close

【九州旅行】2泊3日モデルコースおすすめ3選!温泉・絶景・グルメを満喫<2021>

2021.04.05

温泉、自然、グルメ、何をとってもそのレベルが規格外!な九州。今回は、福岡県・大分県・熊本県・宮崎県で楽しめる2泊3日の周遊モデルコースを集めました。

友達との観光や家族旅行、ドライブデートなど「どうやって巡ろう…」とお悩みなら、ぜひ参考にしてみてください♪

※この記事は2021年2月5日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

九州旅行の楽しみ方

<泊まって周遊が楽しい>
場所にもよるが、各県間は概ね2時間目安で移動できる九州は、周遊旅にぴったり。温泉地をはしごしたり、絶景を巡ったりと、泊りで巡りたい。

<気候と服装>
「九州=南国」と、暖かいイメージがあるかもしれないけれど、北部と南部、平地と山間部などの寒暖の差は結構大きい。調整できる服装を準備しておこう。

温泉コース【大分県別府~由布院】

その名を全国に轟かせる、全国屈指のおんせん県・大分。絶景露天で入浴はもちろん、グルメや体験などプラスαのお楽しみもたくさん。

■1日目
博多駅
↓ 車で2時間
地獄蒸し工房 鉄輪
↓ 車で2~5分
べっぷ地獄めぐり
↓ 車で15~18分
SELECT BEPPU

宿へ(別府宿泊)

■2日目
↓ 別府方面より車で約40分
金鱗湖
↓ 車で7分
観光辻馬車(JR由布院駅から)
↓ 車で3分
山のホテル 夢想園
↓ 車で6分
山家料理 湯の岳庵
↓ 車で5分
由布院ミルヒ
↓ 車で5分
箸屋一膳

宿へ(由布院宿泊)

■3日目
帰路へ

1日目
博多駅よりスタート!
▼車で2時間

地獄蒸し工房 鉄輪【大分県別府市】

地獄蒸し工房 鉄輪
食材は店舗で購入できる。蒸し方はスタッフが教えてくれるよ
地獄蒸し工房 鉄輪
地獄蒸し玉手箱 2100円

98℃の温泉蒸気で旨みUP!江戸時代から続く伝統料理、地獄蒸し。好みの食材を窯に入れ、塩分を含む蒸気で一気に蒸すと食材本来の旨みが増してより美味しく!

■地獄蒸し工房 鉄輪
[TEL]0977-66-3775
[住所]大分県別府市風呂本5組
[営業時間]10時30分~17時30分(LO16時30分)※変更の場合あり、事前に要問合せ
[定休日]第3水(祝日の場合は翌日)
[料金]地獄釜使用料(20分以内)400円~、延長(10分毎)200円~※釜の大きさにより異なる
[アクセス]【車】東九州道別府ICより10分
[駐車場]26台
「地獄蒸し工房 鉄輪」の詳細はこちら

▼地獄蒸し工房 鉄輪より車で2~5分

べっぷ地獄めぐり【大分県別府市】

べっぷ地獄めぐり
1300年以上前から存在するとされる希少な血の池地獄。真っ赤な熱泥にゾクゾク~!
べっぷ地獄めぐり
約98℃のコバルトブルーが美しい海地獄
べっぷ地獄めぐり
入場者無料の足湯。売店には温泉たまごもある(5個300円)※写真は海地獄

個性豊かな地獄が点在。温泉力に圧倒される!海地獄や血の池地獄をはじめ、点在する7つの地獄を観覧できる。“見る”だけでなく、地獄の噴気を利用したグルメや足湯もチェック。

■べっぷ地獄めぐり
[TEL]0977-66-1577(別府地獄組合)
<血の池地獄>
[TEL]0120-459-554
[住所]大分県別府市野田778
[営業時間]8時~17時
[定休日]なし
[料金]大人(高校生以上)400円、子ども(小中学生)200円
[アクセス]【車】東九州道別府ICより10分
[駐車場]150台
<海地獄>
[TEL]0977-66-0121
[住所]大分県別府市大字鉄輪559-1
[営業時間]8時~17時
[定休日]なし
[料金]大人(高校生以上)400円、子ども(小中学生)200円
[アクセス]【車】東九州道別府ICより5分
[駐車場]225台
<べっぷ地獄めぐり/共通観覧券>
(7カ所の地獄が見学可)
[料金]大人(高校生以上)2000円、子ども(小中学生)1000円
「べっぷ地獄めぐり」の詳細はこちら

▼べっぷ地獄めぐりより車で15~18分

SELECT BEPPU【大分県別府市】

SELECT BEPPU
竹ピアス4400円
SELECT BEPPU
別府手ぬぐい1987円
SELECT BEPPU
2階にはマイケル・リンの襖絵の展示も

長く使いたい、別府の“いいもの”。築100年以上の長屋を改築したセレクトショップ。大分県・別府を中心に40~50組の作家による「長く使ってほしい」品々がずらり。オリジナルの手ぬぐいや、大分名産の竹細工のアクセサリーなど一点ものの商品も揃う。

■SELECT BEPPU
[TEL]0977-80-7226
[住所]大分県別府市中央町9-34
[営業時間]11時~18時
[定休日]火(祝日の場合は営業)
[料金]襖絵鑑賞料(無料開放中)※期間未定
[アクセス]【車】東九州道別府ICより15分
[駐車場]なし
「SELECT BEPPU」の詳細はこちら

▼別府で宿泊(別府エリアの宿泊はこちら

2日目
▼別府方面より車で約40分

金鱗湖【大分県由布市】

金鱗湖
各所に桟橋が架かっているので記念撮影も

湖底から清水が湧き温泉が流れ込む珍しい湖。400mほどの周囲には遊歩道が整備されており、春は新緑の中、心地良く散策を。

■金鱗湖
[TEL]0977-84-2446(由布市ツーリストインフォメーションセンター)
[住所]大分県由布市湯布院町川上3561-1
[営業時間・定休日・料金]散策自由
[アクセス]【車】大分道湯布院ICより10分
[駐車場]なし(周辺に有料駐車場あり)
「金鱗湖」の詳細はこちら

▼金鱗湖より車で7分

観光辻馬車【大分県由布市】

観光辻馬車
1975年から40年以上愛されている。当日乗車前に要予約

のどかな田園の中を馬車で巡ろう。JR由布院駅前から田園風景の中を、パッカパッカと巡る由布院観光の名物。約60分かけて佛山寺や宇奈岐日女神社など見どころを観光。

<観光辻馬車体験>
[料金]大人(中学生以上)1800円、4歳~小学生1300円(所要時間約1時間)
※要予約(TELにて)

■観光辻馬車
[TEL]0977-84-2446(由布市ツーリストインフォメーションセンター)
[住所]大分県由布市湯布院町川北8-2
[営業時間]【3月~11月】9時30分~16時、【12月】9時30分~14時30分
[定休日]1月~2月
[アクセス]【車】大分道湯布院ICより7分
[駐車場]なし(周辺に有料駐車場あり)
「観光辻馬車」の詳細はこちら

▼観光辻馬車(JR由布院駅)より車で3分

山のホテル 夢想園【大分県由布市】

山のホテル 夢想園
男湯も由布岳を望め、広さは約100畳!

真正面に由布岳ビュー、100畳超の巨大露天。圧倒的な開放感!女性専用露天「空海の湯」(写真)は、約150畳もの広さを誇り、由布岳を正面に望む絶景に身体の芯からリラックス。

■山のホテル 夢想園
[TEL]0977-84-2171
[住所]大分県由布市湯布院町川南1243
[営業時間]10時~14時30分(最終受付14時)
[定休日]不定※休館の場合あり、事前に要問合せ
[料金]大人900円、5歳~12歳700円
[アクセス]【車】大分道湯布院ICより10分
[駐車場]60台
「山のホテル 夢想園」の詳細はこちら

▼山のホテル 夢想園より車で6分

山家料理 湯の岳庵【大分県由布市】

山家料理 湯の岳庵
おおいた和牛 炭火焼きビフテキ丼3190円

名宿・亀の井別荘でおおいた和牛の逸品丼。金鱗湖の畔に佇む温泉宿内。静かで美しい庭園を眺めながら、おおいた和牛の香ばしい風味と口いっぱいに広がる上質な旨みを味わって。ビフテキ丼は別添えの温泉卵を好みでのせて、味の変化も楽しめる。

■山家料理 湯の岳庵
[TEL]0977-84-2970
[住所]大分県由布市湯布院町川上2633-1
[営業時間]11時~LO21時
[定休日]不定(月1回程度)
[アクセス]【車】大分道湯布院ICより10分
[駐車場]15台
「山家料理 湯の岳庵」の詳細はこちら

▼山家料理 湯の岳庵より車で5分

由布院ミルヒ【大分県由布市】

由布院ミルヒ
ケーゼクーヘン 180円

看板商品の絶品チーズケーキ。由布院産牛乳で作るスイーツの人気店。3層仕立てのチーズケーキ、ケーゼクーヘンは焼き立てのふわトロ食感とやさしい甘みにファン多数。イートイン、テイクアウト共にOK。冷やしても◎

■由布院ミルヒ
[TEL]0977-28-2800
[住所]大分県由布市湯布院町川上3015-1
[営業時間]9時30分~LO17時30分
[定休日]不定
[アクセス]【車】大分道湯布院ICより8分
[駐車場]なし
「由布院ミルヒ」の詳細はこちら

▼由布院ミルヒより車で5分

箸屋一膳【大分県由布市】

箸屋一膳
30種以降の木材が揃う。異なる質感や色味などに興味津々
箸屋一膳
店内で箸の制作体験にチャレンジ!

マイ箸をゲット!作ってもOK。由布院の山々の間伐材などさまざまな木を使った箸の専門店。デザインや長さなど、豊富なラインナップから好みを選べ、制作体験も可。

■箸屋一膳
[TEL]0977-84-4108
[住所]大分県由布市湯布院町川上2093-2
[営業時間]9時~17時
[定休日]木※祝日の場合営業
[アクセス]【車】大分道湯布院ICより10分
[駐車場]3台
「箸屋一膳」の詳細はこちら

▼由布院で宿泊(由布院エリアの宿泊はこちら

3日目
帰路へ

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。