close

冬こそ見たい「きらめく夜景絶景」ランキング発表!天空のキラキラパノラマ絶景を♪

2020.11.11

街中にイルミネーションが点灯し始める季節。空気が澄んでいる冬だからこそ、より美しく見える「夜景絶景」に注目。なかでも身近にあるタワーや展望台を中心に、この冬行ってみたいスポットについて聞いてみました!

ランキング結果とともに、ベスト10に選ばれたスポットをご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

※この記事は2020年11月2日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

『じゃらん』きらめく夜景絶景ランキング

『じゃらん』きらめく夜景絶景ランキング
【アンケート調査概要】インターネット調査:高さ100m以上のタワーや展望台を中心に画像選択方式によるアンケート/ 調査時期:2020年10月19日(月)~20日(火)/ 調査対象:47都道府県在住 20代~50代男女/ 有効回答数:1,054名(MA)

Q.夜景が楽しめる展望スポットやタワーへでかける際の魅力・決め手ポイントは?

夜景が楽しめる展望スポットやタワーへでかける際の魅力・決め手ポイントは?

「東京スカイツリー(R)」をはじめとした、定番人気スポットが上位を占める結果となりました。その中でも開業1周年を迎えた「SHIBUYA SKY」が5位にランクイン。早くも絶景スポットとして定番化しているようです。また、スポットを選ぶ際の魅力や決め手は、高さよりも360度パノラマ絶景が重視ポイントに。

各スポット・施設ごとに体験型アトラクションやスリル体験など、この冬も楽しめるイベントやツアーが企画されています。ランキング情報を参考にぜひチェックしてみてください。

きらめく夜景絶景ランキング ベスト10のスポットを紹介

1位:東京スカイツリー(R)【東京都】

東京スカイツリー(R)

地上350mの「東京スカイツリー天望デッキ」は、5mを超える大型のガラスを360度配置し、タワーの足元から約70km先までの眺望が楽しめる。

さらに地上450mの「東京スカイツリー天望回廊」では、スロープ状でガラス張りの回廊を、まるで空中散歩しているような感覚を味わいながら最も高い地上451.2mの最高到達点「ソラカラポイント」にたどり着く。

2位:あべのハルカス展望台 ハルカス300【大阪府】

あべのハルカス展望台 ハルカス300

日本一の高さ300mのビル「あべのハルカス」の展望台。東西南北360度を見渡すことができる地上約300mのガラスの回廊からの夜景は一見の価値あり。

また2020年11月13日(金)から、58階「天空庭園」にこたつを設置する『かこむde こたつ』を開催予定。

■あべのハルカス展望台 ハルカス300
「あべのハルカス展望台 ハルカス300」の詳細はこちら

3位:横浜ランドマークタワー 69階展望フロア スカイガーデン【神奈川県】

横浜ランドマークタワー 69階展望フロア スカイガーデン

地上273mにある展望フロアは今年6月にリニューアルオープン。 2階ロビーから日本最高速のエレベーターに乗り約40秒(最高分速750m)で到着し、横浜みなとみらいの風景はもちろん、都心から富士山まで360度のパノラマが楽しめる。

■横浜ランドマークタワー 69階展望フロア スカイガーデン
「横浜ランドマークタワー 69階展望フロア スカイガーデン」の詳細はこちら

4位:東京タワー【東京都】

東京タワー

展望台を有する高さ333mの電波塔。150mのメインデッキからは都心の眺望を堪能。外階段で約600段上る東京タワー名物『オープンエア外階段ウォーク』は夜もオススメ。

また体験型展望ツアー『トップデッキツアー』では、まるで未来都市に訪れたような感覚になれる特別感がポイント。

5位:渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKY【東京都】

渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKY

渋谷上空約230mの展望施設。SHIBUYA SKYは、14階~45階の移行空間「SKY GATE」、屋外展望空間「SKY STAGE」、46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY」の3つのゾーンで構成。

床がライトアップされたSKY EDGEは行列のできる人気のフォトスポット。

■渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKY
「渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKY」の詳細はこちら

6位:神戸ポートタワー【兵庫県】

神戸ポートタワー

港町神戸のランドマーク。優美な形状から「鉄塔の美女」と呼ばれ、広く愛されている。展望室からは神戸の街並みや六甲山の大パノラマを一望。

展望3階には360度を約20分で一周する回転フロア「SAKE TARU LOUNGE」があり、神戸の街並みをゆっくり見ることができる。

7位:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー/スカイデッキ【東京都】

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー/スカイデッキ

海抜250mの屋内展望台と、海抜270mに位置するオープンエア形式の屋上スカイデッキがある展望施設。

東京タワーや東京スカイツリー(R)、晴れていれば富士山も眺められ、スカイデッキでは開放感あふれる大空と大都会の空気を体感できる。

■六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー/スカイデッキ
「六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー/スカイデッキ」の詳細はこちら

7位:通天閣【大阪府】

通天閣

大阪・新世界の中心にそびえる、高さ108mの展望塔。最上部に位置する特別屋外展望台「天望パラダイス」は大阪の景色を存分に楽しめる空間に。

跳ね出し展望台「TIP THE TSUTENKAKU」は先端部分がシースルーでまるで空中浮遊しているような体験ができる。

9位:梅田スカイビル 空中庭園展望台【大阪府】

梅田スカイビル 空中庭園展望台

地上40階建てビル2棟を上部で連結した梅田のランドマークのひとつ。屋上部分「空中庭園展望台」では都会のど真ん中で地上173mの風に触れながら、360度の視界を楽しめるところが最大の魅力。

大阪の街並みや、日本夕陽百選に選ばれた夕景も一望できる。

■梅田スカイビル 空中庭園展望台
「梅田スカイビル 空中庭園展望台」の詳細はこちら

10位:JRタワー展望室タワー・スリーエイト【北海道】

JRタワー展望室タワー・スリーエイト

JR札幌駅の真上38階地上160mにある展望室。広い空と夕暮れからはじまる色彩の移り変わりなど、季節と時間によって変化する風景が見所。

昼も夜も楽しめる360度の大パノラマは、札幌でも人気の夜景スポット。

■JRタワー展望室タワー・スリーエイト
「JRタワー展望室タワー・スリーエイト」の詳細はこちら

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。