close

【全国】冬の絶景スポットおすすめ21選!幻想的な美しい雪景色やライトアップなど

2021.11.15

全国各地で冬に見られる絶景スポットを集めました。北海道で見られる流氷、埼玉県あしがくぼの氷柱、岐阜県と富山県の合掌造り、長崎県の霧氷など様々。イルミネーションやライトアップなどのイベント情報もご紹介。

温かい服装で、冬ならではの景色を見に訪れてみてくださいね。

※スポットは、旅行に行った方の口コミ情報が掲載されたじゃらんnet観光ガイドの全国エリアより評価が高いスポット&口コミを抜粋!北から順に掲載しています。

※この記事は2021年11月8日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

白金青い池【北海道】

11月~4月限定。青×白の光が創り出す幻想的な世界

(画像提供:美瑛町観光協会)
(画像提供:美瑛町観光協会)

水面が青く見えることから、いつしか「青い池」と呼ばれるようになった白金青い池。春は少しグリーンブルー(緑色)、初夏はライトブルー。秋は紅葉に彩られた水面を楽しめる美しい池です。

真冬は池が凍結し、一面真っ白!日中も目の前に別世界が広がりますが、夜のライトアップがおすすめです。

水面の氷結・積雪を活かし、照明を多用することで幻想的な世界観が見られます。一つのストーリーを約10分間で演出。照明のグラデーション、カラマツの影、夜空に輝く星やふわふわと舞う雪など、その時しか見られない絶景に寒さも忘れてしまいそうです。

11月からは、夜の青い池や白ひげの滝等のライトアップスポット等を巡る「美遊バス」を運行予定。ぜひ訪れてみてはいかが?

\口コミ ピックアップ/
ライトアップが綺麗でした。途中から雪が降りだしましたが、雪に光が当たり、さらに綺麗でした。ただ非常に寒いので、防寒対策はしっかりしていかないとすぐ帰ってきてしまう事になりそうです。
(行った時期:2021年1月)

冬、青い池が凍結するために、ライトアップを始めたそうです。暗くても写真はスマホで簡単に撮れます。SNS映えしますよ。寒さ対策は万全に!
(行った時期:2019年12月)

■白金青い池
[住所]北海道上川郡美瑛町白金
[営業時間]通年 ※駐車場利用時間【5月~10月】7時~19時【11月~4月】8時~21時30分(ライトアップ11月1日~4月31日日没後から21時 ※11月:17時~/12月:16時30分~/1月:17時~/2月:17時30分~/3月:18時~/4月:18時30分~)
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR富良野線美瑛駅よりタクシーで約20分【車】道央自動車道砂川SAスマートICより約90分
[駐車場]あり(普通車500円)
「白金青い池」の詳細はこちら
「白金青い池」の口コミ・周辺情報はこちら

オホーツク海の流氷(網走流氷観光砕氷船おーろら)【北海道】

一面に広がる流氷。氷を砕きながら進む船の迫力も体感

(画像提供:道東観光開発株式会社)

まさにこの時期しか見られない流氷。網走の海岸からも見られますが、様々な流氷の姿を体感するならクルーズがぴったりです。

(画像提供:道東観光開発株式会社)

「砕氷船おーろら」は南極観測船と同様、氷塊を船の重さで砕氷してゆく方式。そのため、流氷が船底にぶつかり振動するので迫力満点!さらに、運が良いと流氷の上でのんびりと休むアザラシや、オジロワシ・オオワシなどの野生動物に会えることもあります。

船の乗り場は、道の駅「流氷街道網走」に併設されている「みなと観光交流センターおーろらターミナル」なので、アクセスがいいのも嬉しいですね。

\口コミ ピックアップ/
網走道の駅から流氷オーロラ号に乗船できます。じゃらんから予約していると伝えるとスムーズにチケットを発券してもらえました。流氷を間近で見ることができとても満足です。途中で寒くなって船内で見ていましたが、近くで見られるようになっています。あっという間の1時間でした。
(行った時期:2020年3月)

この時期にしか見られない光景。見渡す限りの流氷。こんなにたくさんの流氷が流れ着いていることが不思議でなりません。また風向きによって流氷の位置が変わるので、さっきまであそこだったのにもうここにいる、といった景色の変わりも早いです。ぜひお薦めします。
(行った時期:2020年2月)

■オホーツク海の流氷(網走流氷観光砕氷船おーろら)
[住所]北海道網走市南3条東4-5-1 道の駅流氷街道網走
[営業時間]8時~17時
[定休日]運航期間 2022年1月20日~4月3日 ※運航期間中は定休なし
[料金]【大人】3500円【子ども】1750円【幼児】無料
[アクセス]【電車】JR石北本線網走駅より網走バスで約10分(網走道の駅停留所下車徒歩 2分)【車】道央自動車道比布北ICより180分
[駐車場]なし ※駐車スペースあり
「網走流氷観光砕氷船おーろら」の詳細はこちら
「網走流氷観光砕氷船おーろら」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:道東観光開発株式会社)

田沢湖【秋田県】

雪景色の中で輝く金色像と日本屈指の水深を誇る瑠璃色の湖

(画像提供:仙北市田沢湖観光情報センター「FOLAKE」)
(画像提供:仙北市田沢湖観光情報センター「FOLAKE」)

周囲約20kmある、まるい形の「田沢湖」。水深は423.3mもあり、日本屈指の深さを誇っています。

特徴は、息をのむほど美しいルリ色に輝く湖面。夏は暑い太陽の光をあびてキラキラと湖面が反射する姿を見せてくれますが、冬はまた格別!湖畔に雪が積もったことで見られる白と青の世界が神秘的です。

この地に伝わる「たつこ姫伝説」をもとに造られた、金色の「たつこ像」も一層輝きを放ち、幻想的な雰囲気に。

周囲には豊富な泉質を誇る温泉もあるので、帰りに寄ってみては?

\口コミ ピックアップ/
透き通る水、藍色の湖、鏡の様な湖面、降りそそぐ太陽の光が冬の寒さを和らげて、最高の癒しをもらった感じでした。日常生活から離れ本当に心洗われた感じがしました。
(行った時期:2020年12月)

角館を観光して城下町を満喫したら、神秘の湖田沢湖へ木立を抜けてドライブ。秋田美人の代名詞仙北美人が集まる所。青い空と澄みきった風、瑠璃色の湖。湖畔のホテルで食事して、黄昏時の薄紫色に染まった山々の景色を見入り、静かな田沢湖の澄んだ湖水の波の音に心が洗われる想い。瑠璃色の神秘的な湖田沢湖。温泉宿も随所にあり、都会の疲れを癒してくれます。(一部抜粋)
(行った時期:2020年1月)

■田沢湖
[住所]秋田県仙北市田沢湖潟字搓湖
[営業時間]24時間
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR田沢湖線田沢湖駅より羽後交通バスで約15分、田沢湖畔停留所下車徒歩すぐ【車】秋田自動車道大曲ICより約70分
[駐車場]あり(無料)
「田沢湖」の詳細はこちら
「田沢湖」の口コミ・周辺情報はこちら

大内宿【福島県】

茅葺き屋根に雪が積もる様子が幻想的な江戸時代の宿場町

(画像提供:大内宿観光協会)

江戸時代の宿場町の面影を残し、茅葺き屋根民家が街道沿いに軒を連ねている「大内宿」。各民家が、店舗兼住居として蕎麦屋・土産屋などを営みながら生活しています。

大内宿の全景を眺めるなら、見晴台がおすすめ!「大内宿といえば」という写真を撮ることができるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

(画像提供:大内宿観光協会)

冬になると茅屋根に降り積もった雪を住民が屋根にあがり、雪ベラやスコップを使用して降ろす『茅葺き屋根の雪降ろし』は、雪国ならではの光景。

また、毎年2月第2土日の2日間のみ開催する『大内宿 雪まつり』も魅力的。街道の両脇に雪灯籠が立ち並び、夜にはロウソクの柔らかい灯りに心癒されます。

中でも1日目に打ちあがる花火は貴重!茅屋根であることから火災を考慮し、雪が降り積もった冬にしか行われない花火を楽しんでください。(新型コロナウイルス感染症拡大予防で中止の場合あり)

\口コミ ピックアップ/
暖冬の影響が有るのかと、訪れる前は懸念していましたが、結構な積雪量が有りました。雪に覆われた大内宿はとてもロマンチックな雰囲気です。他の季節にも訪れたいです。
(行った時期:2020年2月)

冬はまた別格でした!歴史を感じる場所です。ねぎそばが人気らしく、ぜひ大内宿に行った際は食べて欲しい1品です。
(行った時期:2020年1月)

■大内宿
[住所]福島県南会津郡下郷町大内
[営業時間]各店舗により異なる
[定休日]各店舗により異なる
[料金]各店舗により異なる
[アクセス]【電車】会津鉄道湯野上温泉駅より観光周遊バス猿遊号で10分、大内宿入口停留所より徒歩1分【車】東北自動車道白河ICより約80分
[駐車場]あり(観光駐車場 普通車 500円 ※8時~17時:定休日なし・時間外封鎖なし)
「大内宿」の詳細はこちら
「大内宿」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:大内宿観光協会)

あしがくぼの氷柱【埼玉県】

幅200m、高さ30mの氷柱がズラリ!夜はライトアップも

(画像提供:一般社団法人横瀬町観光協会)

例年1月上旬~2月下旬になると見られる「あしがくぼの氷柱」。山の傾斜を利用することで沢水を蒔き、地元の人々の手によって作られる幅200m、高さ30mに及ぶ圧巻の規模の氷柱です。

日中は、真っ白の氷が様々な形に固まり至る場所にある、不思議な光景を目にすることができます。上からはスケールの大きさを、真下から仰ぐようにみると迫力を感じることができるので、いろんな方向から見学してみてください。

(画像提供:一般社団法人横瀬町観光協会)

夜にはライトアップを実施。赤、青、黄、緑など、徐々に移り変わる光によって醸し出される幻想的な雰囲気に驚きます。

駅から徒歩10分とアクセスがいいので気軽に訪れられますが、とても寒いので気を付けてくださいね。

※2021年は1月8日~2月23日に開催

\口コミ ピックアップ/
夕方よりライトアップされます。色とりどりに照らされて 色も変化します。余計な音楽も無く幻想的な時間を楽しめます。休日の入場は事前予約制です。(一部抜粋)
(行った時期:2021年2月)

■あしがくぼの氷柱
[住所]埼玉県秩父郡横瀬町芦ヶ久保
[営業時間]【平日】9時~16時【土・日・祝】9時~20時 ※事前予約制。ライトアップは土日祝の日没より点灯
[定休日]なし
[料金]【ライトアップ特別料金】中学生以上500円、小学生300円【通常】400円
[アクセス]【電車】西武秩父線芦ヶ久保駅より徒歩約10分【車】関越自動車道花園ICより約60分
[駐車場]あり(無料)
「あしがくぼの氷柱」の詳細はこちら
「あしがくぼの氷柱」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:一般社団法人横瀬町観光協会)

富士山(河口湖北岸ウォーキングトレイル)【山梨県】

河口湖越しに眺められる美しい雪化粧を施した富士山

(画像提供:山梨県観光振興課)
(画像提供:山梨県観光振興課)

河口湖畔に整備されている河口湖北岸ウォーキングトレイルは、河口湖の美しい景色の奥に富士山を望める好スポットです。

空気が澄んでいる冬は、湖の奥に雪に染まる富士山を見ることができます。日光に煌めく湖、いち早く冬支度を始めた山のコラボレーションに、思わずカメラを向ける人も多数。朝焼けに染まる富士、夕焼けに染まる富士…。どの瞬間も見逃したくないほどの美しさです。

またコース北岸で夕闇に染まる頃に見られる、空に残る僅かなオレンジと河口湖大橋も絶景です。

\口コミ ピックアップ/
やはり日本一の山。とにかく圧巻感動です。雪の被った富士山はやはり綺麗で、静岡側からは裾のまで全部見え雄大!!山梨側からは雄大な中にも優しさが感じられました。
(行った時期:2021年2月)

運よく旅行中、毎日違う表情を見ることが出来て良かったです。初日は雲一つない、冬にしては珍しい雪が少ない富士、次の日は傘雲をかぶった富士、最終日は冠雪の富士。
(行った時期:2021年1月)

■富士山(河口湖北岸ウォーキングトレイル)
[住所]山梨県南都留郡富士河口湖町河口
[営業時間]24時間
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR中央本線甲府駅より富士急バスで90分、開田碑前停留所より徒歩13分【車】中央自動車道河口湖ICより約10分
[駐車場]あり(無料)
「富士山」の詳細はこちら
「富士山」の口コミ・周辺情報はこちら

国宝松本城【長野県】

黒漆の天守と純白の雪の美しい色彩美を堪能。冬の祭典も!

(画像提供:松本城管理課)
(画像提供:松本城管理課)

400年の歴史をもつ松本城は、全国に12ある現存天守のうちの一つです。天守は黒漆と白漆喰で仕上げられており、黒と白のコントラストが見事。冬はその天守に雪が積もった様子も見られ、さらに色彩美が際立ちます。

北アルプスの雄大な自然を背景に、美しい建築美に酔いしれてください。

2021年12月1日~2022年2月28日には、初イベント「松本城~氷晶きらめく水鏡」を開催!レーザーマッピングを使った、光と音による幻想的な松本城を堪能できますよ。

さらに2021年1月21日~23日に開催される氷彫フェスティバルは、今年で35回を迎える「氷の祭典」です。北アルプスの美しい山並みと松本城の景観が見事にマッチした、芸術的な氷像の数々を一堂に鑑賞できるので、こちらも見逃さないでくださいね。

\口コミ ピックアップ/
お城の警備員や案内所の方々のお人柄が大変良く、城の中は迫力があり、険しい階段を登ります。思い出に残る体験ができました。
(行った時期:2021年2月)

雪の山をバックにウロコ雲の下にそびえる松本城は圧巻でした。夜ライトアップされた天守もまた格別でした。この先もずっとこの地に建ち続けてと願うばかりです。
(行った時期:2021年2月)

■国宝松本城
[住所]長野県松本市丸の内4-1
[営業時間]8時30分~17時(最終入場16時30分)※時期により変動あり
[定休日]年末(12月29日~31日)を除き無休
[料金]【大人(高校生以上)】700円【小・中学生】300円 ※団体料金あり
[アクセス]【電車】JR篠ノ井線松本駅より徒歩20分【車】長野自動車道松本ICより20分
[駐車場]あり(市営開智駐車場:1時間200円)
「国宝松本城」の詳細はこちら
「国宝松本城」の口コミ・周辺情報はこちら

瓢湖水きん公園【新潟県】

シベリアから渡ってきた!約5000羽の白鳥

(画像提供:阿賀野市公園管理事務所)
(画像提供:阿賀野市公園管理事務所)

全国的にも名を知られる白鳥の渡来地「瓢湖」。最盛期である10 月中旬から11 月下旬には5000羽を超える白鳥が、極寒のシベリアから越冬のためこの地に集まります。

早朝には朝日をバックに飛び立つ白鳥の群れを見ることができ、9時、11時、15時に行う白鳥おじさんによるエサやりに心もほっこり。白鳥はいつも見られるわけではないのですが、運が良ければ羽根を広げた雄大な姿を見ることもできますよ。

また、瓢湖水きん公園は、瓢湖周辺の豊かな自然を保全し、白鳥をはじめとした野鳥を観察するための観察舎、遊歩道を整備した公園です。白鳥以外にもカモなど様々な水鳥を間近で観察できるので、訪れてみては?

\口コミ ピックアップ/
白鳥もカモも近くで見られます。餌も買ってあげられます。鳥はよい。寒いので暖かくしていってください。
(行った時期:2020年12月)

■瓢湖水きん公園
[住所]新潟県阿賀野市水原313-1
[営業時間]24時間
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR 信越本線新潟駅より新潟交通観光バスで約60分、瓢湖前停留所より徒歩すぐ【車】北陸自動車道新潟亀田IC より30 分、磐越自動車道安田ICより20分
[駐車場]あり(無料)
「瓢湖水きん公園」の詳細はこちら
「瓢湖水きん公園」の口コミ・周辺情報はこちら

国定公園 雨晴海岸【富山県】

3000m級の立山連峰を海越しに眺められる好スポット

(画像提供: 公益社団法人 高岡市観光協会)
(画像提供:公益社団法人 高岡市観光協会)

伝説の「義経岩」を見ることができる「国定公園 雨晴海岸」。「義経岩」とは源義経が奥州へ落ち延びる途中に雨に降られ、弁慶が岩を持ち上げて雨宿りしたといわれている岩です。

ここは、海越しに3000m級の山々が連なる立山連峰を見ることができる貴重なスポット。冬の晴れた日は空気が澄んでいるので、よりすっきりと見える可能性がUP!早朝に気象条件が揃うと、蒸気霧の「気嵐」が立ち込める幻想的な風景も見られます。

美しく様々な表情を見せてくれる冬は絶好の写真撮影時期でもあるので、ぜひ素敵な写真を残してくださいね。

\口コミ ピックアップ/
4度目です。今回初めて「海の向こうの雪の立山」を見ることができました。知人が言うように素晴らしいものでした。
(行った時期:2020年11月)

海の向こうに雪を被った立山連峰がきれいに見えました!特に夕方にかけて、だんだんとオレンジ色が濃くなる様子はまさに絶景です。ほかの季節もよいのですが、冬のほうがその醍醐味を味わえるような気がします。
(行った時期:2020年2月)

■国定公園 雨晴海岸
[住所]富山県高岡市太田
[営業時間]24時間
[定休日]なし
[料金]無休
[アクセス]【電車】JR氷見線雨晴駅より徒歩5分【車】能越自動車道高岡北ICより15分
[駐車場]あり(無料 ※道の駅「雨晴」を利用)
「国定公園 雨晴海岸」の詳細はこちら
「国定公園 雨晴海岸」の口コミ・周辺情報はこちら

世界遺産 菅沼合掌造り集落【富山県】

豪雪地帯に広がる日本の原風景。世界遺産を堪能

(画像提供:南砺市観光協会)

1995年、ユネスコ第19回世界遺産委員会で登録が決まった「白川郷・五箇山の合掌造り集落」。3つの集落がその中に入っており、その一つが富山県五箇山菅沼です。

山あいを流れる庄川のわずかな河岸段丘にある菅沼集落には、現在9戸の合掌造りが残っています。土蔵などの伝統的な建物や雪待林などの山林も含め、この地域全体が国の史跡に指定。

(画像提供:南砺市観光協会)

観光地化されず、日本の自然豊かな原風景が残っているので、集落を歩いていると数百年前にタイムスリップしたかのよう。

冬にはなんと2~3mもの積雪がある豪雪地帯。雪で覆尽くされた合掌家屋と一面の美しい銀世界に魅了されてくださいね。

\口コミ ピックアップ/
集落の上に駐車するとエレベーターあり。でも集落までは少し歩きます。歩道歩きながら上から見るとgoodです。保存に頭が下がります
(行った時期:2020年11月)

■世界遺産 菅沼合掌造り集落
[住所]富山県南砺市菅沼
[営業時間]8時~17時(12月~3月は9時~16時)※入場は16時まで
[定休日]年末年始
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR城端線・氷見線高岡駅より世界遺産バスで75分、菅沼停留所下車徒歩すぐ【車】東海北陸道五箇山ICより約1分
[駐車場]あり(保存協力金として1台500円 ※普通車・軽自動車)
「世界遺産 菅沼合掌造り集落」の詳細はこちら
「世界遺産 菅沼合掌造り集落」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:南砺市観光協会)

輪島・白米千枚田【石川県】

海に向かっていくつも重なる田んぼが光のアートに変身

(画像提供:輪島市役所)
(画像提供:輪島市役所)

世界農業遺産に認定されている「能登の里山里海」を代表する名勝地「輪島・白米千枚田」。日本海に向かって、小さな田んぼがいくつも重なり海岸まで続く絶景スポットです。

田んぼ一つひとつがとても小さいため機械がはいることができず、ほとんど昔ながらの手作業で手入れされています。

グリーンシーズンは青々とした姿を見ることができますが、2021年10月23日からは一変!約25000個のLEDが輝くイルミネーションイベント「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」がスタート!

千枚田の四季の移ろいを、ピンク・グリーン・ゴールド・ブルーと15分毎に移り変わるLEDが表現しています。

併設している道の駅千枚田ポケットパークでは、冬の寒い時期にぴったりな温かいたい焼きや輪島ふぐらうめん(ラーメン)などを食べられるので、地元グルメも堪能しましょう!

\口コミ ピックアップ/
道の駅から見た千枚田のイルミネーションは最高でした。一見の価値あり。時間ごとに色が変わります(緑、紫、黄色など)
(行った時期:2020年11月)

■輪島・白米千枚田
[住所]石川県輪島市白米町ハ99-5
[営業時間]24時間 ※ライトアップは日没から約4時間(レストハウス:【通常】8時30分~17時30分【あぜのきらめき期間中】8時30分~20時)
[定休日]なし ※ライトアップは2021年10月23日~2022年3月13日まで毎日開催
[料金]無料
[アクセス]【電車】のと鉄道穴水駅より北鉄奥能登バス輪島線で輪島駅前まで約1時間、輪島駅前より北鉄奥能登バス町野線で約20分、白米千枚田停留所下車すぐ【車】のと里山海道 のと里山空港ICより約45分
[駐車場]あり(無料)
「輪島・白米千枚田」の詳細はこちら
「輪島・白米千枚田」の口コミ・周辺情報はこちら

兼六園【石川県】

冬だけしか見られない!日本三名園の雪吊り風景

(画像提供:石川県観光連盟)

日本三名園として名を知られる「兼六園」。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と一年を通して美しい日本庭園の姿を見せてくれます。

どの季節も素敵ですが、冬の雪吊り風景は格別。北陸特有の湿った雪が木々に降り積もることで、折れたり倒れたりしないよう、園内の大木に縄をめぐらせた景色は圧巻!この景色を見たいと、あえて冬を選んで金沢に訪れる人も多くいます。

(画像提供:石川県観光連盟)

また、1月にはサザンカや椿、2月には梅林など四季の花を見られるのも魅力です。冬の兼六園をぜひ楽しんでくださいね。

\口コミ ピックアップ/
ようやく訪れることが出来た。庭園の良さが凝縮された感じで、いるだけで心が和む。(一部抜粋)
(行った時期:2020年11月)

冬の兼六園は、雪の風情が最高です。今年は、雪がありませんが、雪吊りと雪が少し降った時の風情が最高です。
(行った時期:2020年2月)

■兼六園
[住所]石川県金沢市兼六町1
[営業時間]【3月1日~10月15日】7時~18時(退園時間)【10月16日~2月末日】8時~17時 (退園時間)※観桜期や紅葉期などライトアップ(夜間開園)あり。詳しくは、ホームページで確認を
[定休日]なし
[料金]【大人(18歳以上)】320円【子ども(6~18歳未満】100円 ※団体割引あり
[アクセス]【電車】JR北陸新幹線金沢駅より北陸鉄道バスで17分、兼六園下・金沢城下車徒歩すぐ【車】北陸自動車道金沢西ICより約30分
[駐車場]なし(周辺の有料駐車場をご利用ください)
「兼六園」の詳細はこちら
「兼六園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:石川県観光連盟)

新穂高ロープウェイ【岐阜県】

標高2156mから眺める北アルプスと幻想的な雲海

(画像提供:奥飛観光開発株式会社)

日本唯一の2階建てゴンドラを誇る「新穂高ロープウェイ」。ヨーロッパ製のスタイリッシュなボディとクリアな視界を楽しみながら、一気に標高2156mの西穂高口駅まで行くことができます。

屋上にある展望台からの360度の大パノラマは圧巻!白銀に染まる北アルプス連峰と、時折姿を見せる真っ白な雲海とのうっとりするようなコンビネーションは冬だけの絶景です。

(画像提供:奥飛観光開発株式会社)

展望台で待っていてくれるのは、冬期限定のマスコット「にしほくん」。積雪のたびに大きく成長していく愛嬌たっぷりの雪ダルマです。

西穂高口駅に隣接する「千石園地(せんごくえんち)」は1~3月頃、雪壁の迷路に囲まれたロマンチックな散策エリア(回廊)に変身するので、そちらも見どころですよ!

\口コミ ピックアップ/
お天気に恵まれ、白山連峰まで綺麗に見ることができました。今年一番とのことでした。雪山を眺めながらのコーヒーも最高でした。(一部抜粋)
(行った時期:2021年3月)

今の時期、雪のない下の場所と頂上の雪景色のギャップがあり、まるで別世界へ行ってきた感覚でした。ロープウェイは換気の為、上の部分は開けていて喋らないようにアナウンスもありました。一つ上がったところにあるパン屋さんのクロワッサン美味しかったです。
(行った時期:2020年12月)

■新穂高ロープウェイ
[住所]岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
[営業時間]8時30分~16時 ※12~3月は9時~15時30分
[定休日]なし(天候・点検による運休あり)
[料金]第1・第2ロープウェイ往復【大人】3000円【子ども(小学生)】1500円
[アクセス]【電車】JR高山本線高山駅より新穂高ロープウェイ行きバスで60分、新穂高ロープウェイ停留所より徒歩1分【車】中部縦貫道高山ICより70分
[駐車場]あり(1時間600円)
「新穂高ロープウェイ」の詳細はこちら
「新穂高ロープウェイ」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:奥飛観光開発株式会社)

白川郷合掌造り集落【岐阜県】

100棟の合掌家屋がズラリ。雪に染まった日本の原風景を堪能

(画像提供:岐阜県白川村役場観光振興課)

白川郷は、岐阜県大野郡白川村と旧荘川村(現在は高山市)の荘川流域の呼び名です。その地域には、大小100棟余の合掌家屋が現存。日本の原風景とも言われる景色が広がります。

山々に囲まれた谷にある白川郷合掌造り集落は、季節によってさまざまな風景を見ることができるのも魅力。冬には合掌家屋や集落全体に雪が降り積もり、まるで別世界に来たような風景です。

(画像提供:岐阜県白川村役場観光振興課)

落雪しやすいよう急勾配に作られている、合掌造りの屋根のすごさを体感できる冬。日本有数の豪雪地帯としても、世界遺産としても知られている白川郷。ぜひ訪れてみてくださいね。

\口コミ ピックアップ/
夏には訪れた事があったので、どうしても冬に来たかったので訪れました。とてもステキな雪化粧されていたので来て良かったです。(一部抜粋)
(行った時期:2021年1月)

何度か訪れている白川郷ですが、雪の白川郷を見たくて年末に訪れました。前日は吹雪いていたようでしたが、行ったときは、雪も小降りになり、展望台まで歩いて行きました。そこに見えた景色は素晴らしいものでした。また、違う季節に訪れたいと思います。
(行った時期:2020年12月)

■白川郷合掌造り集落
[住所]岐阜県大野郡白川村荻町
[営業時間]8時~17時
[定休日]なし
[料金]なし
[アクセス]【電車】JR高山本線高山駅より加能越バスで50分、白川郷停留所下車徒歩すぐ【車】東海北陸自動車道白川郷ICより約10分
[駐車場]あり(普通車1000円、大型車3000円 ※せせらぎ駐車場)
「白川郷合掌造り集落」の詳細はこちら
「白川郷合掌造り集落」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:岐阜県白川村役場観光振興課)

御在所ロープウエイ【三重県】

四日市・伊勢湾・名古屋も眺められる場所で見られる樹氷

(画像提供:御在所ロープウエイ株式会社)

春は花、夏は避暑とアカトンボ、秋は紅葉、冬は雪景色と、季節によって異なる自然の絶景が広がる御在所岳。鈴鹿山脈のほぼ中央に位置していることから、山上の展望台からは、四日市方面・伊勢湾・名古屋方面まで見渡すことができます。

ロープウェイの途中にある白鉄塔は61mあり、ロープウェイの鉄塔の中で屈指の高さを誇ります。ぜひ乗りながら眺めてくださいね。

(画像提供:御在所ロープウエイ株式会社)

冬はスキー専用ゲレンデがあり、スキースクールも開講。初めてスキーに挑戦する人や、子どもとソリで遊ぶ姿など様々です。冬の景色の中でも、気象条件が整えば見られる自然の芸術「樹氷」は感動的ですよ。

\口コミ ピックアップ/
強風の揺れで怖い思いをして、念願の樹氷を初めて見ました。雪があることに子どもは大喜び。しかし強風の為、帰りのロープウェイが心配でスグに降りたので残念です。
(行った時期:2021年3月)

高いと思ったけれど、乗ったら高く無いと思えました。とっても長いし高くまで上がります。
風があると恐い位。雪も遊べる位あって満足です
(行った時期:2020年1月)

■御在所ロープウエイ
[住所]三重県三重郡菰野町湯の山温泉
[営業時間]9時~17時
[定休日]不定休 ※強風などの荒天時、運休の場合あり(2021年12月13日~17日は設備点検工事の為運休)
[料金]ロープウエイ往復【中学生以上】2450円【4歳~小学生】1220円
[アクセス]【電車】近鉄湯の山線湯の山温泉駅より三重交通バスで10分、湯の山温泉・御在所ロープウエイ前停留所下車徒歩すぐ【車】新名神高速道路菰野ICより約10分
[駐車場]あり(1日1000円)
「御在所ロープウエイ」の詳細はこちら
「御在所ロープウエイ」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:御在所ロープウエイ株式会社)

メタセコイア並木【滋賀県】

2.4km続く約500本ものメタセコイア

(画像提供:びわ湖高島観光協会)

農業公園マキノピックランドを縦貫する県道小荒路牧野沢線には、約2.4kmものメタセコイア並木道が続きます。その数、約500本!

マキノ高原へのアプローチ道として高原らしい景観を造り出しています。

春の芽吹き・新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の裸樹・雪花と、四季折々に美しい景観は、遠景となる野坂山地の山々とも調和し、訪れる人々を魅了。

(画像提供:びわ湖高島観光協会)

白銀の田園の中に凛と立ち並ぶ姿は、冬ならではの光景。また、冬に見られる雪花は、気象条件が揃い枝に着雪した時のみ見られる貴重なもの。遠くから、そして近くからメタセコイアを堪能してくださいね。

\口コミ ピックアップ/
初めて訪れましたが、並木道の長さ、立派さに感動しました。車で走り抜けるもよし、ゆっくり歩くもよし、心が洗われました。
(行った時期:2020年12月)

気が向けばちょっと寄り道がてらに車で通るところです。真っすぐな道路でメタセコイアのトンネルを通るがごとく素晴らしい景色を楽しめます。ただ、ONシーズン?では人が多く、道路の中央まで出てきて写真を撮る方もおり、景色ばかり見ていると危ないです。私は雪の積もった時が一番好きです。(人が少ないから)
(行った時期:2020年12月)

■メタセコイア並木
[住所]滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野
[営業時間]24時間
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR湖西線マキノ駅より近江鉄道バスで約6分、マキノピックランド停留所より徒歩1分【車】名神高速道路京都東ICより約80分、北陸自動車道木之本ICより約30分
[駐車場]あり(無料)
「メタセコイア並木」の詳細はこちら
「メタセコイア並木」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:びわ湖高島観光協会)

貴船神社【京都府】

朱色の灯篭や鳥居が白く染まる姿に心洗われるよう

(画像提供:貴船神社)

京都の中でも山の奥にある貴船神社。縁結びにご利益があるとも言われ、注目を集めている神社です。全国に約500社を数える貴船神社の総本宮であり、京都でも屈指の歴史を誇るため、年間を通し多くの人々が訪れます。

雪が少なそうなイメージのある京都ですが、貴船神社周辺は雪が降ることも多いため、朱色の灯篭や鳥居が白く染まる姿を見ることができます。

(画像提供:貴船神社)

足元に気を付けて階段を上っていくと、さらにひっそりとした空間に。より一層神秘的な雰囲気に、心も洗われるようです。

\口コミ ピックアップ/
鞍馬から一山越えて貴船に入りました。紅葉は残念ながら終わっていましたが、灯篭が両脇に並ぶ階段は非常に良い雰囲気を出していました。これを見ただけで来てよかった、と思える神社だと思います。
(行った時期:2019年11月)

■貴船神社
[住所]京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
[参拝時間]【本宮開門】6時~20時(5月1日~11月30日)、6時~18時(12月1日~4月30日)【授与所受付】9時~17時
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】叡山電車貴船口駅より京都バスで約5分、貴船停留所下車徒歩約7分【車】名神高速東ICより約50分、名神高速南ICより約50分
[駐車場]あり(有料・2時間800円)
「貴船神社」の詳細はこちら
「貴船神社」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:貴船神社)

六甲山(自然体感展望台 六甲枝垂れ)【兵庫県】

展望台で見られる樹氷。ライティングイベントも開催

(画像提供:六甲山観光株式会社)

宝塚あたりから須磨にかけて広がる標高931mの六甲山。その上に立つ樹のような総檜葺きの展望台が「自然体感展望台 六甲枝垂れ」です。

展望台から眺められる夕陽、周囲に咲く四季折々の植物…。六甲山を様々な視点で体感できます。

また冬に気象条件が揃えば、この展望台のフレーム全体で結晶化した樹氷を見ることができます。大きな雪の結晶のように美しい様子をぜひ楽しみましょう。

(画像提供:六甲山観光株式会社)

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」では、2021年11月1日~23日、27日、28日に照明デザイナー・伏見雅之氏の演出による『六甲山光のアートLightscape in Rokko スペシャルライティング「心象光景」』を開催。

1000万色以上の色彩表現が可能なLED照明が創り出す幻想的な世界と、六甲山から望む夜景と共に、幻想的な光景を堪能してください。

■六甲山(自然体感展望台 六甲枝垂れ)
[住所]兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
[営業時間]【通常】10時~21時(受付終了20時30分)【2021年11月1日~23日、27日、28日】17時~21時(受付終了20時30分 ※約7分間の光の演出を繰り返し行います)※天候や緊急事態宣言発令等により、開催時間を変更する場合あり
[定休日]なし
[料金]【大人(中学生以上)】310円【子ども(4歳~小学生)】210円
[アクセス]【電車】JR神戸線六甲道駅より神戸市バスで約18分、六甲ケーブル下下車、六甲ケーブルで約10分+山上バスで約10分、六甲ガーデンテラス停留所下車すぐ【車】表六甲ドライブウェイより約10分
[駐車場]あり(【平日】500円【土・日・祝】1000円 ※繁忙設定日2000円)
「六甲山(自然体感展望台 六甲枝垂れ)」の詳細はこちら
「六甲山(自然体感展望台 六甲枝垂れ)」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:六甲山観光株式会社)

大山(だいせん)【鳥取県】

中国地方屈指の高さを誇る山。スノーシューなども堪能!

(画像提供:一般社団法人大山観光局)

標高1729mの中国地方屈指の高さを誇る「大山」。天気の良い日には、眼下に日本海の絶景を見ることができる絶景スポットです。

冬は、中国地方を代表するスキー場「だいせんホワイトリゾート」がOPEN。豪円山、中の原、上の原、国際の4つのエリアで構成され、初心者から上級者まで楽しむことが出来ます。

また、スノーシューを使ったアクティビティも好評!ふかふかの新雪の上を歩く感覚はとっても心地よく、初心者でもすぐに楽しめるのが魅力です。

(画像提供:一般社団法人大山観光局)

木々が生い茂っている時期は入ることが出来ない森で、ブナの巨木や動物の足跡を探すなど貴重な体験もできます。大山ツアーデスクではスノーシューレンタルやツアーを行っているので、ぜひ体験してみてくださいね。

\口コミ ピックアップ/
夏山も良いけど、雪山の絶景は格別に最高です。澄んだ空気を思いっきり吸い、何度も深呼吸~!気持ちイイ~。大山ブルーと雪山を体験して下さい。アイゼンをつけて登ることをお勧めします
(行った時期:2021年2月)

標高はそれほどありませんが、堂々とした風格のある人気の山です。ただし山頂まで登るのはなかなか急登コースで1日がかりになりますし本格登山装備は必要です。(一部抜粋)
(行った時期:2020年2月)

■大山
[住所]鳥取県西伯郡大山町大山
[営業時間]24時間
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR山陰本線米子駅より日本交通バスで約50分、大山寺停留所下車徒歩約10分で登山口付近【車】米子自動車道米子ICより15分
[駐車場]あり(冬期のみ有料 ※12月下旬~3月末、乗用車1日1000円))
「大山」の詳細はこちら
「大山」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:一般社団法人大山観光局)

国営讃岐まんのう公園【香川県】

四国唯一の国営公園。30000平米の光の演出は圧巻

(画像提供:まんのう公園管理センター)

総面積約350haの広大な園内でスイセン、チューリップ、ネモフィラ、アジサイ、コキア、コスモスなど季節の花々が咲き誇る国営公園。

広大な芝生広場や大型遊具、サイクリングコースや国内でも有数の規模と設備を誇るオートキャンプ場など充実した施設が魅力。イベント・各種体験教室なども開催しており、子どもから大人まで1日中楽しめるスポットです。

(画像提供:まんのう公園管理センター)

冬になると、丘陵地に敷き詰められた約30000平米のグランドイルミネーションが点灯!辺り一面が光り輝く風景はまさに幻想的です。

■国営讃岐まんのう公園
[住所]香川県仲多度郡まんのう町吉野4243-12
[営業時間]9時30分~17時 ※季節・イベント等により時間変更有り(イルミネーションイベントの期間は夜間開園有り)
[定休日]火曜 ※3月20日~5月31日、7月20日~8月31日、9月11日~10月31日は無休、12月29日~1月1日、1月第4水曜~金曜
[料金]【大人(15歳以上)】450円【シルバー(65歳以上)】210円【子ども(中小学生以下)】無料 ※駐車券付き年間パスポートなど設定あり
[アクセス]【電車】JR土讃線琴平駅より琴参バスで約16分、まんのう公園口停留所下車徒歩約30分【車】瀬戸中央自動車道坂出ICより約35分
[駐車場]あり(普通車320円、大型車1050円、二輪車100円)
「国営讃岐まんのう公園」の詳細はこちら
「国営讃岐まんのう公園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:まんのう公園管理センター)

雲仙市・妙見岳山頂付近の霧氷【長崎県】

島原半島のシンボル雲仙岳で見られる美しい霧氷

(画像提供:雲仙市役所)

島原半島のシンボルとも言われる雲仙岳。標高約1300mの妙見岳まで3分ほど、ロープウェイに乗れば到着。乗車中はもちろん、山頂駅でも四季折々の高山植物を楽しめるスポットです。

国の天然記念物に指定されているほど美しい雲仙の紅葉も見事ですが、冬の霧氷はまた圧巻!

空気中の水分が氷点下の風で木々に吹き付けられることで出来上がる霧氷は、自然が生み出す偶然の芸術。冬の風物詩としてはもちろん、霧氷観測を狙って訪れるなどリピーターも多いほどです。

(画像提供:雲仙市役所)

2月頃まで見られる霧氷。九州で霧氷が見られる山は少ないため、天気予報を確認して訪れてみてはいかが?

■雲仙市・妙見岳山頂付近の霧氷
[住所]雲仙市小浜町雲仙
[営業時間]仁田峠循環道路通行時間・冬季(11月~3月)8時~17時 ※積雪や路面凍結で通行止めになる場合あり
[定休日]なし ※荒天時にはロープウェイが運休する場合あり[料金]雲仙ロープウェイ・往復【大人】1290円【子ども】650円
[アクセス]【車】長崎自動車道諫早ICより85分(雲仙ロープウェイ乗り場より山頂駅まで徒3分)
[駐車場]あり(無料)
「雲仙市・妙見岳山頂付近の霧氷」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:雲仙市役所)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、感染拡大防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※掲載の価格は全て税込価格です。

VG探究部  VG探究部

グルメ、スポーツ、旅行、結婚など様々な分野の「もうちょっと知りたい」を発信