じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ関東【関東近郊】子どもが楽しめる「イベント&夏祭り」おすすめ20選<2019年最新>

【関東近郊】子どもが楽しめる「イベント&夏祭り」おすすめ20選<2019年最新>

2019.07.11

待ちに待った夏休みの到来!
夏休みの風物詩と言えば、夏祭りが思い浮かびますね。昼は御輿を担ぎ、夜は浴衣に着替えて屋台や出店をハシゴする。夏休みのイベントや花火大会も、親子で一緒に体験し感動できる大切な一コマ!

今回は関東近郊にエリアを絞り、子どもが喜ぶ2019年夏のお祭り&イベントをご紹介します!夏はたくさんのイベントが開催されますが、子連れにオススメなイベントばかりを集めました。編集部による子連れにおすすめポイントもチェックして、ぜひいつもより少し足をのばして遠くにお出かけしてみたり、または夏の家族旅行に組み込んでみてくださいね。。

お祭りやイベントを通して、子どもの新しい一面が発見できるかも!

記事配信:じゃらんニュース

1.第44回 江戸川区花火大会【東京都江戸川区】

国内最大級の富士山仕掛け花火に注目。

第44回 江戸川区花火大会
第44回 江戸川区花火大会
江戸川の夜空に舞う桜吹雪が雄大な富士をさらに彩る

開催日:8月3日(土)※荒天時は8月4日(日)に延期。
時間:19時15分~20時30分
花火の発数:1万4000発
有料席:なし

江戸川区の夏の風物詩的な大規模な花火大会。江戸川の河川敷を舞台に、幻想的な趣のある花火がBGMにあわせて打ち上げられます。江戸川名物の5秒間での1000発打ちによるド迫力のオープニングは圧巻です。

子連れおすすめポイント

駅からのアクセスもよく、広い河川敷に座ってゆったりと見ることができる。

第44回 江戸川区花火大会
[TEL]03-5662-0523 江戸川区花火大会実行委員会事務局(産業振興課内)
[住所]東京都江戸川区江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
[アクセス]都営新宿線篠崎駅より徒歩15分※当日は会場周辺で交通規制あり
「第44回 江戸川区花火大会」の詳細はこちら

2.第60回いたばし花火大会【東京都板橋区】

荒川をはさんで両岸2つの花火大会が同時に楽しめる。

第60回いたばし花火大会
都内最大の尺五寸玉が打ち上げられるのも特徴

開催日:8月3日(土)※小雨決行。荒天時は8月4日(日)に延期。
時間:19時~20時30分
花火の発数:約1万2000発(同時開催される戸田橋花火大会との合算値)
有料席:あり(詳細は大会公式HP参照)

都内最大級の迫力満点の尺五寸玉や、総延長700mに及ぶ関東最長クラスの「大ナイアガラの滝」は必見です。観客席が打ち上げ場所に近いので、おなかにズドンと響くほどの開花音も体験できます。

子連れおすすめポイント

野草広場は打ち上げ場所から離れていて混雑が緩和するためファミリーにおすすめ。

第60回いたばし花火大会
[TEL]03-3579-2255(板橋区観光協会)
[住所]東京都板橋区 荒川河川敷
[アクセス]JR浮間舟渡駅より徒歩20分、都営三田線高島平駅または西台駅または蓮根駅より各徒歩20分
「第60回いたばし花火大会」の詳細はこちら

3.湯河原温泉海上花火大会【神奈川県湯河原町】

湯河原海水浴場沖合の2隻の台船から打ち上げられる。

湯河原温泉海上花火大会
湯煙上がる湯河原温泉を迫力の轟音とともに華麗な花火が彩る

開催日:8月3日(土)※予備日:8月7日(水)
時間:20時~20時30分(予定)
花火の発数:約6000発
有料席:なし

約6000発のスターマインや水中花火、尺玉、ゆたぽんファイブ花火などが、湯河原の夜空を華やかに彩ります。砂浜での鑑賞の他、浄水センター屋上の一般開放もあり、ゆったり楽しめるのもポイントです。

子連れおすすめポイント

海水浴の後の夏の思い出にぴったり。湯河原温泉街に宿泊してのんびり花火を楽しめる。

湯河原温泉海上花火大会
[TEL]0465-63-2111(湯河原町観光課)
[住所]神奈川県湯河原町湯河原海水浴場沖合
[アクセス]JR湯河原駅より箱根登山バス真鶴駅行き7分、海の家より徒歩すぐ※当日は幕山公園通りなどで交通規制あり
「湯河原温泉海上花火大会」の詳細はこちら

4.第45回高崎まつり大花火大会【群馬県高崎市】

360度、どの方向からも迫力ある花火が楽しめる。

毎年数十万人の人が訪れる北関東最大級の大花火大会
毎年数十万人の人が訪れる北関東最大級の大花火大会

開催日:8月3日(土)※小雨決行。荒天時は8月4日(日)に延期。
時間:19時40分~20時30分(予定)
花火の発数:約1万5000発
有料席:あり

通常2時間かけて打ち上げる約1万5000発の花火を50分で打ち上げ
るそのスピード感は爽快かつ豪快です。無料観覧席は打ち上げ場所を取り囲むように周辺の河川敷に設けられているので鑑賞しやすいです。

子連れおすすめポイント

無料観覧エリアのほか、有料観覧エリアもあるので事前に席を確保できる。

第45回高崎まつり大花火大会
[TEL]027-330-5333(高崎まつり実行委員会/高崎観光協会内)
[住所]群馬県高崎市烏川和田橋上流河川敷
[アクセス]JR高崎駅西口より徒歩15分
「第45回高崎まつり大花火大会」の詳細はこちら

5.第55回常総きぬ川花火大会【茨城県常総市】

美しさと迫力は格別。芸術性たっぷりの花火の祭典。

第55回常総きぬ川花火大会
日本を代表する花火師の作品を観に10万人以上が訪れる大会

開催日:8月11日(日・休)※荒天時は8月12日(月・祝)に延期。
時間:18時45分~20時40分
花火の発数:約1万発
有料席:あり(マス席5名1万2000円、イス席1名3500円、プレミアムシート2名1万3000円)

今年は「全国花火名人選抜 新作花火コレクション2019」と銘打ち、全国の実力派花火師による新作花火を打ち上げます。例年大人気のダイナミックな「花火の巨匠~スーパースターマインの競演~」も必見です。

子連れおすすめポイント

右岸(西側)の自由席1500円/人もありゆったり鑑賞することができるのでおすすめ。

第55回常総きぬ川花火大会
[TEL]0297-23-9088(常総きぬ川花火大会実行委員会)
[住所]茨城県常総市鬼怒川河畔、橋本運動公園
[アクセス]電車:関東鉄道水海道駅より徒歩15分。車:常磐道谷和原ICより10分
「第55回常総きぬ川花火大会」の詳細はこちら

6.第25回りんどう湖花火大会【栃木県那須町】

水面を踊る孔雀のような幻想的な水上花火は圧巻。

第25回りんどう湖花火大会
第25回りんどう湖花火大会
湖面を鮮やかに彩る水中・水上花火や大迫力のスターマインも

開催日:8月10日(土)~18日(日)、9月14日(土)、15日(日)※小雨決行。荒天時は中止。
時間:19時30分~20時
花火の発数:約3000発(各日)
有料席:あり1000円~ ※詳細大会HP参照

30万平方メートルの広大なレジャーランド・パーク「那須りんどう湖レイクビュー」で開催される花火大会です。水上・水中花火は必見です。

子連れおすすめポイント

ゆったりと座って見られる有料観覧席あり。早めに購入することをおすすめ。

第25回りんどう湖花火大会
[TEL]0287-76-3111(那須りんどう湖レイクビュー)
[住所]栃木県那須郡那須町高久丙414-2
[アクセス]東北道那須ICより10分
「第25回りんどう湖花火大会」の詳細はこちら

7.第72回築地本願寺納涼盆踊り大会【東京都中央区】

境内に活気あふれる踊り手たちが集結。

第72回築地本願寺納涼盆踊り大会
地元住民だけでなく遠方や海外からも大勢の人が訪れる

開催日:7月31日(水)~8月3日(土)※雨天時中止
時間:19時~21時(最終日のみ18時~20時30分)

築地本願寺の境内に大きな櫓が組まれ、「納涼盆踊り大会」が盛大に開催されます。焼きそば、かき氷などが味わえる昔ながらの屋台や、「盆踊りメドレー」は、子どもも大人も楽しく盆踊りを満喫できます。

子連れおすすめポイント

大江戸助六太鼓の奉納演奏や仮装大会、子どもたちが喜びそうなさまざまな屋台も多数。

第72回築地本願寺納涼盆踊り大会
[TEL]0120-792-048
[住所]東京都中央区築地3-15-1
[アクセス]東京メトロ日比谷線築地駅直結徒歩1分、有楽町線新富町駅より徒歩5分、都営浅草線東銀座駅より徒歩5分、大江戸線築地市場駅より徒歩5分
[駐車場]周辺に有料駐車場あり
「第72回築地本願寺納涼盆踊り大会」の詳細はこちら

8.第53回麻布十番納涼まつり【東京都港区】

麻布十番商店街の街らしさがあふれたお祭り。

第53回麻布十番納涼まつり
麻布十番商店街の街らしさがあふれたお祭り

開催日:8月24日(土)・25日(日)
時間:15時~21時

約300店の地元と全国各地から自慢の名産を集めた地方屋台エリアも大人気です。ヨーヨー釣りや射的、お面販売などが楽しめる子ども縁日のコーナーもある、子どもたちも楽しめる「商店街のお祭り」です。

子連れおすすめポイント

子どもたちが大好きな縁日コーナーもある、こどもふれあい広場(網代公園)がおすすめ。

第53回麻布十番納涼まつり
[住所]東京都港区麻布十番駅商店街一帯
[アクセス]東京メトロ南北線、都営大江戸線麻布十番駅より徒歩すぐ
[駐車場]周辺に有料駐車場あり
「第53回麻布十番納涼まつり」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング