close

【2020最新】関西の「絶景紅葉スポット」おすすめ45選。名所や穴場の見頃情報も

2020.10.06

圓光寺【京都府京都市】

視界一面が錦色に輝く庭を完全予約制でゆっくりと。

圓光寺
カラフルな色彩が競演。晩秋の散りモミジも息を呑むような美しさ
圓光寺
お地蔵さんもにっこり笑って紅葉狩り♪

例年、朝イチのみ予約制だった秋の特別拝観が、今年は全時間帯予約制に。紅葉で華やぐ「十牛之庭」をゆるりと散策したら、枯山水「奔龍庭」や、高台から見渡す洛北の眺望も必見。

見頃

11月中旬~12月上旬

■圓光寺
[TEL]075-781-8025
[住所]京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
[営業時間]9時~17時閉門
[定休日]なし
[料金]拝観料大人500円、中高生400円、小学生300円
[アクセス]【車】名神京都南ICより30分
[駐車場]30台(期間中は体の不自由な方、シニアのみ利用可)

<秋の特別拝観>
[予約開始時期]受付中
[期間]11月15日(日)~12月10日(木)
[時間]8時~17時閉門
[予約方法]公式HP
[料金]大人1000円、小中高生500円
※今年は、拝観入場者数を例年の30%程度に制限
※滞在は1時間程度でお願いします
※マスクの着用、手指消毒をお願いします
「圓光寺」の詳細はこちら
「圓光寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

詩仙堂 丈山寺【京都府京都市】

白砂、緑、赤い紅葉の美しい3色コントラスト。

詩仙堂 丈山寺
書院から。サツキの刈込みの奥に燃えるような紅葉が!

江戸時代の文人・石川丈山が晩年を過ごした山荘跡。イロハモミジ、ヤマモミジなど約50本の紅葉が彩る唐様庭園は、ししおどしの音が時折響いて風流。庭園内も自由に散策OK。

見頃

11月中旬~下旬

■詩仙堂 丈山寺
[TEL]075-781-2954
[住所]京都府京都市左京区一乗寺門口町27
[営業時間]9時~17時(最終受付16時45分)
[定休日]5月23日
[料金]拝観料大人500円、高校生400円、小中学生200円
[駐車場]なし
「詩仙堂 丈山寺」の詳細はこちら
「詩仙堂 丈山寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

貴船神社【京都府京都市】

風流な京の奥座敷で、秋を愛でつつ三社詣を。

貴船神社
本宮の龍船閣では、椅子に座りながら壮大な紅葉美に浸って

「水の神」「縁結びの神」で知られ、本宮・中宮の結社・奥宮の三社詣をするのが古くからの習わし。秋は艶やかな紅葉に包まれて神秘的な雰囲気に。秋限定の「もみじ守」(700円)も。

見頃

11月上旬~中旬

■貴船神社
[TEL]075-741-2016
[住所]京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
[営業時間]6時~20時(授与所9時~17時)※季節変動あり
[定休日]なし
[料金]拝観無料
[アクセス]【車】名神京都南ICより50分
[駐車場]25台

<貴船 もみじ灯篭>
[期間]11月7日(土)~11月29日(日)
[時間]日没~21時
[料金]観賞無料
「貴船神社」の詳細はこちら
「貴船神社」のクチコミ・周辺情報はこちら

白龍園【京都府京都市】

14時以降は50名限定!郷愁誘う紅葉美を贅沢に。

白龍園
趣の異なる5つの東屋が点在。「鴬亭(うぐいすてい)」は、茅葺屋根と燃え立つ紅葉とが優美に調和
白龍園
東屋から見る紅葉は、壮麗な秋を描いた一幅の絵画のよう!

安養寺山麓に手作りで開山された通常非公開の庭園。苔むす石段や東屋、紅い太鼓橋などが錦秋の紅葉と調和し、息をのむ美しさ。1日50名限定の個人予約で、心静かに観賞を。

見頃

11月中旬~下旬

■白龍園
[TEL]075-311-8988(青野株式会社)※受付は土日祝を除く9時~17時
[住所]京都府京都市左京区鞍馬二ノ瀬町106
[営業時間]10月15日(木)~12月3日(木)一般観覧(予約不可)10時~14時(最終入園13時30分)
[定休日]荒天日、貸切日
[料金]一般観覧(予約不可)10月1300円、11月1600円、12月1300円
[駐車場]なし

<2020 白龍園 秋の特別観覧>(個人予約)
[予約開始時期]受付中 ※期間中実施されない日もあり(未定)
[期間]10月15日(木)~12月3日(木)
[時間]14時~16時(最終入園15時30分)※1日50名
[予約方法]往復はがき(先着順)※詳細は公式HPで要確認
[料金]個人予約10月2300円、11月2800円、12月2300円
「白龍園」の詳細はこちら

総本山 智積院【京都府京都市】

鐘楼堂を華麗に染める燃えるような紅葉美。

総本山 智積院
鐘楼堂を飾る紅葉。周辺の苔を彩る散りモミジも◎
総本山 智積院
不動明王御宝前にてお加持された「疫病退散御守札」

見頃

11月中旬~12月上旬

クチコミ

境内自由エリアの参道を彩る紅葉が素晴らしいです。11月下旬頃には、金堂前や鐘楼堂付近の紅葉が真っ赤に染まり、朝日と夕日を浴びると燃え立つよう!

■総本山 智積院
[TEL]075-541-5361
[住所]京都府京都市東山区東大路七条下ル東瓦町964
[営業時間]9時~16時30分(最終受付16時)
[定休日]12月29日~31日
[料金]10月10日~11月29日は大人1000円、中高生500円(古文化保存協会特別公開時のため特別料金)※通常時は大人500円、中高生300円、小学生200円)
[アクセス]【車】名神京都南ICより17分
[駐車場]50台
「総本山 智積院」の詳細はこちら
「総本山 智積院」のクチコミ・周辺情報はこちら

日向大神宮【京都府京都市】

石段の上から見下ろすと そこは光り輝く紅葉の別世界。

日向大神宮
東山の中腹に佇む。南向きなので、昼頃から陽光が差して幻想的に
日向大神宮
「紅葉厄除根付御守」700円。紅葉の赤色は、魔除け・厄除けの色でもあるとか

見頃

11月下旬~12月上旬

地元ツウのクチコミ

石段の脇から覆い被さるようなイロハモミジの大木が圧巻です。石段の上から鳥居越しに眺めると、太陽の光を浴びて紅葉がキラキラと輝き、日向という社名にふさわしい雰囲気にあふれます。

■日向大神宮
[TEL]075-761-6639
[住所]京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
[営業時間]拝観自由、社務所9時~17時(現在、コロナ対策の為10時~14時)
[定休日]なし
[料金]拝観無料
[アクセス]【車】京都南ICより30分
[駐車場]5台
「日向大神宮」の詳細はこちら
「日向大神宮」のクチコミ・周辺情報はこちら

養源院【京都府京都市】

赤やオレンジ色に煌めく参道の紅葉トンネル。

養源院
写真の参道までは7時の開門で無料で参拝可。朝イチはほぼ貸切状態

見頃

11月下旬~12月上旬

クチコミ

伏見城の遺構の血天井で有名ですが、実は紅葉も見事です。山門をくぐると石畳の参道が続き、多彩な彩りの紅葉が迎えてくれます。雨上がりの散りモミジも美しいですよ。

■養源院
[TEL]075-561-3887
[住所]京都府京都市東山区三十三間堂廻り町656
[営業時間]9時~16時
[定休日]1月21日、5月21日、9月21日、12月31日、法事による臨時休業あり
[料金]拝観料大人600円、中高生500円、小学生300円
[アクセス]【車】名神京都南ICより15分
[駐車場]なし
「養源院」の詳細はこちら
「養源院」のクチコミ・周辺情報はこちら

清水寺【京都府京都市】

紅葉の雲海に浮かぶ舞台!今年は新しい屋根も必見。

清水寺
奥の院から眺める本堂と紅葉の絶景(写真の屋根は葺き替え前。舞台の足場など一部工事中の場合あり)※写真はイメージ

約1000本の紅葉が境内を華麗に彩る。今年は、50年ぶりに葺き替えられた本堂の檜皮葺屋根と紅葉との競演が見モノ。重要文化財の仁王門や三重塔の優美な秋景色も忘れずに。

見頃

11月中旬~12月上旬

■清水寺
[TEL]075-551-1234
[住所]京都府京都市東山区清水1-294
[営業時間]6時~18時閉門※季節変動あり
[定休日]なし
[料金]拝観料高校生以上400円、小中学生200円
[アクセス]【車】名神京都南ICより25分
[駐車場]なし

<秋の夜間特別拝観>
[営業時間]2020年11月18日(水)~11月30日(月)17時30分~最終受付21時
[料金]高校生以上400円、小中学生200円
「清水寺」の詳細はこちら
「清水寺」のクチコミ・周辺情報はこちら

朱雀の庭(梅小路公園)【京都府京都市】

闇夜に浮かびあがる色鮮やかな紅葉の水鏡。

朱雀の庭(梅小路公園)
池の周辺には築山が配され、約100本のイロハモミジが色づく

見頃

11月中旬~12月上旬

クチコミ

一番の見どころは、池の水面に映る紅葉の美しさです。黒御影石の上に1cmだけ水を張るという独自の工夫で、驚くほど鮮明に。特にライトアップは必見です。

■朱雀の庭(梅小路公園)
[TEL]075‐352‐2500
[住所]京都府京都市下京区観喜寺町56-3
[営業時間]9時~17時(最終入園16時30分)
[定休日]月(祝日の場合は翌平日)
[料金]入園料小学生以上200円
[アクセス]【車】名神京都南ICより10分
[駐車場]なし

<紅葉まつり>
[期間]11/13(金)~11/29(日)予定 ※11/16(月)・24(火)は休み
[時間]17時~21時(最終入園20時30分)
[料金]中学生以上400円、小学生200円
※新型コロナウイルスの影響で中止になる場合あり
「朱雀の庭(梅小路公園)」の詳細はこちら
「朱雀の庭(梅小路公園)」のクチコミ・周辺情報はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

tag

この記事に関連するキーワード