close

【2023】箱根の紅葉名所おすすめ13選!見頃時期と仙石原や芦ノ湖などの秋絶景も

2023.10.27

箱根の紅葉スポット情報を、それぞれの見頃時期と一緒に紹介!

仙石原高原や芦ノ湖、ロープウェイからの絶景など、広いエリアで紅葉を楽しめる場所から、箱根ガラスの森美術館などの定番観光スポットまで幅広くラインナップ。紅葉が見頃を迎える11月上旬~中旬に、箱根にお出かけしてみては?

※この記事は2023年10月11日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。
記事配信:じゃらんニュース

箱根強羅公園【強羅】

桜と紅葉の美しいコラボレーションが楽しめる公園

(画像提供:箱根登山鉄道株式会社)

[見頃時期]11月上旬~中旬頃

1914年、箱根登山電車の終着駅・強羅に開園された、歴史ある「箱根強羅公園」。自然が豊かで、四季折々の花木を見ることができます。10月になるとジュウガツザクラが咲き始め、11月上旬頃には鮮やかな赤に染まるモミジとの美しいコラボレーションは見事!

また広い園内には、様々な手づくり体験ができる「箱根クラフトハウス」、多種多様な熱帯の植物やハーブを集めた「熱帯植物館」、種類豊富なサンドイッチが食べられる「一色堂茶廊(いっしきどうさろう)」など、見どころもたっぷりです。

紅葉をゆっくり鑑賞したい時は、「白雲洞茶苑」がおすすめ。茶の湯体験ができる茶室から見る秋の景色に、日本の美を感じますよ。

■箱根強羅公園
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
[営業時間]9時~17時※最終受付16時30分
[定休日]なし※メンテナンス休業あり
[料金]【大人】550円※箱根フリーパス、のんびりきっぷ、大涌谷きっぷ、箱根のりものパスLiteをご利用の方は窓口提示で入園料無料【小学生以下】無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 強羅駅より箱根登山ケーブルカーで約3分※公園下駅下車徒歩約2分【車】東名高速道路御殿場ICより約30分
[駐車場]あり(1時間300円)
「箱根強羅公園」の詳細はこちら
「箱根強羅公園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:箱根登山鉄道株式会社)

箱根小涌園 蓬莱園【小涌谷】

紅葉のトンネルをくぐり抜け、広大な園内をゆっくり散策

(画像提供:箱根小涌園 天悠)

[見頃時期]11月上旬~中旬頃

ツツジの名所として知られる「箱根小涌園 蓬莱園」。1万6000平米の広大な庭園内に、数十種3万株のツツジやサツキが植えられていて、春には一斉に開花し美しい光景を見ることができます。

そんな春の季節に訪れる方が多いですが、実は秋の景色も壮観です。人の手を極力入れずに生き生きと育った木々が大きく枝葉を広げ、紅葉のトンネルが作られている場所も。敷地内では様々な表情を見せてくれるので、ゆっくり散策するのがおすすめです。

2023年7月には、隣接する「箱根ホテル小涌園」がグランドオープン。散策の前後に、日帰りでも利用できるランチビュッフェでお腹を満たすのもいいですよ。

■箱根小涌園 蓬莱園
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷503
[営業時間]終日開放
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで約19分※蓬莱園下車徒歩すぐ【車】小田原厚木道路箱根口ICより約20分
[駐車場]あり(2時間無料、以降1日1300円)※箱根小涌園ユネッサンの駐車場を利用
「箱根小涌園 蓬莱園」の詳細はこちら
「箱根小涌園 蓬莱園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:箱根ホテル小涌園)

早川橋梁(出山鉄橋)【塔ノ沢】

鉄橋の緑と紅葉の赤。美しいコントラストの景色を堪能

(画像提供:箱根登山鉄道株式会社)

[見頃時期]11月上旬~下旬頃

山の中に架かるこの橋は、国の有形登録文化財にも登録されている箱根の名所です。

紅葉の鮮やかな赤や黄色をバックに、鉄橋の美しい緑が映える光景はここならでは。箱根登山鉄道の電車が通る瞬間を、ぜひ写真におさめたいスポットです。

箱根登山鉄道に乗って、車窓から眺めるのもおすすめ。塔ノ沢駅から大平台駅間方面に出発したら数分で「早川橋梁(はやかわきょうりょう)」が見えてきます。通過は一瞬なので、見逃さないようにしてくださいね。

■早川橋梁(出山鉄橋)
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町塔ノ沢192-1
[営業時間]【平日】6時12分~22時43分【土・日・祝】6時12分~22時37分※箱根登山鉄道営業時間
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで約5分※出山下車徒歩約3分【車】小田原厚木道路箱根口ICより約12分
[駐車場]なし
「早川橋梁(出山鉄橋)」の詳細はこちら

(画像提供:箱根登山鉄道株式会社)

仙石原高原【仙石原】

一面黄金色のススキの草原と、山を染める鮮やかな紅葉

(画像提供:PIXTA)

[見頃時期]10月上旬~11月上旬頃

周辺を山で囲まれた仙石原の中で、“耕せば千石の米がとれる広い草原”という意味を込めて名付けられた「仙石原高原」。秋の草原はススキで一面黄金色になり、紅葉する山との美しいコントラストが見られます。広い高原内を、爽快にドライブするのもおすすめですよ。

近くには日帰り温泉や飲食店、美術館などの観光スポットも数多くあるので、周辺を含めて1日中楽しめる場所です。

■仙石原高原
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
[営業時間]終日開放
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで約30分※仙石高原下車すぐ【車】東名高速道路御殿場ICより25分
[駐車場]あり(無料)※観光客用臨時駐車場【利用時間】9時~16時
「仙石原高原」の詳細はこちら
「仙石原高原」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:PIXTA)

箱根ガラスの森美術館【仙石原】

園内の紅葉と、クリスタルガラスで作られたススキの共演

(画像提供:箱根ガラスの森美術館)

[見頃時期]10月上旬~11月中旬頃

日本初のヴェネチアン・グラス専門美術館として、1996年8月に開館した「箱根ガラスの森美術館」。ヨーロッパ貴族の館をイメージしたこちらでは、15~20世紀に作られた繊細優美なガラス作品を多数紹介しています。

大涌谷を一望できる庭園からは、箱根の山々の紅葉が楽しめるほか、秋はクリスタルガラスで作られたススキ300本を展示。日の光を受けてキラキラと輝く約3万粒のガラスのオブジェを、紅葉とともに満喫してみてください。

施設内には、ミュージアム・ショップ館、イタリア料理のカフェレストランもあり、工房では秋のモチーフでガラス制作の体験(※要予約)もできます。

[イベント情報]

[名称]クリスタルガラスのススキのインスタレーション
[開催期間]2023年8月26日(土)~11月26日(日)
[内容]仙石原の秋の風物詩であるススキをモチーフにしたオブジェを庭園内に展示。高さは約1.5mで、穂の部分に直径1.4cmのクリスタルガラスが約100粒あしらわれています。白銀色と金色のススキはあわせて300本。合計3万粒のガラスが一斉に輝きます。

■箱根ガラスの森美術館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
[営業時間]10時~17時30分※最終入館17時
[定休日]毎年1月成人の日の翌日から11日間※2024年1月9日(火)~19日(金)
[料金]入館料【大人】1800円【高校生・大学生】1300円【小学生・中学生】600円
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで約25分※俵石・箱根ガラスの森前下車徒歩約1分【車】東名高速道路御殿場ICより20分
[駐車場]あり(300円)
「箱根ガラスの森美術館」の詳細はこちら
「箱根ガラスの森美術館」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:箱根ガラスの森美術館)

長安寺【仙石原】

大門から裏山まで秋一色!五百羅漢像が鎮座する寺院

(画像提供:PIXTA)

[見頃時期]11月上旬~下旬頃

1356年に創建された「長安寺」は、紅葉の名所として知られる仙石原地域の中でも、その美しさから地元の人たちに愛されているスポットです。境内には鮮やかな色があふれ、紅葉と常緑樹の緑のコントラストには圧倒されます。

いたるところに喜怒哀楽を表した人間味のある「五百羅漢像」が、数百体鎮座しているのも特徴。紅葉と一緒に、一体一体のお顔を拝みながら巡るのも良いですね。

また、裏山に少し足を延ばしてみるのもおすすめで、散策しながら秋景色をたっぷりと堪能できます。

■長安寺
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原82
[営業時間]夕方閉門※詳細は要確認
[定休日]なし
[料金]参拝料無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで約24分※仙石下車徒歩2分【車】東名高速道路御殿場ICより約17分
[駐車場]なし※周辺にコインパーキングあり
「長安寺」の詳細はこちら

(画像提供:PIXTA)

箱根ロープウェイ 早雲山駅【大涌谷】

ワイルドな大涌谷と艶やかな紅葉は絶景!

(画像提供:箱根ロープウェイ)

[見頃時期]10月下旬~11月中旬頃

約3000年前の箱根火山の爆発によってできた、神山火口の爆裂跡である大涌谷。荒れ果てた大地には白煙が立ち込め、現在も火山活動の迫力を感じられます。

その大涌谷を通る「箱根ロープウェイ」。早雲山駅から大涌谷駅へ向かう途中で、眼下に広がる紅葉の景色は圧巻!

(画像提供:箱根ロープウェイ)

桃源台方面へ向かう途中には黄金色の紅葉とともに、富士山や芦ノ湖の景色を存分に楽しめます。また、早雲山駅の2階にある「cu―mo箱根」の展望テラスでも、ダイナミックな紅葉が満喫できますよ。

■箱根ロープウェイ 早雲山駅
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
[営業時間]【2月~11月】9時~16時45分【12月~1月】9時~16時15分※最新情報はホームページで確認
[定休日]なし
[料金]【大人(中学生以上)】片道1500円、往復2500円【小人(小学生)】片道500円、往復800円
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 強羅駅より箱根登山ケーブルカーで約10分※早雲山駅下車徒歩すぐ【電車】小田原厚木道路小田原西ICより約20分
[駐車場]あり(無料)
「箱根ロープウェイ 早雲山駅」の詳細はこちら
「箱根ロープウェイ 早雲山駅」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:箱根ロープウェイ)

湖尻園地【桃源台】

豊富な種類の植物が鮮やかに色づく穴場スポット

(画像提供:神奈川県自然環境保全センター)

[見頃時期]11月上旬~中旬頃

芦ノ湖畔の桃源台駅近くにある、広場や散策路、ビジターセンター、駐車場などが整備された「湖尻園地」エリア。芝生広場でお弁当を食べたりしながら、外輪山や芦ノ湖の遠景と紅葉がマッチした、秋の箱根らしい自然を楽しむことができます。

カエデやヒメシャラのオレンジ、針葉樹の緑などといった雑木林の色彩。大涌谷の噴煙、芦ノ湖の湖面などとの景色も美しく、秋の心地良い風を感じながら時間を忘れてしまいそうです。

(画像提供:神奈川県自然環境保全センター)

閑静な穴場的スポットなので、ピクニックシートを広げてお昼寝しても良いですね。

■湖尻園地
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
[営業時間]終日開放
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで約40分※桃源台下車徒歩約5分【車】東名高速道路御殿場ICより約36分
[駐車場]あり(無料)※桃源台駐車場・箱根ビジターセンター駐車場
「湖尻園地」の詳細はこちら

(画像提供:神奈川県自然環境保全センター)

芦ノ湖スカイライン【箱根】

雄大な富士山が望める、秋ならではの紅葉ドライブを満喫

(画像提供:芦ノ湖スカイライン)

[見頃時期]11月中旬~下旬頃

「芦ノ湖スカイライン」は、総延長10.7km(一般区間9.0km、特別区間1.7km)の観光有料道路。その名の通り芦ノ湖が近くにあり、自然の中を爽快に走ることができる、ワインディングロード(曲がりくねった道)として知られています。

秋は芦ノ湖をはさんで、対岸の紅葉を楽しめるのがうれしいポイント。美しい景色と富士山を間近に感じながらのドライブを、箱根旅行のプランに入れるのもおすすめです。

(画像提供:芦ノ湖スカイライン)

絶景をゆったり眺められる休憩スポットや、路面から音が流れる“メロディペーブ”もチェックしてみてくださいね。

■芦ノ湖スカイライン
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町箱根638
[営業時間]【一般区間】7時~19時【特別区間】24時間
[定休日]なし
[料金]【一般区間】800円【特別区間】100円※19時~7時は特別区間無料
[アクセス]【車】東名高速道路御殿場ICより35分
[駐車場]あり(無料)
「芦ノ湖スカイライン」の詳細はこちら
「芦ノ湖スカイライン」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:芦ノ湖スカイライン)

芦ノ湖【元箱根】

箱根の自然と紅葉狩りを満喫!富士山が見える絶景スポット

(画像提供:PIXTA)

[見頃時期]11月上旬~中旬頃

「芦ノ湖」が誕生したのは約3000年前!大涌谷付近で起きた噴火による土砂が、仙石原を流れていた川をせき止め、その上流に水がたまってできた湖です。

標高の高い芦ノ湖エリアは、箱根の紅葉が始まる場所ともいわれています。観光用の遊覧船が運行していて、湖上から見る富士山を背景にした紅葉は絶景!

広大な湖のまわりには運開きのパワースポットとしても有名な神社、美術館や水族館といった観光スポット、宿泊施設が数多く、リゾートエリアとしても有名です。湖畔には、日帰り温泉もたくさんあるので、自然を満喫したあとはのんびりリフレッシュしましょう。

■芦ノ湖
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町元箱根
[営業時間]終日開放
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで約35分※元箱根港下車徒歩約5分【車】箱根新道箱根峠ICより約10分
[駐車場]あり※芦ノ湖周辺に複数無料・有料駐車場あり
「芦ノ湖」の詳細はこちら
「芦ノ湖」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:PIXTA)

箱根レイクホテル【元箱根】

芝生の庭と広いデッキで秋色に染まった風景を堪能

(画像提供:箱根レイクホテル)

[見頃時期]10月下旬~11月下旬頃

こちらの「箱根レイクホテル」は、箱根海賊船の桃源台港より徒歩3分。クルージングと一緒に立ち寄りたい紅葉スポットです。

芝生の庭を一望できるオープンテラスデッキでは、園内に広がる紅葉や台ヶ岳(だいがたけ)をはじめとした箱根連山をゆったりと鑑賞できます。

遊歩道が整備されており、のんびりと散歩しながら木々の色づきを写真におさめるのもおすすめ。仙石原のススキからも近いので、箱根の秋を存分に堪能したい方にぴったりですよ。

■箱根レイクホテル
[住所]神奈川県足柄下群箱根町元箱根164
[営業時間]終日開放
[定休日]不定
[料金]無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで約36分※箱根レイクホテル前下車徒歩約7分【車】東名高速道路御殿場ICより25分
[駐車場]あり(宿泊者無料)
「箱根レイクホテル」の詳細はこちら
「箱根レイクホテル」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:箱根レイクホテル)

小田急 山のホテル【元箱根】

ホテルの庭園内にあるロマンチックな散策路「紅葉の小径」

(画像提供:小田急 山のホテル)

[見頃時期]10月下旬~11月中旬頃

ホテルの館内からは芦ノ湖が望め、庭園からは富士山も仰ぎ見ることができる抜群のロケーション。箱根を優雅に過ごしたいときに訪れたい、リゾートホテルです。

こちらのおすすめスポットは、庭園内の散策路「紅葉の小径(こみち)」。モミジ、ヤマザクラなどが赤や黄色の彩りを加えた空間で、のんびり過ごしてみてください。

また、湖畔の「プレミアムショップ&サロン・ド・テ ロザージュ」でのティータイム、ホテル内の「SPA Montagne(スパ モンターニュ)」は、日帰り利用もできます。

(画像提供:小田急 山のホテル)

休憩できるベンチもあるので、紅葉を眺めながらゆっくりとした時間を過ごしてみては?

■小田急 山のホテル
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80
[営業時間]終日開放※庭園9時~17時
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より箱根登山バスで35分※元箱根港下車徒歩約15分(元箱根港から送迎バスもあり)【車】箱根新道須雲川ICより約20分
[駐車場]あり(無料)
「小田急 山のホテル」の詳細はこちら
「小田急 山のホテル」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:小田急 山のホテル)

箱根 駒ヶ岳ロープウェー【元箱根】

山を彩る紅葉に包まれながら、空中散歩を楽しんで

(画像提供:箱根 駒ヶ岳ロープウェー)

[見頃時期]11月上旬~下旬頃

「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」は全長約1800m、駒ヶ岳の山頂まで7分の空中散歩を楽しめます。ゴンドラの中からは、赤やオレンジ、黄色に彩られた紅葉を見下ろすことができ、まさに絶景!

(画像提供:箱根 駒ヶ岳ロープウェー)

さらに、駿河湾から南アルプスに富士山、伊豆、湘南や相模湾なども見渡せます。眼下には芦ノ湖と元箱根、箱根町を一望でき、紅葉と一緒に様々な景色を堪能できるのが魅力です。

■箱根 駒ヶ岳ロープウェー
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
[営業時間]9時~16時50分※下り最終(上り最終16時30分)
[定休日]なし
[料金]乗車運賃【大人】1800円【小学生以下】900円
[アクセス]【電車】JR小田原駅より伊豆箱根バスで65分※箱根園下車徒歩1分【車】東名高速道路厚木ICより60分
[駐車場]あり(1000円)
「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」の詳細はこちら
「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:箱根 駒ヶ岳ロープウェー)

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込価格です。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード