close

3月におすすめの国内旅行先8選。春の旅行で行きたい場所はここ!

2021.12.28

3月の旅行を計画している方必見!3月といえば、寒さも和らいで旅行にピッタリの季節です。3連休を利用して旅行をしたい、春を感じる春旅をしたい、という方も多いのでは?

この時期にしか見られない北海道のオホーツク海の流氷や早咲きの桜の絶景、海と自然のコントラストが見事なマングローブ林など、3月に見どころがあるおすすめ旅行スポットをご紹介します!

※この記事は2021年12月15日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

【北海道】プユニ岬

自然が生んだ奇跡の流氷はこの時期だけ!

オホーツク海の流氷(プユニ岬)

2月中旬頃から3月上旬頃までが見頃と言われている、オホーツク海の流氷。さまざまな環境条件が重なってできるため、世界的にも限られた地域でしか見られません。

オホーツク海でも一番早い時期に流氷の着岸を見られると言われているのが、北海道知床斜里町の「プユニ岬」。海全体が真っ白な流氷に覆われる絶景には圧倒されます!

オホーツク海の流氷(プユニ岬)

特に、沈んでいく夕日が白銀の世界を赤く染める光景は「美しい」の一言です。自然が生んだ奇跡をこの目で見てみませんか。

■プユニ岬
[住所]北海道斜里郡斜里町字岩尾別(知床国立公園内)
[アクセス]【電車】JR釧網本線知床斜里駅より中央バスで約1時間【車】旭川紋別自動車道遠軽ICより約3時間30分
[駐車場]なし
「プユニ岬」の詳細はこちら

(画像提供元:知床斜里町観光協会)

【千葉県】いすみ鉄道(大原駅)

一面に広がる菜の花!3月は桜とのコラボも

いすみ鉄道の菜の花(大原駅)

自然豊かな里山を走るローカル線、いすみ鉄道。例年2月中旬頃~4月上旬頃に、沿線を黄色い菜の花が埋め尽くします。

黄色に緑のラインの入った列車が、菜の花にマッチしてとってもキレイですよ。列車に乗ると、まるで菜の花畑の中を走っているような感覚に♪

車窓から景色を眺めるも良し、気になる駅で途中下車してのんびりと散策するも良しです。

いすみ鉄道の菜の花(大原駅)

3月下旬頃になると桜も見頃を迎え、黄色と桜色のコントラストを楽しむこともできます。時刻表をチェックしてぜひ足を運んでみてください。

■【千葉県】いすみ鉄道(大原駅)
[住所]千葉県いすみ市大原8701
[営業時間]※時刻表は公式ホームページで確認を
[定休日]なし
[料金]【大人】730円【小人】370円 ※始発 大原駅~終点 上総中野駅
[アクセス]【電車】JR外房線蘇我駅より約57分【車】首都圏中央連絡自動車道市原舞鶴ICより約45分
[駐車場]あり(有料・数台)
「いすみ鉄道(大原駅)」の詳細はこちら
「いすみ鉄道」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供元:いすみ鉄道株式会社)

【静岡県】掛川城

逆川沿いの掛川桜で一足先に春を感じて

(画像提供元:掛川城公園管理事務所)

春になると掛川桜やソメイヨシノ、四季桜、しだれ桜など150本以上の桜が咲き乱れる掛川城公園。いつもより一層、城が華やかに見えると評判です。

掛川城の南側を流れる逆川(さかがわ)沿いに約2kmに渡って咲く約300本の「掛川桜」も迫力満点!掛川桜は2月下旬頃~3月下旬頃に見頃を迎える早咲きの新品種なので、一足早く春を感じさせてくれますよ。

ソメイヨシノより少し濃いピンク色なのが特徴で、満開になると川沿いの散歩道がパッと明るくなります♪

掛川城公園の桜

昼間とは違った表情を見せてくれる夜桜もおすすめ!静かな雰囲気でじっくりと桜を堪能することができます。

■掛川城
[住所]静岡県掛川市掛川1138-24
[営業時間]9時~17時(入館は16時30分まで)※営業時間が変更となる場合がある為、公式ホームページで確認ください
[定休日]なし
[料金]【大人(高校生以上)】410円【小中学生】150円
[アクセス]【電車】JR東海道新幹線本線掛川駅より徒歩約7分【車】東名高速道路掛川ICより約9分
[駐車場]あり(有料※詳細は公式ホームページで確認ください)
「掛川城」の詳細はこちら

(画像提供元:掛川城公園管理事務所)

【三重県】いなべ市農業公園(梅林公園)

真っ赤な梅林が広がる3月の梅まつりへ!

(画像提供元:いなべ市農業公園)

三重県北部にあり、38haもの広大な景色が広がるいなべ市農業公園。

敷地内には実梅(実をとるために栽培される梅)を中心とした広大な梅林と、花梅(花を楽しむために栽培される梅)をゆっくり鑑賞できる風情豊かな庭園風の梅苑などがあり、100種類・4000本以上の梅が咲き誇ります。

(画像提供元:いなべ市農業公園)

また、梅の開花に合わせて毎年3月上旬~中旬にかけて「梅まつり」を開催!赤・白・ピンクの梅の花が見渡す限りに広がる光景はまさに圧巻です。

公園内には敷地内を一望できる見晴台をはじめ、写真映えスポットが満載なので、お気に入りの場所を見つけてみては?

■いなべ市農業公園(梅林公園)
[住所]三重県いなべ市藤原町鼎717
[営業時間]9時~16時(イベント中は時間変更の場合あり)
[定休日]なし
[料金]無料※うめ祭り期間中は有料(500円)
[アクセス]【電車】三岐鉄道北勢線阿下喜駅よりタクシーで20分【車】名神高速道路関ヶ原ICより40分
[駐車場]あり(無料)
「いなべ市農業公園(梅林公園)」の詳細はこちら

(画像提供元:いなべ市農業公園)

【香川県】紫雲出山

山一面をピンクに染める桜を瀬戸内海と共に

(画像提供元:三豊市観光交流局)

香川県三豊市の荘内半島に位置する紫雲出山。自然豊かな遊歩道を歩きながら山頂を目指すと、美しい瀬戸内海の風景が広がります。

山頂の桜が見頃を迎える3月下旬頃~4月上旬頃は特におすすめ。山一面をピンク色に染める満開の桜と澄んだ青色の瀬戸内海、そして海に浮かぶ緑色の島を同時に見渡すことができます。

紫雲出山の桜

朝日が昇る頃、ほんのり赤く染まった桜を眺めるのも良いですね。

山頂にある紫雲出山遺跡館内の喫茶コーナーでスイーツを楽しみながらお花見、というのも贅沢な時間を過ごせそうです。見頃やアクセス方法など、詳細は公式ホームページで確認を。

■紫雲出山
[住所]香川県三豊市詫間町大浜乙451-1
[アクセス]【電車】JR予讃線詫間駅よりバスで約35分、徒歩約50分【車】高松自動車道三豊鳥坂IC・さぬき豊中ICより約45分
※桜シーズンは交通規制が行われます。詳細については、1月下旬頃から公式ホームページでお知らせ予定です
[駐車場]あり(無料※桜の時期は有料となる為、詳細は公式ホームページで確認ください)
「紫雲出山」の詳細はこちら
「紫雲出山」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供元:三豊市観光交流局)

【徳島県】鳴門海峡

大潮の3月がチャンス!迫力の渦潮を間近に

鳴門市のうずしお
鳴門市のうずしお

徳島県・鳴門の渦潮(うずしお)は、瀬戸内海の播磨灘(はりまなだ)と紀伊水道の満潮と干潮の大きな差によって、激しい潮流が発生する自然現象。

春と秋の大潮時が見頃となり、特に一年の中でも渦潮が大きく巻く時期は3月~4月頃と言われています。渦潮の旅を案内する観潮船が運航し、大迫力の渦潮を間近で体感することができますよ。

また、渦潮を生み出す潮流で育った鯛やわかめを味わうのもおすすめ!歯ごたえも良く絶品です。

■鳴門海峡
[住所]徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園
[アクセス]【電車】鳴門駅より徳島バスで約20分※鳴門公園バス停下車徒歩すぐ
【車】神戸淡路鳴門自動車道鳴門北ICより約5分
[駐車場]あり(乗用車は500円)
「鳴門海峡」の詳細はこちら

(画像提供元:鳴門市うずしお観光協会)

【長崎県】ハウステンボス

ヨーロッパの街並みを彩るチューリップ

(画像提供元:(C)ハウステンボス/J-19989)

四季折々のお花が一年中楽しめるハウステンボス。2月下旬から4月上旬にかけて色鮮やかなチューリップが見ごろを迎えます。

期間中は場内全体を100万本ものチューリップが咲き誇ります。ハウステンボスのシンボルでもある風車がお出迎えする「フラワーロード」をはじめ、王冠のモニュメントとその周辺を舞う蝶々のモチーフが特徴的な「花の広場」など見どころが満載!

(画像提供元:(C)ハウステンボス/J-19989)

中でも3月中旬~4月上旬(予定)には「ハウステンボス」の名を冠したチューリップが咲き誇ります。

また、パレード&ショーや祝祭感あふれるイベントが開催されるので、体いっぱいに春の訪れを感じてください。

■ハウステンボス
[住所]長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
[営業時間]9時~21時
[定休日]なし
[料金]【大人】7000円【中人】6000円【小人】4600円【未就学児】3500円【おもいやり(シニア等)】5000円
[アクセス]【電車】JR大村線ハウステンボス駅より7分【車】西九州自動車道大塔ICより10分
[駐車場]あり(800円~)
「ハウステンボス」の詳細はこちら

(画像提供元:(C)ハウステンボス/J-19989)

【沖縄県】川平湾

緑に生い茂るマングローブと美しい海

(画像提供元:ピクスタ)

石垣島のガイドブックでも紹介される、定番の観光スポットである川平湾。

石垣島の中でも特に海が美しい場所として知られ、石垣島のマングローブ林が生い茂る3月頃には、マングローブの濃い緑の葉と、エメラルドグリーンに光る海面のコントラストを楽しむことができます。

また、例年3月中旬から海開きが行われるので、一足先に海を満喫できるのも魅力!透明感抜群の海中を眺めることができるグラスボートは、思い出作りにぴったりですよ。

■川平湾
[住所]沖縄県石垣市川平1054
[アクセス]【車】新石垣空港より約30分
[駐車場]あり(有料)
「川平湾」の詳細はこちら

(画像提供元:ピクスタ)

\こちらの記事もチェック!/
【春といえば?】旬の食べ物や季節の花、入学式など風物詩をご紹介
春にカップルで行きたい!日本全県おすすめデートスポット
【全国】春の国内ひとり旅におすすめスポット!定番から穴場まで
【全国】一度は行きたい「春のおすすめ絶景スポット」

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、感染拡大防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込価格です。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。