close

【全国】藤の花・藤棚が美しい名所19選。ライトアップや風情ある寺社の春絶景など

2020.01.28

春の絶景の一つ、藤棚・藤の花のきれいな名所を全国から集めました!
桜が見頃を終える4月下旬~5月上旬にかけて、ちょうど見頃を迎える「藤の花」。
滝のように下に垂れさがる紫の花々は、藤棚でしか見られないとても幻想的な風景です!
数週間しか見られない季節の絶景をお見逃しなく!
記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

東北エリア

金蛇水神社 【宮城県】

金蛇水神社
出典:じゃらん 観光ガイド 金蛇水神社

ご神体に「金蛇」を祀り、金運向上や商売繁盛のご利益があるといわれる神社。境内に祀られる東北最大級の弁財天は、芸能・知恵の神であり、七福神にも数えられる福の神です。
樹齢300年を誇り「九竜の藤」と名づけられた見事な藤棚や、1300株の牡丹園など季節の花も楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
名前がユニークだったので金蛇水神社に行ってみました。名前は小鍛冶宗近が金蛇を奉納したことに由来しているそうです。石に浮きだした蛇をなでると金運が上がるそうで、財布で蛇をなでている人がいました。鳥居の向こうには立派な藤棚がありました。牡丹園も隣接していて5月には花まつりが開催されるそうです。
(行った時期:2019年3月)

金運アップの神社です。お財布を蛇の置物に撫でると金運アップするそうです。春は藤の花がたくさん咲いて綺麗です。
(行った時期:2018年5月)

■金蛇水神社
[住所]宮城県岩沼市三色吉字水神7
「金蛇水神社」の詳細はこちら

関東エリア

あしかがフラワーパーク 【栃木県】

あしかがフラワーパーク
出典:じゃらん 観光ガイド あしかがフラワーパーク

白藤のトンネルは栃木県天然記念物に指定されています。
冬季にはイルミネーションが点灯します。

\口コミ ピックアップ/
白藤や黄藤には若干時期が早かったのですが、紫や八重、薄紅の藤は丁度見ごろでした。
時期的に八重桜やつつじも綺麗に咲いていて、爛漫の花を楽しめました。
ライトアップされた藤はたいそう幻想的で、香りもよく、人出は多かったですが、十分楽しめました。
(行った時期:2019年4月)

テレビなどの映像で見てはいましたが、実際に見に行くと思っていた以上に美しかったです。映像では感じられない藤の花の甘い匂いがたちこめており、600畳の壁に咲き誇る白藤が水面に映る景色やライトアップされた紫藤の幻想的な景色は他ではみられません。藤だけではなく、ツツジやシャクナゲも美しく見ていて全く飽きません。
(行った時期:2019年5月)

■あしかがフラワーパーク
[住所]栃木県足利市迫間町607
「あしかがフラワーパーク」の詳細はこちら

ふじの咲く丘 【群馬県】

ふじの咲く丘
出典:じゃらん 観光ガイド ふじの咲く丘

昭和54年、藤岡市の花に制定された『藤』。毎年4月下旬~5月中旬になると『ふじまつり』が開催されます。
見どころはまるでシャンデリアのような250mの藤棚。見本園では45種類の『藤』が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
ゆっくりと観光してきました。とてもきれいな藤の花でした。癒されました。またの機会に、訪れたいと思います。
(行った時期:2016年5月)

■ふじの咲く丘
[住所]群馬県藤岡市藤岡2690-7
「ふじの咲く丘」の詳細はこちら

笠間稲荷神社 【茨城県】

笠間稲荷神社
出典:じゃらん 観光ガイド 笠間稲荷神社

1350有余年の歴史があり、庶民の神様として広く全国より信仰を集め、年間350万人以上の参拝者で賑わう神社。
御祭神は、宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)様です。江戸時代には歴代藩主の厚い崇敬を受けて、社地・社殿などが寄進されました。
今日まで多くの人々に胡桃下稲荷・紋三郎稲荷の名で親しまれています。

\口コミ ピックアップ/
藤の花が地面に着くほど長い!!すごいゴージャス!香りにむせ返りながら写真を撮りまくる人人人!一度は見よう!
(行った時期:2019年4月)

恥ずかしながら存在を知りませんでしたが、行ってみると仲見世のような商店街もあり楽しい場所でした。 稲荷寿しや団子の店は観光地価格ですがそこそこ買いやすい値段ですよ。
(行った時期:2018年3月)

■笠間稲荷神社
[住所]茨城県笠間市笠間1
「笠間稲荷神社」の詳細はこちら

牛島の藤 【埼玉県】

牛島の藤
出典:じゃらん 観光ガイド 牛島の藤

藤花園には樹齢1200年以上といわれる古フジが咲いています。
主幹と認められるものの根元の周囲は3.9m、根元の総周囲は4m以上。棚の総面積は約700平方メートルに及び、その棚の全面から2mもの花房を垂れる様子は実に壮観です。
伝説では弘法大師のお手植えといわれています。

\口コミ ピックアップ/
なんと樹齢1200年以上の藤棚です。とっても美しく咲いています。4、5月が見頃なのでその時期に訪れると良いです
(行った時期:2017年4月)

藤は良い香りで癒されました。混んでいましたが、とても綺麗で良い思い出になりました。また行きたいです。のびのびと楽しめて良かったです。
(行った時期:2017年5月)

■牛島の藤
[住所] 埼玉県春日部市牛島764-2 藤花園
「牛島の藤」の詳細はこちら

妙福寺 【千葉県】

妙福寺の藤
出典:じゃらん 観光ガイド 妙福寺の藤

JR銚子駅から徒歩5分の距離にある妙福寺では、長さ1.5mにもなる見事な藤の花すだれが毎年多くの花見客を楽しませています。
境内には大小4つの藤棚があり、一番大きな藤棚には樹齢750年を越し、根本がまるで龍が寝ているようにみえることから「臥(が)龍(りゅう)の藤」と呼ばれています。
見ごろは4月下旬から5月上旬で、この期間には夜間のライトアップを実施します。

\口コミ ピックアップ/
見事な藤棚に癒されました。駐車場は銚子駅前を利用して、お寺近くの醤油工場見学と一緒に訪問しました。
(行った時期:2019年5月3日)

日蓮宗のお寺です。藤の花が咲く季節ではないのですが、立派な藤棚がありました。お盆の季節なのでお墓参りの人が何組か訪れていました。
(行った時期:2019年8月)

■妙福寺の藤
[住所]千葉県銚子市妙見町1465
「妙福寺の藤」の詳細はこちら

亀戸天神社 【東京都】

亀戸天神社
出典:じゃらん 観光ガイド 亀戸天神社

1662年、九州の太宰府の社にならって造営したのが起源。学問の神として庶民信仰が厚く、「亀戸宰府天満宮」とも称され江戸庶民信仰の本源として関東天神信仰の中枢を占めています。
春は梅花、藤の花、秋は菊花と四季折々の花が天神様を彩ります。
名物のくず餅もおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
藤まつりの開催期間中に訪れました。藤の花が見事に咲き誇り、東京スカイツリーをバックにすると本当に絵になります。まつり期間中とあって沢山の人で賑わっており、屋台も出ていてお祭り気分を楽しめました。
(行った時期:2019年5月)

藤祭りが開催されていたので行ってみました。池の周りに藤棚があって、紫色の藤がきれいに垂れ下がっていました。
(行った時期:2019年5月)

■亀戸天神社
[住所]東京都江東区亀戸3-6-1
「亀戸天神社」の詳細はこちら

東海エリア

豊田熊野記念公園 【静岡県】

豊田熊野記念公園
出典:じゃらん 観光ガイド 豊田熊野記念公園

国指定天然記念物「熊野の長フジ」のある行興寺に隣接する公園。藤棚の総面積は1042平方メートルで、見頃となる4月下旬から5月上旬には花見客で賑わいます。
また、北側に観世流の伝統を踏まえた能舞台のある熊野伝統芸能館がある。

\口コミ ピックアップ/
5月1日出かけました。
少し遅かったようでもう終わり掛けの藤の花でした。
遠目できれいにみれました。顔の横ぐらいの長藤はきれいでした。
(行った時期:2019年5月1日)

色鮮やかで、本当に美しいフジのカーテンを見ることができました。とても幻想的な雰囲気でした。感動しました。
(行った時期:2018年5月)

■豊田熊野記念公園
[住所] 静岡県磐田市池田189-2
「豊田熊野記念公園」の詳細はこちら

岡崎公園 【愛知県】

岡崎公園の五万石藤
出典:じゃらん 観光ガイド 岡崎公園の五万石藤

岡崎公園の西南隅、菅生川を望む所にあって、見事な藤棚を形成しています。

\口コミ ピックアップ/
岡崎公園にある五万石藤。
藤の幹の太さは去ることながら、藤棚の大きさもすごいですね。
藤の房の長さもかなり立派ですよ。
(行った時期:2018年10月)

藤の花を生まれて初めて見たのですが、とても綺麗で感動しました。
4月中旬でどのくらい咲いているか不安でしたがとても綺麗に咲いていました。
紫一色ではなく、白と淡い紫も混じりあい、風がふくと本当に花の甘い香りがしてきます!
近くに自販機やベンチ、お団子や軽食などの売店、トイレもあります。
また岡崎城も近いので観光にもおすすめでした。
(行った時期:2018年4月)

■岡崎公園の五万石藤
[住所]愛知県岡崎市康生町561-1
「岡崎公園の五万石藤」の詳細はこちら

天王川公園 【愛知県】

天王川公園の藤
出典:じゃらん 観光ガイド 天王川公園の藤

天王祭で名高い公園は、花と緑で一杯。九尺フジを始めとする12種の藤棚が5034平方mの広さで迫ります。
棚の下には疎水も流れ情緒満点です。

\口コミ ピックアップ/
見事な藤棚です。
藤棚の長さもかなりあり、散策路も整備されていて
ゆっくり花見ができます。
また、公園の池の付近には屋台が並び、賑やかでした。
(行った時期:2018年5月)

端が見えないほど広大な藤棚で驚きました。岡崎公園の10倍くらいあるんじゃないか?と感じます。
オーソドックスな九尺藤以外にも色の濃いものや白いもの、厚みのある花弁のものなど様々な藤が鑑賞できました。
(行った時期:2018年4月23日)

■天王川公園の藤
[住所]愛知県津島市宮川町1丁目
「天王川公園の藤」の詳細はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。