close

絶対喜ばれる!静岡県のお土産20選!地元民「人気ランキング」&編集部おすすめ

2022.03.24

じゃらん編集部で地元の方にお土産についてのアンケートを実施。静岡県の美味しいお土産ランキング、人気TOP10を発表します!

鰻、わさび、静岡茶など全国的にも有名な特産品をはじめ、駿河湾で獲れる海産物を使った名物、昔ながらの銘菓などバラエティ豊か。

ランキングの他にも、定番や最新のおすすめお土産情報もお届けします。

※ランキングは2021年11月29日、編集部おすすめは2022年3月15日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース


●地元民の声を集めたお土産ランキング

1位【春華堂】うなぎパイ

サクサク食感が堪らない!浜松土産の代表格

(画像提供:春華堂)
うなぎパイ 24本入 1924円

浜松と言えば「うなぎ」。うなぎがテーマの浜松らしいお菓子を作ろう!と試行錯誤を重ね、1961年(昭和36年)に『うなぎパイ』が誕生しました。

「夜のお菓子」というキャッチフレーズで有名な『うなぎパイ』。このキャッチフレーズは「家族団欒のひとときに食べてほしい」という願いのもと、2代目社長が考案したそうです。

職人によって作られた約9000層ものパイの層が生み出すサクサク食感♪発売当初と変わらず、現在も一つ一つ丁寧にうなぎパイ職人の手わざによって作られています。

厳選された材料を混ぜ合わせた生地にうなぎのエキスを加えて焼き上げ、仕上げには、にんにくが隠し味の秘伝のタレを。このタレは、ごく一部の人しかレシピを知らないオリジナルなんだとか。

今では、ナッツ・はちみつ入りのミニサイズやブランデーなどが入った「真夜中のお菓子」V.S.O.Pなども登場。用途に合わせて選べるのが嬉しいですね。

(画像提供:春華堂)

お土産におすすめの理由

■食感が美味しいお菓子のパイ。ベスト静岡土産(20代/男性)
■静岡土産で一番有名。誰にあげても間違いが無い。小分け包装で配りやすい(30代/女性)
■一度食べたらやみつきになるし、誰にでも食べやすいから(20代/男性)

■うなぎパイ
[取扱い店舗]うなぎパイファクトリー、SWEETS BANK、浜北スイーツ・コミュニティ nicoe、鍛冶町本店、他
「うなぎパイ」の詳細はこちら

(画像提供:春華堂)

2位【治一郎】治一郎のバウムクーヘン

しっとり&ずっしり。24層バウムクーヘン

(画像提供:治一郎)
治一郎のバウムクーヘン(ホール)2160円

『治一郎のバウムクーヘン』の特徴は、そのしっとり感。誕生したのは2002年。

職人が目指したのは「飲み物が要らないバウムクーヘン」。試行錯誤を重ね、100回を超える試作を経てようやく出来上がったのが『治一郎のバウムクーヘン』だったそうです。

ひたむきな職人達の「ものづくり精神」に敬意を表し、当時の職人の一人の名をとって「治一郎」と名付けました。

職人が片時も離れることなく生地の状態や火加減を調整しながら、24層ものうすくレアな層を重ねて作り上げるバウムクーヘン。こうして生まれる「しっとり感」を是非堪能してください。

お土産におすすめの理由

■しっとり柔らかで、程よい甘さが美味しい(20代/男性)
■お洒落なお土産にいいなと思うから(20代/女性)
■高級感あふれるバウムクーヘン(30代/男性)

■治一郎大平台本店
[住所]静岡県浜松市西区大平台3-1-1
[営業時間]9時~18時30分
[定休日]不定休※店舗に直接ご確認ください。
[アクセス]【電車】浜松駅より遠鉄バスで30分※「大平台1丁目」停留所より徒歩2分【車】東名高速浜松西ICより20分
[駐車場] あり/無料
「治一郎大平台本店」の詳細はこちら

(画像提供:治一郎)

3位【まるとう農園】静岡茶

日本屈指のお茶の産地ならではの静岡土産

(画像提供:まるとう農園)
茶ごころリーフ100g/こはくほうじ茶リーフ200g 1500円(セット価格)

古くからお茶の産地として有名な静岡県。1244年に聖一国師が宋よりお茶の種を持ち帰り、静岡市北部の足久保に植えたのが、静岡県のお茶栽培の始まりと言われています。

「まるとう農園」は、この牧之原台地で約80年もの間、お茶を栽培し続け販売しています。特上煎茶をはじめブレンドの無い、島田市金谷の茶葉のみを使用したお茶など種類も多数、用途に合わせて楽しめます。

特上深蒸し煎茶「茶ごころリーフ」と「こはくほうじ茶」のセットは、自宅用やお世話になった方への贈り物やお土産にもぴったり!丹精込めて育てられた自慢のお茶が堪能できますよ。

お土産におすすめの理由

■深みのある味で普段のご飯時にも、お客様にお出ししても良い。(20代/男性)
■シンプルに美味しい(30代/女性)
■静岡といえばお茶、お茶といえば静岡。ほど良い苦み。(40代/男性)

■まるとう農園
[住所]静岡県島田市金谷猪土居3461-6
[営業時間]【平日】9時~16時
[取扱い店舗] http://marutoufarm.shop-pro.jp/
[定休日]お問い合わせください
[アクセス]【電車】大井川鉄道「金谷駅」より車で15分
[駐車場] あり/無料
「まるとう農園」の詳細はこちら

(画像提供:まるとう農園)

4位 黒はんぺん

栄養満点!魚を丸ごと練り上げて作った郷土食

(画像提供::山下商店)

焼津港で水揚げされた新鮮な魚を伝統の製法で練り上げた『黒はんぺん』、静岡県でも特に「焼津」の名産として知られています。

魚を丸ごと使っているのでカルシウムなどが豊富に含まれ、栄養満点の郷土食として地域に根付いた特産品で、静岡では「静岡おでん」の具に欠かせない存在。半月型をしていて原料そのままの色をしているのが特徴です。

「焼津さかなセンター」や「山下商品」で購入できます。8枚入り(12g×8枚)がなんと100円以下!価格がお手頃なのも嬉しいですね。

そのまま食べても良し、軽く炙って食べると香ばしい食感が楽しめます。しょうがや醤油につけて、静岡特産のわさび漬けと一緒に食べても美味しいと評判です。

お土産におすすめの理由

■お魚丸ごとで栄養たっぷり(40代/女性)
■軽く焼くだけでもいいつまみになる(20代/女性)
■魚のすり身の美味しさが絶妙(20代/女性)

(画像提供::山下商店)

5位【やまだいち】安倍川もち

ふたつの味が楽しめる、歴史ある伝統和菓子

(画像提供:やまだいち)
安倍川もち4号(4パック入り)1120円

全国的にも有名な『安倍川もち』は、江戸時代から東海道の名物として知られた伝統和菓子でした。徳川家康公が名付けたと言われています。

ところが戦中戦後、物資の入手が困難になり途絶えてしまった時期があり、静岡名物『安倍川もち』の復活を目指して動き出したのが「やまだいち」の創業者だったそうです。

「あん餅2粒」と「きな粉餅3粒」が1パックに。原材料は全て国内産を使用、風味豊かなこし餡ときな粉で包んだコシのある柔らかな餅が味わえます。

地元の名物を大切に守ってきた自信とこだわりが詰まった逸品。安倍川もちが本編中に登場する『東海道中膝栗毛』の主人公の一人、「喜多八」が描かれたパッケージが目印です。

お土産におすすめの理由

■パッケージに風情がある(40代/女性)
■昔ながらの優しい味(30代/女性)
■贈答用の菓子、土産として見ばえがして、おいしいから(30代/女性)

■静岡駅ビル パルシェ 食彩館 やまだいち
[住所]静岡県静岡市葵区黒金町49
[営業時間]9時30分~20時
[定休日]なし ※元旦は休み
[アクセス]【電車】JR「静岡駅」直結
[駐車場] あり/有料(1時間350円)※お買い上げ金額によりサービス有り
「静岡駅ビル パルシェ 食彩館 やまだいち」の詳細はこちら

(画像提供:やまだいち)

6位【バンデロール】のっぽパン

長さ34cm!ファンの声で復活した伝説のパン

(画像提供:バンデロール)
のっぽ 160円(売場により変動あり)

『のっぽパン』は、1978年に発売された菓子パン。長さはなんと34cm!キリンのイラストが描かれたパッケージが目印です。

実はこのパン、2007年の工場閉鎖に伴い生産を終了したことが。その時立ち上がったのが地元のファン。熱烈な復活エールや社内プロジェクトが発足し、生産が再開されることになったそうです。

その美味しさとキリンのキャラクターで愛され続ける「静岡のソウルフードご当地パン」。味は定番のクリーム、チョコ、ピーナッツ、メイプル、丹那牛乳に加え、その季節に合わせた、プリン、シャインマスカットなどバラエティ豊富なラインナップ。

地元スーパー、コンビニなどで購入できますが、工場敷地内で開催される名物イベント「バンデロール工場直売市」がおすすめ!定番のっぽからここでしか買えない特別なのっぽまで販売されています。

お土産におすすめの理由

■ソウルフードだから(20代/男性)
■細長く食べやすいし沢山食べられる(30代/女性)
■たくさんの種類から選べて、老若男女楽しめる(20代/女性)

■のっぽパン
[取扱い店舗]バンデロール工場直売市(のっぽ販売やバンデロール商品のアウトレット販売イベント)、静岡県内バンデロール店舗、主なスーパー、コンビニエンスストア、駅売店、他
「のっぽパン」の詳細はこちら

(画像提供:バンデロール)

7位【シーラック】バリ勝男クン。

バリバリ食感!手で食べる“かつおチップ”

(画像提供:シーラック)
バリ勝男クン。KA-2 静岡おみやげ編セット(しょうが醤油味5袋入)800円

「鰹のまち静岡焼津」で誕生した『バリ勝男クン。』は、焼津生まれのかつお節を秘伝のしょうが醤油で味付けし、こんがり焼き上げた“かつおチップ”です。

特徴はバリバリと軽い食感♪アクセントにピーナッツが入っていて、バリバリした食感との相性も抜群です。おやつはもちろん、お酒のつまみにもぴったり。子どもから大人まで楽しめます。

味は定番の「しょうが醤油味」の他、「一味醤油味」「わさびマヨネーズ味」「チーズ味」「ゆず味」の5種類。

お土産には「静岡おみやげ編」がおすすめ。「しょうが醤油味」の5袋入りや「しょうが醤油味」「一味醤油味」「わさびマヨネーズ味」が一度に楽しめる詰合せも。パッケージに描かれた富士山のイラストがいかにも静岡らしいお土産です。

(画像提供:シーラック)
バリ勝男クン。AS-2 静岡おみやげ編3種詰合せ(7袋入)1100円

お土産におすすめの理由

■パリパリ感が良い(30代/男性)
■ふりかけのような風味をおつまみ感覚スナック感覚で味わうことができお勧めだから(20代/男性)
■小振りなサイズで持ち運びに適している。(30代/男性)

■バリ勝男クン。
[取扱い店舗]静岡県内のSA・PA、他
「バリ勝男クン。」の詳細はこちら

(画像提供:シーラック)

8位【田丸屋本店】わさび漬け

ツーンとした辛み、熟成された旨味を堪能

(画像提供:田丸屋本店)
金印わさび樽漬け 1350円

静岡県の特産物として有名な「わさび」。静岡水わさびの伝統栽培は、2018(平成30)年に、世界農業遺産として認定されています。わさびを使った郷土料理と言えば、刻んだ葉や茎、根を酒粕に漬けた『わさび漬け』です。

「田丸屋本店」の『わさび漬け』は、1889年(明治22年)初代店主が開駅したばかりの静岡駅構内で販売したことにより、その名が全国に広がりました。

厳選されたわさびと、十分に吟味され熟成させた酒粕を使って丁寧に作り上げられた『わさび漬け』。「田丸屋本店」のわさび漬けは根の配合が多いため、風味・辛みともに強く、わさびそのものの味が堪能できます。ご飯にはもちろん、お酒のお供にもおすすめ♪

(画像提供:田丸屋本店)

お土産におすすめの理由

■お酒のあてにもなる(30代/男性)
■静岡のお土産らしくて美味しいから(30代/女性)
■わさびのツンとした辛さが美味しい(20代/女性)

■わさび漬け
[取扱い店舗]紺屋町田丸屋本店、STEP IN たまるや店、田丸屋本店、静岡パルシェ店、他
「わさび漬け」の詳細はこちら

(画像提供:田丸屋本店)

9位【田子の月】田子の月もなか

地元に根付いた和洋菓子店のシンプルな最中

(画像提供:田子の月)
田子の月もなか 餅入り 1個 185円

1952年(昭和27年)、終戦後の世の中を「少しでも明るくしたい!」との思いで、今川焼を「たのしみやき」と名付け、甘党だった創業者が屋台で売ったのが「田子の月」の始まりだそうです。

店名の「田子の月」が名前に付いた看板商品『田子の月もなか』は、香ばしい皮、あっさりと仕上げた粒餡、程良いやわらかさの求肥餅、それぞれが絶妙に調和した味わいが楽しめます。

皮には北海道十勝産小豆と氷砂糖を使用、厳選された素材と職人の伝統の技が光る銘菓です。また富士山の湧き水を使用するなど、風土の恵みを存分に生かすというこだわりも。

1個からの購入も可能、6個入(1260円)、12個入(2410円)も用意されているので、用途に合わせて選べます。

(画像提供:田子の月)

お土産におすすめの理由

■もなかがパリパリで美味しい(30代/女性)
■餅が入って美味しいから(20代/男性)
■シンプルベスト(40代/男性)

■田子の月もなか
[取扱い店舗]本店、今泉店、吉原店、遠鉄百貨店、新静岡セノバ店、他
「田子の月もなか」の詳細はこちら

(画像提供:田子の月)

10位【まるたや洋菓子店】あげ潮

縁起良いネーミング♪サクサク食感クッキー

(画像提供:まるたや洋菓子店)
あげ潮180g 675円

創業1949年の「まるたや洋菓子店」のこだわりは「手作り製菓」。毎日職人達が、一つ一つ丁寧に心を込めて手作りしています。

手軽なお土産におすすめなのが『あげ潮』。「あげ潮」は「満ち潮」の意味。「浜名湖に潮が満ちるように、召し上がっていただいた方々の運気が上がりますように」と願って名付けられたそうです。

ドライフルーツ、ナッツなどの様々な食感と香りが、口いっぱいに広がるサクサククッキー。生地にまぶしたコーンフレークがサクサクの食感を、生地に練りこんだレーズン・クルミ・オレンジピールが味と香りを届けてくれます。

軽い食感で食べ始めたらやめられない、ついつい食べてしまう手軽な大きさ。受け取る人の幸運を願って贈るのも素敵ですね。

お土産におすすめの理由

■小腹が空いた時に気軽に食べられる(30代/男性)
■気取らない地元の隠れた名物 (30代/女性)
■なかなか無い味だと思うし、食べ始めると止まらなくなるから(20代/女性)

■あげ潮
[取扱い店舗]神田本店、佐鳴台店、遠鉄百貨店新館B1、メイワンエキマチ店、初生店(FC店)、他
「あげ潮」の詳細はこちら

(画像提供:まるたや洋菓子店)

【アンケート調査概要】
インターネット 調査:選択方式によるアンケート
調査時期:2021年8月26日~2021年8月28日
調査対象:静岡県在住20~40代男女
有効回答数:100名

\こちらの記事もチェック!/
静岡・沼津観光おすすめスポット!富士山を望む絶景から魚介グルメまで
【静岡県】大井川鐵道で行く秘境の旅!きかんしゃトーマス号や絶景スポットを満喫
【静岡】日帰り観光モデルコースとおすすめスポット!マップで絶景や温泉地をご紹介

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード