close

【全国】自然を感じる絶景温泉宿10選!貸切風呂や客室露天から最高の景色を<2021>

2021.05.01

柔らかな陽光が樹々を照らす、新緑が美しい季節がやってきました。今回はこの季節におすすめ、緑も名湯も独占できる絶景温泉宿を紹介します。

貸切風呂や客室露天なら、名湯も最高の景色も自分達だけのものに!心地よい温泉にどっぷりと浸かりながら、新緑輝く自然でリフレッシュ、そんな至福の時間を過ごしに出かけませんか?

※この記事は2021年1月29日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

土湯別邸 里の湯【福島県福島市】

国定公園の渓谷にひそむ渓流脇の露天を目指して。

土湯別邸 里の湯

天を衝く杉木立の中をめぐる、本館から続く56段の回廊。進むたび響きを増す沢音に誘われて下ってゆくと、露天風呂が待っている。

土湯別邸 里の湯
土湯別邸 里の湯
貸切露天「深碧」の2つの湯船に源泉100%かけ流しの温泉が注ぐ

原生林のただ中で産ヶ沢を前に温泉に浸かれば、心身がとろけるよう。

荒川と産ヶ沢、2本の渓流に狭まれた敷地は磐梯朝日国定公園の一部。草花やリス、野鳥が彩る散策路を歩くと湧水が注ぐワサビ田も目の前に。

散策後は渓流脇をはじめ計3カ所にある貸切風呂や、古代檜風呂または露天風呂を備えた客室で温泉入浴をどうぞ。

[グリーンシーズン]5月中旬~9月中旬

■土湯別邸 里の湯
[TEL]024-595-2146
[住所]福島県福島市土湯温泉町悪戸尻27-2
[料金]1泊2食付き3万8000円~(入湯税込み)
[アクセス]【電車】東北新幹線福島駅東口より福島交通バス土湯温泉行きバスで40分、終点より予約制無料送迎車で5分【車】東北道福島西ICより20分
[駐車場]20台
「土湯別邸 里の湯」の詳細はこちら

渓流の宿 渓山【福島県会津若松市】

渓谷に迫り出すような特等席に陣取り湯浴みを。

渓流の宿 渓山

うっそうとした緑が縁取る小道を歩き、石段を下りて湯小屋へ。

渓流の宿 渓山

脱衣所を抜けると大川渓谷に落ち込む階段の下に露天風呂が見える。展望台さながらの湯船に手足を伸ばし、ダイナミックな渓谷美を見渡そう。

渓流の宿 渓山
貸切露天風呂は岩造りの「豊月の湯」と檜造りの「朝霧の湯」の2つ
渓流の宿 渓山
特別室は渓流を見下ろす源泉100%かけ流しの風呂付き

上流部に景勝地・塔のへつりを抱える大川渓谷に面し、先客がいなければ自由に使える貸切露天風呂と全客室から、豊かな緑が覆う渓谷が見渡せる。

食事には自家栽培の会津コシヒカリや野菜が用いられ、打ちたての地粉そばも名物。瀬音が響く客室で召しあがれ。

[グリーンシーズン]5月上旬~9月下旬

■渓流の宿 渓山
[TEL]0242-92-2031
[住所]福島県会津若松市大戸町大字芦ノ牧下夕平984-3
[料金]1泊2食付き1万6500円~※入湯税別途150円
[アクセス]【電車】会津鉄道芦ノ牧温泉駅より予約制無料送迎車で10分【車】磐越道会津若松ICより35分
[駐車場]10台
「渓流の宿 渓山」の詳細はこちら

温泉山荘 だいこんの花【宮城県蔵王町】

薫風が運ぶさえずりを耳に、森に溶け込む癒やしの時間。

温泉山荘 だいこんの花

蔵王の火口湖・お釜を水源とする、渓流沿いの森に隠れた貸切露天風呂「通り雨」。自家源泉100%かけ流しの温泉と緑の木々、葉を揺らす野鳥やリスの気配が五感を心地よく刺激する、極上の時間が過ごせる。

温泉山荘 だいこんの花
温泉山荘 だいこんの花

貸切露天風呂は4カ所に点在し、空いていれば自由に利用可能。眼下の渓流から瀬音が響く「雪待ち」など趣様々。

温泉山荘 だいこんの花
川沿いに高床式の客室が5室
温泉山荘 だいこんの花
蔵王連峰を望む客室「えぼし岳」。露天風呂付き客室は13室

約1万坪の森に、4つの無料貸切露天風呂や自家菜園、18室の離れ客室などが点在。客室のしつらえは様々だが、いずれも自然に寄り添う造り。

どこにいても緑の息吹を感じる環境に加えて、自家菜園や地元の新鮮な野菜を主役にした食事にも元気付けられる。

[グリーンシーズン]4月下旬~10月上旬

■温泉山荘 だいこんの花
[TEL]0570-04-1155
[住所]宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉北山21-7
[料金]1泊2食付き4万3450円~※入湯税別途150円
[アクセス]【電車】東北新幹線白石蔵王駅より宮城交通バス白石遠刈田線で47分、終点より徒歩15分【車】東北道白石ICより30分
[駐車場]18台
「温泉山荘 だいこんの花」の詳細はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。