高知のホテル・旅館 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
宿・ホテル予約TOP > 高知のホテル・宿泊施設

高知のホテル・宿泊施設

地図から探す

宿泊日

人数等 部屋

大人

子供

0名

注目プランのある宿[PR]

※最安料金は、5月18日時点、日付未定/1泊2名1室料金の最安料金です。

高知 ホテル・宿泊施設情報

高知県は、四国四県のひとつで、太平洋側に位置します。沖合を黒潮が流れ、海の幸に恵まれた土地として知られています。陸地には平野部がほとんどなく、9割近くが山地となっています。そのため自然豊かな風土となっており、日本最後の清流といわれる四万十川や、四国カルストなどの景勝地が多くあります。また、室戸半島、足摺半島の二つの半島があり、東側の室戸岬には奇岩が立ち並ぶ独特な風景が広がります。室戸ドルフィンセンターではイルカと触れ合うことができます。西側の足摺岬の展望台からは太平洋を一望できます。こちらも珍しい地形が多くあり、県の天然記念物に指定されている白山洞門や、足摺の七不思議といわれるミステリースポットがあります。
県庁所在地である高知市にはホテルや旅館などの宿泊施設があり、高知県の観光の中心地となっています。街のシンボルとしては、高知城があります。江戸時代初期に、戦国の出世大名と呼ばれる山内一豊が建造した城で、天守閣など当時をしのぶ建築物が現存しています。もう一つのシンボルは、太平洋を望む桂浜にある幕末期に活躍した坂本龍馬の銅像です。近くには坂本龍馬記念館があり、大勢の観光客が訪れます。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

高知・須崎・南国

※最安料金は、5月18日 12時10分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

足摺・四万十

※最安料金は、5月18日 12時10分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

安芸・室戸

※最安料金は、5月18日 12時10分時点、日付未定/1泊2名1室の最安料金です。

※高評価項目は、実際に宿泊した会員のクチコミ評価から、4点以上の項目を最大3つまで表示しております。

ページの先頭に戻る

  • 高知県 おすすめの温泉・露天風呂

    • 高知市とその周辺の温泉

      高知の繁華街から南、国の重要文化財である旧山内家下屋敷跡に天然高温泉三翠園温泉がある。泉質はナトリウム塩化物。大浴場の他に露天風呂、高温風呂、打たせ湯などもある。そのほか高知市周辺には高知県立野市動物園や、アンパンマンミュージアム、龍馬記念館、日本三大鍾乳洞のひとつである龍河洞などの観光地がある。

    • あしずり温泉

      単純弱放射能泉の泉質は神経痛、冷え性等に適応。眼下に太平洋を望む10軒のお宿が立ち並ぶ。今からおよそ2200年前、当時極楽浄土に一番近いとされていた最果ての地、足摺村(足摺岬)に嵯峨天皇の勅願により弘法大志が金剛福寺を建立したが、その際、谷川より湧き出していた湯にその疲れを癒したという言い伝えが残る。

    • 高知県東部の温泉

      高知県東部の温泉周辺は、陶芸館のある内原野公園や、画家モネが半生を過ごしたフランスの庭園を再現した「北川村モネの庭マルモッタン」などの観光地がある。よさこい温泉は大きな大浴場と、海洋深層水露天風呂を併設。

    高知県 おすすめの温泉・露天風呂ガイドをみる

  • 高知県 おすすめの観光スポット

    • ひろめ市場

      ひろめ市場

      4.1

      4000平米の敷地を7つのゾーンに分け、土佐の味覚やおみやげの屋台巡りを楽しめる。定番みやげを探すなら、龍馬通りの芋ケンピや青ノリ、鮎の酒盗(しゅとう)などが珍しくてオススメ。歩き疲れたら、お城下広場でのんびり食事したりビールを飲んだりして休憩しよう。無国籍な味が揃う自由広場も楽しい。

    • 高知県立牧野植物園

      高知県立牧野植物園

      4.4

      高知が生んだ「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、博士逝去の翌年、1958(昭和33)年4月に高知市の五台山に開園。起伏を活かした約8haの園地には、博士ゆかりの野生植物など約3,000種類以上が四季を彩り、自然の中で植物に出会う喜びを感じていただけます。五台山という恵まれた自然環境に調和させながら、自然生態系が築かれた四国唯一の総合植物園として憩いの場として親しまれています。

    • 黒潮本陣

      黒潮本陣

      4.4

      海水を沸かした「汐湯の露天風呂」が名物。太平洋の水平線を眺め、久礼湾に浮かぶ双名島を遠くに仰ぎながら入れば、海に浮かんでいる気分になる。海水を沸かしているので、湯上りの保温効果が高いのも特徴だ。冷泉を沸かした内湯からの眺めも申し分なしに最高。高知に行ったらぜひ、足を運んでみよう!

    高知県 おすすめの観光スポットガイドをみる

  • 高知県 おすすめのイベント情報

    • いの町紙の博物館 「照明具」お誂え

      いの町紙の博物館 「照明具」お誂え

      2022年04月01日〜2023年03月31日(予定)(開催場所:高知県 高知県いの町 いの町紙の博物館)

      土佐和紙は、今から約400年前いの町で創製された「土佐七色紙」から引き継がれた技術で作られ、日本和紙三大産地のひとつとして品質の良さ、種類の多さに定評があります。その土佐和紙と土佐の竹を用いて、優しいあかりを灯す自然素材の照明器具を誂えることができます。お誂えに使用する土佐和紙は、色や素材もさまざまな和紙から選ぶことができます。

    • 開館5周年記念企画展「土佐のやきもの 尾戸焼」

      開館5周年記念企画展「土佐のやきもの 尾戸焼」

      2022年03月18日〜2022年05月30日(予定)(開催場所:高知県 高知市 高知県立高知城歴史博物館)

      高知県立高知城歴史博物館の開館5周年を記念し、土佐が誇る尾戸(おど)焼にスポットをあてた企画展が開催されます。尾戸焼は、承応2年(1653年)、土佐藩により高知城下の尾戸(現在の高知市小津)に開かれた陶器の窯です。2代藩主の山内忠義とその右腕、野中兼山は、それまで藩外からの移入に頼っていたやきものを国産化しようと考え、大坂から陶工を招き、国内で原材料となる土を探させ、窯を築き、その技術を学ぶよう命じました。時を経て、藩の事業の主力が磁器に移った後も、陶器の生産は続けられ、幾多の危機を乗り越えて、現代まで絶えることなく操業が続けられています。同記念展では、県内の茶人や収集家に伝わる茶道具や置物など、知る人ぞ知る尾戸焼の伝世品約100点が一堂に展示されます。年紀入りの作品や文献、出土遺物もあわせて公開され、未だ謎多き尾戸焼の姿にも迫ります。

    • 海洋堂ウルトラマンフィギュア展

      海洋堂ウルトラマンフィギュア展

      2021年07月22日〜2022年05月30日(予定)(開催場所:高知県 高知県四万十町 海洋堂ホビー館四万十)

      海洋堂ホビー館四万十の開館10周年を記念し、放送開始55周年を迎えるウルトラマンをテーマとした企画展が開催されます。ウルトラマンのフィギュアは、海洋堂がフィギュアメーカーとなった1980年代から休むことなく作り続けているシリーズのひとつです。その海洋堂の貴重な歴代フィギュア作品の展示とともに、初代ウルトラマンを中心としたウルトラマンの歴史がジオラマなどで表現されます。放送当時の台本や隊員服、変身アイテムのレプリカなども展示されるほか、ウルトラマン対アントラーの巨大ジオラマなどフォトスポットも登場します。企画展連動イベントの開催や、企画展への道のりが楽しくなる海洋堂ホビートレイン『ウルトラトレイン号』も運行されます。7月22日は、開館10周年&企画展オープニングイベント(ウルトラマントリガーショー)もあり、海洋堂フィギュアで観るウルトラマンの世界を楽しめます。※館内すべて撮影可能。詳しくはイベントページ参照

    高知県 おすすめのイベント情報ガイドをみる

高知県は太平洋に面しており水産業が盛んな県として知られています。特に表面をあぶった鰹のたたきが有名で、香ばしい風味が特徴です。蛇に似た姿の魚、ウツボもこの地方ではから揚げやウツボ鍋として食されます。闘鶏用のシャモは身が引き締まっており、甘辛い味付けのスープで煮込んだシャモ鍋は豪快なご当地グルメです。寿司には、海産物をネタにしたものの他に、寿司飯に柚子酢を加え、タケノコ、こんにゃく、ミョウガ、シイタケなどを寿司ダネとして握った田舎寿司もあります。高知県では、アイスクリームはシャリシャリした独特の食感を持ち、アイスクリンと呼ばれています。



宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|レンタカー航空券観光ガイド海外