キラキラ輝く太陽…自然を思いっきり堪能できる夏が到来!
この夏、一度は行きたい「北海道」の絶景スポットを厳選してご紹介。

雄大で自然豊かな北海道は、ドライブにもおすすめ!絶景を眺めながらのドライブは心癒されるはず。北海道の短い夏を思う存分楽しんでくださいね!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

神威岬

神威岬
出典:じゃらん 観光ガイド 神威岬

\口コミ ピックアップ/
夏休みに行きました。物凄く日差しが暑い日に行き頑張って歩きました。想像より大変な道のり、狭いしアップダウンあり。
スニーカーで行って正解でした。
天気が良かったので海が綺麗なブルーでした。
(行った時期:2017年8月)

積丹半島の突端、神威岬をようやく訪れることができました。天気に恵まれ積丹ブルーを堪能できました。 神威岬の灯台までは駐車場から距離がありアップダウンもありますが、駐車場右上の遊歩道からの神威岬、積丹半島の眺めも最高でした。
(行った時期:2017年8月5日)

神威岬
住所/北海道積丹郡積丹町神岬町
「神威岬」の詳細はこちら

旭岳

旭岳
出典:じゃらん 観光ガイド 旭岳

道内の最高峰、夏は登山、冬はスキー。スキーは日本で一番長い間楽しめる。中腹の旭平までロープウェイが通じておおり、そこから山頂までは2時間ほど。

\口コミ ピックアップ/
ロープウェイを使って登って行くことができます。
上から見る景色はとても綺麗で写真をたくさん撮られる方は特におススメです。
(行った時期:2017年7月)

天候に恵まれ、壮大な景色と、旭岳の雄姿に固唾をのみました。噴火口からの噴煙の轟音にも感動しました。散策1週時間コースを歩きましたが、道が良く整備されており楽しい散策をしました。
(行った時期:2017年7月)

旭岳
住所/北海道上川郡東川町旭岳温泉
「旭岳」の詳細はこちら

神の子池

神の子池
出典:じゃらん 観光ガイド 神の子池

摩周湖の地下水が湧き出していると言われている青い清水を湛える池。エメラルドブルーに輝く水の中に倒木が腐らずに化石のように沈んでおり、その隙間を朱色の斑点を持つオショロコマが泳ぐ景観は何とも言えない不思議な美しさを演出している。

\口コミ ピックアップ/
ダートの狭い道を進むとたどり着く、神秘的な沼です。
山奥なので虫がびっくりするほどいました。
でも、水の透明度やきれいな青い色は、一見の価値があると思います。
沼底から水が湧き出すのも見えます。本当にきれいな沼です。
(行った時期:2017年8月)

透明度が高すぎて、時に怖くなるほど。
水色の池の中に、倒木がおり重なり、池の水面に周囲の森の風景が映り込み、複雑な美しい風景を醸し出しています。
(行った時期:2017年8月)

神の子池
住所/北海道斜里郡清里町字清泉
「神の子池」の詳細はこちら

青い池

青い池
出典:じゃらん 観光ガイド 青い池

美瑛の白金温泉から車で約5分のところにある『青い池』。テレビや本で話題になり、観光客が増えている。神秘的で写真スポットにおすすめ。白金温泉に向かう『白金街道』沿いに看板がある。冬期間閉鎖。

\口コミ ピックアップ/
本当に青いです!写真で見たとおりのきれいな色で感動しました。どうしてこのような色になるのか本当に不思議です。また違う季節にも行ってみたいです。
(行った時期:2017年8月)

レンタカーで行きました。
駐車場は観光バスがたくさん停車、道も渋滞気味でしたね。
でも是非とも行ってもらいたい絶景があります。
息を飲んでしまうほどの美しい青い池には感動です。
(行った時期:2017年8月)

青い池
住所/北海道上川郡美瑛町白金
「青い池」の詳細はこちら

オシンコシンの滝

オシンコシンの滝
出典:じゃらん 観光ガイド オシンコシンの滝

チャラセナイ川の河口付近にある滝。「日本の滝100選」にも選ばれた。途中、水流が2つに分かれていることから別名「双美の滝」。滝の上にある展望台から、「オホーツク海」と「知床連山」が遠望することができる。流氷の季節は、見渡す限りの白い海原が見られる。

\口コミ ピックアップ/
大雨の後だったせいもあるのか水量と勢いに圧倒されました。国道沿いの駐車場から徒歩すぐの距離で見られる点もよかったです。
(行った時期:2017年8月)

道路沿いからすぐの場所に滝があります。
生憎の雨でしたが、階段を上って間近で見る滝は水量も多く迫力がありました。知床に来たら、ぜひ見ておきたい場所です。
(行った時期:2017年7月)

オシンコシンの滝
住所/北海道斜里郡斜里町ウトロ西
「オシンコシンの滝」の詳細はこちら

知床五湖

知床五湖
出典:じゃらん 観光ガイド 知床五湖

知床半島を造る知床連山の山裾に点在する大小五つの火山性堰止湖。
北海道斜里町にあり、一湖から五湖までの名前が付けられているが、湿地帯にあるため、融雪期には数が増えます。
原生林に囲まれ、水面に映し出されるその姿は神秘的。
知床八景のひとつとして数えられ、観光のために一湖を見下ろす展望台や湖をゆっくり探索する遊歩道が整備されているが、遊歩道ではエゾリスやエゾシカなどの姿も見られるが、ヒグマの目撃情報もあるため、注意が必要です。
近年では遊歩道の入場制限や、利用者の事前レクチャーの義務付け、有料化など、「利用調整地区制度」が導入されています。
※遊歩道は冬期通行止め

\口コミ ピックアップ/
知床五湖へは、知床自然センターからバスで行きました。知床自然センターで五湖の情報が得られるので、長靴をレンタルして行きました。
知床五湖にて、レクチャーを受け、大回りのコースを行きました。自然遺産の独特の雰囲気を感じることができました。お盆に行きましたが、やはり山の中はひんやりしました。きちんとした服装、靴で行くことをお勧めします。
(行った時期:2017年8月)

知床五湖をまわるには、専門のガイドさんの講習を受けなければなりませんが、一湖だけなら遊歩道があるので見る事ができます。時間がなかったので、遊歩道を散策しただけですが、少し離れたところに鹿の姿を見る事ができ、自然を感じる事ができました。
(行った時期:2017年8月)

知床五湖
住所/北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別
「知床五湖」の詳細はこちら

ラベンダー畑

ラベンダー畑
出典:じゃらん 観光ガイド ラベンダー畑

北海道では戦前から、栽培が始まったが化学香料の出現で畑がつぶされ、今は富良野地方で観光用に残されている。(一社)かみふらの十勝岳観光協会にてラベンダー商品を扱っており、ラベンダーオーナー制度もある。花は7月中旬から7月下旬にかけてが見ごろ。

\口コミ ピックアップ/
ラベンダー畑といえば、中富良野町にあるファーム冨田を連想する人が多いと思いますが、同じ町内や隣町にもたくさんのラベンダー畑があります。富良野の美瑛を結ぶ国道を走っているだけでも、道路わきに結構見られると思いますので、穴場ねらいで寄ってみるのもいいと思います。ファーム冨田の隣にある町営のラベンダー畑で、のんびりリフトで丘に上がるのも楽しいと思いますよ。
(行った時期:2017年8月)

素晴らしい景色が広がります。
旭川方面からだと上富良野・中富良野・富良野と様々なラベンダー畑を目にする事が出来ます。
また、ラベンダーと同時に数種類の花々も楽しめます。
ほのかなラベンダーの香りにも癒されますよ。
(行った時期:2017年7月)

ラベンダー畑
住所/北海道空知郡上富良野町町東1線北27号
「ラベンダー畑」の詳細はこちら

オンネトー

オンネトー
出典:じゃらん 観光ガイド オンネトー

「阿寒国立公園」にある湖。オンネトーは、アイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味。雌阿寒岳の噴火により螺湾川の流れが止められてできた湖。北海道三大秘湖のひとつ。見る時間や季節によって湖面の色が変化する「五色沼」。

\口コミ ピックアップ/
若干曇りでしたが、とても綺麗に見ることができました。
水の色が場所によって全然違います。
私が行った時は、展望台デッキがあるところからは茶色っぽく見え、
道中の小さな看板があるところからはきれいな水色に見えました。
なので、向かう道すがらも見て、きれいに見える場所を探して見るといいとおもいます。
(行った時期:2017年8月)

とても綺麗な景色が見られる場所です。水面には山が映っていていて、ミラーレイクのようになっていました。とても幻想的な景色で、時間が経つのを忘れるほどでした。
(行った時期:2017年7月)

オンネトー
住所/北海道足寄郡足寄町茂足寄
「オンネトー」の詳細はこちら

函館山

函館山
出典:じゃらん 観光ガイド 函館山

\口コミ ピックアップ/
夜景はとてもきれいですが、その分観光客の数も多いです。外国人も多かったです。暗くなる前に、早めに山頂へ行って、夜景を見る場所を確保することをお薦めします。
(行った時期:2017年8月)

夜景が有名ですが、混雑を避けるために、昼に行きました。人が少なく、気兼ねなくたくさん写真を撮れました。
函館の街並みが全て見渡せるので、函館観光のラストに行くと、どこに何があるかがわかって、思い出を振り返ることがてきるので面白いと思います。
(行った時期:2017年8月)

函館山
住所/北海道函館市函館山
「函館山」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
北海道
この記事に関連するキーワード
絶景