新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ富山県カップルにおすすめ【富山】デートスポット20選!定番から穴場まで

カップルにおすすめ【富山】デートスポット20選!定番から穴場まで

2019.12.21

富山のデートスポットを集めました。絶景を望む 黒部峡谷や雨晴海岸、ゆっくりお散歩デートが楽しめる公園など、富山にはカップルで楽しめるおでかけスポットがたくさんあります。
「今度のデートはどこに行こう…」とお悩み中のカップルのみなさんは必見です!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

海王丸パーク

海王丸パーク
出典:じゃらん 観光ガイド 海王丸パーク

海王丸パークでは、海の貴婦人と呼ばれる海王丸をシンボルとして、現役当時の姿のままで、公開しています。また、海王丸に全部で29枚ある帆をすべて広げる総帆展帆が年10回行われています。海王丸を望むベイサイドは、さわやかな潮風と緑の芝生に囲まれたふれあいスポット。広いイベントスペースやバーベキューができる広場、ちょっぴりスリルのある遊具がある「ふれあい広場」などがあり、ファミリーやグループなどでに賑わっています。海洋講座・海洋教室も行われています。

\口コミ ピックアップ/
2018年4月に新しく展望台が出来て
富山湾をぐるりと一望できます。
立山連峰から能登半島までの眺めは
最高です!
(行った時期2018年4月)

海王丸パークでは海王丸と立山連邦、新湊大橋のコラボレーションがとても素晴らしいです。時間帯によって違う景観に感動します
(行った時期2018年1月)

■海王丸パーク
[住所]富山県射水市海王町8
「海王丸パーク」の詳細はこちら

富岩運河環水公園

富岩運河環水公園
出典:じゃらん 観光ガイド 富岩運河環水公園
富岩運河環水公園
出典:じゃらん 観光ガイド 富岩運河環水公園

富岩運河環水公園は、歴史ある富岩運河の船溜まりを活用し、整備された「緑の広がる美しい水辺空間」。園内では、公園のシンボル「天門橋」からの景色、国内外を問わず多くの乗船者で賑わう「富岩水上ライン」のクルーズを楽しむことができるほか、世界一美しいといわれる「スターバックス・コーヒー」や、フレンチの鉄人坂井宏行シェフ監修のレストラン「ラ・シャンス」で、ゆったりと長い時間を過ごすこともできる。また、花火やイルミネー ション装飾等、四季折々のイベントも実施され、シーズンを通した賑わいをみせる。ライトアップされた夜の公園も幻想的。

\口コミ ピックアップ/
快晴に恵まれた一日に訪問いたしました。廻りの喧騒から離れ気持ちの良い芝生を愛でながらゆっくりと過ごすことができました。特別に何かがある訳ではないのですがこうした一日を過ごすのも良い気がします。
(行った時期:2018年6月24日)

世界一のスタバに選ばれた事があるスタバがある公園。
富山に行くと、必ず行ってます。
ゆったり散歩ができ、日常を忘れられるのでお薦めです。
(行った時期:2018年5月)

■富岩運河環水公園
[住所]富山県富山市湊入船町1
「富岩運河環水公園」の詳細はこちら

富山県美術館

富山県美術館
出典:じゃらん 観光ガイド 富山県美術館

ピカソ、ルオー、デュシャン兄弟、エルンスト、デルヴォー、マグリット、そしてウォーホルからネヴェルソンまでのアメリカ現代作家のコレクションが中心。

\口コミ ピックアップ/
駅から少し歩きます。天気が良かったので良かったですが、バスの案内が分かりやすいとなお良かった。建物自体がおしゃれです。企画展示も楽しめました。
(行った時期:2018年11月)

とてもきれいな美術館で、周囲の景色等もきれいな場所でした。展示物も多岐にわたり、いろいろな芸術家の展示がされており、好みのものが見つかるのではと思います。
(行った時期:2018年9月)

■富山県美術館
[住所]富山県富山市木場町3-20
「富山県美術館」の詳細はこちら

富山城

富山城
出典:じゃらん 観光ガイド 富山城

この地の豪族水野勝重(のち神保長職と改称)が、天文12年(1543年)頃築城したという。天正8年(1580年)、佐々成政が越中守護職を任じて入城、大改築を行なったが、同13年、豊臣秀吉に降ってのちは、加賀の前田利家の領有となった。寛永17年(1640年)、前田利次が富山に十万石を分封されて以降は前田氏の居城となり、十三代相継いで明治に至る。平城で、石垣・水濠跡が残る。本丸跡にたつ天守は犬山城を模して、昭和29年に復興したもの。本丸跡は公園として整備されている。

\口コミ ピックアップ/
駅から近いので散歩がてらに行けます。小さいけれど綺麗な城です。夜は天守閣がライトアップされてます。中に郷土博物館になってます。
(行った時期:2019年5月)

外観も綺麗ですが、内装も整っていました。
天守閣からの景色はお庭が綺麗に見えました。遠くには山が見えました。
(行った時期:2019年6月14日)

■富山城
[住所]富山県富山市本丸1-62
「富山城」の詳細はこちら

富山市役所展望塔

富山市役所展望塔
出典:じゃらん 観光ガイド 富山市役所展望塔

富山平野を360度一望に見渡せる絶好の場所。気象条件の良い日には立山連峰が一望できる。

\口コミ ピックアップ/
あまり知られていないのか、日曜日の快晴の日でも混雑していませんでした。剣岳、立山、薬師岳などがはっきり見えます。
(行った時期:2019年9月)

特に雪を戴く立山連峰が見られる季節は絶対おすすめ。それ以外の季節でも超おすすめだが...。併せて、富山県立美術館の屋上もおすすめ!
(行った時期:2019年9月30日)

■富山市役所展望塔
[住所]富山県富山市新桜町7-38
「富山市役所展望塔」の詳細はこちら

マリエとやま

マリエとやま
出典:じゃらん 観光ガイド マリエとやま

JR富山駅のすぐ横。マリエとやまは、トレンドの発信地ともなっているファッションビルだ。流行アイテムの品揃えはもちろんだが、富山のお土産の品揃えも注目すべきところ。
1階には鱒のすしをはじめ、老舗の銘菓が勢揃い。お土産選びにも一役かっている。駅前という好条件もGOOD!

\口コミ ピックアップ/
富山駅と近いのが良いと思います。駅の待ち時間にぴったりです。レストランやカフェも充実していて、駐車場もあるので便利です!
(行った時期:2018年1月)

駅前でとても利用しやすい立地にあります。飲食店も何店か有り、明るい感じがします。また利用したいと思います。
(行った時期:2019年2月)

■マリエとやま
[住所]富山県富山市桜町1-1-61
「マリエとやま」の詳細はこちら

北前船回船問屋森家

北前船回船問屋森家
出典:じゃらん 観光ガイド 北前船回船問屋森家

日本海交易において活躍した北前船の回船問屋の様式が残されている。

\口コミ ピックアップ/
トラムで岩瀬方面に観光した際に伺いました。
太い柱で組まれた大きな商家で、当時の裕福さ、北前の商売のすごさを感じることができました。説明の方も面白く語りを進めてもらったので、とても楽しく見学できました。
(行った時期:2019年4月30日)

環水公園から観光船で岩瀬浜へ行った際に寄りました。
北前船の繁栄を物語るこの屋敷はみる価値ありです。
贅を凝らした座敷は必見です。
丁寧に解説していただけるのでより楽しめます。
(行った時期:2018年5月)

■北前船回船問屋森家
[住所]富山県富山市東岩瀬町108
「北前船回船問屋森家」の詳細はこちら

砺波チューリップ公園

砺波チューリップ公園
出典:じゃらん 観光ガイド 砺波チューリップ公園

チューリップをテーマとした四季折々の花を楽しめる都市公園。チューリップタワーは、市民に親しまれている。
春のチューリップフェアでは色とりどりのチューリップが咲きほこる。1年を通して季節の花が咲く。冬にはLEDイルミネーションで公園周辺が光に包まれる。

\口コミ ピックアップ/
今年は開花が早くて、チューリップフェアが行われた連休には満開を過ぎていましたがよく手入れされていて素敵な公園です。砺波に行かれたら是非行くべきです。
(行った時期2018年5月)

広くてビックリしました!
色々なチューリップがあって楽しかったです(´ー`)
丁度マーチングの演奏もしてていい旅行になりました。
また機会あれば行きたいと思います!
(行った時期2018年5月)

■砺波チューリップ公園
[住所]富山県砺波市花園町1-32
「砺波チューリップ公園」の詳細はこちら

黒部峡谷

黒部峡谷
出典:じゃらん 観光ガイド 黒部峡谷
黒部峡谷
出典:じゃらん 観光ガイド 黒部峡谷

黒部川が、立山連峰と後立山連峰の間に刻み込んだ峻険な峡谷で、10か所の発電所があります。宇奈月温泉から欅平まで全長20.1kmの黒部峡谷鉄道が、峡谷探勝のトロッコ電車として話題を集めています。大小41のトンネルをくぐり、22の橋を渡る間に、谷間の奔流や天を突く岩壁のスリルを味わえます。

\口コミ ピックアップ/
トロッコ電車に乗って、黒部峡谷に入っていくと、自然を満喫できます。紅葉が有名ですが、新緑の季節も最高です。
(行った時期2018年6月)

湖を過ぎると渓谷が続きました。途中でサルしか渡らない橋があったり、お地蔵さんの岩があったりといろいろ見どころがあり、電車で解説しながら進んでいきました。
(行った時期2018年5月6日)

■黒部峡谷
[住所]富山県黒部市宇奈月町 舟見明日音澤
「黒部峡谷」の詳細はこちら

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道
出典:じゃらん 観光ガイド 黒部峡谷鉄道

宇奈月から欅平まで全長約20km。黒部峡谷を走り抜けるトロッコ電車。黒部万年雪や出六峰、人喰岩などの景勝地やダム湖など見所も多く、訪れる人々の目を楽しませている。普通客車は窓がないオープン型で、その自然美、スリルは想像を絶するほどだ。新緑や紅葉のシーズンは特に美しく、観光客でにぎわう。

\口コミ ピックアップ/
GW中に行ってきました。
とても綺麗でした。
新緑の季節で、天気も良くトロッコに乗り、すごく気持ちが良かったです。
ひざがちょっと、寒かったので、ひざ掛けを持って行って良かったです。
ぜひ持って行って下さい。
足湯もあったので、タオルも持参で!
(行った時期2018年5月)

朝早く行きました!
トロッコには乗りませんでしたが、
周りの景色は本当綺麗でした。
近くに遊歩道もあり、黒部ダムを見ることができます。
(行った時期2018年5月5日)

■黒部峡谷鉄道
[住所]富山県黒部市黒部峡谷口11番地
「黒部峡谷鉄道」の詳細はこちら

立山黒部アルペンルート【富山県側】

立山黒部アルペンルート【富山県側】
出典:じゃらん 観光ガイド 立山黒部アルペンルート【富山県側】

富山市から長野県信濃大町まで続く道のりは「立山黒部アルペンルート」と呼ばれ、雄大な山々の大パノラマを楽しめる国際的な山岳観光ルートとなっている。立山駅からは、立山ケーブル、高原バスを乗り継いで立山室堂まで。そこから雄山登山をするのもよし、黒部ダムまで行くもよし。楽しみ方は自由自在だ。

\口コミ ピックアップ/
素晴らしい景色を楽しみに行った旅でしたが、ケーブルカー、高原バス、ロープウェイ、トロリーバスと色々な乗り物を次々乗り継いでいくのが楽しかったです。
高原バスでは耳がツーンとしましたが、まだ雪が残るとっても素晴らしい景色を楽しむことができました。
(行った時期2018年6月10日)

自然のすごさをあらためて実感し、都会の喧騒をわすれて、空の青さと雪の白さにひたれる場所。楽しむなら今の時期はハイキング装備(トレッキングシューズ、手袋、帽子、防寒着)は必需品。
(行った時期2018年4月28日)

■立山黒部アルペンルート【富山県側】
[住所]富山県中新川郡立山町千寿ヶ原~長野県大町市扇沢
「立山黒部アルペンルート【富山県側】」の詳細はこちら

宇奈月温泉

宇奈月温泉
出典:じゃらん 観光ガイド 宇奈月温泉

北アルプス黒部峡谷の入口にある、県下随一の温泉地、黒薙の源泉から引湯しており、湯量は豊富、大自然の美しさはもちろん味覚のすばらしさも魅力のひとつで、川魚や山菜、日本海の新鮮な海の幸も楽しむことができる。トロッコ電車などでの黒部峡谷探勝や、スキーなどの基地として利用されている。

\口コミ ピックアップ/
かじかという名前の店の釜めしは絶品です。お酒も飲めます。また、店の名前を忘れましたが「こしひかりまん柔」という和菓子は、絶品ですが、いつも発売されているとは限らない幻の饅頭です。観光案内所足湯の向かい側にある和菓子屋の右側の店です。
(行った時期2018年6月)

宇奈月温泉といえば宇奈月温泉木管事件の舞台となったことで有名な温泉です。一度は来てみたかったのでようやく念願がかないました。温泉街自体は思ったより新しい感じがして予想外でした。温泉施設が新しくなっていたのが一番の理由かもしれません
(行った時期2018年5月)

■宇奈月温泉
[住所]富山県黒部市宇奈月温泉
「宇奈月温泉」の詳細はこちら

相倉合掌造り集落

相倉合掌造り集落
出典:じゃらん 観光ガイド 相倉合掌造り集落

庄川の川面からやや離れた段丘上の、細長い台地に広がる集落。戸数27戸のうち、20戸が合掌造り家屋であり、その多くは江戸時代末期から明治時代にかけて建てられたものですが、最も古いものは17世紀に建てられたものと推測されています。この合掌造り家屋をはじめ、寺院や神社、土蔵、板倉などの伝統的な建物、屋根葺きに必要な茅を取る茅場、集落を雪崩から守る雪持林などが史跡として大切に保存されています。昔ながらの景観が維持されているため、集落内は非日常的な空間。懐しく美しい風景に、心癒されることでしょう。

\口コミ ピックアップ/
まさに日本昔ばなしの世界でした。
のんびり散策できました。
この先もずっとこの世界を保存して欲しいと思いました。
(行った時期2018年6月)

世界遺産登録されているということもあり、とても景色の綺麗な場所で、空気や食べ物も美味しいし地元の人もとても暖かいです。
(行った時期2018年1月)

■相倉合掌造り集落
[住所]富山県南砺市相倉611
「相倉合掌造り集落」の詳細はこちら

富山市ファミリーパーク

富山市ファミリーパーク
出典:じゃらん 観光ガイド 富山市ファミリーパーク

動物が一部放し飼いになっている子供動物園や、きりんのえさやりができるきりん展望台、郷土動物館があり、またバーベキューを楽しむことも出来る。遊園地には大型遊具がある。そのほか、見晴し広場や遊歩道などもある。

\口コミ ピックアップ/
自然沢山の中にある動物園です。
目的地まで運んでくれる園内バスもあるようですが、時間も限られてるため利用をしない場合、結構歩くので、歩きやすい靴の方がいいです。あなぐまや、たぬきやきつねなど身近ですがゆっくりは見れない動物がしっかり近くで見れるのがとても楽しかったです。
恥ずかしがりやのきつねは特に可愛かったです。
トラのエリアは他のゾーンより蚊が多いので虫除けいります。
(行った時期:2019年8月)

通年通して色々なイベントをしており飽きることなく楽しめます。動物にエサやりもできるのもあり大人も子供も楽しめる場所でした。
(行った時期:2018年10月)

■富山市ファミリーパーク
[住所]富山県富山市古沢254
「富山市ファミリーパーク」の詳細はこちら

能登半島国定公園 雨晴海岸

能登半島国定公園 雨晴海岸
出典:じゃらん 観光ガイド 能登半島国定公園 雨晴海岸

義経伝説を伝える白砂青松の景勝地。天候に恵まれれば、海越しに3000メートル級の立山連峰を望むことができる。

\口コミ ピックアップ/
能登半島に行く途中に寄りました。あいにくの曇りで立山の山々は見えませんでしたが、富山湾に面した穏やかな海と小島と海沿いの景色がとってもきれいでした。今度は晴れた日に行って立山の山々と海の景色が見たいなぁって思ってます。
(行った時期:2019年11月17日)

立山連峰は見えなかったですが、夕焼けの海岸と飛行機雲がとてもキレイでした。
電車もタイミングよく通り、ホンワカした気分になれました。
車は目の前の道の駅に止められます。
(行った時期:2019年5月16日)

■能登半島国定公園 雨晴海岸
[住所]富山県高岡市太田
「能登半島国定公園 雨晴海岸」の詳細はこちら

瑞龍寺

瑞龍寺
出典:じゃらん 観光ガイド 瑞龍寺

明和折衷様式の仏殿や法堂・総門を残す。高岡の開祖前田利長の菩提寺、曹洞宗の名刹。仏殿・法堂・山門が国宝に指定されている。壮大な伽藍配置様式の豪壮にして典雅な美しさに圧倒される。

\口コミ ピックアップ/
一度訪れてみたかったお寺です。さすが国宝だけあり、荘厳な感じでした。
案内もしてもらい良い時間が過ごせました。
(行った時期:2019年12月)

平日は人も少なく、落ち着いた空気の中に佇む荘厳で広大な建造物とお庭が「大人旅」の醍醐味を実感させてくれます。天気が良ければ芝生も映えて最高だと思います。
(行った時期:2019年6月)

■瑞龍寺
[住所]富山県高岡市関本町35
「瑞龍寺」の詳細はこちら

高岡大仏

高岡大仏
出典:じゃらん 観光ガイド 高岡大仏

総高15.85m、坐像の高さ7.43mの青銅製の大仏。昭和8年建立。伝統産業高岡銅器の粋を集め、30年の歳月をかけて完成した。また境内に文化年間作の時鐘があり、これも市指定文化財である。

\口コミ ピックアップ/
街中にある大仏でした
駐車場も拝観料もなくボランティアの方々が綺麗にしてくれてるみたいでした
伺ったときは遠足の子達でいっぱいでしたが中までゆっくり見れました
(行った時期:2019年6月)

SNS映えはするので結構人はいましたが、凄く小さかったです。映し方によるなと思いました。町中です。
(行った時期:2019年6月2日)

■高岡大仏
[住所] 富山県高岡市大手町11-29
「高岡大仏」の詳細はこちら

魚津水族館

魚津水族館
出典:じゃらん 観光ガイド 魚津水族館

日本海側最大級の規模を誇り500種、10,000尾の世界の魚を展示。大海洋水槽の海底トンネルは見もの。

\口コミ ピックアップ/
さかなショーというのがあり、魚の芸みたいなのをみることが出来ます。また、ダイバーさんの魚達のお食事タイムも見ていて楽しめました。
(行った時期:2018年10月)

水族館にはたくさんの人々で賑わっていましたよ。可愛いお魚や動物にふれあうことが出来ましたよ。おすすめですよ。
(行った時期:2018年8月)

■魚津水族館
[住所]富山県魚津市三ケ1390
「魚津水族館」の詳細はこちら

富山県中央植物園

富山県中央植物園
出典:じゃらん 観光ガイド 富山県中央植物園

面積24.7haにおよぶ園内は「世界の植物ゾーン」と「日本の植物ゾーン」に分けられている。

\口コミ ピックアップ/
写真を撮りながらですが、2時間で約半分しか回れませんでした。そのくらい広い!お花好きにはたまらないスポットです。
(行った時期:2019年5月)

広々とした植物園でした。きれいなお花もたくさん咲いていました。広さもあるのでお散歩コースにもぴったりだと思います
(行った時期:2018年12月)

■富山県中央植物園
[住所]富山県富山市婦中町上轡田42
「富山県中央植物園」の詳細はこちら

ほたるいかミュージアム

ほたるいかミュージアム
出典:じゃらん 観光ガイド ほたるいかミュージアム

海と空、そして立山連峰の雄大な景色を望めるガラス張りのマーケットホール、レストランのゾーンと、ほたるいかの不思議な世界と深海を思い起こさせる、幻想的な光で演出されたミュージアムゾーンから成り立っています。

\口コミ ピックアップ/
ほたるいかの発光ショーがぎりぎり見ること(4月上旬~5月下旬)ができる5月中旬に行きました。ほたるいかの歴史を知ることができ、また実際に泳いでいるほたるいかを手ですくうこともできます。発光ショーは感動的なので興味がある方は見に行ってはと思います。
(行った時期:2019年5月19日)

富山湾のことなども学べますが、やっぱりホタルイカでしょう。小さなイカで、これまで茹でたものしか見たことがなくて生きているものを初めて見ました。
(行った時期:2019年5月)

■ほたるいかミュージアム
[住所]富山県滑川市中川原410番地
「ほたるいかミュージアム」の詳細はこちら

こちらもチェック!富山のおでかけ情報
グルメライターおすすめ!富山のとっておきの旅先
旅人を魅了!長野・富山の絶景と温泉

※この記事は2019年12月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング