じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ沖縄【絶対喜ばれる】沖縄の人気お土産35選!那覇空港限定お土産も

2017.04.21

【絶対喜ばれる】沖縄の人気お土産35選!那覇空港限定お土産も

じゃらん編集部  じゃらん編集部

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pockt

じゃらん編集部が地元民の声を集めた「美味しい沖縄お土産ベスト10」を発表。
ランキングの他にも、那覇空港で買えるおしゃれお土産や、定番人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!
沖縄そばやちんすこうはもちろん、那覇空港でしか買えない限定スイーツも♪今すぐチェック!

記事配信:じゃらんニュース

■目次
地元民の声を集めた「お土産ランキング」ベスト10
那覇空港で買える!オシャレ沖縄土産5選
定番&人気!イチオシお土産20選

~地元民の声を集めた「お土産ランキング」ベスト10~

【1位】元祖紅いもタルト

【1位】 元祖紅いもタルト

【1位】元祖紅いもタルト

契約農家から届く沖縄県産紅いもを100%使ったタルト。「沖縄といえばこれ」「見た目かわいいし美味しい」「誰にあげても喜ばれる」と、7割以上の支持を受けて堂々の1位となった。あざやかな紫色は、着色料や保存料を一切使わない紅いもそのものの色で、バター風味のタルトと絶妙な組み合わせ。発売から30年、変わらぬ美味しさを保ち続けるロングセラーだ。

価格:1,080円(10個)
販売元:御菓子御殿

【2位】新垣ちんすこう

【2位】	新垣ちんすこう

【2位】	新垣ちんすこう

小麦粉、砂糖、ラードを主原料とした焼き菓子。もともとは、琉球王朝の王族や貴族が祝い事などのときだけに食べるお菓子として珍重されてきた沖縄の伝統菓子。「いつ食べても美味しい」「オーソドックス」「飽きない味」と、沖縄の定番として説明不要の安定感をうかがわせるコメントが目立った。個包装で配りやすいのも高評価。

価格:648円(2個×10袋)
販売元:新垣菓子店

【3位】沖縄ソーキそば

【3位】沖縄ソーキそば

【3位】沖縄ソーキそば

「沖縄そば」は小麦粉を使った中華麺に似た太目の麺と和風だしのスープを合わせたもの。ここに豚のスペアリブ「ソーキ肉」をのせたものが「ソーキそば」と呼ばれ「沖縄のソウルフード」「沖縄で一度は食べるべき」「クセになる味」と、県民の熱い支持を受けている。麺とソーキ、だしがセットになったお土産用はスーパーや土産物店などで買うことができる。

価格: 699円(生沖縄そばソーキ2食袋タイプ)
販売元:サン食品

【4位】サーターアンダギー

【4位】サーターアンダギー

【4位】サーターアンダギー

砂糖をたくさん使った球状の揚げ菓子。沖縄の方言で、サーターは砂糖、アンダギーは油で揚げたものという意味。表面はさくさく、中はしっとりで食べ応えがある。「子供の頃から食べている」「懐かしい味」とのクチコミにもあるように沖縄ならではの「庶民のおやつ」だ。日持ちがするのでお土産にもいいが、専門店もあるので、ぜひ揚げ立てを食べてみたい。

価格:756円(9個)
販売元:歩のサータアンダギー

【5位】さんぴん茶

【5位】さんぴん茶

ジャスミンのさわやかな香りがするお茶。すっきりとした味わいで食事にもよく合う。「おばあの家で飲んでいた」「特に脂っこい料理の後、すっきりするお茶」とのコメントにもあるよう、沖縄では普段から最も飲まれているお茶だといわれている。パックやペットボトルがコンビニなどで手軽に手に入り、ティーバックはお土産に便利。

価格:756円(ティーバック22包)
販売元:比嘉製茶

【6位】海ぶどう

【6位】海ぶどう

「グリーンキャビア」と呼ばれることもある、沖縄など亜熱帯地方に生える海藻。姿形がぶどうに似ていることから「海ぶどう」と呼ばれるようになった。沖縄料理店では気軽に食べることができ「プチプチとした食感が最高」「プチプチ感が最高」と、県民の間でも親しまれている。土産店や地元スーパー等で買うことができるが、暑いのも寒いのも苦手でデリケートな食品なので大切に取り扱いを!

価格:800円(100g)
販売元:海ぶどう本舗【沖縄みき屋】

【7位】黒糖チョコレート

【7位】黒糖チョコレート

北海道のチョコレートメーカーロイズの姉妹会社「ロイズ石垣島」の黒糖チョコレート。大自然に育まれた沖縄県産の黒糖がチョコレートと溶け合い、黒糖の素朴な美味しさが豊かに香る。パッケージも沖縄らしいイラストが描かれているので、お土産にぴったり。

価格:702円(32枚)
販売元:株式会社ロイズ石垣島

【7位】コーレーグス

【7位】コーレーグース

沖縄県産の「島唐辛子」を生のまま泡盛に漬け込んだ沖縄独特の辛味調味料で沖縄そば店や沖縄料理店ではほぼ常備されている。沖縄そばはもちろんラーメンやうどん、刺身醤油にワサビ代わりに、パスタにタバスコ代わりに、和え物や鍋物など、辛いもの好きならどんな料理にも合う。減ってきたら、泡盛を足して使うことも可能。

価格:680円(120ml)
販売元:株式会社サン食品

【9位】ごはんの塩

【9位】ごはんの塩

【9位】ごはんの塩

赤紫蘇に似た酸味のある食用ハイビスカスの「ローゼル」、ごまの香ばしさとパセリの苦味がマッチした、ふりかけタイプの塩。宮古島の海水から作った「雪塩」の専門店が展開するオリジナルの「合わせ塩」の中でも一番人気の品で、ごはんやおにぎりのふりかけにぴったり。揚げ物のつけ塩にすると、油っこさを和らげてくれるなど、使い方はいろいろ。

価格:496円(31g)
販売元:塩屋(まーすやー)

【10位】紅包

【10位】紅包

【10位】紅包

さつま芋餡を紅いも餡で包むように焼き上げたスイートポテト。2つの芋がそれぞれの良さを引き立て合い、甘さと深みのある味わいに仕上がっている。口当たりのよさにもこだわり、なめらかになるようバターとクリームをバランスよく配合。一口で、お芋の風味が口いっぱいに広がる。素材の色合いを活かした見た目もインパクトがある。

価格:626円(6個)
販売元:御菓子御殿

このランキングについて

旅のプロ・じゃらん編集部が取材と現地最新情報をもとに人気の食品土産を20種ピックアップ。そのリストの中から「美味しい」と思うもの5つを地元民に選んでもらい、合計得票数でベスト10を決定した。
※このランキングは、2016年の情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pockt

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
沖縄
この記事に関連するキーワード
グルメ
お土産