close

猫の御朱印がいただける全国の神社・お寺13選「猫の日限定」の御朱印情報も。

2021.02.03

2月22日は「猫の日」。
ということで、今回は、猫をモチーフにした御朱印をいただける神社・お寺をまとめてご紹介します。

「猫の日」だけにしかいただけない限定デザインの御朱印を用意する神社もありますよ!御朱印に興味がある方も、猫好きさんも、ぜひチェックしてみてくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

※この記事は2021年1月29日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

忠猫神社【秋田】

忠猫神社
米を見守る猫の後ろ姿と肉球が朱印となっています!

明治時代に実在していた「忠義な猫」を祀っています。
この「忠猫」は主人や村人たちの米や蚕を守るため、日夜ネズミを退治し続け、村を守る「命の番人」と称えられたそう。猫の死後、地域の守護神となるよう石碑が作られました。
現在は、地元の有志によって石碑は保護され、忠猫神社とともにあります。忠猫神社の御朱印は、猫と稲穂を入れたデザインになっています。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]通年(書き置き対応で日付は入りません)
[御朱印をいただける時間]10時~16時
[授与料]初穂料 300円

■忠猫神社(ちゅうびょうじんじゃ)
[TEL]0182-24-1606
[住所]秋田県横手市平鹿町浅舞字蒋沼125(浅舞八幡神社)
[参拝時間]10時~16時
[アクセス]【電車】十文字駅(JR奥羽本線)よりタクシーで15分【車】横手IC(湯沢横手道路)より15分
「忠猫神社(浅舞八幡神社)」の詳細はこちら
Facebookはこちら

遠野郷八幡宮 摂社 猫神社【岩手】

遠野郷八幡宮 摂社 猫神社
猫神社の御朱印。社務猫だった「オトラ」が描かれている。

岩手県遠野市にある遠野郷八幡宮に平成25年に建立された「猫神社」。社務猫として八幡宮で活躍し生涯を全うした「オトラ」が祀られています。このオトラは、元迷い猫。存命のときは、日々神職と共に参拝を欠かさず、参拝者の先導を務めるなど敬神生活を送っていたそうです。御朱印には、奉納されたオトラサマの絵を元に彫られた版が使用されています。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]通年(書置きのみで対応)
[御朱印をいただける時間]9時~17時
[授与料]1枚100円

■遠野郷八幡宮摂社猫神社(とおのごうはちまんぐう せっしゃ ねこじんじゃ)
[TEL]0198-62-2647
[住所]岩手県遠野市松崎町白岩23-19
[参拝時間]ご自由にお参りいただけます
[アクセス]【電車】JR遠野駅から徒歩30分タクシー5分【車】高速道路遠野インターから10分
「遠野郷八幡宮摂社猫神社」の詳細はこちら

下野大師華蔵寺 【栃木】

下野大師華蔵寺
4つの仏様と猫神様の御朱印5連セット。割り印が猫型。

ご本尊「大日如来」をはじめとした4つ仏様の御朱印は、1種ずつでもいただけますが、4連仏でいただくと割り印が入っています。この割り印が、「合掌」の文字入りの猫型で、可愛いと人気です。
また、「猫神」の御朱印もいただけますが、猫は仏様ではないとの理由から単体ではいただけませんので、ご注意を。現在は、基本の4連仏とのセット授与のみとのことです。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]通年(毎週月曜日、初詣期間などの行事時で限定朱印1種のみの期間、悪天候等で臨時受付中止日を除く)
[御朱印をいただける時間]9時~15時半(平日12~13時は昼休憩の場合有り)
[授与料]2500円(基本4連仏+猫神様の5連セット) 仏様単体500円~(複数組み合わせ可)

■下野大師華蔵寺(しもつけだいしけぞうじ)
[TEL]御朱印に関する電話問合せ不可 ※Twitter,Instagramで急な変更等はお知らせ
[住所]栃木県下野市下古山928-1
[参拝時間]9時~16時(御朱印受付終了15時半)
[アクセス]北関東道壬生インターより車で7分、JR石橋駅からタクシーで5分
「下野大師華蔵寺」の詳細はこちら

世良田八坂神社【群馬】

写真は令和3年1月22日のもの。
写真は令和3年1月22日のもの。

千年以上の歴史ある古社。多種多様な御朱印があることでも有名です。毎月22日を「猫の日」として、猫のスタンプが入った御朱印がいただけます。デザインは月替わりで、その季節らしさが表現されています。現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため22日前後(20~30日頃)に頒布されていて、郵送でも対応しているとのことです。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]毎月22日(※郵送希望の方は公式ホームページから問い合わせください)
[御朱印をいただける時間]※公式ホームページでご確認ください
[授与料]初穂料500円

■世良田八坂神社(せらだやさかじんじゃ)
[TEL]0276-52-2969
[住所]群馬県太田市世良田町1497
[参拝時間]9時~16時
[アクセス]東武伊勢崎線の世良田駅から徒歩15分
「世良田八坂神社」の詳細はこちら

前玉神社【埼玉】

前玉神社
令和3年2月22日の御朱印はこちら。
前玉神社
「猫の日」には境内にある浅間神社の御朱印も猫スタンプが押印されます。

「埼玉」県名発祥の地に鎮座する古社。毎月22日を含む前後数日には、4匹の猫をモチーフにした限定御朱印がいただけます。

2月以外の御朱印は、4匹のうち1匹の猫スタンプを押印。月々順番に登場するそうです。例年2月22日「猫の日」の御朱印は、4匹の猫スタンプすべてが押印された仕様になります!

※令和3年2月22日の特別限定御朱印については、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため社務所での頒布は中止し、郵送頒布のみでの対応。詳しくは公式ホームページをご確認ください。また、緊急事態宣言発出中と令和3年2月22日の参拝はご遠慮ください。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]毎月22日前後1週間
[御朱印をいただける時間]9時~16時(12時~13時は休止)
[授与料]月毎の御朱印400円、毎年2月22日の特別限定御朱印500円

■前玉神社(さきたまじんじゃ)
[TEL]048-559-0464
[住所]埼玉県行田市大字埼玉字宮前5450
[参拝時間]9時~16時
[アクセス]JR行田駅から市内循環バス15分「埼玉古墳公園前」停留所から徒歩7分、またはJR吹上駅から朝日バス(佐間経由)15分
「産業道路」停留所から徒歩25分
「前玉神社」の詳細はこちら

今戸神社【東京】

今戸神社
「招き猫発祥の地」にある今戸神社の御朱印。

今戸神社のある地域は、昔から今戸焼という焼き物が盛んで、「招き猫発祥の地」とされています。境内にも大小たくさんの招き猫が!御朱印にも、招き猫のスタンプを押してもらえます。

浅草七福神の一社である今戸神社。御朱印の左下には、「福禄寿」のスタンプも。福(幸福)と禄(生活・経済の安定)と寿(健康にして長命)の三つの福の神です。ご利益を賜りたいですね。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]通年(現在、書き置きで対応)
[御朱印をいただける時間]9時~ 15時(※変更の可能性あり。公式ホームページでご確認ください)
[授与料]初穂料500円       

■今戸神社(いまどじんじゃ)
[TEL]03-3802-2703
[住所]東京都台東区今戸1-5-22
[参拝時間]※公式ホームページでご確認ください
[アクセス]東京メトロ・都営地下鉄 浅草駅より徒歩15分
「今戸神社」の詳細はこちら

三輪神社【愛知】

三輪神社
令和3年2月3~28日(22日除く)の限定御朱印はこちら(※デザインが変更になる場合があります)
三輪神社
令和3年2月22日限定(※デザインが変更になる場合があります)

三輪神社は八の字にくぐることで3倍のご利益を授かることができる「三輪鳥居」でも知られています。多種多様なカラフルでかわいい御朱印がいただけることでも有名です。
例年2月22日の「猫の日」にあわせて限定御朱印をいただくことができます。この猫御朱印は神社にまつわる「大田田根子(おおたたねこ)」の逸話を知ってもらうために誕生しました。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]2月3日~2月28日。(※2月22日は当日限定のデザインとなります)
[御朱印をいただける時間]9時~17時
[授与料] 片面1体300円、見開き1体700円

■三輪神社(みわじんじゃ)
[TEL]052-241-7468
[住所]愛知県名古屋市中区大須3-9-32
[参拝時間]24時間
[アクセス]地下鉄「矢場町駅」4番出口から徒歩8分、「上前津駅」9番出口から徒歩5分
「三輪神社」の詳細はこちら

龍岳院【愛知】

龍岳院
愛犬、愛猫のお名前が入った御朱印がいただけます。

ペットの菩提寺として、ペット同伴の参拝も可能で、健康長寿が祈願できる。また、お別れした後の供養も。参拝の希望者にはペット御朱印がいただけるそう。
御朱印内の「愛猫リオ」と書いてある部分には、参拝者が飼っているペットの名前が入るとのこと!散りばめられた足跡の印も可愛いです。お寺で飼われている猫・リオ君にも会えるかもしれません。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]通年(指定日のみ)
[御朱印をいただける時間]指定日のみ。日付、時間は龍岳院公式ホームページでご確認ください。
[授与料]納経料300円~

■曹洞宗 金剛山 龍岳院(そうとうしゅう こんごうざん りゅうがくいん)
[TEL]0536-22-1844
[住所]愛知県新城市庭野南植田21−1
[参拝時間]9時~16時
[アクセス]【電車】JR飯田線「新城駅」よりタクシーで約10分もしくは駅徒歩約2km(約30分)【車】東名高速 豊川ICより約20分。第二東名新城ICより約10分
「曹洞宗 金剛山 龍岳院」の詳細はこちら

洞雲寺「寧護大師」【愛知】

洞雲寺「寧護大師」
寧護大師(ねこだいし)の写真の付き御朱印。

馴染みのある動物・猫で、弘法大師の同行二人の心を表現した「寧護大師」(ねこだいし)。
「お大師様の後には私たち、私たちの後にはお大師様」という願いが込められた、表と裏の姿があるそう。写真付きの御朱印には、その姿の両方の姿が収められています。

「寧護」(ねこ)は猫の当て字だそうで、「寧」には「やすらぎ」、「護」には「まもり」の意味が含まれます。手を合わせて、幸せをいただきましょう!

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]通年
[御朱印をいただける時間]7時~17時
[授与料]授与料 500円(御朱印・写真付き)、300円(御朱印のみ)

■洞雲寺(とううんじ)「寧護大師」(ねこだいし)
[TEL]0569-35-2705
[住所]愛知県常滑市井戸田町2-37
[参拝時間]7時~17 時
[アクセス]【電車】名鉄常滑線常滑駅下車、知多バス(上野間行) 南樽水下車、東へ徒歩3分【車】知多半島道路セントレアライン(中部国際空港連絡道路)常滑IC より 10 分
「洞雲寺「寧護大師」」の詳細はこちら

十輪寺【京都】

十輪寺
右がお寺の愛猫・序音ちゃんの御朱印

十輪寺は、平安時代の歌人・在原業平の晩年の住まい跡とされ、春には樹齢200年のしだれ桜、通称「なりひら桜」が美しく咲き乱れます。

注目したいのは、お寺の愛猫・序音(ジョネ)ちゃんをモチーフとした御朱印。季節によって色やデザインが変わり、温かみある風合いが魅力。運がよければ、境内にいる序音(ジョネ)ちゃんに出会えるかも。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]通年
[御朱印をいただける時間]9時~17時
[授与料]300円

■十輪寺(じゅうりんじ)
[TEL]075-331-0154
[住所]京都府京都市西京区大原野小塩町481
[参拝時間]9時~17時
[アクセス]阪急電鉄東向日駅より阪急バス66系統で22分、小塩より徒歩1分
「十輪寺」の詳細はこちら

檀王法林寺【京都】

檀王法林寺
黒い招き猫の御朱印は、毎年12月中のみいただけます

「だんのうさん」の名で親しまれています。
同寺には、主夜神(しゅやじん)尊という神様がまつられており、江戸の中頃からその銘を刻んだ「招福猫」が作られていたといいます。この招き猫が、右手を挙げ、黒色をまとった珍しい様相で、寺社関連の招き猫としては最古のものとする説があるそう。
毎年12月の第1土曜に「招福猫・主夜神大祭」が行われ、秘仏・主夜神像が御開帳されます。それに合わせて、12月中のみ、黒い招き猫の御朱印がいただけます。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]12月1日~12月31日
[御朱印をいただける時間]10時~16時(住職不在時は書置きで対応)
[授与料]300円

■檀王法林寺(だんのうほうりんじ)
[TEL]075-771-0870
[住所]京都市左京区川端通三条上る法林寺門前町36
[参拝時間]10時~16時
[アクセス]京阪電車三条駅下車、8番出口からすぐ
「檀王法林寺」の詳細はこちら

王子神社【徳島】

王子神社
令和2年8月の御朱印。

地元では「猫神様」や「猫神さん」と呼ばれている王子神社。合格祈願や開運、良縁、商売繁盛の神様として知られ、崇敬されています。
御祭神が猫で、神社内には招き猫がたくさんあります。御朱印にも、季節ごとのイベントや行事にちなんだポーズをとる猫のスタンプが。デザインは月によって替わります。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]月替わりのため各月1日から末日まで
[御朱印をいただける時間]9時20分~16時40分まで
[授与料]300円

■王子神社(おうじじんじゃ)
[TEL]0886-68-6915
[住所]徳島県徳島市八万町向寺山55-1 文化の森総合公園内
[参拝時間]9時~17時
[アクセス]【バス】JR徳島駅より徳島市営バス文化の森行25分、終点よりすぐ【車】徳島道徳島ICから20分
「王子神社」の詳細はこちら

福良天満宮【大分】

福良天満宮
年月日は猫文字。元号の「三」がマスクを着用した猫に!感染予防対策を呼びかけます。
福良天満宮
通常いただける御朱印にも、猫がいます。

大分県臼杵市に鎮座する福良天満宮。その境内に「赤猫」を祀る「招霊赤猫社」が建立されています。実はこの「赤猫」、明治時代初期に活躍し「経済の達人」と言われた商人・大塚幸兵衛さんの愛称だそう。招福・笑福・商福(幸せ・笑顔・商売上手)の三つの福を招きます。

通常の御朱印にも赤猫の朱印が入りますが、2020年から始まった「猫の日(2月22日)」限定の御朱印は口コミで人気に。限定御朱印は、赤猫こと大塚幸兵衛さんの御子孫がイラストをデザインしたスタンプが中央に押印されています。

御朱印データ
[御朱印をいただける期間]通常御朱印は通年。「猫の日限定御朱印」は2月22日のみ。
[御朱印をいただける時間]通常8時~17時。2月22日は6時半~18時頃
[授与料]500円、2月22日は福猫茶(無料)付き

■福良天満宮 招霊赤猫社(ふくらてんまんぐう おがたまあかねこしゃ)
[TEL]0972-63-2739
[住所]大分県臼杵市福良211
[参拝時間]24時間
[アクセス]【電車】JR「上臼杵駅」下車徒歩5分【車】九州道臼杵ICから約5分
「福良天満宮 招霊赤猫社」の詳細はこちら

まとめ

2月22日の「猫の日」を前に、猫モチーフの御朱印がいただける全国の神社やお寺をご紹介しました。
猫が御朱印のモチーフになった理由もそれぞれ違っており、興味深いです。各神社・お寺をお参りできた際には、由来を詳しく知るのも楽しそうです。現在、御朱印を郵送でいただけるところもあります。ありがたい猫御朱印をいただき、ご利益をいただけるといいですね♪

※新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。