close

【2021】東京の初詣スポット26選!おすすめの「寺・神社」でご利益祈願

2020.11.20

2021年、東京で初詣に行くならここ!
浅草寺や増上寺といったスポットはもちろん、縁結びや商売繁盛、学業成就や厄除け祈願などのご利益で知られるおすすめの神社仏閣もご紹介します。

それぞれの由来や初詣の開門時間、参拝の注意事項、縁起物やお守りなど最新情報も確認し、新しい年を気持ちよくスタートしましょう♪

※この記事は2020年10月30日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース
※口コミはじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

浅草寺【台東区】

東京の観音様といえば浅草寺。朱塗りのお堂や雷門の大提灯に心躍る

(画像提供:浅草寺)
(画像提供:浅草寺)

聖観世音菩薩を祀る浅草寺は、都内最古のお寺の1つ。浅草のシンボルといえる「雷門」は、2020年4月に赤い大提灯が7年ぶり新調されたばかり。鮮やかな朱色とピカピカの金具が放つ存在感に気分が上がります♪

お土産屋さんや食べ物屋さんが並ぶ「仲見世」は、2021年の初詣期間も営業予定。浅草名物や定番グルメなど、いろんな屋台が軒を連ねるそうです。
※時勢によってお店の規模の縮小や、中止の可能性あり

三が日の参拝客数は例年約290万人と大変混み合うので、比較的人出が少ない平日などにゆったりと分散参拝するのがおすすめ。浅草寺へは浅草駅から歩いて行けるので、公共交通機関を利用してください。

\口コミ ピックアップ/
1月だったので通れない程の人通りかと思ってましたが平日だったので思ったより人が少なくてスムーズにお参り出来ました。
(行った時期:2020年1月)

年初めにお詣りして浅草を楽しむことを恒例にしています。1月中旬でしたが土曜日のため浅草寺は大変賑わっていました。活気があって良かったです。
(行った時期:2019年1月)

■浅草寺
[住所]東京都台東区浅草2-3-1
[開堂時間]お正月期間中の開堂時間については未定(2020年10月現在)、参拝前に公式ホームページで確認を【通常】6時の開堂~17時(10月~3月の開堂時間は6時30分)※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[アクセス]【電車】浅草駅から徒歩すぐ
[駐車場]無
「浅草寺」の詳細はこちら
「浅草寺」の口コミ・周辺情報はこちら

東京大神宮【千代田区】

「東京のお伊勢さま」と親しまれる神社で、新年の開運招福を祈願

東京大神宮

伊勢神宮の神々を祀る「東京のお伊勢さま」。格式高い東京五社(五社:日枝神社 明治神宮 靖国神社 大國魂神社 東京大神宮)のひとつです。

結びの働きを司る神様もあわせ祀り、また神前結婚式を創始した神社であることから、縁結びや恋愛成就を願って参拝する人も多いそう。絵馬やお守りも大好評で、「縁結び鈴蘭守」など、恋愛にご利益のあるお守りがいっぱい!
お参りの後、自分にピッタリのお守りを探してもいいですね。

初詣も例年参拝者が大勢訪れ、三が日の各日先着1000名に記念のミニ干支絵馬が配布されます。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、分散参拝や郵送によるご祈祷をおすすめしているそうです。お正月期間は書き置きのご朱印で対応するなど様々な変更点も。三が日や松の内だけでなく、少し落ち着いた時期の初詣もいいかもしれません。

\口コミ ピックアップ/
恋愛や結婚などのご縁がある神社で女性が多かったです。お守りもすずらんのお守りや女性好みのものが多かったです。
(行った時期:2019年1月)

良いご縁をいただこうと、駅前の長い列に並びました。
とても多くの参拝者で驚きましたが、案内の方のおかげで、スムーズにお参りできました。
御朱印もいただき、良い一年になりそうです。
(行った時期:2019年1月)

■東京大神宮
[住所]東京都千代田区富士見2-4-1
[参拝時間]【元日】0時~21時(お神札・お守り・ご朱印などの授与は0時~19時)【1月2日以降】6時~21時 ※お神札・お守りなどの授与は8時~19時 ※ご朱印の授与は2日と3日は9時~17時、4日~8日は9時~17時、9日~11日は8時~17時、12日以降は9時~17時 ※参拝時期・参拝時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[アクセス]【電車】JR・地下鉄各線飯田橋駅から徒歩5分
[駐車場]無
「東京大神宮」の詳細はこちら
「東京大神宮」の口コミ・周辺情報はこちら

神田明神【千代田区】

江戸の総鎮守・神田明神。ビジネスの成功や商売繁盛、縁結びを願って

(画像提供:神田明神)
(画像提供:神田明神)

730年に出雲氏族の真神田臣により創建されたと言われ、江戸の総鎮守として崇敬を集める神田明神。一之宮には縁結びや家内安全の「だいこく様」、二ノ宮には商売繁昌・医薬健康の「えびす様」、三ノ宮には除災厄除・開運招福の「まさかど様」を祀っています。

神田や日本橋・大手丸の内・秋葉原の総氏神らしく「IT情報安全守護」「しごとのおまもり」などのビジネスお守りや絵馬、キャラクターとのコラボお守りも時に登場するそう。

元旦は午前0時の開門と同時に、年の初めを祝う歳旦祭が行われます。三が日は例年30万人以上の初詣客で賑わうので、日時を分散して参拝するのもおすすめ。オンラインでのお札の郵送も受け付けています。

\口コミ ピックアップ/
平日の昼間でしたが多くの人で賑わっていました。文化交流館が新しくオープンし、様々な御守りやグッズなどが並んでいました。カフェもあるのでちょっと休憩するのにいいと思います。
(行った時期:2019年1月)

ここ、神田明神は、平将門を祀ってある由緒ある神社だが、最近は若い人の参拝者が非常に多いのでも有名。新館もオープンしたのでおすすめ!
(行った時期:2019年1月)

■神田明神
[住所]東京都千代田区外神田2-16-2
[参拝・祈祷受付時間]【1月1日】0時~19時【1月2日~3日、6~8日】8時~19時【1月4日・5日】7時~20時【1月9日~31日】9時~18時【2月1日以降】9時~16時 ※混雑緩和のため、1月中の参拝受付時間を例年より1時間延期 ※2021年新春参拝のWEB事前申し込み受付は2020年12月15日17時まで ※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[アクセス]【電車】JR中央線・総武線御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅(1番口)より徒歩5分【車】首都高速都心環状線神田橋出入口より約8分
[駐車場]有(若干数・無料)※混雑期は利用不可 ※近隣の民間の有料駐車場の利用あるいは公共交通機関での参拝を
「神田明神」の詳細はこちら
「神田明神」の口コミ・周辺情報はこちら

靖国神社【千代田区】

大太鼓の響きから新年が始まり、初春を言祝ぐ芸能や奉納行事も

(画像提供:靖国神社)
(画像提供:靖国神社)

明治2年(1869)に創建、幕末から先の大戦までの「国のために尊い一命を捧げた方々のみたま」を祀る神社。神恩感謝・国家安泰・家内安全・厄除・社業繁栄などの各祈願を受け付けています。

新年は大太鼓の響きで始まります。元日の午前零時、三連七鼓二十一打の号鼓が鳴り、参道に篝火が灯され、本殿では若水を供える神事や、国家の安泰と国民の平安を祈る祭典「新年祭」が斎行されます。

さらに境内では初春を言祝ぐ芸能や新春弓始めなどの奉納行事が行われ、大変賑わいます。境内の「遊就館(ゆうしゅうかん)」には御祭神の御遺書・御遺品をはじめ、零戦等の貴重な資料も展示されているのでぜひ立ち寄って。

※2021年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止策の一環で、遊就館の開館は1月1日朝9時予定

\口コミ ピックアップ/
毎年1月に参拝しています。この神社に参拝すると厳かな気持ちになります。戦没者のことに思いを馳せるからです。これからも戦没者のことを忘れないためにも毎年参拝し続けていきたいと思っています。
(行った時期:2019年1月)

靖国神社はまさに厳かという言葉がぴったりの場所です。
ここを訪れると心がピシッと引き締まる感覚になります。
(行った時期:2019年1月)

■靖国神社
[住所] 東京都千代田区九段北3-1-1
[参拝時間]【本殿】三が日:12月31日23時30分~1月1日18時、1月2日・3日6時~18時 ※通常期は6時~17時【遊就館】9時~16時30分(最終入館16時)※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[料金]【遊就館】大人1000円、大学生500円、高校・中学生300円、小学生以下無料
[アクセス]【JR】中央・総武線各駅停車飯田橋駅・市ヶ谷駅より徒歩10分【地下鉄】東西線・半蔵門線・都営新宿線九段下駅より徒歩5分、東西線・有楽町線・都営大江戸線飯田橋駅より徒歩10分、南北線・有楽町線・都営新宿線市ヶ谷駅より徒歩10分
[駐車場]有(300円/30分)※できるだけ公共の交通機関利用での参拝を
「靖国神社」の詳細はこちら
「靖国神社」の公式SNSはこちら
「靖国神社」の口コミ・周辺情報はこちら

日枝神社【千代田区】

政治経済の中核をなす永田町の神社。初詣の記念に「まさる守」を

(画像提供:日枝神社)
(画像提供:日枝神社)

国会議事堂や議員会館で知られる永田町の一角、緑豊かな高台の杜に護られる日枝神社。江戸幕府にとっては「徳川歴朝の産神」「江戸城内鎮守の社」であり、江戸っ子からは「江戸郷の総氏神」として親しまれてきました。

大火や戦禍を乗り越えて本殿や社殿の改築と修築を重ね、整備された境内は参拝しやすく、「皇城の鎮」として崇敬を集める存在です。

初詣期間は例年混み合うため、比較的人出が緩和される早朝の初詣がおすすめ。
また、「魔が去る」「何事にも勝(まさる)」、猿がえんと読めることから「縁(えん)」など様々な意味がこめられた、おさるさんのお守「まさる守」も大好評。厄除けや必勝祈願、良縁成就にもぴったりですね。

\口コミ ピックアップ/
3ヶ所の入口があります。表参道からお参りしました。京都の伏見稲荷の千本鳥居もあります。今度上京した時には西参道から稲荷参道へと思いながら後にしました。
(行った時期:2019年1月)

初めて行きました。神社にエスカレーターがあるのが驚きました。天気も良くて、気分がとても良く、前向きに考える気分になれるので、おすすめです!
(行った時期:2019年2月)

■日枝神社
[住所]東京都千代田区永田町2-10-5
[参拝時間]【1月1日】0時~19時【1月2日~5日】6時~18時【1月6日以降】6時~17時 ※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を 
[アクセス]【電車】地下鉄(千代田線)赤坂駅出口2より徒歩約3分、地下鉄(南北線・銀座線)溜池山王駅出口7より徒歩約3分、地下鉄(千代田線)国会議事堂前駅出口5より徒歩約5分、地下鉄(銀座線・丸の内線)赤坂見附駅出口11より徒歩約8分【車】首都高速霞ヶ関I.Cより約5分
[駐車場]有(約100台分・無料)※近隣にも民間の有料駐車場有 ※混雑が予想される日は公共交通機関の利用を
「日枝神社」の詳細はこちら
「日枝神社」の公式SNSはこちら
「日枝神社」の口コミ・周辺情報はこちら

湯島天満宮【文京区】

「学問の神様」道真公を祀る神社で、新年参賀と合格祈願

(画像提供:湯島天満宮)
(画像提供:湯島天満宮)

「学問の神様」菅原道真公を御祭神とし、「湯島天神」の名でも親しまれる神社。新井白石や林道春などの著名な学者・文人も多く参拝し、文教の中心地としても名を高めました。

特に12月初旬頃からは、全国各地より多くの受験生や家族が訪れます。「学業成就」「合格祈願」で参拝する初詣の光景もおなじみですね。

年末から元旦、梅まつりの期間(2月~3月頃)までは、境内の参道に多くの露店が出て、お土産を見たり買ったりするのも楽しいですよ。

初詣の頃は受験シーズンでもあり、三が日はかなり混み合うので、時期をずらして参拝するのもおすすめ。無事に合格したら、お礼詣でも忘れずに。

\口コミ ピックアップ/
勉学の神様がいる神社で絵馬には合格祈願や資格取得祈願などが多くかかれていました。空気がすんでいる感じがしました
(行った時期:2019年1月)

参拝をさせていただき、散策を楽しみました。外国人観光客の方もちらほらと見受けられました。観光スポットとしても有名です。
(行った時期:2019年1月)

■湯島天満宮
[住所]東京都文京区湯島3-30-1
[参拝時間]未定(公式ホームページで要確認)※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[アクセス]【電車】地下鉄千代田線湯島駅3番出口から徒歩約2分、地下鉄銀座線上野広小路駅、丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩約8分、地下鉄大江戸線上野御徒町駅・本郷三丁目駅から徒歩約10分 、JR御徒町駅から徒歩約10分 ※各所要時間は混雑状況により異なります
[駐車場]無 ※周辺の民間有料コインパーキング等の利用を
「湯島天満宮」の詳細はこちら
「湯島天満宮」の口コミ・周辺情報はこちら

深大寺(じんだいじ)【調布市】

武蔵野の大自然に抱かれた古刹へ、縁結びや厄除を願う初詣を

(画像提供:深大寺)
(画像提供:深大寺)

武蔵野の四季を映す自然豊かなエリアにあり、都民の憩いの場所としても親しまれています。深大寺(じんだいじ)は733年に開かれた古刹で、縁起に恋の伝説があることから、古くから縁結びの聖地としても有名です。

元三大師(がんざんだいし)堂の本尊「元三大師像」は、東京都指定有形文化財の秘仏であり、厄除・疫病退散のご利益もあるそう。7世紀後半から8世紀初頭の白鳳時代につくられた国宝指定の「釈迦如来像」など、貴重な仏像を釈迦堂にて特別拝観できます。

正月三が日は例年、約20万人の初詣参拝者があり、除夜の鐘と共に全僧侶による 護摩祈願(修正会大護摩供)が執り行われます。

令和三年度については、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から例年とは違う祈願方法を予定しています。詳しくは公式ホームページで確認してください。

\口コミ ピックアップ/
毎年初詣で訪れています。
混雑もしていますが、あの雰囲気とお団子を思うと辞められず。
土鈴は12個集まったので、毎年飾るのが楽しいです。
(行った時期:2019年1月)

エリア自体は丁度いい広さで、ちょっと散策するにはいいです。
お寺の周りにお蕎麦屋さんが沢山あります。
参拝してから、お蕎麦屋に寄りましたが、美味しかったです。
(行った時期:2019年1月)

■深大寺
[住所]東京都調布市深大寺元町5-15-1
[参拝時間]【大晦日・元旦】除夜~1月1日の20時30分まで【1月2日・3日】9時~19時30分【通常期】9時~17時 ※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[料金]国宝釈迦如来像の拝観料【高校生以上】300円
[アクセス]【バス】京王線つつじが丘駅より約15分、京王線調布駅より約15分、JR吉祥寺駅より約30分、JR三鷹駅より約25分【車】中央自動車道調布I.Cより5分~10分
[駐車場]無
「深大寺」の詳細はこちら
「深大寺」の口コミ・周辺情報はこちら

大國魂神社【府中市】

関東一円の崇敬を集める、武蔵野国の総社。厄除けや縁結びのご利益も

(画像提供:大國魂神社)
(画像提供:大國魂神社)

約1900年の歴史を有し、古くは「武蔵総社六所宮」と称した神社です。武蔵国の守り神を祀り、武蔵国の総社として関東一円に崇敬者がいるといわれるほど。

主祭神の大國魂大神は出雲の大国主神とご同神とされ、人びとに衣食住の道や医療、まじないの術も授けてくれた神様だそう。御利益は多岐にわたりますが、近年は厄除けや縁結びの神として敬われています。

三が日の初詣は例年50万人の参拝があり、大変賑わいます。2021年初詣の参拝者向けの行事・屋台の出店情報等については、2020年11月1日に公式ホームページで発表される予定です。

\口コミ ピックアップ/
毎年明けに訪れます。参道脇の桜はかなりの老木で、今年も頑張って咲いてほしいと祈りたくなります。
お正月は参道奥にまで出店がひしめいて賑やかなので、本堂までの長い時間も気が紛れます。本堂は2つ門をくぐった先にあり、境内に大太鼓が納められている建物は内覧が出来ます。神社の周りを廻る道もあって、お散歩に最適。暗闇祭りなど、お祭りも多く、にぎわっています。
(行った時期:2020年1月)

■大國魂神社
[住所]東京都府中市宮町3-1
[開門時間]【三が日】未定 ※2020年11月1日にホームページにて発表。例年より開門時間が身近くなる予定【9月15日~3月31日】6時30分~17時【4月1日~9月14日】6時~18時 ※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[料金]【宝物殿入場料】1名200円
[アクセス]【電車】JR武蔵野線・南武線 府中本町駅・私鉄京王線府中駅より徒歩約5分【車】稲城I.C.より約10分(新宿方面からの場合)、府中スマートI.C.より約10分(八王子方面からの場合)
[駐車場]有・約200台(1台:30分200円)※混雑が予想される日は公共交通機関の利用を
「大國魂神社」の詳細はこちら
「大國魂神社」の口コミ・周辺情報はこちら

高尾山薬王院【八王子市】

都心の喧騒を離れ、自然豊かな高尾山で、僧侶たちとご来光を拝もう

(画像提供:高尾山薬王院)
(画像提供:高尾山薬王院)

都内とは思えないほど豊かな自然に包まれた高尾山で、新しい年を迎えては?

大晦日は終夜高尾登山ケーブルカーが運航し、春日灯篭が並ぶ参道を歩いて薬王院に向かう参拝客の姿が多くみられます。年をまたぐ午前0時になると薬王院の除夜の鐘が鳴り、高尾山一帯に荘厳な鐘の音が響き渡ります。

元旦の朝は薬王院境内にて初日の出を拝む「迎光祭」の行事があり、僧侶たちと一緒にご来光を拝むことができます。さらに薬王院・大本堂で「新年初詣大護摩供」が執り行われ、より神聖な気持ちに。

家内安全、除災開運などを祈願した開運天狗うちわや天狗のお守りなど、天狗の里・高尾山らしい授与品も揃っていますよ。

\口コミ ピックアップ/
高尾山薬王院への参拝のため登山しました。
登山といってもケーブルカーですが・・・。
傾斜がかわるのでケーブルカーの床の傾斜が斜めになったり平になったりと、初めての体験でした。
(行った時期:2019年1月4日)

高尾山には山登りに挑戦しました。とてもきれいな山で登っていてとても楽しく、山頂からの景色は絶景で感動しました。
(行った時期:2019年1月)

■高尾山薬王院
[住所]東京都八王子市高尾町2177
[参拝時間]【大晦日~元旦】0時~16時【通常期】8時30分~16時 ※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[アクセス]【電車・ケーブルカー】京王高尾線高尾山口駅下車後、高尾登山ケーブル高尾山駅下車、徒歩20分【車】高尾山ICより約3分
[駐車場]有(有料・1台500円)
「高尾山薬王院」の詳細はこちら
「高尾山」の口コミ・周辺情報はこちら

西新井大師 總持寺【足立区】

かの弘法大師・空海が創建。悪疫退散・厄除け・新年の幸を願い参賀を

(画像提供:西新井大師 總持寺)
(画像提供:西新井大師 總持寺)

天長3年(826年)弘法大師が創建したと伝わる五智山遍照院総持寺。「関東三大師」のひとつで、真言宗豊山派の寺院です。

800年代、悪疫流行になやむ村人を救おうと祈祷を行ったところ、枯れ井戸から清らかな水が湧き、病がたちどころに平癒したとか。「火伏せの大師」「厄除開運」の霊場として知られています。

例年三が日では約50万人もの参拝客が訪れ、元日は午前0時に本堂が開扉。初詣期間は参道のお店も賑わい、境内には屋台の出店もあるので、お正月ムードたっぷり♪

また一年の息災を願うなら、毎年1月21日に行われる「初大師」という弘法大師様の縁日もおすすめ。しっかりと寒さ対策をして、新年の幸を祈りましょう。

■西新井大師 總持寺
[住所]東京都足立区西新井1-15-1
[参拝時間]【大晦日】境内は6時~夜通し、本堂は8時~15時、お守り授与はお休み【元日】境内は前夜~24時、本堂・お守り授与は0時~22時【1月2日・3日】境内は6時~23時、本堂・お守り授与は8時~22時【1月21日】境内は6時~20時、本堂は6時~19時、お守り授与は8時~17時30分 【通常】9時~16時30分 ※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[料金]【護摩祈願】5000円~(12月30日・31日は休止)
[アクセス]【電車】東武大師線大師前駅より徒歩5分【車】首都高速加平I.C.もしくは扇大橋I.C.から15分
[駐車場]無
「西新井大師 總持寺」の詳細はこちら
「西新井大師 總持寺」の口コミ・周辺情報はこちら

代々木八幡宮【渋谷区】

参拝は24時間可。厄除開運、家内安全、商売繁昌などのご利益も

(画像提供:代々木八幡宮)
(画像提供:代々木八幡宮)

鬱蒼と樹木が茂る境内に縄文時代の復元住居跡もあり、渋谷の中でも歴史が深い代々木八幡宮。鎌倉時代に創建し、主祭神は「応神(おうじん)天皇」を祀っています。

古くは朝廷や武家からの崇敬を集め、「厄除開運」「商売繁盛」「産業・文化の発展と守護」の神様として祀られてきました。また母である神功(じんぐう)皇后との神話から「安産」や「子育て」「家内安全」、「渡航安全(交通安全)」など様々なご利益で知られています。

オフィスの仕事始めの新年祈願のほか、一般(個人)の昇殿参拝(新年の祈祷)も1月1日零時から行われます。参拝は24時間可能なので、密を避けて夜や早朝にお参りしたい人にもおすすめです。

■代々木八幡宮
[住所]東京都渋谷区代々木5‐1‐1
[参拝時間]参拝は24時間受付 ※授与品の取り扱い【通常期】9時~17時【三が日】8時~18時 ※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[アクセス]【電車】小田急線代々木八幡駅、東京メトロ千代田線代々木公園駅徒歩5分
[駐車場]有(無料)※台数の制限があるので公共交通機関の利用を
「代々木八幡宮」の詳細はこちら
「代々木八幡宮」の口コミ・周辺情報はこちら

白鬚神社【墨田区】

新春の幸せは隅田川七福神から!墨田のお正月の風物詩を楽しんで

(画像提供:白鬚神社)
(画像提供:白鬚神社)

主祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)で、向島では最も古い歴史を持つ神社の一つです。江戸時代に白鬚(しらひげ)大明神の名称から七福神の「寿老人」に見立てられ、以降「寿老神」の名で祀っています。

三囲神社、多聞寺、向島百花園、長命寺、弘福寺など、七福神を祀る社寺を巡りながらそれぞれの御分体を受け、宝船に乗せていきます。これは「隅田川七福神」と呼ばれる墨田のお正月の風物詩で、毎年賑わいを見せています。

ここ白鬚神社も「隅田川七福神」の一環として寿老神の御分体・宝舟、御朱印を受けられるため、多くの参拝者が訪れます。三が日には大道芸、奉納太鼓、獅子舞などもおこなわれますよ。

■白鬚神社
[住所]東京都墨田区東向島3-5-2
[参拝時間]【元日】0時~17時【1月2~7日】9時~17時 ※初詣の参拝時間は例年通り【通常期】9時~16時 ※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒、必要最小限の会話・咳エチケット等に協力を
[アクセス]【電車】東武鉄道スカイツリーライン東向島駅より徒歩約8分
[駐車場]無
「白鬚神社」の詳細はこちら
「白鬚神社」の口コミ・周辺情報はこちら

大鳥神社【目黒区】

日本武尊を祀る、目黒区最古の神社。正月限定の御朱印やお守りも

(画像提供:大鳥神社)
(画像提供:大鳥神社)

御祭神は古事記にも登場する日本武尊(やまとたけるのみこと)、国常立尊(くにのとこたちのみこと)、弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)。日本武尊がこの地で東国平定と部下の眼病平癒を祈願したといわれる目黒区最古の神社であり、約1200年に渡って崇敬を集めています。

境内には、女性の髪への想いをこめて建立された「くし塚」もあります。“ずっと美しい髪でいられますように”と願いながらお参りしてみてはいかがでしょう。

初詣や三が日は例年、午後から混雑し始めるので、比較的余裕のある午前中の参拝がおすすめです。また、お正月限定の御朱印やお守りも揃えているので、新年参賀の記念にどうぞ。

■大鳥神社
[住所]東京都目黒区下目黒3-1-2
[参拝時間]【三が日】8時~17時 ※2021年度の露店・出店は中止【通常期】9時~16時(最終入場15時30分)※参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症防止策に協力を
[アクセス]【電車】JR山手線目黒駅・私鉄線東急目黒駅より徒歩約8分
[駐車場]無
「大鳥神社」の詳細はこちら
「大鳥神社」の口コミ・周辺情報はこちら

ITP47  ITP47

日本を楽しもう!47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪