close

【2021】全国ホタル観賞イベント16選!初夏のこの時期だけ!

2021.04.16

夏の訪れを告げるホタルの光。夕闇を舞う蛍たちの幻想的な姿は、まさに感動モノの美しさ!

地域により見頃の時期は異なりますが、今年も5月~7月頃に行われる蛍イベントを全国の北から順に紹介します。この時期だけのロマンティックな光景をお見逃しなく!

※この記事は2021年2月25日時点での情報です。開催有無や開催日時など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各イベント開催元へ最新の情報をお問い合わせください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※荒天の場合は中止になる場合があります。

記事配信:じゃらんニュース

ホタルウォッチング【岩手県】

光の共演、ゲンジとヘイケ。「ホタルウォッチング」から農場の夏がスタート!

(画像提供:小岩井農牧株式会社)
(画像提供:小岩井農牧株式会社)

ホタルとともに、「小岩井農場」の夏が始まります!ホタルウォッチングは、「まきば園」から徒歩10分の「100年の森」を流れる沢沿いでゲンジボタルを観察します。

6月末~7月上旬頃がホタルの季節。ネイチャーガイドから、ホタルの生態や生息する環境についてガイダンスを聞いて、光の舞を見にいざ!

まきばの広い空と、100年の森とのコントラスト。小岩井農場ならではのロケーションで眺めるホタルは圧巻です!

※長袖、長ズボン、歩きやすい履き物で(サンダルやヒール、子どもの光る靴は不可)、懐中電灯はあると便利です。カメラやスマホなどの撮影はご遠慮ください。

■ホタルウォッチング
[開催場所]岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1 小岩井農場
[開催期間]2021年6月25日~7月4日
[開催時間]19時30分~21時、受付時間19時~19時30分
[料金]【大人】1500円【子ども】1000円【幼児】無料
[アクセス]【バス】岩手県交通バス小岩井農場まきば園バス停よりすぐ【車】東北自動車道盛岡ICより約15分
[駐車場]有(無料)
「小岩井農場」の観光ガイドはこちら
「小岩井農場」の口コミ・周辺情報はこちら

日光だいや川公園ホタル観賞会【栃木県】

毎年数百万匹のホタルが夜空を舞い神秘的。公園で遊んだ後は「ホタル観賞会」

(画像提供:日光だいや川公園管理事務所)
(画像提供:日光だいや川公園管理事務所)

オートキャンプ場、フィールドアスレチック、レンタサイクルなど、色々なアクティビティが楽しめる「日光だいや川公園」。

イベントや体験会も多く、夏といえば、「ホタル観賞会」がお待ちかねです。ホタルが棲みやすい環境づくりにより、現在では毎年数百万匹のゲンジボタル・ヘイケボタルが飛び交います。

観賞会は6月から7月上旬頃に、フィールドアスレチックコース周辺(とんぼ池)で開催されます。鑑賞会開催の期間限定で公園開放時間の延長をしているので、懐中電灯片手にゆっくりと夜空を舞う神秘的な様子を楽しみましょう。日光観光に、ホタルの思い出もぜひ!

■日光だいや川公園ホタル観賞会
[開催場所]栃木県日光市 日光だいや川公園
[開催期間]2021年6月5日(土)、7月3日(土)
[開催時間]19時30分~20時30分 ※受付開始19時~
[料金]無料
[アクセス]【車】日光宇都宮道路今市ICよりR121、県西大規模公園線経由10分
[駐車場]有(無料)
「日光だいや川公園」の観光ガイドはこちら
「日光だいや川公園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:日光だいや川公園管理事務所)

花見ほたる祭り【長野県】

ほんのり照らされる小川をほたると一緒にロマンティックに散策。出店も色々!

(画像提供:池田町観光協会)
(画像提供:池田町観光協会)

美しく光るホタルが鑑賞できるスポットとして知られる「花見ほたるの里」。地元の人たちの力で池田町の観光名所の一つとなり、例年6月下旬~7月上旬には「花見ほたる祭」が開催されます。

20時を過ぎるピーク時には数千匹以上のゲンジボタルが乱舞し、小川がほんのり照らされ、ロマンティックな散策が楽しめます。

「花見ほたる祭」の当日は出店もあります。観て・食べて・飲んで、ほたると一緒に夏を満喫しましょう。

■花見ほたる祭り
[開催場所]長野県池田町 花見ほたるの里
[開催時期]2021年6月25日~27日、7月2日~4日
[開催時間]18時30分~21時
[料金]無料
[アクセス]【車】長野自動車道 安曇野ICより20分
[駐車場]有(無料)
「花見ほたるの里」の観光ガイドはこちら
「花見ほたるの里」の口コミ・周辺情報はこちら

岩室温泉 冬妻ほたる祭り【新潟県】

温泉街で開催される「冬妻ほたる祭り」。ほたると温泉、どちらも楽しむ!

(画像提供:岩室温泉観光協会)
(画像提供:岩室温泉観光協会)

岩室払川の沢沿い周辺の綺麗な清水で育ったほたるは「冬妻ほたる」と呼ばれ、キラキラと光を放つ姿は光の花のよう。空を見上げれば、ほたると星の競演で、湿度が高い日の19時半~20時半が見頃と言われています。

6月中旬から7月上旬には岩室温泉街で「冬妻ほたる祭り」が開催され、灯籠流しなどのイベントもあります。ほたる縁日もあるので、子どもも楽しめます。

■岩室温泉 冬妻ほたる祭り
[開催場所]新潟県新潟市西蒲区 岩室温泉
[開催時期]2021年6月下旬~7月上旬
[開催時間]19時30分~21時
[料金]無料
[アクセス]【車】JR越後線岩室駅より約8分
[駐車場]有(無料)
「岩室温泉」の観光ガイドはこちら
「岩室温泉」の口コミ・周辺情報はこちら

ほたるの夕べ【静岡県】

修善寺の初夏を彩る、自然のほたる。水辺に輝く光の舞いは夏の風物詩!

(画像提供:伊豆市観光協会)
(画像提供:伊豆市観光協会)

修善寺温泉街の西の端、滝下橋のほとりにある「赤蛙公園」では、5月下旬~6月中旬に、毎年恒例「ほたるの夕べ」が行われます。

公園内の小川そばの茂みにはたくさんのゲンジボタルが生息しており、一番の見頃は20時頃。美しく幻想的な風情は、今ではすっかり初夏の風物詩として親しまれ、修善寺の静かな夜を彩ります。ほたるの光と歴史を感じる温泉で癒しの時間を過ごしましょう。

■ほたるの夕べ
[開催場所]静岡県伊豆市修善寺(赤蛙公園)
[開催期間]例年5月下旬~6月中旬 ※2021年2月時点、新型コロナウイルス感染症の影響で開催未定。詳細はホームページで確認を
[開催時間]見頃は20時頃
[アクセス]【バス】修善寺駅より修善寺温泉バス停下車、赤蛙公園まで徒歩10分
[駐車場]無(近隣の有料駐車場を利用)
「赤蛙公園」の観光ガイドはこちら
「赤蛙公園」の口コミ・周辺情報はこちら

東伊豆まち温泉郷 ほたる観賞の夕べ【静岡県】

夜空を舞うほたる、水面に映るほたるの光、「ほたる観賞の夕べ」で楽しもう

(画像提供:東伊豆町観光協会)
(画像提供:東伊豆町観光協会)

幻想的なほたるの舞を、都会の喧騒を離れて楽しめる「ほたる観賞の夕べ」は、例年6月上旬~中旬頃に開催されます。

会場となる大川竹ヶ沢公園の池は「静岡県のみずべ100選」に選ばれていて、きれいな池の水面に、ほたるの光が映り込む光景は一番の鑑賞ポイント。
日本ならではの幻想的な風情があります。

※2021年2月現在、詳細は未定

■東伊豆まち温泉郷 ほたる観賞の夕べ
[開催場所]静岡県東伊豆町 大川竹ヶ沢公園
[開催時期]2021年6月上旬~中旬
[アクセス]【電車】伊豆大川駅より徒歩40分
[駐車場]無
「竹ケ沢公園」の観光ガイドはこちら
「竹ケ沢公園」の口コミ・周辺情報はこちら

【中止】金生山姫螢観察会【岐阜県】

アルパ演奏を楽しんだあと、深夜に最も光り輝くヒメボタルを観察しよう!

(「金生山ヒメボタルの光跡」 1時45分、長時間露光(121秒間)で撮影、合成なし。撮影者:篠田通弘)
(「金生山ヒメボタルの光跡」 1時45分、長時間露光(121秒間)で撮影、合成なし。撮影者:篠田通弘)

幻想的に光を放つヒメボタルは大垣市の天然記念物で、「金生山明星輪寺」の境内で見ることができます。山蛍とも呼ばれる陸棲のホタルで、からだは小さく、鋭くフラッシュのように発光するのが特徴です。

「金生山姫螢観察会」は、6月上旬に開催され、アルパ(ラテンハープ)の演奏による山門コンサートのあと、山門にてヒメボタルと陸貝解説、観察が行われます。

最も光り輝くのが深夜のため、開催は22時~、天然記念物保護のため、観察会当日以外の夜間立ち入りは禁止されているので、限られたチャンスをお見逃しなく!

※写真撮影には事前申込みと写真教室受講が必要です。事前申込みのない場合は撮影できません(申込み多数の場合は抽選)。詳しくは明星輪寺ホームページでご確認ください。
※主催:金生山自然文化苑保存会 事務局:金生山明星輪寺

※2021年4月19日確認時点:新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2021年度は開催中止となりました。

■金生山姫螢観察会
[開催場所]岐阜県大垣市 金生山明星輪寺
[開催日時]2021年6月5日(土)、12日(土)
[開催時間]22時~翌1時頃
[料金]【環境保護協力金】100円
[アクセス]【電車】JR美濃赤坂駅より徒歩約30分【バス】JR大垣駅より近鉄バス 虚空蔵口バス停下車、徒歩約25分【車】東海環状自動車道大垣西ICより約10分
[駐車場]有(無料)
「金生山岩巣公園」の観光ガイドはこちら
「金生山岩巣公園」の口コミ・周辺情報はこちら

天の川ほたるまつり【滋賀県】

行灯が並ぶ天野川流域で特別天然記念物のホタルを観賞しよう!

(画像提供:米原市天の川ほたるまつり実行委員会事務局)
(画像提供:米原市天の川ほたるまつり実行委員会事務局)

米原市長岡周辺で見られるホタルは「長岡のゲンジボタル及びその発生地」として全国で唯一、国の特別天然記念物に指定されています。天野川流域では、毎年6月上旬頃にホタルが見られ、「天の川ほたるまつり」が開催されます。

天野川橋一帯、流域の観賞地付近には、ぼんぼりや行灯などが設置され、20時~21時頃、ホタルの飛来が観賞できます。

鑑賞地では、懐中電灯やスマートフォンのライトなどで照らさないように、注意して楽しみましょう♪

■天の川ほたるまつり
[開催場所]滋賀県米原市 長岡周辺(総合案内所 ルッチプラザ)
[開催時期]2021年6月上旬
[開催時間]17時~21時 ※ほたる観賞の目安は20時頃~
[アクセス]【電車】JR近江長岡駅より徒歩5分
[駐車場]有(有料)
「天野川」の観光ガイドはこちら
「天野川」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:米原市天の川ほたるまつり実行委員会事務局)

蛍ナイター開園【京都府】

ホタル観賞のための夜間開園!「宇治市植物公園」でゲンジボタルを観よう

(画像提供:宇治市植物公園)
(画像提供:宇治市植物公園)

季節に合った植物で錦絵模様をつくる、日本最大級の立体花壇が有名な「宇治市植物公園」。5月下旬~6月上旬には、ゲンジボタルが観察できる「蛍ナイター開園」を行っています。

入園は21時まで、涼しげな小川の周囲を舞うホタルの様子を四季の草花と一緒に観賞できます。初夏のモミジの合間をゆったり飛び交うほたるの光はとってもロマンティック。

また、ホタルの生態パネル展示もあり、あれこれ学び、新しい発見もありそう。期間中の土日の18時以降は、宇治市役所駐車場から植物公園まで無料シャトルバスが運行されるので、ぜひご利用ください。

※状況により内容の変更、または中止になる可能性があります

■蛍ナイター開園
[開催場所]京都府宇治市広野町八軒屋谷25-1 宇治市植物公園
[開催時期]2021年5月22日~6月6日
[開園時間]9時~21時30分(入園は21時まで) ※ホタル観賞は19時30分頃から可能
[料金]【大人】600円、16時以降 360円【小人】300円、16時以降 180円
[アクセス]【バス】宇治駅より植物公園バス停下車徒歩すぐ
[駐車場]有(有料)
「宇治市植物公園」の観光ガイドはこちら
「宇治市植物公園」の口コミ・周辺情報はこちら

献能 あきの螢能【奈良県】

数百のホタルが夜空に放たれる圧巻の光景。ホタルと薪能による幽玄の世界

(画像提供:宇陀市)
(画像提供:宇陀市)

奥大和の里、阿紀神社の境内に残る、由緒ある能舞台では毎年6月に「あきの螢能」が開催されます。この能ではクライマックスのシーンになると、会場の全ての照明が落とされ、数百匹ものホタルが一斉に夜空に放されます。

深い夕闇の中で、たくさんのホタルが描く光の流れは、息をのむ美しさ。あたり一面、幻想的な雰囲気に包まれ、やがて光は森の中へ。

「献能 あきの螢能光景」では、この地でしか見ることができない、幽玄の世界感に触れることができます。

※雨天の場合は、宇陀市文化会館ホール内での開催となり、ホタルは放ちません
※2021年2月現在、開催は未定です。3月末に決定予定のため、最新情報はホームページでご確認ください

■献能 あきの螢能
[開催場所]奈良県宇陀市大宇陀迫間 阿紀神社 能舞台
[開催時期]2021年6月19日
[開催時間]17時30分~20時15分頃(予定)
[料金]【大人】前売り5000円、当日6000円 ※Sエリア プラス1000円【子ども(18歳未満)】前売り1000円、当日1000円
[アクセス]【バス】榛原駅より大宇陀高校前バス停下車徒歩5分
[駐車場]有(無料)
「献能 あきの螢能」の詳細はこちら
「阿紀神社」の口コミ・周辺情報はこちら

三朝温泉 ホタルの夕べ【鳥取県】

「三朝温泉」で開催される「ホタルの夕べ」。古湯とホタルに癒されよう

(画像提供:三朝温泉観光協会)
(画像提供:三朝温泉観光協会)

三朝温泉のお湯は、高濃度のラドンを含む世界屈指の放射能泉で、浸かってよし、飲んでよし、吸ってよし、千年の歴史に迫る癒しの古湯です。その三朝温泉街では、6月になるとホタルが飛び、美しい乱舞に心が奪われます。

「三朝温泉 ホタルの夕べ」は例年6月に開催され、約100mにわたる散策路は、一部の街路灯が消され、あたりはホタルの光一色に。ホタルの見どころは「ホタルの小川」周辺です。

また、期間中は、温泉街屋内に入場無料のホタル展示会場もオープン、毎日20時~21時まで見学できます。

■三朝温泉 ホタルの夕べ
[開催場所]鳥取県三朝町 三朝温泉 三朝川左岸遊歩道
[開催時期]2021年6月1日(火)~30日(水)
[開催時間]【ホタル展示会場】20時~21時
[料金]【ホタル展示会場】入館無料
[アクセス]【バス】倉吉駅より20分
[駐車場]有
「三朝温泉」の観光ガイドはこちら
「三朝温泉」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:三朝温泉観光協会)

備中川のホタル【岡山県】

備中川沿い何kmにも渡って続くゲンジボタルの乱舞。6月はホタル観賞月間!

(画像提供:真庭市北房振興局)
(画像提供:真庭市北房振興局)

北房エリアは「ふるさといきものの里百選」にも選ばれた、全国有数のホタルの里です。北房ほたる公園を中心とする備中川沿いでは、例年6月上旬~下旬にかけてホタルの乱舞を見ることができます。

生息しているのはゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルの3種類で、ゲンジボタルは5月下旬~6月中旬が見頃になります。

例年6月を「ホタル観賞月間」として屋台が出店、観賞路には常夜灯が置かれ、楽しくホタル観賞できます。また、ゲンジボタルがピークを終える6月中旬~7月上旬には、備中鐘乳穴でヒメボタルの乱舞が始まるので、こちらもぜひ!

■備中川のホタル
[開催場所]岡山県真庭市下呰部 北房ほたる公園周辺
[開催時期]2021年6月1日~30日
[開催時間]なし ※ホタルの見頃は20時~22時
[料金]無料
[アクセス]【車】中国自動車道北房ICより約10分
[駐車場]【北房振興局】(無料)

(画像提供:真庭市北房振興局)

湯郷温泉街 ホタル飛翔【岡山県】

温泉街で楽しむ初夏の風物詩、大谷川を飛び交うホタルたち!

(画像提供:湯郷温泉観光協会)

「湯郷温泉」は中国地方きってのいで湯の里「岡山県美作三湯」のひとつです。

5月下旬~6月中旬にかけて、「湯郷温泉」近くの大谷川ではゲンジボタルなどがたくさん舞います。遊歩道には足元を照らす照明が設置され、整備された川沿いを浴衣姿でのんびりホタル観賞。

特に大谷川河川公園は散策コースとして好評で、湯郷温泉の宿泊施設から歩いて行くことができます。また、河川公園のうめぼしの巨大オブジェは映えスポットです♪

(画像提供:湯郷温泉観光協会)
■湯郷温泉街 ホタル飛翔
[開催場所]岡山県美作市湯郷813-5 湯郷温泉 大谷川河川公園
[開催時期]2021年5月下旬~6月中旬
[開催時間]20時~22時 ※ホタルがよく飛ぶ時間帯
[料金]無料
[アクセス]【車】中国自動車道美作ICより約10分
[駐車場]【美作市営駐車場】(無料) ※ホタル観賞期間中は無料開放します(19時~22時まで開放
「湯郷温泉」の観光ガイドはこちら
「湯郷温泉」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:湯郷温泉観光協会)

日本初のホタル舟【山口県】

天然記念物のゲンジボタルを眺めながら下る木曽川はとってもロマンティック!

(画像提供:豊田のホタル舟実行委員会)
(画像提供:豊田のホタル舟実行委員会)

山々に囲まれた豊田町は、日本でも有数のホタルの里として知られています。木屋川一帯のゲンジボタルは国の天然記念物に指定され、幾千万ものホタルが飛び交う様子は目を見はる美しさです。

そんなホタルたちの光景を楽しみながら木屋川をゆっくり下るのが、「日本初のホタル舟」です。

最も飛翔し、光る6月上旬~下旬に、ホタルの乱舞を両岸に眺めながら、およそ800mの木屋川下り。とっても幻想的でロマンティックな時間は、すてきな夏の思い出になります。

■日本初のホタル舟
[開催場所]山口県下関市豊田町木屋川 道の駅 蛍街道西ノ市(集合場所)
[開催時期]未定
[料金]【大人(高校生以上)】2000円【子ども(5歳~中学生)】1000円
[アクセス]【車】小月ICより20分 ※道の駅 蛍街道西ノ市よりシャトルバスにて送迎あり
[駐車場]有(無料)
「道の駅 蛍街道西ノ市」の観光ガイドはこちら
「道の駅 蛍街道西ノ市」の口コミ・周辺情報はこちら

【中止】しおのえホタルまつり【香川県】

川辺で自然のホタル、特設ホタル館では大乱舞するゲンジボタルを見よう!

(画像提供:塩江温泉観光協会)
(画像提供:塩江温泉観光協会)

塩江町は阿讃山麓の大自然に抱かれた温泉郷で、四国遍路の人々や湯治客も訪れる温泉です。その塩江の四大まつりのひとつとして知られるのが「しおのえホタルまつり」。毎年6月上旬の土曜日、ホタルと文化の里で21時まで開催されます。

香東川にはゲンジボタルが自然に飛び交い、川面の景色を華やかに見せます。特設ホタル館の中では、無数のホタルが舞い、幻想的な蛍の光が織りなす世界を体感しましょう。
また、子ども向けのステージイベントも行われるので、家族みんなで楽しめます。

※開催は未定です。4月中旬頃に決定する予定
※2021年4月23日追記:新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2021年度は開催中止となりました。

■しおのえホタルまつり
[開催場所]香川県高松市塩江町安原上東 行基の湯前広場
[開催時期]2021年6月12日(土)予定 ※開催の有無は2021年4月中旬頃に決定
[開催時間]14時~21時
[アクセス]【車】高松空港より15分
[駐車場]有(無料)
「ホタルと文化の里」の観光ガイドはこちら
「ホタルと文化の里」の口コミ・周辺情報はこちら

【中止】ほたるのふるさと相河川まつり【長崎県】

かつて、遣唐使船が寄港した相河地区。ほたるが舞う里山の雰囲気を味わおう

(画像提供:新上五島町観光物産協会)
(画像提供:新上五島町観光物産協会)

かつて遣唐使船の風待ちの港として歴史深い相河地区は、「ほたる」が生息できる環境を現在に至るまで保ってきました。「ほたるのふるさと相河川」は、川のせせらぎをベースに、自然界に生息する生きものが発する音と、ほたるが放つ光の競演が訪れた人の五感を満たします。

相河川には、ゲンジボタルとヒメボタルが生息しています。ゲンジボタルは、強い光を放ち、光る間隔も長くとても優雅に。ヒメボタルは、森の中に多く、フラッシュをたいたように発光します。

見頃は、5月下旬~6月上旬。20時~21時頃が、観賞におススメの時間帯です。

※2021年4月23日追記:新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2021年度は開催中止となりました。

■ほたるのふるさと相河川まつり
[開催場所]長崎県南松浦郡新上五島町相河郷 相河川
[開催期間]2021年5月21日(金)~6月6日(日)
[開催時間]20時~21時頃が鑑賞に適した時間
[料金]無料
[アクセス]【車】有川港より約15分
[駐車場]有(無料)
「相河川」の観光ガイドはこちら
「相河川」の口コミ・周辺情報はこちら

※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。
※掲載の価格は全て税込価格です。

ITP47  ITP47

日本を楽しもう!47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪