close

【日本全県】夏に行きたい滝47選!マイナスイオンあふれる絶景パワースポット!

2020.07.31

毎日蒸し暑い日が続いて、憂鬱になりがちな夏。
そんな夏のおでかけ先にオススメなのが「滝」!
自然に囲まれ、マイナスイオンたっぷりの滝はまさにパワースポット!

滝の裏側を見ることができる珍しい滝から、有名な滝まで47都道府県別にご紹介。
涼を求めに全国の滝へ行ってみてくださいね!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

目次

●北海道・東北エリア
 オシンコシンの滝 【北海道】
 銚子大滝 【青森県】
 釜淵の滝 【岩手県】
 秋保大滝 【宮城県】
 元滝伏流水 【秋田県】
 大滝 【山形県】
 達沢不動滝 【福島県】
●関東エリア
 竜頭ノ滝 【栃木県】
 吹割の滝 【群馬県】
 袋田の滝 【茨城県】
 不動滝 【埼玉】
 濃溝の滝 【千葉県】
 裏見ケ滝 【東京都】
 不動滝 【神奈川県】
 吐竜の滝 【山梨県】
 雷滝 【長野県】
 苗名滝 【新潟県】
●北陸・東海エリア
 称名滝 【富山県】
 垂水の滝 【石川県】
 龍双ケ滝 【福井県】
 河津七滝 【静岡県】
 養老の滝 【岐阜県】
 阿寺の七滝 【愛知県】
 赤目四十八滝 【三重県】
●関西エリア
 鶏鳴の滝 【滋賀県】
 金引の滝 【京都府】
 箕面の滝(明治の森箕面国定公園) 【大阪府】
 猿尾滝 【兵庫県】
 笹の滝 【奈良県】
 那智の滝 【和歌山県】
●中国・四国エリア
 雨滝 【鳥取県】
 龍頭が滝 【島根県】
 神庭の滝 【岡山県】
 妹背の滝 【広島県】
 秋芳白糸の滝 【山口県】
 轟の滝 【徳島県】
 不動の滝 【香川県】
 御来光の滝 【愛媛】
 不動の滝 【高知県】
●九州・沖縄エリア
 菅生の滝 【福岡県】
 見帰りの滝 【佐賀県】
 轟の滝 【長崎県】
 古閑の滝 【熊本県】
 原尻の滝 【大分県】
 関之尾滝 【宮崎県】
 雄川の滝 【鹿児島県】
 マリュドゥの滝 【沖縄県】

北海道・東北エリア

オシンコシンの滝 【北海道】

オシンコシンの滝
出典:じゃらん 観光ガイド オシンコシンの滝

チャラセナイ川の河口付近にある滝。「日本の滝100選」にも選ばれた。途中、水流が2つに分かれていることから別名「双美の滝」。滝の上にある展望台から、「オホーツク海」と「知床連山」が遠望することができる。流氷の季節は、見渡す限りの白い海原が見られる。

\口コミ ピックアップ/
滝の近くまで行くことができ、マイナスイオンたっぷりです。国道沿いにあり、立ち寄りやすい場所でもあります。左側には広大なオホーツク海が見えます。
(行った時期:2019年7月)

想像以上に滝が間近で迫力がありました。下から見上げる景色と、真横から眺める景色では滝の印象が異なり、印象に残る景観でした。撮影スポットも用意されていて、旅の良い思い出になりました。
(行った時期:2018年8月)

■オシンコシンの滝
[住所]北海道斜里郡斜里町ウトロ西
「オシンコシンの滝」の詳細はこちら
「オシンコシンの滝」のクチコミ・周辺情報はこちら

銚子大滝 【青森県】

銚子大滝
出典:じゃらん 観光ガイド 銚子大滝

この滝は奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、魚止めの滝でした。勇壮で見事な水量は今もなお十和田湖の神秘を守る番人の様です。

\口コミ ピックアップ/
力強い水しぶきが印象的。少ないですが、近くに車を止めるスペースがあり、そこから少し歩いて銚子大滝へ。
(行った時期:2019年7月27日)

数多くある滝の中でも一番テンションがあがりました。思わず動画を撮りたくなるような激しく、美しい流れに多くの人が長く足を止めて見とれていましたよ。
(行った時期:2018年8月)

釜淵の滝 【岩手県】

釜淵の滝
出典:じゃらん 観光ガイド 釜淵の滝

花巻温泉の近く。台川の大岩盤を滑る滝。平成17年3月2日付で、国指定名勝「イーハトーブ風景地」の一つに指定された。

\口コミ ピックアップ/
若葉が心地よく、静かに散策できます。滝や小川のせせらぎなど、癒される場所。何メートル感覚で熊よけの鈴があってそれを鳴らすのも皆楽しそうにやってました。
そのままバラ園にも行けるようなので6月からは特に良いと思いました。
(行った時期:2019年5月)

マイナスイオンたっぷり浴びられて、今の季節は涼しいのでおすすめです。
迫力たっぷりの滝です。また行きたい。
(行った時期:2018年7月)

秋保大滝 【宮城県】

秋保大滝
出典:じゃらん 観光ガイド 秋保大滝

凝灰岩を割って高さ55mの所から、名取川全水量が幅6mの瀑布となって落ち込む豪壮雄大な滝。

\口コミ ピックアップ/
大滝の入口にあるお寺で御朱印をいただきました。入口には鳥居があったので神社用の御朱印かと悩みましたが、御朱印を書いてくださった方が丁寧に説明してくれました。
(行った時期:2019年8月)

駐車場からは、アップダウンのある道や階段を歩きましたが、滝の近くまで行くことができました。水がとても綺麗で、ちょっとした水遊びもできます。マイナスイオンをたっぷりと浴びてリフレッシュできました。
(行った時期:2018年8月)

■秋保大滝
[住所]宮城県仙台市太白区秋保町馬場
「秋保大滝」の詳細はこちら
「秋保大滝」のクチコミ・周辺情報はこちら

元滝伏流水 【秋田県】

元滝伏流水
出典:じゃらん 観光ガイド 元滝伏流水

平成の名水百選に認定される。木々に囲まれた傾斜面から地表に湧き出る水量が豊富で見ごたえあり。

\口コミ ピックアップ/
駐車場から少し歩きます。滝としては大きくはありませんが特筆すべきは水が崖から噴き出していることです。
鳥海山の雪が長い年月を経て噴き出したもののようですが滝とはまた違う趣があります。
大きな滝とはまた別の水の不思議なパワーを感じてください。
(行った時期:2018年10月18日)

入口近くからして、脇を流れる水の透明度が抜群。
途中、木漏れ日と水のせせらぎを五感で感じながら、元滝に到着。
(行った時期:2018年10月13日)

■元滝伏流水
[住所]秋田県にかほ市象潟町関元滝
「元滝伏流水」の詳細はこちら
「元滝伏流水」のクチコミ・周辺情報はこちら

大滝 【山形県】

大滝
出典:じゃらん 観光ガイド 大滝

国道48号沿い。変化に富んだ峡谷美。新緑紅葉が特によい。

\口コミ ピックアップ/
こちらの滝は、直脇にドライブインがあります。
ですので、車を降りたら直ぐに、滝を見る事が出来ます。迫力のある大きな滝です。
(行った時期:2019年1月13日)

達沢不動滝 【福島県】

達沢不動滝
出典:じゃらん 観光ガイド 達沢不動滝

安達太良山系船明神山に源をもつ不動川にかかる名瀑で、滝元には不動尊を祀っています。岩肌に沿って水がスダレのように流れ落ちる勇壮な男滝と、その西側にひっそりとたたずむ優美な女滝が好対照を見せています。

鬱蒼と繁る樹木に囲まれ、普段は荘厳な雰囲気が漂っていますが新緑と紅葉の時期には特に美しく、多くの見物客で賑わいます。

\口コミ ピックアップ/
宿の方に勧められて行きました。
山道の突き当たりで、人けが無く不安でしたが、非常に爽やかな空間でした。
暑い夏なら、尚気持ち良い空気だと思います。
また訪れたくなる、癒しの空間でした。
(行った時期:2019年6月)

幻想的で映画にでてきそうな雰囲気のある滝は、何かパワーをもらったように感じました。リフレッシュ出来て良かったです。
(行った時期:2018年8月)

■達沢不動滝
[住所]福島県耶麻郡猪苗代町達沢
「達沢不動滝」の詳細はこちら
「達沢不動滝」のクチコミ・周辺情報はこちら

関東エリア

竜頭ノ滝 【栃木県】

竜頭ノ滝
出典:じゃらん 観光ガイド 竜頭ノ滝

湯川の急流が岩をはみ奔流する長さ210メートルの流れる滝。展望台や落着いた茶屋などがある。

\口コミ ピックアップ/
歩きながら見る滝もなかなかいいです。階段を下りながら、水、滝をみて歩く散歩道。日光ならではだと思います。真っ正面からみる滝と、上から見る滝は、両方見ないと、竜頭の滝っぽくないです。ぜひ、橋から歩いてみるといいです。
(行った時期:2019年8月)

遊歩道が滝の近くにあり、華厳の滝とはまた違った風景を楽しみました。茶屋のお雑煮にが美味しそうでしたが、そばを食べた後だったので断念しました。
(行った時期:2019年11月)

吹割の滝 【群馬県】

吹割の滝
出典:じゃらん 観光ガイド 吹割の滝

1936年に天然記念物及び名勝に指定された、東洋のナイアガラとも呼ばれる幅30m高さ7mの「吹割の滝」。滝から吹き上がる水しぶきが河床を割くように流れているように見えたことで、この名がつけられました。

\口コミ ピックアップ/
前情報無しで行ってみたらびっくりしました。こんなに壮大で優美な場所だったんですか!?と歩きながら驚愕。
観光しやすい遊歩道もあり、マイナスイオンを全身で浴びました。癒し、感動、いい運動。
(行った時期:2019年8月)

一度は行って見たいと思っていた東洋のナイアガラ「吹割の滝」。猿ヶ京温泉の帰りに行きました。気温が38度といった超暑い日だったので、涼しく散策できました。周りには、1キロくらいの散策コースがありました。
(行った時期:2018年7月15日)

■吹割の滝
[住所]群馬県沼田市利根町大字追貝
「吹割の滝」の詳細はこちら
「吹割の滝」のクチコミ・周辺情報はこちら

袋田の滝 【茨城県】

袋田の滝
出典:じゃらん 観光ガイド 袋田の滝

奥久慈のシンボル。四度の滝とも呼ばれ、厳冬期には結氷する。新緑期、紅葉期がにぎわう。

\口コミ ピックアップ/
トンネルを登っていくと右側から音が聞こえ、半円の空間全部真っ白の水しぶきでした。その後EVで上から見ましたが、最初のインパクトは最高でドキドキしました。
(行った時期:2019年7月)

とても暑い日でしたが、滝のマイナスイオンと自然の美しさで涼むことが出来ました。トンネル内は涼しいというか、天然の冷房と言った所でしょうか。少し長居すると肌寒い感じです。
(行った時期:2018年8月)

不動滝 【埼玉】

不動滝
出典:じゃらん 観光ガイド 不動滝

滝の荘厳さを不動明王になぞらえて不動滝とした。徳川時代の末期には行者修行場として使用された。

\口コミ ピックアップ/
滝自体はとても良かったです。ただあまり目立たい場所にあり、見落としてしまいそうでした。観光地になっていない所がかえって良いのかもしれません。
(行った時期:2019年9月)

濃溝の滝 【千葉県】

濃溝の滝
出典:じゃらん 観光ガイド 濃溝の滝

\口コミ ピックアップ/
朝すごい霧が出ていたので朝早く行くのをやめて10時頃見てきました。よく出ている写真のような風景は見られませんでしたが。一見する価値は大いにあると思います。機会があれば朝早く見てみたいですね。
(行った時期:2019年8月)

想像していたより、滝も洞窟も小さく感じましたが、素敵な場所ではあると思います。滝の近くに「幸運の鐘」が設置されており、フォトスポットが確保されてました。濃溝の滝の駐車場には綺麗なトイレも完備されてます。濃溝の滝から駐車場へ帰るまでの道は木々が沢山生えており、ちょっとした森林浴も楽しめますよ。
(行った時期:2018年8月)

裏見ケ滝 【東京都】

裏見ケ滝
出典:じゃらん 観光ガイド 裏見ケ滝

三原川が中之郷の水田用水路と交差するときにできる滝。「裏見ヶ滝」という名は、用水路沿いの道がこの滝の内側を通るため「滝を裏側から見る」という珍しい景観に由来しています。

\口コミ ピックアップ/
少し山道を歩くため、子どもは抱えていきました。裏からの風景は水しぶきがかかり珍しい風景。表から写真を取れば、緑とのコントラストが印象的です。
(行った時期:2019年4月)

滝の裏側を見られるという珍しい滝です。舗装された道を数分進むとありました。夏でも涼しく爽やかなところでした。
(行った時期:2018年7月)

不動滝 【神奈川県】

不動滝
出典:じゃらん 観光ガイド 不動滝

落差15mの名瀑。滝の左側には身代わり稲荷、右側には出世大黒尊が祭られています。

\口コミ ピックアップ/
不動滝、出世不動明王、出世大黒尊を見学・参拝できます。少し涼んだ綺麗な空気を感じることもできます。また、不動滝茶屋で「冷やし甘酒」を堪能しました。
(行った時期:2019年8月17日)

湯河原に行った時立ち寄りましたが、滝は気持ちがいいですね。特に夏場に行ったので見てるだけでも涼しいしながれる音も落ち着きます。
(行った時期:2018年8月2日)

■不動滝
[住所]神奈川県足柄下郡湯河原町宮上
「不動滝」の詳細はこちら
「不動滝」のクチコミ・周辺情報はこちら

吐竜の滝 【山梨県】

吐竜の滝
出典:じゃらん 観光ガイド 吐竜の滝

川俣川渓谷にいくつかある滝の中で最も美しい優雅な滝。小さな滝が何段にも落ち込むその姿は、まるで竜が水を吐くかのように見えるためこの名が付いたといわれる。

\口コミ ピックアップ/
暑い中訪れましたが、滝に近づくにつれて、肌に感じる温度が下がり、滝にたどり着いた時には、マイナスイオンな嵐!日常を忘れて時間を過ごしました。お弁当を持って行ったらもっと楽しめたのに…また行きたいとこ!
(行った時期:2019年8月3日)

何もしないでひたすら流れ落ちる水をみて過ごしましたが、とてもお気に入りの場所になったので二日連続で行きました!歩くのでスニーカーで行き、水に足をつけたかったのでビーチサンダルを持参しました。少し山道を歩きますので、ヒールや脱げやすいサンダルは避けた方がいいと思います。
(行った時期:2018年7月)

■吐竜の滝
[住所]山梨県北杜市大泉町西井出
「吐竜の滝」の詳細はこちら
「吐竜の滝」のクチコミ・周辺情報はこちら

雷滝 【長野県】

雷滝
出典:じゃらん 観光ガイド 雷滝

「雷滝」松川渓谷にある落差約30mの大滝。別名、裏見の滝とも呼ばれ、滝の裏側から流れ落ちる姿を見ることができます。雷鳴のように轟音を立てて落下する姿は息を呑む豪快さです。

\口コミ ピックアップ/
雷滝に、先日旅行に行った際に立ち寄らせていただきました。ドライブがてら皆さまぜひぜひ行ってみてくださいね。
(行った時期:2019年7月)

裏見の滝が見たくてネットで検索して訪れました。水量があり、裏見の滝なので、近くで迫力ある滝を見ることができます。
(行った時期:2018年7月)

苗名滝 【新潟県】

苗名滝
出典:じゃらん 観光ガイド 苗名滝

日本の滝百選の一つに選ばれている苗名滝。落差55m、水しぶきを上げて落ちるさまは迫力満点!

新潟と長野の県境を流れる「関川」にかかる滝です。その昔、滝から落ちる水音があまりにも激しく、轟音が周囲の森に響きわたり、まるで地震のようだったことから別名「地震滝」と呼ばれています。

\口コミ ピックアップ/
少し歩くのですが森林浴を味わいながら、まるで太古の森という感じでゆっくりと滝の方へ向かいました。吊り橋の途中で見る滝がとっても良かったです。迫力があり、大きな岩もゴロゴロとして見に行って良かったと思いました。
(行った時期:2019年9月)

幼い頃に行った記憶をもとに、再び訪れて見たのですが、とても綺麗に整備されており、小さいお子さんも同伴できる名勝地となっていました。滝ツボのすぐ側までは行けませんが、十分迫力を感じることができます。流しそうめんも美味です。
(行った時期:2018年8月)

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。