じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ関東【関東近郊】2月3月見頃の「花イベント&花まつり」13選<2020開催情報>

【関東近郊】2月3月見頃の「花イベント&花まつり」13選<2020開催情報>

2020.02.06

外はまだ寒いけど、暦の上ではいよいよ春。街のお花屋さんにも見頃を迎えた梅や桃などのかわいらしいお花が並び、春が少しずつ近づいてきました。

今回は2月3月に開催される花イベント、花まつりをご紹介します。梅や桃のピンク色、菜の花の黄色、色鮮やかな美しい景色を楽しみにお出かけしませんか?

カップルのデートや子ども連れの家族旅行、友達との旅行にもおすすめ。花々の絶景が、きっと素敵な思い出を彩ってくれますよ。

記事配信:じゃらんニュース

古河桃まつり【茨城県古河市】

古河桃まつり
桃林のトンネルは感動もの!「矢口」など5種の桃の花が見られる

鮮明なピンク色の桃林が空に映え、心華やぐまつり。
約1500本の花桃が咲く古河公方公園で開催。華やかな雰囲気に心もワクワク。どこでも撮影スポットとして映え、お花見はもちろん、抹茶とお菓子が頂ける「野点(のだて)」でほっこりも良いね。

[開催期間]3月20日~4月5日
[開催時間]9時~17時
[開催場所]古河公方公園

■古河桃まつり
[TEL]0280-23-1266(古河市観光協会)
[住所]茨城県古河市鴻巣399-1
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR古河駅西口よりタクシー10分または徒歩30分または古河駅~会場まで臨時バス(200円)15分 【車】東北道館林ICより30分または圏央道境古河ICまたは五霞ICより40分
[駐車場]700台(500円)、ほか近隣に臨時無料駐車場あり
「古河桃まつり」の詳細はこちら

日立さくらまつり【茨城県日立市】

日立さくらまつり
日立風流物(ひたちふうりゅうもの)は高さ15m、無病息災・五穀豊穣の祈願する山車。4月4・5日に見られる

日立市の各会場が桜色に♪お花見をはしごしよう!
ライトアップで夜桜散策もステキ♪ユネスコ無形文化遺産「日立風流物」は迫力満点!

[開催期間]4月1日~4月12日
[開催時間]十王パノラマ公園・かみね公園は24時間開放、ライトアップの時間は18時~23時(予定)
[開催場所]平和通りやかみね公園、十王パノラマ公園

■日立さくらまつり
[TEL]0294-24-7978(日立市観光物産協会日立さくらまつり実行委員会事務局)
[住所]茨城県日立市平和町1-17 平和通り他
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】平和通り:JR日立駅より徒歩1分ほか 【車】常磐道日立中央ICより10分
[駐車場]日立市役所510台、中小路小学校100台(雨天時使用不可)、日立消防署50台
「日立さくらまつり」の詳細はこちら

水戸市市制施行130周年記念 第124回水戸の梅まつり【茨城県水戸市】

水戸市市制施行130周年記念 第124回水戸の梅まつり
偕楽園では100種3000本の梅が咲き誇る

120年以上の歴史を持つ伝統の梅まつり。
会場は日本三名園の偕楽園と旧藩校弘道館。観梅と共に様々なイベントも楽しめる。

[開催期間]2月15日(土)~3月29日(日)
[開催時間]偕楽園 6時~19時、弘道館 9時~17時※催事により変更あり
[開催場所]偕楽園、弘道館

■水戸市市制施行130周年記念 第124回水戸の梅まつり
[TEL]029-224-0441(水戸観光コンベンション協会)※平日のみ
[住所]偕楽園:茨城県水戸市常磐町1-3-3、弘道館:茨城県水戸市三の丸1-6-29
[料金]偕楽園:300円、小・中学生・70歳以上150円 ※好文亭入館料別途、弘道館:400円、小・中学生・70歳以上200円
[アクセス]【電車】偕楽園:JR水戸駅よりバス20分、弘道館:JR水戸駅より徒歩8分 【車】偕楽園:常磐道水戸ICより20分
[駐車場]偕楽園:1400台(1日500円)、弘道館:60台
「水戸市市制施行130周年記念 第124回水戸の梅まつり」の詳細はこちら

不老園 梅まつり【山梨県甲府市】

不老園 梅まつり
開園中はいつでも梅を楽しめる

甲斐路に春を告げる梅の名所。
東京ドームと同程度の広さの園内で30種2000本の梅をはじめ、松、桜、牡丹、南天などが楽しめる。

[開催期間]2月1日(土)~3月31日(火)
[開催時間]9時~17時(最終入園16時)
[開催場所]不老園

■不老園 梅まつり
[TEL]055-233-5893
[住所]山梨県甲府市酒折3-4-3
[定休日]なし
[料金]500円、小学生200円、未就学児無料
[アクセス]【電車】JR酒折駅北口より徒歩7分 【車】中央道一宮御坂ICより15分
[駐車場]50台
「不老園 梅まつり」の詳細はこちら

第76回熱海梅園まつり【静岡県熱海市】

第76回熱海梅園まつり
独特の華やかさと気品を感じる梅の花。散歩しながら観賞しよう
第76回熱海梅園まつり
ふんわりと香りが漂う梅の花。桜とはまた一味違う風流が

早咲き、遅咲きと楽しめる。可憐で香り高い梅の花。
1886(明治19)年に開園した梅園。4万4000平方メートルの広大な敷地に、59品種472本の梅の木があり、紅や白の梅の花が可憐に咲き誇る。11月から開花し始め、早咲き、中咲き、遅咲きと3月初旬まで長期間楽しめる。樹齢100年の古木も!

見晴台から撮るとキレイ!
園内にある、杏林亭下見晴台がおすすめのフォトスポット。赤い橋を入れて撮影しても写真映えして素敵!

[開催期間]開催中~3月8日(日)
[開催時間]8時30分~16時
[開催場所]熱海梅園

■第76回熱海梅園まつり
[TEL]0557-85-2222(熱海市観光協会)
[住所]静岡県熱海市梅園町8-11
[定休日]期間中なし
[料金]入園料高校生以上300円、熱海市内宿泊者100円、中学生以下無料
[アクセス]【電車】JR来宮駅より徒歩10分 【車】西湘バイパス石橋ICより40分
[駐車場]100台(梅まつり期間中1台600円)
「第76回熱海梅園まつり」の詳細はこちら

第30回 河津桜まつり【静岡県河津町】

第30回 河津桜まつり
1月下旬から咲き、見頃は2月中旬~下旬頃。夜はライトアップ

伊豆の、早春の風物詩。艶やかなピンク色の絶景。
河津駅近くの河口から約4kmにわたって続く河津桜並木で行われる祭り。川沿いには850本、町内には約8000本の桜が並び、静岡県内でも屈指のお花見スポットとして人気。ソメイヨシノとは一味違った、鮮やかな色合いを楽しんで。

河津桜とは?
賀茂郡河津町で、1月末から3月までの約1カ月間かけて徐々に咲く花期の長い桜。ソメイヨシノよりも濃い鮮やかなピンク色が特徴。

[開催期間]2月10日(月)~3月10日(火)
[開催時間]夜桜ライトアップ18時~21時
[開催場所]賀茂郡河津町・河津川周辺ほか町内一帯

■第30回 河津桜まつり
[TEL]0558-32-0290(河津町観光協会)
[住所]静岡県賀茂郡河津町・河津川周辺ほか町内一帯
[定休日]期間中なし
[料金]観覧無料
[アクセス]【電車】伊豆急行河津駅より徒歩すぐ 【車】東名沼津ICより1時間30分
[駐車場]臨時駐車場1500台(1台700円)
「第30回 河津桜まつり」の詳細はこちら

修善寺梅まつり【静岡県伊豆市】

修善寺梅まつり
梅と富士山が見られたらラッキー!風流な光景を撮影しよう
修善寺梅まつり
多くの人が訪れる梅まつり。開催中は露店などの出店もありにぎやか

歴史ある温泉街で眺める梅と富士山のコントラスト。
樹齢100年を超える古木や若木を合わせて20種1000本の紅白梅が植えられた梅林。祭りの期間中は、総面積3万平方メートルもの小高い丘稜地いっぱいに梅の花が咲き乱れ、天気の良い日は香り立つ梅と富士山が一緒になった絶景に感動する。

富士山と梅をパチリ!
晴れた日は富士山が見えることがあるので、梅林内にある富士見台から梅と富士山の競演をカメラに収めよう。

[開催期間]2月8日(土)~3月8日(日)
[開催場所]修善寺自然公園

■修善寺梅まつり
[TEL]0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)
[住所]静岡県伊豆市修善寺(修善寺自然公園)
[料金]入園無料
[アクセス]【電車】伊豆箱根鉄道修善寺駅前より虹の郷行きバス18分、もみじ林前より徒歩15分 【車】東名沼津ICより40分
[駐車場]215台(1台300円)
「修善寺梅まつり」の詳細はこちら

第22回 みなみの桜と菜の花まつり【静岡県南伊豆町】

第22回 みなみの桜と菜の花まつり
青野川沿いに咲く約1000本もの河津桜と、菜の花が美しい
第22回 みなみの桜と菜の花まつり
濃いめの桃色が華やかで乙女心をくすぐる河津桜

コントラストを楽しもう♪ピンク&黄色にうっとり。
下賀茂温泉を流れる青野川沿いでは早咲きの河津桜のピンク、河川周辺では菜の花の黄色、温泉の白い湯煙と、コントラストが楽しめる。桜は期間中毎夜ライトアップされ、イベントももりだくさん。一足早い春を満喫しよう!

メイン会場の裏手へ!
メイン会場「道の駅下賀茂温泉湯の花」裏手の、菜の花と桜、橋を入れると南伊豆町らしい様子が撮影できる。

河津桜と菜の花をセットで!
道の駅周辺の川沿いは、河津桜と菜の花のコラボが楽しめる撮影スポット。散策してベストスポットを探そう。

[開催期間]2月10日(月)~3月10日(火)
[開催時間]観覧自由、ライトアップは18時~21時

■第22回 みなみの桜と菜の花まつり
[TEL]0558-62-0141(南伊豆町観光協会)
[住所]静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂
[定休日]なし
[料金]観覧自由
[アクセス]【電車】伊豆急行伊豆急下田駅より東海バス23分、九条橋より徒歩3分 【車】新東名長泉沼津ICより2時間30分
[駐車場]200台
「第22回 みなみの桜と菜の花まつり」の詳細はこちら

湯河原梅林 梅の宴【神奈川県湯河原町】

湯河原梅林 梅の宴
梅林の最高地点からは相模灘も一望できる
湯河原梅林 梅の宴
ライトアップされた違う表情の梅も楽しめる

山麓斜面に広がる「梅の絨毯」!
自然豊かな公園に約4000本の紅梅や白梅が咲きほこる。期間中は「梅ソフト」や特産品の販売も。

[開催期間]2月1日(土)~3月8日(日)
[開催時間]9時~16時 ※2月22日~3月1日 ライトアップ実施18時~20時30分
[開催場所]幕山公園 湯河原梅林

■湯河原梅林 梅の宴
[TEL]0465-63-2111 (湯河原町観光課)
[住所]神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋
[定休日]期間中なし
[料金]中学生を除く15歳以上200円
[アクセス]【電車】JR湯河原駅より箱根登山バス幕山公園行き15分、幕山公園より徒歩すぐ 【車】真鶴道路吉浜橋交差点より10分
[駐車場]300台(1回500円)
「湯河原梅林 梅の宴」の詳細はこちら

第11回幸手水仙まつり【埼玉県幸手市】

第11回幸手水仙まつり
水仙の香りに誘われ、毎年約20万人が訪れる

寒い冬に凜と咲く水仙が壮観。
園内の桜堤全体に咲く日本水仙が楽しめる。本数は約100万本にものぼり、咲き誇る様子は圧巻だ。

[開催期間]開催中~2月9日(日)
[開催時間]9時~17時
[開催場所]埼玉県営権現堂公園4号公園

■第11回幸手水仙まつり
[TEL]0480-44-0873
[住所]埼玉県幸手市内国府間887-3
[定休日]なし
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】東武鉄道幸手駅東口より徒歩30分 【車】圏央道幸手ICより10分
[駐車場]400台
「第11回幸手水仙まつり」の詳細はこちら

上野東照宮・冬ぼたん【東京都台東区】

上野東照宮・冬ぼたん
冬牡丹は「わらぼっち」に包んで開花させる

可愛い「わらぼっち」に包まれた冬牡丹。
抑制栽培で開花させた40種類200株の冬牡丹が見られるほか、ロウバイや早咲きの梅なども楽しめる。

[開催期間]開催中~2月24日(月・休)
[開催時間]9時30分~16時30分
[開催場所]上野東照宮ぼたん苑

■上野東照宮・冬ぼたん
[TEL]03-3822-3575
[住所]東京都台東区上野公園9-88
[定休日]なし
[料金]入園料700円、小学生以下無料
[アクセス]JR上野駅公園口より徒歩10分(公共交通機関を利用のこと)
「上野東照宮・冬ぼたん」の詳細はこちら

秋間梅林祭【群馬県安中市】

秋間梅林祭
梅林祭の期間中はモデル撮影会も開催される

約3万5000本の紅白梅が咲き誇る!
3月7日には和太鼓披露など開花祭を開催。土日祝を中心に物産展など多彩なイベントも行われる。

[開催期間]2月22日(土)~3月下旬
[開催時間]常時開放 ※売店は9時~16時
[開催場所]秋間梅林

■秋間梅林祭
[TEL]027-382-1111(安中市役所観光課)
[住所]群馬県安中市西上秋間
[定休日]なし
[料金]入園無料
[アクセス]【電車】JR安中駅より安中市コミュニティバス秋間中関行き25分、恵宝沢より徒歩5分 【車】上信越道松井田妙義ICより20分
[駐車場]800台(土日祝のみ1回500円)
「秋間梅林祭」の詳細はこちら

みさと梅まつり【群馬県高崎市】

みさと梅まつり
展望台から一面の梅と上毛三山を一緒に眺めて

丘陵に咲く10万本の梅を見て春を感じよう。
散策路に梅のトンネルができ、香りも楽しめる。1日、8日には梅の切枝や梅まんじゅうなど配布。

[開催期間]3月1日(日)~下旬※開花状況による
[開催時間]常時 売店は9~16時
[開催場所]箕郷梅園(梅公園、善地広場)

■みさと梅まつり
[TEL]027-371-5111(高崎市箕郷支所産業課)
[住所]群馬県高崎市箕郷町富岡・善地
[定休日]なし
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】JR高崎駅より群馬バス30分、箕郷営業所よりタクシー5分 【車】関越道前橋ICより30分
[駐車場]400台(1回300円(普通車))
「みさと梅まつり」の詳細はこちら

※イベントは変更・中止となる場合がございますので、事前に各所へお問い合わせください。
※掲載している写真は、本年イメージや昨年以前の様子となります。
※この記事は2020年2月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング