じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ北海道【北海道・東北】一度は行きたい絶景35選!観光やデートにおすすめ!

【北海道・東北】一度は行きたい絶景35選!観光やデートにおすすめ!

2019.03.08

日本には思わずため息が出てしまう美しい風景がたくさん。今回は「北海道・東北」でしか見られないおすすめ絶景スポットをご紹介!昼も夜も特別な景色になる「函館山」や、日本三名瀑の「秋保大滝」など、今度の旅行は北海道・東北に行ってみませんか?

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

<目次>
■北海道の絶景スポット
■青森県の絶景スポット
■秋田県の絶景スポット
■岩手県の絶景スポット
■宮城県の絶景スポット
■山形県の絶景スポット
■福島県の絶景スポット

北海道の絶景スポット

澄海岬

澄海岬
出典:じゃらん 観光ガイド 澄海岬

\口コミ ピックアップ/
8時間コースを歩きました。
天気が良くて空も海もブルー!きれいだなぁ、と何度連呼したことか。
光の加減や見る角度で、青が変化します。癒されます。
(行った時期:2018年7月)

これぞ礼文の海なのだ!美しい!!駐車場横の売店でたこザンギをいただき、楽しい会話を店主とした。マル秘情報ももらい、忘れられない思い出もできた。ありがとう!!
(行った時期:2018年6月)

澄海岬
住所/北海道礼文郡礼文町大字船泊村字ニシウエントマリ
「澄海岬」の詳細はこちら

白ひげの滝

白ひげの滝
出典:じゃらん 観光ガイド 白ひげの滝

\口コミ ピックアップ/
日帰りバスツアーで白ひげの滝に行ってきました。川と滝が青い色で幻想的でした。そしてパワースポットと聞いてパワーをいっぱいもらってきました笑。
(行った時期:2018年10月)

北海道の有名なパワースポットの一つのようです。川がないのに崖から滝が流れ出ているので、かなり不思議な感じがします。
(行った時期:2018年10月)

白ひげの滝
住所/北海道上川郡美瑛町字白金
「白ひげの滝」の詳細はこちら

函館山

函館山
出典:じゃらん 観光ガイド 函館山

\口コミ ピックアップ/
正面からも裏からも夜景を堪能して欲しいです。函館に来たな!!って感じになります。冬は寒いですが、空気が澄んでてより街の灯りがキラキラして見えかと思います。
(行った時期:2019年2月)

標高は高くはありませんが、左右両側を海に挟まれてクビレができることで、昼も夜も特別な景色が楽しめます。ロープウェイもよいですが、自力で登るとさらに格別だと思います。
(行った時期:2019年1月)

函館山
住所/北海道函館市函館山
「函館山」の詳細はこちら

神威岬

神威岬
出典:じゃらん 観光ガイド 神威岬

ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属している「神威岬」は、北海道積丹郡積丹町にあり、積丹半島の北西部から日本海に沿って伸びている岬です。
先端には神威岬灯台と神威岩があり、この付近は古くから海上交通の難所として知られています。
また、源義経を慕っていた日高地方の首長の娘であるチャレンカが、義経一行を追ってこの地で身投げしたことで、神威岩ができたという言い伝えがあり、
それから船がよく転覆するようになったことで、この地はかつて女人禁制の地だったといわれました。
その言い伝えから、駐車場から先端部までの遊歩道は「チャレンカの道」(強風時は立入禁止)と名付けられたとのことです。

\口コミ ピックアップ/
とにかく日本海の荒々しい海と水の透明感が素晴らしいです。ちょっとした遊歩道もついていてよかったですし、駐車場からそんなに歩かないで行けました
(行った時期:2018年10月)

自然の壮大な景色が楽しめた。車で向かいましたが狐もみれました。海の色が素晴らしいです。小樽から車で行きましたが日帰り掛け流し温泉施設もあるので利用しましたが良かったです。
(行った時期:2018年10月)

神威岬
住所/北海道積丹郡積丹町神岬町
「神威岬」の詳細はこちら

青い池

青い池
出典:じゃらん 観光ガイド 青い池

\口コミ ピックアップ/
ライトアップも良いですが朝の池も最高ですよ!
ライトアップ時は懐中電灯を持参して下さい。
足元注意して下さい(木の根っこが)
(行った時期:2018年11月)

是非来たかった場所です。寒かったのでこれからは防寒対策必須ですね。色々な言葉が飛び交うほど平日にも関わらず観光客の多さに驚きでした。カップルにおススメ。
(行った時期:2018年10月)

青い池
住所/北海道上川郡美瑛町白金
「青い池」の詳細はこちら

オンネトー

オンネトー
出典:じゃらん 観光ガイド オンネトー

\口コミ ピックアップ/
コバルトブルーの湖で、神秘的で吸い込まれそうなブルーで時間の経過とともに湖の色が微妙な変化をして見えます
(行った時期:2019年2月)

静かで美しい場所で、北海道の中でも大好きな場所です。池の水の色が、時間によって見えかたが変わるそうです。私の時は綺麗なブルーでした。
(行った時期:2018年11月)

オンネトー
住所/北海道足寄郡足寄町茂足寄
「オンネトー」の詳細はこちら

半月湖

半月湖
出典:じゃらん 観光ガイド 半月湖
半月湖
住所/北海道虻田郡倶知安町
「半月湖」の詳細はこちら

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
出典:じゃらん 観光ガイド 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

\口コミ ピックアップ/
糠平温泉近辺には昭和62年に廃止になった旧国鉄士幌線の橋梁が多く残されています。
季節により糠平湖の水位により沈む「幻の橋」タウシュベツ橋梁をはじめ、橋梁の上を歩ける橋梁や遠くから眺めるだけの美しい橋梁など80近いそうです。
全部はまわりきれないでしょうから、まずは観光案内所や旅館などでパンフレットをもらいましょう。
「おすすめ」の橋梁や有名な橋梁へのアクセスなどがわかります。
(行った時期:2018年7月29日)

やっぱりもう見られなくなるかも…、ということもあり、タウシュベツ橋梁が一番の訪問目的になってしまったのですが、いざ行ってみると、自然の中にあるもう崩壊した橋、国道から見える橋…と何ヵ所か回ってもっと違う方面からも、違う季節も見たいって思いながら帰ってきました。
(行った時期:2018年6月)

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
住所/北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の詳細はこちら

青森県の絶景スポット

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流
出典:じゃらん 観光ガイド 奥入瀬渓流

十和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。豊かな樹木や大小の滝、巨大な岩や切り立った崖などが景観に彩りを加える。新緑や紅葉の時期は、特に美しい景観をみせる。1928年に天然記念物に指定されている。

\口コミ ピックアップ/
何度も奥入瀬渓流に来てますが、今回冬は初めて。
凍った滝や雪帽子をかぶった岩など、夏と全く違う表情を魅せてくれます。
(行った時期:2019年1月)

奥入瀬渓流は今回のプランに入っていませんでしたが、自動車で通りました。
車窓からも十分紅葉と素晴らしい眺めが観察できました。
(行った時期:2018年11月)

奥入瀬渓流
住所/青森県十和田市大字奥瀬
「奥入瀬渓流」の詳細はこちら

青池

青池
出典:じゃらん 観光ガイド 青池

まるでブルーインキのような湖水で有名な池。周りの木々が映り込みホログラムの様でとても神秘的。なぜ青く見えるのかいまだ解明されてないという。十二湖駅で下車し、「蜃気楼ダイヤ」を使って散策を楽しめる。帰りは秋田行きのリゾートしらかみを利用するつもりになれば、さらに深いトレッキングも可能。

これぞ白神山地の神秘、青く光る不思議の池

\口コミ ピックアップ/
青森県の西津軽郡に位置している青池です。こちらは何故青いのか不明なのだそうです。青く神秘的にキラキラと光っていました。
(行った時期:2018年10月)

透明感のある池にもなっていますよ。どうしてこんなにきれいなのかも不思議に思ってしまいますね。また見に行きたい。
(行った時期:2018年10月)

青池
住所/青森県西津軽郡深浦町森山
「青池」の詳細はこちら

種差天然芝生地

種差天然芝生地
出典:じゃらん 観光ガイド 種差天然芝生地

三陸復興国立公園に指定されている種差海岸の代表的景観。美しい芝生が水際まで広がっている様子は、まるで異国のよう。芝生と海が織り成す造形美は、多くの文人たちに愛されました。芝生地の北側にはキャンプ場も設けられています。

\口コミ ピックアップ/
広い芝生に青い空。そして海。植物好きの大人から、走り回りたい子供達、そしてわんちゃんも家族皆で楽しめる大好きな場所です。
(行った時期:2018年10月)

青森県の八戸市に位置している種差天然芝生地です。種差の代表的な海岸だそうです。広い芝生があり、景観がとてもきれいです。
(行った時期:2018年10月)

種差天然芝生地
住所/青森県八戸市鮫町
「種差天然芝生地」の詳細はこちら

尻屋崎

尻屋崎
出典:じゃらん 観光ガイド 尻屋崎

尻屋崎は津軽海峡と太平洋に面した本州最北東端に位置し、その突端には歴史的・文化的にも価値の高い、白亜の「尻屋埼灯台」が船舶の安全を見守っています。また、灯台周辺の草地には青森県天然記念物の「寒立馬」が放牧されており、その愛らしい姿を眺めることができます。

\口コミ ピックアップ/
青森県の下北郡に位置し、本州の最北端になります。津軽海峡と太平洋が分かりました。寒立馬というのも見ることができて大満足です。
(行った時期:2018年10月)

下北半島の西の岬が大間崎なら東はここ尻屋崎です。ゲートが閉まるのが早いので、午前中に行きました。寒立馬は広い岬のどこにいるか分からないので、岬を一周しましたが、運良く灯台の傍で出逢えました。
(行った時期:2018年9月)

尻屋崎
住所/青森県下北郡東通村尻屋
「尻屋崎」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
東北
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
この記事に関連するキーワード
絶景
自然
観光スポット