新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ京都府【2020】京都のあじさい名所おすすめ6選!定番スポットを厳選!

【2020】京都のあじさい名所おすすめ6選!定番スポットを厳選!

2020.04.27

雨が続いてじめじめする時期でも、しっとり潤って色よく咲き誇るあじさいを見たら、雨の季節もいいなあと、なんだか嬉しくなってきますよね。
特に、街にも山にも神社仏閣の多い京都には、紫陽花の名所があちこちにあります!

今回は、京都のおすすめあじさいスポットを紹介します。

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

円満院

円満院
出典:じゃらん 観光ガイド 円満院

境内には1500株のアジサイが植えられており、あじさい寺とも呼ばれ、開花期には色とりどりのアジサイが咲き乱れる。

\口コミ ピックアップ/
円満院を見に行きました。とても花が綺麗で、是非見に行くことをお勧めします。ゆっくり過ごすことができました。
(行った時期:2018年6月)

■円満院
[住所]京都府福知山市夜久野町畑879
「円満院」の詳細はこちら

三室戸寺のアジサイ

三室戸寺のアジサイ
出典:じゃらん 観光ガイド 三室戸寺のアジサイ

三室戸寺は、約1200年前に創建されたといわれる本山修験宗の別格本山です。平安時代から広まった観音信仰の西国三十三ヶ所巡礼の十番札所として現在も多くの人が訪れています。花の寺として有名で、広い境内に50種・約1万株のアジサイが咲き誇ります。

\口コミ ピックアップ/
紫陽花の名所で有名な宇治にあるお寺です。混み合うかと思い早めにいきましたが、かなりの人でした。雰囲気がよく 紫陽花も美しかったです。
(行った時期:2018年6月)

■三室戸寺のアジサイ
[住所]京都府宇治市菟道滋賀谷21
「三室戸寺のアジサイ」の詳細はこちら

三千院

三千院
出典:じゃらん 観光ガイド 三千院

天台五ヶ室門跡の一つ。国宝の阿弥陀三尊を安置する往生極楽院(重文)が建つ有清園は、杉木立と苔が素晴らしい。春は桜とシャクナゲ、夏はアジサイ、秋の紅葉、そして雪景色と移ろいゆく四季が美しい。

\口コミ ピックアップ/
お庭が素晴らしかったです。子供のお地蔵さんがとてもかわいらしく、何枚も写真を撮ってしまいました。
散策にぴったりのお寺でした。
(行った時期:2019年11月)

アジサイがとてもきれいでした。
点在しているお地蔵さんもかわいくてよかったです。
楽しみながら観光できると思います。
(行った時期:2018年6月)

■三千院
[住所]京都府京都市左京区大原来迎院町540
「三千院」の詳細はこちら

善峯寺

善峯寺
出典:じゃらん 観光ガイド 善峯寺

西国三十三ヶ所札所めぐりの第20番札所。樹齢600年以上の五葉松で全長38メートルに及ぶ天然記念物の遊龍松がある。

\口コミ ピックアップ/
善峯寺は西国三十三箇所霊場の第20番札所として知られる古刹で、西山連峰に位置している。善峯寺は桜と紅葉、さらには松でも有名だが、アジサイもよい感じで、実は京都でも一、二を争う規模のあじさいの名所である。
(行った時期:2019年6月16日)

マイカーで所々狭小な山道を上って駐車場へ到着。西国三十三か所巡りで訪れましたが、春先でしたら紫陽花がきれいだろうと思われます。徳川5代将軍の生母である桂昌院ゆかりのお寺で散策コース内の展望台からは京都市街が一望できます。吹く風に疲れを癒しながらしばし景色に見とれていました。皆さま紹介されていますが、天然記念物の遊龍の松は長さ50mの枝ぶりをほこり一見の価値ありです。
(行った時期:2018年9月16日)

■善峯寺
[住所]京都府京都市西京区大原野小塩町1372
「善峯寺」の詳細はこちら

藤森神社

藤森神社
出典:じゃらん 観光ガイド 藤森神社

\口コミ ピックアップ/
たくさんの紫陽花が見られる時期に訪れました。
とてもきれいでうっとりしました。
建物も歴史を感じさせられる立派な神社です。また訪れたいと思います。
(行った時期:2019年6月)

いつかは寄りたいと思いつつ、いつもは前を素通りしていたのですが、やっと参拝する事が出来ました。
思っていたより境内が広くてビックリしました。紫陽花祭りもほぼ終わりでしたが、紫陽花苑特別御朱印も頂くことが出来たので良かったです。お馬さんのゆるみくじも可愛いです♪
(行った時期:2019年7月2日)

■藤森神社
[住所]京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609
「藤森神社」の詳細はこちら

梅宮大社

梅宮大社
出典:じゃらん 観光ガイド 梅宮大社

酒造の神、子授,安産の神として知られ,またげ石や産砂の風習が伝わる。神苑は、かきつばた、梅、つつじなど季節を通じて楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
家族で、梅宮大社に先日行って来ました。ネコが沢山いて和める感じです。最近、ネコを街中で余り見る機会がないので、とてもくつろいじゃいました。車で行く際は、駐車場がせまいので、混んでない時間帯が、いいと思います。
(行った時期:2019年3月9日)

音楽と書かれたお守りがあるので、行って来ました。
猫の神社でも有名のようです。
たくさんの猫がいました。
猫好きな方はオススメだと思います。
(行った時期:2018年8月30日)

■梅宮大社
[住所]京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
「梅宮大社」の詳細はこちら

※この記事は2020年4月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※見頃時期や開花情報については公式ホームページ等で事前にご確認ください
※旅行・お出かけの際は、安全、体調に十分に配慮しましょう。お出かけの際は公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関西
京都府
この記事に関連するキーワード
観光スポット
絶景
あじさい