close

【2020】10月11月見頃の紅葉露天風呂33選!日帰り温泉で秋を堪能<関東・東北>

2020.10.17

鹿の湯源泉かけ流しの宿 松川屋 那須高原ホテル【栃木県那須町】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

松川屋 那須高原ホテル
那須の秋景色を存分に堪能。柔らかな濁り湯で温泉情緒も申し分なし

老舗の伝統を守りつつ現代的な快適性も兼ね備えるくつろぎの宿。温泉は酸性硫黄泉と単純硫黄泉の2種の源泉100%をかけ流し。雄大な那須の紅葉が広がる展望露天では、時間帯で表情の異なる絶景を楽しむことができる。

日帰り温泉情報

[営業時間]14時~20時
[定休日]なし
[料金]平日1200円、土日祝1500円

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(入浴料に含む)
[バスタオル]あり(レンタル200円)

■鹿の湯源泉かけ流しの宿 松川屋 那須高原ホテル
[TEL]0287-76-3131
[住所]栃木県那須郡那須町湯本252
[アクセス]【電車】東北新幹線那須塩原駅より那須湯本温泉方面行きバス50分【車】東北道那須ICより20分
[駐車場]50台
「鹿の湯源泉かけ流しの宿 松川屋 那須高原ホテル」の詳細はこちら

八丁の湯【栃木県日光市】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

八丁の湯
豪快な滝と紅葉は「静と動」の自然美。湯浴み着可なので混浴でも入りやすい
八丁の湯
食事付きの休憩パックなら送迎もあり。山歩きの自信がない人に

奥鬼怒温泉郷の一軒宿は、8カ所の山肌から湧き出る源泉100%かけ流しの湯。豪快な滝を真正面に眺める混浴の「滝見の湯」を筆頭に女性用露天、内湯など湯船は6つ。思うまま湯めぐりに興じて。日帰り入浴のみ利用の場合、駐車場からは1時間半の山歩き。動きやすい服装&雨具&体力が必要。

日帰り温泉情報

[営業時間]9時~15時
[定休日]不定
[料金]日帰り入浴のみ800円※予約不要、休憩パック3500円(昼食・タオル・往復送迎付き)※前日まで要予約

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(販売200円)
[バスタオル]あり(レンタル200円)

■八丁の湯
[TEL]0288-96-0306
[住所]栃木県日光市川俣876
[アクセス]【電車】東武鉄道鬼怒川温泉駅より女夫渕駐車場方面行き日光市営バス1時間40分、終点より徒歩1時間30分【車】東北道宇都宮IC経由、日光宇都宮道路今市ICより女夫渕駐車場まで1時間40分 ※女夫渕駐車場から先はマイカー進入不可。日帰り入浴のみの場合は、駐車場より徒歩1時間30分(昼食付日帰りプランは駐車場より送迎バスあり。要予約)
[駐車場]女夫渕駐車場利用
「八丁の湯」の詳細はこちら

切明温泉 河原の露天風呂【長野県栄村】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

切明温泉 河原の露天風呂
水着着用必須。大雨や雪解け放流時の川の状態に要注意
切明温泉 河原の露天風呂
源泉の温度は高く50℃以上あるので、川の水と混ぜてうまく調整して

ワイルドな紅葉名所・秋山郷。その中津川峡谷には掘れば温泉が湧き出す河原がある。すぐ近くの宿でスコップ(レンタル300円)を借りられるので、手頃な穴をひたすら手掘り。湯につかる時には特別な達成感があるはず。決まった湯船がないので、自分でひたすらスコップで手掘り。深さも湯の温度調整も自分次第!

日帰り温泉情報

[営業時間]入浴自由
[料金]無料

■切明温泉 河原の露天風呂
[TEL]0269-87-3333(栄村秋山郷観光協会)
[住所]長野県下水内郡栄村切明
[アクセス]【電車】上越新幹線越後湯沢駅より森宮野原行きバス50分、津南より路線バス20分、見玉(乗換)デマンドバス1時間25分※要予約【車】関越道塩沢石打ICより1時間20分
[駐車場]秋山郷雄川閣の駐車場を利用可
「切明温泉 河原の露天風呂」の詳細はこちら
「切明温泉 河原の露天風呂」のクチコミ・周辺情報はこちら

七味温泉ホテル渓山亭「恵の湯」【長野県高山村】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

七味温泉ホテル渓山亭
日によって微妙に色合いが変わる白濁湯。この絶景目当てに秋は賑わいを見せる

高山温泉郷の最奥部、松川渓谷の上流で複数の源泉を持つ閑静な温泉。渓山亭が運営する湯処で、大小の野天と内湯がある(別料金の貸切風呂もあり)。すぐ近くに紅葉名所の松川渓谷があるだけに、秋の絶景は見事。

日帰り温泉情報

[営業時間]10時30分~17時(最終受付16時30分)
[定休日]不定
[料金]700円

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(販売300円)
[バスタオル]あり(レンタル500円)

■七味(しちみ)温泉ホテル渓山亭「恵の湯」
[TEL]026-242-2921
[住所]長野県上高井郡高山村七味
[アクセス]【電車】長野電鉄須坂駅よりタクシー30分【車】上信越道須坂長野東ICより40分
[駐車場]30台

燕温泉 黄金の湯【新潟県妙高市】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

燕温泉 黄金の湯
ブナやナナカマドなど周囲の木々が黄金色に染まる秋は特に人気だ

妙高の登山口にある温泉。見事に白濁した硫黄泉の美人湯で、すぐ近くの「河原の湯」とともに無料開放してくれている。目隠しはほぼなく入るまでの難易度は高めだが、朝など時間帯によっては独占できることも。温泉街からさほど離れてはいないが急な坂道の先にある。湯船も脱衣所も男女別だが囲いはなし。

日帰り温泉情報

[営業時間]日の出~日没
[定休日]11月~5月下旬まで閉鎖、シーズン中は不定
[料金]無料

■燕温泉 黄金の湯
[TEL]0255-86-3911(妙高高原観光案内所)
[住所]新潟県妙高市大字関山
[アクセス]【電車】えちごトキめき鉄道関山駅より燕温泉行きバス、終点より徒歩15分【車】上信越道妙高高原ICより20分
[駐車場]50台
「燕温泉 黄金の湯」の詳細はこちら
「燕温泉 黄金の湯」のクチコミ・周辺情報はこちら

最上高湯 善七乃湯【山形県山形市】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

最上高湯 善七乃湯
やさしい乳白色ながら、強い湯力を感じられる
最上高湯 善七乃湯
目の前の紅葉を独占できる貸切露天も追加料金なし

和の趣たっぷりの宿は、庭園露天と個性あふれる4つの貸切露天が人気。敷地内の2本の源泉100%かけ流しで、フレッシュなまま湯船へ。事前予約でお得な昼食付きプラン(4500円~)もおすすめ。

日帰り温泉情報

[営業時間]12時~21時30分(19時~19時30分は清掃)
[定休日]不定
[料金]1000円

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(販売200円)
[バスタオル]あり(レンタル200円)

■最上高湯 善七乃湯
[TEL]023-694-9422
[住所]山形県山形市蔵王温泉825
[アクセス]【電車】山形新幹線山形駅より蔵王温泉方面行きバス40分、蔵王温泉より徒歩15分【車】山形道山形蔵王ICより30分
[駐車場]60台
「最上高湯 善七乃湯」の詳細はこちら

新高湯温泉 五つの絶景露天風呂 吾妻屋旅館【山形県米沢市】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

吾妻屋旅館
巨石がシンボルの眺望露天風呂。紅葉越しの空に向かって手足を伸ばしたい
吾妻屋旅館
湯船から望む雄大な山並み。遠きに近きに紅葉ざんまい

ワイルドな露天がある山の上の一軒宿。混浴だが女性は湯浴み着OK(販売1500円)。中でも眺望露天風呂は正面に兜山を望み、オレンジに染まった木々の共演を楽しめる。澄んだ空気で深呼吸して。

日帰り温泉情報

[営業時間]13時~16時
[定休日]なし(臨時休業あり、要確認)
[料金]大人700円

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(販売200円)
[バスタオル]あり(レンタル200円)

■新高湯温泉 五つの絶景露天風呂 吾妻屋旅館
[TEL]0238-55-2031
[住所]山形県米沢市大字関湯の入沢3934
[アクセス]【電車】JR米沢駅より白布湯元方面行きバス、終点より徒歩20分【車】東北中央道米沢八幡原ICより35分
[駐車場]25台
「新高湯温泉 五つの絶景露天風呂 吾妻屋旅館」の詳細はこちら

乳頭温泉郷 黒湯温泉【秋田県仙北市】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

乳頭温泉郷 黒湯温泉
「上の湯」と「下の湯」に分かれ混浴と男女別がある。こちらは女湯
乳頭温泉郷 黒湯温泉
燃えるような山の紅葉は冬季休業前の最後のお楽しみ
乳頭温泉郷 黒湯温泉
絶景を眺めながら白濁の湯で混浴を楽しもう

乳頭温泉郷の最奥。敷地内に温泉が湧き出る河原があり、乳頭随一の湯量を誇る。建物は茅葺きや杉皮葺きのひなびた佇まい。周囲のブナ林が紅葉するこの時期はさらに情緒満点で、しばし日常を忘れさせてくれる。

日帰り温泉情報

[営業時間]9時~16時
[定休日]4月中旬~11月上旬のみ営業(冬季休業)
[料金]600円

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(販売400円)
[バスタオル]あり(販売1500円)

■乳頭温泉郷 黒湯温泉
[TEL]0187-46-2214
[住所]秋田県仙北市田沢湖生保内字黒湯沢2-1
[アクセス]【電車】秋田新幹線田沢湖駅より乳頭温泉方面行きバス50分、休暇村乳頭温泉郷より徒歩20分【車】東北道盛岡ICより1時間30分
[駐車場]17台
「乳頭温泉郷 黒湯温泉」の詳細はこちら
「乳頭温泉郷 黒湯温泉」のクチコミ・周辺情報はこちら

乳頭温泉郷 妙乃湯【秋田県仙北市】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

乳頭温泉郷 妙乃湯
滝音にも癒される混浴露天。2つの源泉で浴槽が分かれている
乳頭温泉郷 妙乃湯
秘湯情緒とモダンを両立。稲庭うどんなどのランチも

硫酸塩泉「金の湯」と単純温泉「銀の湯」の2種の天然自噴自家源泉を所有。タオル巻きOKの混浴露天は、柵も囲いもいっさいない開放感が特筆。森や滝を間近に眺めながら、のんびりとした時間を過ごせる。

日帰り温泉情報

[営業時間]10時~15時
[定休日]火
[料金]800円

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(販売324円)
[バスタオル]あり(レンタル540円)

■乳頭温泉郷 妙乃湯
[TEL]0187-46-2740
[住所]秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
[アクセス]【電車】秋田新幹線田沢湖駅より乳頭温泉方面行きバス50分、妙乃湯温泉前より徒歩1分【車】東北道盛岡ICより1時間30分
[駐車場]17台
「乳頭温泉郷 妙乃湯」の詳細はこちら

湯川温泉・四季彩の宿ふる里【岩手県西和賀町】

紅葉見頃:10月中旬~下旬

四季彩の宿ふる里
フレッシュな源泉100%かけ流し
四季彩の宿ふる里
木のぬくもりが落ち着く山里の一軒宿。ロビーは広々

かつて鉱山として栄えた秘境の温泉は、かの正岡子規も愛した知る人ぞ知る湯。湯上がりはお肌がすべすべになるという美人の湯でもある。静かな露天から眺める紅葉の風景に、つい長湯してしまいそう。

日帰り温泉情報

[営業時間]14時~21時(火のみ15時~)
[定休日]不定
[料金]大人500円

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(販売220円)
[バスタオル]あり(レンタル220円)

■湯川温泉・四季彩の宿ふる里
[TEL]0197-82-2226
[住所]岩手県和賀郡西和賀町湯川52-17
[アクセス]【電車】JR北上線ほっとゆだ駅より湯けむりタクシーで5分【車】秋田道湯田ICより10分
[駐車場]50台
「湯川温泉・四季彩の宿ふる里」の詳細はこちら

宝川温泉 宝川山荘【群馬県みなかみ町】

紅葉見頃:10月中旬~11月上旬

宝川温泉 宝川山荘
4本の井戸から湧き出る豊富な湯。もちろん源泉100%かけ流しだ

宝川沿いに4つの大きな露天風呂を配した人気の温泉。うち3つは混浴だが、男女ともに湯浴み着が用意されているので安心(入浴料込み)。紅葉真っ盛りの手つかずの自然の中、心を解きほぐして湯めぐりに興じよう。

日帰り温泉情報

[営業時間]9時~17時(最終受付16時、利用は最大4時間まで)
[定休日]悪天候・メンテナンス時は臨時休業
[料金]2000円(湯浴み着付き)

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(販売200円)
[バスタオル]あり(レンタル100円)

■宝川温泉 宝川山荘
[TEL]0278-75-2614
[住所]群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
[アクセス]【電車】JR上越線水上駅より湯小屋方面行きバス宝川入口より徒歩20分【車】関越道水上ICより30分
[駐車場]150台
「宝川温泉 宝川山荘」の詳細はこちら
「宝川温泉 宝川山荘」のクチコミ・周辺情報はこちら

自家源泉の宿 原瀧【福島県会津若松市】

紅葉見頃:10月中旬~11月上旬

自家源泉の宿 原瀧
宿名の由来でもある「原滝」を望む露天風呂。マイナスイオンたっぷり
自家源泉の宿 原瀧
事前予約で貸切展望風呂も日帰り利用OK。1人1650円/50分(利用は2名以上~)

会津東山温泉では貴重な自家源泉の宿。毎分550lの豊富な湯量で源泉100%かけ流し。自慢の湯殿は渓谷沿いに造られており、露天風呂はもちろん、広い内湯からも紅葉の彩りを楽しむことができる。

日帰り温泉情報

[営業時間]13時~20時(混雑時短縮もあり)
[定休日]不定
[料金]1100円

[シャンプー]あり
[コンディショナーorリンス]あり
[ボディソープ]あり
[ドライヤー]あり
[タオル]あり(入浴料込み)
[バスタオル]あり(レンタル330円)

■自家源泉の宿 原瀧
[TEL]0242-26-4126
[住所]福島県会津若松市東山湯本235
[アクセス]【電車】JR会津若松駅よりタクシー20分【車】磐越道会津若松ICより20分
[駐車場]100台
「自家源泉の宿 原瀧」の詳細はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。