じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国全国の醸造所見学28選!ビール工場・日本酒&焼酎酒蔵・ワイナリー・ウィスキー蒸留所

全国の醸造所見学28選!ビール工場・日本酒&焼酎酒蔵・ワイナリー・ウィスキー蒸留所

2019.04.02

いよいよ春本番ですね!暖かくなってきたこの時期、全国の醸造所を巡る酒旅に出てみるのはいかがでしょう。

例えば、「北海道でおいしいクラフトビールを飲み比べる旅」や、「鹿児島でお気に入りの焼酎を探し求める旅」なんて、酒好きのロマンを掻き立ててくれそうですね!
米処の新潟で淡麗辛口な日本酒を試飲するのも楽しそうですし、日本ワインの発祥地である山梨で大小のワイナリーをあちこち訪ね歩くのもワクワクしそう。ウイスキー好きなら、北海道や山梨にある蒸留所はハズせないですよね!

この春は、醸造見学ができる施設でお気に入りのお酒に出合う旅へ出かけてみませんか。

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■東海
■関西
■中国
■九州

1.余市葡萄酒醸造所 余市ワイナリー【北海道余市町】

余市のオンリーワン地ワイン。

余市葡萄酒醸造所 余市ワイナリー
発酵タンクや冷却装置をガラス越しに見学
余市葡萄酒醸造所 余市ワイナリー
余市産アルモノワール100%使用、「アルモノワール」(720ml)2972円

「余市葡萄酒醸造所」敷地内。地ワインを飲み比べながら気に入ったものを購入でき、醸造棟と瓶詰め・貯蔵棟の自由見学も可能です。ぶどう品種や製造工程のパネル展示もあります。

余市葡萄酒(よいちぶどうしゅ)醸造所 余市ワイナリー
TEL/0135-23-2184
住所/北海道余市郡余市町黒川町1318
営業時間/見学10時~16時30分(施設により異なる)
定休日/11月~12月・5月は火、1月~4月は火・水
料金/入場・見学無料
アクセス/JR余市駅よりタクシーで10分
「余市葡萄酒醸造所 余市ワイナリー」の詳細はこちら

2.ニッカウヰスキー 北海道工場 余市蒸溜所【北海道余市町】

日本ウイスキーの聖地へ。

ニッカウヰスキー 北海道工場 余市蒸溜所
単式蒸溜器が並ぶ蒸溜棟。石炭による直火蒸溜が行われている
ニッカウヰスキー 北海道工場 余市蒸溜所
国の登録有形文化財である蒸溜棟の他、博物館やレストランも
ニッカウヰスキー 北海道工場 余市蒸溜所
見学後は売店にて、蒸溜所限定のウイスキーもゲットしたい

「ニッカウヰスキー」の原点でもある余市蒸溜所。施設内は自由見学もOKですが、要予約のガイド付き見学ツアーにぜひ参加してみてください。こだわりの製造方法・工程をじっくりと学べます。

ニッカウヰスキー 北海道工場 余市(よいち)蒸溜所
TEL/0135-23-3131(見学は要予約)
住所/北海道余市郡余市町黒川町7-6
営業時間/見学9時~17時(ガイド付き見学は15時30分最終出発)
定休日/年末年始、他不定
料金/入場・見学無料
アクセス/JR余市駅より徒歩3分
「ニッカウヰスキー 北海道工場 余市(よいち)蒸溜所」の詳細はこちら

3.小樽ビール 小樽倉庫No.1【北海道小樽市】

地ビール醸造の見学後に乾杯!

小樽ビール 小樽倉庫No.1
小樽運河沿いの倉庫に1995年誕生。店内には稼働中の仕込み釜がある
小樽ビール 小樽倉庫No.1
製造工程を解説する見学会では発酵タンクをのぞいたり麦汁を試飲
小樽ビール 小樽倉庫No.1
ビアパブでは自家製ソーセージや道産豚のローストポークなどが人気
小樽ビール 小樽倉庫No.1
\「ピルスナー、ドンケル、ヴァイス」各507円~/ドイツの「ビール純粋令」を守った醸造法。定番3種に加え、季節限定ビールも年に計6種提供

水・麦芽・ホップと生の酵母のみでビールを醸造する工程を見学可能です。繊細な生酵母が損なわれないよう、小樽の100㎞圏内しか流通しない逸品の味は併設ビアパブで堪能してください。

「醸造所見学」約20分・無料
実施日:1日14回(変更あり)※予約不要

小樽ビール 小樽倉庫No.1
TEL/0134-21-2323
住所/北海道小樽市港町5-4 小樽運河石造倉庫群内
営業時間/11時~23時(LO22時30分)
定休日/なし
アクセス/JR小樽駅より徒歩12分
「小樽ビール 小樽倉庫No.1」の詳細はこちら

4.サッポロビール博物館【北海道札幌市】

日本唯一のビール専門博物館。

サッポロビール博物館
ツアーに参加しない見学は予約不要で無料。レストランも併設
サッポロビール博物館
試飲用に3種飲み比べセット600円や北海道限定ビールを用意
サッポロビール博物館
\「開拓使麦酒(ピルスナー、アルト、ヴァイツェン、オイスターブラック)」各510円/ミュージアムショップでは創業時の味を再現した「開拓使麦酒」を販売。醸造所と博物館でしか飲めない限定品

1876年誕生の「開拓使麦酒醸造所」を前身とするサッポロビールの歴史や北海道におけるビール醸造の歩みをご紹介。プレミアムツアーでしか味わえない「復刻札幌製麦酒」も注目です!

「プレミアムツアー」約50分・500円
実施日:1日13回(月曜(祝日の場合は翌日)と年末年始は休み)※要予約

サッポロビール博物館
TEL/011-748-1876
住所/北海道札幌市東区北7条東9-1-1
営業時間/11時~20時
定休日/12/31
アクセス/JR札幌駅より北海道中央バスビール園・ファクトリー線で10分、サッポロビール園より徒歩すぐ
「サッポロビール博物館」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング