close

【絶対喜ばれる!山口県の人気お土産20選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

2017.07.04

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

今回のベスト10は、本州最西端の山口県。錦帯橋や岩国、城下町の町並みが美しい萩、鍾乳洞が点在する秋吉台など個性的なエリアが多数あります。

人気のお土産には、あの人気の日本酒や郷土菓子、日本海の海の幸を使ったものなどバラエティ豊かなものがランクイン。その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!さっそくチェックを!

記事配信:じゃらんニュース

【10位】磯漬粒うに

磯漬粒うに

日本海で水揚げされた直後の馬糞ウニに食塩を加え、水切りした後にアルコールを加えて瓶詰めにしたもの。瓶詰め後、時間の経過とともに風味が増し、濃厚な味わいが楽しめる。「アツアツのごはんに乗せて食べると、恐ろしく食が進む」「磯の香が食欲をそそる」などのコメントが寄せられ、ご飯のお供にしたい贅沢な逸品。日持ちするのも◎。

■磯漬粒うに
[価格]2200円(1瓶60g)
[販売元]長門海産

【9位】ふく茶漬け

ふく茶漬け

山口県では縁起をかついで「ふぐ」を「ふく」と呼び、ふく茶漬けはその名の通りふぐのお茶漬け。熱いお茶を注ぐだけで、手軽に高級魚の味わいを楽しめる。ふぐの豊かな旨味が凝縮され、柚子や海苔の香りと相まって食欲をそそる。お好みで、わさびや梅干しを添えてどうぞ。

■ふく茶漬け
[価格]540円(5袋)
[販売元]国近商店

【8位】国産ふぐ一夜干し

国産ふぐ一夜干し

国産天然物のふぐを3枚におろし、一夜干ししたもの。ふぐの骨で出汁をとり、国産の塩・砂糖・天然酵母を加えた秘伝の調味液にふぐを漬け込んで仕上げた贅沢な一品だ。肉厚で上品な旨味がある。表面に少し焦げ目がつく程度に焼いてそのまま食べるのはもちろん、天ぷらや唐揚げ、炊き込みごはんの具にしても美味。

■国産ふぐ一夜干し
[価格]1080円(120g)
[販売元]ヱビス

【7位】新川(しんせん)

新川

近海で水揚げされたばかりの新鮮な白身魚をすり身にし、天然の麦わらで包んで蒸したかまぼこ。蒸すことで白身魚の淡くふっくらとした甘味が存分に引き出されている。「歯ごたえがあっておつまみに最」「一度食べると他の蒲鉾は食べられなくなるほど絶品」などのコメントにもあるように、ちょっと贅沢なかまぼことして愛されている。

■新川
[価格]648円(1本)
[販売元]宇部蒲鉾

【6位】山焼きだんご

山焼きだんご

山焼きだんご

柔らかな餅に香ばしいきな粉をまぶしたお団子。山口県の国定公園秋吉台で、毎年2月に行われている山焼きの時に、地元民が手弁当にしていたきな粉団子がモチーフ。串刺しになった3つの団子が個包装になっていて手渡しやすい。しっとり、どこか懐かしい味わいに、「子供の頃から慣れ親しんだ味」「程よい甘さと量で幅広い年代の方にオススメ」などのクチコミが寄せられた。

■山焼きだんご
[価格]1,080円(20串)
[販売元]きれん製菓

【5位】利休さん

利休さん

茶会のお茶請けに出された黄金色の素朴な饅頭を、戦国時代~安土桃山時代の茶人であった千利休が喜んだことから名付けられた一口サイズの利休饅頭「利休さん」。白いんげん豆の白餡、小豆餡の2種がある。「小粒で、いくつでも食べられる」「一口サイズで食べやすい」などのクチコミにあるように、定番の美味しさが愛されている。

■利休さん
[価格]540円(16個)
[販売元]吹上堂

【4位】生絹豆子郎(すずしとうしろう)

生絹豆子郎

山口外郎をもとに、試行錯誤によって生まれたお菓子。小豆と抹茶の風味があり、それぞれ大納言と白小豆が隠れている。「生絹」と書いて「すずし」。柔らかで、絹のような滑らかな口溶けが特徴だ。「滑らかな食感で上品さを感じる」「つるっとした食感」など、独特の食感を称えるクチコミが集まった。

■生絹豆子郎
[価格]130円(1本)
[販売元]豆子郎

【3位】御堀堂の外郎(みほりどうのういろう)

御堀堂の外郎

御堀堂の外郎

室町時代、福田屋で初めて作られたといわれている山口外郎(ういろう)。米粉が使われることが多い他地方のものと異なり、わらび粉を主原料に、小豆餡、小麦粉、砂糖などを合わせて蒸しあげている。独特のとろりとした食感が特徴で、古都・山口を行き交う人々に愛されてきた。

■御堀堂の外郎
[価格]1123 円(5本)
[販売元]御堀堂

【2位】月でひろった卵

月でひろった卵

月でひろった卵

ふっくらカステラに、とろけるクリームが包まれた蒸し菓子。山口県産牛乳と卵、国産和栗を使い、工場地下から湧き出る名水「琴名水(きんめいすい)」で蒸しあげている。まろやかで優しい味わいで、クリームの中の刻み栗が食感のアクセントに。「ふわふわトロッとして美味しい」「どこに持っていっても喜ばれる」など、県民から愛されているのがわかるコメントが多数寄せられた。

■月でひろった卵
[価格]1600円(8個)
[販売元]果子乃季

【1位】獺祭

獺祭

獺祭

山口県の旭酒造が作る日本酒。「酔えばいい、売れればいい酒ではなく、おいしい酒・楽しむ酒」を目指して造ら、日本酒ブームの牽引役ともいわれている。 看板商品の「純米大吟醸磨き二割三分」は23%という極限まで磨いた山田錦を使用。きれいな蜂蜜のような甘みとすっきりしながらも長く続く余韻が特徴。山田錦を50%まで磨いた「純米大吟醸50」は新鮮な味と繊細な香りが絶妙なバランスを手軽に味わえる。

■獺祭
[価格]純米大吟醸50 1539円(720ml)、純米大吟醸磨き二割三分 5142円(720ml)※箱代は別途75円
[販売元]旭酒造

このランキングについて

旅のプロ・じゃらん編集部が取材と現地最新情報をもとに人気の食品土産を20種ピックアップ。そのリストの中から「美味しい」と思うもの5つを地元民に選んでもらい、合計得票数でベスト10を決定した。

【調査概要】
アンケート期間:2016年4月15日(金)~4月17日(日)
対象:山口県在住の20~69歳の男女
有効回答数:100件
調査内容:地元民が他県の方におすすめしたいご当地の美味しいお土産調査
調査方法:インターネットによるアンケート

>次のページからは「~定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報~」

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード