新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛の要請が行われています。
ご利用の際には、予め最新の情報をご確認ください。
また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ北陸一度は行きたい【北陸】感動絶景27選!観光やデートにおすすめ!

一度は行きたい【北陸】感動絶景27選!観光やデートにおすすめ!

2020.02.23

旅行の魅力といえば、その土地ならではの美しい景色を堪能することではないでしょうか。
今回は「北陸」の絶景スポットを厳選してご紹介します!
「みくりが池」や「瓜割の滝」など、自然の美しい景色を見て感じて、日常の慌ただしさを忘れて心も体もリフレッシュしちゃおう!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

富山県の絶景スポット

黒部ダム

黒部ダム

映画「黒部の太陽」で知られる、富山県黒部川上流に建設された日本を代表するアーチ式コンクリートダム。周辺は3000m級の山々に囲まれており、四季折々の自然の表情を楽しむことができる観光地です。
6月下旬~10月中旬に限られているダムからの放水は、日本一の高さから毎秒10立法メートル以上にもなるもので、その迫力は見事の一言!

\口コミ ピックアップ/
写真や公式サイトを閲覧して、黒部ダムの凄さは分かっていましたが、実際に見て改めて驚かされました。この驚きは実際に見て体験されて下さい。
因みに雨が降っていても、天候が変わって雨が止む事もあります。
天候が悪くても希望は捨てずに、怪我に気を付けて観光されて下さい
(行った時期:2018年9月)

目的の黒部ダムに到着です。観光放水をしており迫力満点でした。晴天で虹もかかっていて、ここまで来た甲斐がありました。
(行った時期:2019年7月)

■黒部ダム
[住所]富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外1
「黒部ダム」の詳細はこちら

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道

宇奈月から欅平まで全長約20km。黒部峡谷を走り抜けるトロッコ電車。黒部万年雪や出六峰、人喰岩などの景勝地やダム湖など見所も多く、訪れる人々の目を楽しませている。普通客車は窓がないオープン型で、その自然美、スリルは想像を絶するほどだ。新緑や紅葉のシーズンは特に美しく、観光客でにぎわう。

\口コミ ピックアップ/
終点欅平駅から散策する景色が素晴らしかったです。
ちょうど紅葉見頃で山々が錦色に輝いていて、しかも晴れていたので上流側には唐松岳も見えました。
(行った時期:2019年11月)

黒部峡谷をゆっくり走るトロッコ電車。普段は慌ただしい通勤電車ばかり乗っている身にとっては、とっても新鮮な感覚で癒されました。赤い橋を渡ると対岸に見えたお宿の方が手を振っているのが見えました。ほのぼのして旅行気分が盛り上がりました。
(行った時期:2018年8月)

■黒部峡谷鉄道
[住所]富山県黒部市黒部峡谷口11番地
「黒部峡谷鉄道」の詳細はこちら

立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルート

富山市から長野県信濃大町まで続く道のりは「立山黒部アルペンルート」と呼ばれ、雄大な山々の大パノラマを楽しめる国際的な山岳観光ルートとなっている。立山駅からは、立山ケーブル、高原バスを乗り継いで立山室堂まで。そこから雄山登山をするのもよし、黒部ダムまで行くもよし。楽しみ方は自由自在だ。
大パノラマに出会える国際的山岳観光ルート。

\口コミ ピックアップ/
2度目の立山黒部アルペンルート。 何度、訪れても素晴らしい景色。黒部の開発への感動といくつもの乗り物を乗り継ぐ楽しさを満喫しました。
(行った時期:2018年10月18日)

立山駅から、室堂平までのバスの車中から眺める景色の美しさに、一時間近く乗っていたはずなのに、時間を感じさせません。途中途中、観光案内しながら止まってくれて、ありがたかった!
(行った時期:2019年8月)

■立山黒部アルペンルート
[住所]富山県中新川郡立山町千寿ヶ原~長野県大町市扇沢
「立山黒部アルペンルート」の詳細はこちら

みくりが池

みくりが池

室堂から歩いて約10分のところにあり、北アルプスでは美しい火山湖といわれています。周囲約630m、水深は約15m。青く澄み、伝説を秘めた湖面に3000m級の山々の雄姿が映し出される眺めは絶景です。

\口コミ ピックアップ/
絵に描いたような風景でした。大きな池の周りには緑と山があり空気も美味しく自然が満喫できました。後の山は雪が勝っていて風情も感じられます
(行った時期:2018年12月)

みくりが池が夕日に映えて、最高の絶景になっています。
時間によって、この池の美しさは変化していきます。
雨が降っても、朝でも夕暮れでも、この池は光の加減で、最高の景色を作ります。
(行った時期:2018年7月)

■みくりが池
[住所]富山県中新川郡立山町芦峅寺
「みくりが池」の詳細はこちら

能登半島国定公園 雨晴海岸

能登半島国定公園 雨晴海岸

義経伝説を伝える白砂青松の景勝地。天候に恵まれれば、海越しに3000m級の立山連峰を望むことができる。

\口コミ ピックアップ/
天気の良い日は海岸から立山連邦が見渡せて海の向こうに浮かび上がる立山連邦はとても神秘的。海と山を同時に見渡せるのは数少ないスポット。高岡へ行くなら行くべき!
(行った時期:2018年9月)

GWに雨晴駅から海岸側におり見渡した景色は自然の偉大さと不思議さも感じつつ圧巻です。冬場はなかなか晴れるタイミングがなく、青空確保がむずかしいですが、チラりと一部晴れ間がある事もあり、これはこれでとても特したような気分になります。
(行った時期:2019年5月)

■能登半島国定公園 雨晴海岸
[住所]富山県高岡市太田
「能登半島国定公園 雨晴海岸」の詳細はこちら

室堂平

室堂平

標高2450mの室堂平は、観光・登山の拠点として多くの観光客で賑わいます。春には高さ20mに迫る雪の壁、夏には可憐な高山植物、秋には一足早い紅葉を楽しむことができます。散策スポットも豊富で、運が良ければ「雷鳥」に会えるかも。

\口コミ ピックアップ/
とても綺麗なお花がたくさんさいていました。みたことのない高山植物もいくつかあり、とても楽しく充実した時間を過ごすことができました。
(行った時期:2018年9月)

室堂平に夕暮れの時が訪れました。
ダイヤモンド富士ならぬダイヤモンド立山です。
さっきまで雨が降っていて、気持ちが落ち込んでいましたが、
雨上がりのおかげで、雲にも夕日が反射して最高の美しさです。
誰もが感動する景色でした。
(行った時期:2018年7月)

■室堂平
[住所]富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
「室堂平」の詳細はこちら

称名滝

称名滝

雪解け水が流れ込む春や、大雨の後には、称名滝を上回る、落差500mの「ハンノキ滝」が現れます。二つの滝がV字になって流れ落ちる様は、まさに迫力満点です。

\口コミ ピックアップ/
立山高原バスからも見ることができましたが、折角なので車で称名滝を見に行くことにしました。夕方だったので、称名滝に観光客は数人しかいませんでした。水しぶきがもの凄く、台風の時の様な感じでした。高さのある滝なので迫力があります。
(行った時期:2019年9月6日)

本当に高いところから落下してくる
滝の勢いと美しさに感動しました。
マイナスイオンを目一杯感じることができて体も心も洗われたようでした。
(行った時期:2018年2月)

■称名滝
[住所]富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
「称名滝」の詳細はこちら

菅沼合掌造り集落

菅沼合掌造り集落

旧上平村のほぼ中央、庄川の流れが方向を変える地点の右岸に広がる小さな集落。合掌造り家屋9棟をはじめ、土蔵や板倉などの伝統的な建物、雪持林や茅場などの山林をも含めた地域が史跡に指定されているため、観光地化されていないのが魅力。数百年前にタイムスリップしたかのような不思議な感覚を味わえます。「南砺市世界遺産菅沼合掌造り集落展望広場」から集落を一望すると、素朴でのどかな景観に心が和むことでしょう。また、集落内には江戸時代の主産業を伝える「塩硝の館」や「五箇山民俗館」があり、五箇山の歴史と伝統を学ぶこともできます。

\口コミ ピックアップ/
とても素晴らしい藁葺きの眺め。
みんなでわいわいいいながら、のんびりと散策した眺めは、とても感動しました。
五平餅を、いただきました。
絶景スポットからの写真もとても素敵にとれました!
幸せな時間でした
(行った時期:2018年11月)

昔からの造りの建物に現在も人が普通に棲み暮らしている。
古き良き時代を代々今も引き継ぎ、伝統を目の当たりにでき、貴重でした。
(行った時期:2018年5月)

■菅沼合掌造り集落
[住所]富山県南砺市菅沼
「菅沼合掌造り集落」の詳細はこちら

散居村展望台・展望広場

散居村展望台・展望広場

砺波平野の散居村風景を一望に見渡すことができます。

\口コミ ピックアップ/
砺波平野の散居村を一望する事が出来る展望台で広大なとてもいい景色が広がっていました。。駐車場も整備されていました。
(行った時期:2019年5月)

砺波平野には散居村が点在して、まさに日本の原風景ともいえる景色が広がっています。そんな景色を眺めるのが、この展望台です。とくに夕景は最高でした。
(行った時期:2019年4月29日)

■散居村展望台・展望広場
[住所]富山県砺波市五谷八布施22-3
「散居村展望台・展望広場」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
北陸
富山県
石川県
福井県
この記事に関連するキーワード
観光スポット
絶景