じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国【全国】日本の美しい”雪景色”30選♪冬しか見られない感動絶景スポット厳選!

【全国】日本の美しい”雪景色”30選♪冬しか見られない感動絶景スポット厳選!

2017.12.02

この冬、絶対に行きたい日本の美しすぎる「冬景色」をまとめてご紹介!
絵に描いたような雪景色、一度は見たい雄大な樹氷など…季節限定「冬の絶景」がいっぱい♪
世界遺産の白川郷など、全国各地の風情ある美しい風景は、まさに必見の美しさです。
ただし防寒は忘れずに★ぜひ、暖かい服装でお出かけくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

青い池 【北海道】

青い池
出典:じゃらん 観光ガイド 青い池
青い池
出典:じゃらん 観光ガイド 青い池

\口コミ ピックアップ/
何度も訪れていますが雨などの天候によって色が緑色になったり綺麗な青でない事もあります。冬は完全に凍りついていますが夜にはライトアップしてとても綺麗ですので期間、時間などを確認してからがオススメです。
(行った時期:2016年12月22日)

雪で当然真っ白でしたが、ライトアップは演出もあって良かったです。カメラが好きな方にもいいと思います。
(行った時期:2016年12月)

青い池
住所/北海道上川郡美瑛町白金
「青い池」の詳細はこちら

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群 【北海道】

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
出典:じゃらん 観光ガイド 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

旧国鉄士幌線のアーチ橋が大小あわせて約60保存されています。中でも糠平湖にかかるタウシュベツ川橋梁は、湖の水位により見られなくなることもあることから幻のめがね橋とも呼ばれており、風貌はローマの水道橋を思わせる風格があります。

\口コミ ピックアップ/
タウシュベツ橋梁を見に行きました。雪で糠平湖が凍っており、その上を歩いて橋のたもとまで行けて、感動の体験でした。
タウシュベツ以外のアーチ橋も、木々の葉っぱがないおかげで道路から見やすかったです。
(行った時期:2017年2月)

氷結した『糠平湖』の畔に、極寒の期間限定のお勧めのスポット『タウシュベツ川橋梁』☆彡
水位が下がる期間だけ湖面に浮かび上がる『古代ローマの遺跡』を思わせる歴史的な橋梁は、氷結した時季には足元の湖面からも見ることが出来ます!
(行った時期:2017年3月6日)

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
住所/北海道河東郡上士幌町字黒石平
「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の詳細はこちら

オホーツク海の流氷 【北海道】

オホーツク海の流氷
出典:じゃらん 観光ガイド オホーツク海の流氷
オホーツク海の流氷
出典:じゃらん 観光ガイド オホーツク海の流氷

オホーツク海は、冬になると海面の80%が流氷に覆われます。 流氷ができはじめるのは、11月中旬頃サハリンの北、アムール川河口付近の海上です。誕生した流氷は、どんどん成長しながら北風と海流に流され、2、000kmの旅をして、1月中旬頃網走の沖合に姿を現します。 流氷帯が近づくにつれて、沿岸の海水も凍り始め、一夜にしてオホーツク海が見渡す限りの白い大氷原に変貌します。

\口コミ ピックアップ/
ぜひ、夕方の時刻に行くことをオススメします流氷に夕日があたり、まるで燃えているようなとても美しい景色を見ることができます
(行った時期:2017年2月)

海面をまさに覆いつくしていた最高の時に訪れました。波に揺られて動くときに、流氷同士でこすれる音が聞こえました。大自然の迫力をあじわえます。
(行った時期:2017年2月)

オホーツク海の流氷
住所/北海道網走市オホーツク海
「オホーツク海の流氷」の詳細はこちら

小樽運河 【北海道】

小樽運河
出典:じゃらん 観光ガイド 小樽運河

運河に沿って、石造りの倉庫群や歴史的建造物などが点在している。夕暮れ時にガス燈の火が灯りはじめて、空にあわく夕陽が残っている光景は、なんともいえない趣があり、ロマンチックな雰囲気をかもしだしている。まわりには倉庫を改築したレトロなレストランなども多く、ぜひ一度は訪れてみたいスポットだ。
63基のガス燈が夜をロマンチックに盛上げる

\口コミ ピックアップ/
写真を撮られている方が多く、私たちもここを背景に写真を撮りました(笑)
北海道に行った時はぜひ寄ってみて欲しいスポットです。
(行った時期:2016年12月)

かなりキレイで美しいビュースポットです。冬にはゆきあかりの塔というイベントもあり、盛り上がります。おすすめです
(行った時期:2015年12月)

小樽運河
住所/北海道小樽市港町
「小樽運河」の詳細はこちら

支笏湖 【北海道】

支笏湖
出典:じゃらん 観光ガイド 支笏湖

支笏湖は支笏洞爺国立公園に属するカルデラ湖で、長径13km、短径5kmのほぼ東西に長いマユ型をしています。シコツとはアイヌ語で「大きな窪地」という意味で、周囲は約40キロ、最大深度は約363m、千歳市の重要な観光スポットとなっています。また、日本で最もきれいな湖の1つで、日本最北の不凍湖としても知られています。 支笏湖周辺にはオコタンペ湖や苔の洞門、風不死岳、恵庭岳、樽前山などの高さが1,000mを越す山々や、天然の深い森など、美しい自然が残されています。 支笏湖周辺には支笏湖温泉、丸駒温泉、いとう温泉の3つの温泉があるほか、ボート遊びやキャンプ、スキューバダイビング、カヌーなども楽しむことができるほか、「支笏湖湖水まつり」や「支笏湖紅葉まつり」、「千歳・支笏湖氷濤まつり」など、様々なイベントが開催されています。

\口コミ ピックアップ/
冬は支笏湖の周りの木や地面に雪が積もり、静かで眺めているだけで何だかほっとします。
特別なものはありませんが、自然を感じられます。
(行った時期:2017年1月)

支笏湖
住所/北海道千歳市
「支笏湖」の詳細はこちら

八甲田山の樹氷 【青森県】

八甲田山の樹氷
出典:じゃらん 観光ガイド 八甲田山の樹氷

蔵王,八幡平と同じくアオモリトドマツが広く分布し素晴しい樹氷をつくる。怪奇・神秘の境として有名。見頃は2月上旬~3月中旬。

\口コミ ピックアップ/
青森県に旅行に行った際に見てきましたが、とにかく寒いですが絶景の光景には目を奪われてしまい、本当に感動しました。
(行った時期:2016年1月)

神秘的な眺めです。寒いが、とても不思議なものなのでどれだけ見てもなかなか飽きません。厚着すると長居できます。笑
(行った時期:2015年1月)

八甲田山の樹氷
住所/青森県青森市八甲田一帯
「八甲田山の樹氷」の詳細はこちら

田沢湖 【秋田県】

田沢湖
出典:じゃらん 観光ガイド 田沢湖

水深423・4mという日本一深い湖。ルリ色といわれる美しい青は果てしない深さを思わせて神秘的。永遠の美貌を望んで龍に変身させられたといわれている「たつこ」の伝説が残っている。ほぼ円形の周囲は約20km。たつこ像、湖神を祀る御座石神社、姫観音像が点在し、観光拠点の春山から遊覧船も出ている。
瑠璃色に輝く水深日本一の神秘の湖

\口コミ ピックアップ/
予想以上に美しかった。
バスの本数が多くない事や売店も早く閉まってしまう事が難点。
雪景色の中で金色に輝く辰子像を鑑賞できて大満足でした。
次回は初夏にボートに乗って魚にエサをあげたいものです。
(行った時期:2016年2月)

雪が降った直後に一人で訪れました。
やはり寒かったのですが、空気が澄んでおり、湖と雪化粧の周囲のコントラストがとても綺麗でした。
(行った時期:2017年2月)

田沢湖
住所/秋田県仙北郡田沢湖町田沢
「田沢湖」の詳細はこちら

樹氷 (山形県上山市蔵王坊平高原) 【山形県】

樹氷(山形県上山市蔵王坊平高原)
出典:じゃらん 観光ガイド 樹氷(山形県上山市蔵王坊平高原)

シベリアからの季節風がアオモリトドマツの群生に衝突して凍りついたもので、人体に似た形状から「スノーモンスター」とも呼ばれる。

\口コミ ピックアップ/
圧巻の雪景色でした。寒かったけれど、樹氷が広がっていて、雪国の冬の厳しさ、大自然を感じることができました。
(行った時期:2017年1月)

旦那と結婚前にデートに行きました。
夜のライトアップは幻想的な風景で素敵でした。
やはり山の気温は低く防寒対策はしっかりとした方がいいですよ!
(行った時期:2016年1月)

樹氷(山形県上山市蔵王坊平高原)
住所/山形県上山市蔵王坊平高原
「樹氷(山形県上山市蔵王坊平高原)」の詳細はこちら

銀山温泉 【山形県】

銀山温泉
出典:じゃらん 観光ガイド 銀山温泉

銀山川をへだてて三層四層の木造の宿がズラリと建ち並んでいる。銀山温泉のお湯は、細かな湯花が混じった無色透明。湯治場の雰囲気が残っている点では全国でも有数の温泉「能登屋旅館 木戸佐左エ門」や「旅館 永澤平八」などと屋号が大きく書かれた漆喰(しっくい)の看板も珍しく、訪れる人々を大正レトロな雰囲気に誘う。温泉街には共同浴場が2ヵ所あり、日帰りでも気軽に銀山温泉のお湯を堪能できる。石畳の歩道沿いには足湯「和楽足湯(わらしゆ)」もあるので、川の流れや景色を眺めながら、ゆっくり会話を楽しみたい。

\口コミ ピックアップ/
温泉街独特の情緒とノスタルジックな感じを醸し出している。冬期は雪が多いが、雪景色も幻想的なのでオススメ。
(行った時期:2015年12月)

雪が降る中のお散歩は、しーんとした夜の静けさとライトアップされた町並みの中、素敵な経験でした。町自体はとても小さいですが、静かな場所でゆっくり露天風呂につかりたい人にはおすすめです。なお、この温泉は雪が降る時期にいくと、より良さがアップすると思います。
(行った時期:2016年12月)

銀山温泉
住所/山形県尾花沢市大字銀山新畑
「銀山温泉」の詳細はこちら

樹氷(宮城県刈田郡蔵王町) 【宮城県】

樹氷(宮城県刈田郡蔵王町)
出典:じゃらん 観光ガイド 樹氷(宮城県刈田郡蔵王町)

針葉樹林のアオモリトドマツなどに過冷却水滴が凍りついて出来るもの。幻想的景観。

\口コミ ピックアップ/
初めて樹氷を見たとき、とても感動しました。日常生活ではなかなか見ることのできないものなので、一度見てみてください。
(行った時期:2015年12月)

広々とした蔵王スキー場の登ったところで見える樹氷です。ロープウェイでも行くことができます。時期によってはライトアップされており、その景色はとてもきれいです。
(行った時期:2012年12月26日)

樹氷(宮城県刈田郡蔵王町)
住所/宮城県刈田郡蔵王町
「樹氷(宮城県刈田郡蔵王町)」の詳細はこちら

大内宿 【福島県】

大内宿
出典:じゃらん 観光ガイド 大内宿

昭和56年4月、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、全国的に脚光を浴びた。特徴としては、寄棟造りの建物が道路と直角に整然と並べられていることである。以前は、会津若松と日光・今市を結ぶ南山通り(会津西街道)の宿駅のひとつとして栄えた宿場町。

\口コミ ピックアップ/
雪深い時期に行きました。
雪景色の大内宿も素敵です。
ねぎ蕎麦も美味しかったですが、冬の栃餅もオススメ!
(行った時期:2013年1月)

冬の大内宿は雪が多く非現実的な景色を味わえます。
途中屋根に積もった雪(1mくらい)の塊を柄の長いスコップで落とす作業もしており、雪国の生活を間近で見れました。
(行った時期:2012年1月17日)

大内宿
住所/福島県南会津郡下郷町大字大内
「大内宿」の詳細はこちら

三十槌の氷柱 【埼玉県】

三十槌の氷柱
出典:じゃらん 観光ガイド 三十槌の氷柱

奥秩父の冬の名勝「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」は、岩清水が凍り作り上げられる氷の芸術です。寒さが厳しくなっていくと徐々にその姿を現していきます。

\口コミ ピックアップ/
厳しい寒さという環境からできる自然の芸術作品です。とても美しく素晴らしいものなので感動すら覚えます。
(行った時期:2017年1月)

秩父の中心街からだいぶ離れたところに、知る人ぞ知る冬の芸術がありました。期間限定でライトアップされている時に見に行き、あまりの美しさに心を奪われました。
(行った時期:2016年1月)

三十槌の氷柱
住所/埼玉県秩父市大滝
「三十槌の氷柱」の詳細はこちら

尾ノ内百景氷柱 【埼玉県】

尾ノ内百景氷柱
出典:じゃらん 観光ガイド 尾ノ内百景氷柱

尾ノ内渓谷に人工的に作った氷柱です。手前につり橋があり、ここからの眺めは圧巻です。夜間は電気自動車を電源としたライトアップも行われます。

\口コミ ピックアップ/
人の手で水を流して作った氷柱です。
手前の吊り橋と、視界いっぱいに広がる氷柱で、
ちょっとした「秘境探検」気分になれます。
(行った時期:2015年1月)

尾ノ内百景氷柱
住所/埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢996-1
「尾ノ内百景氷柱」の詳細はこちら

富士山 【山梨県】

富士山
出典:じゃらん 観光ガイド 富士山

\口コミ ピックアップ/
河口湖旅行に行った際にとても綺麗な富士山を見ることができました。やはり冬の空気が澄んでいる時期が一番おすすめです。
(行った時期:2015年12月)

富士山は心を清めてくれる素晴らしい場所だと思います。晴天だったため、非常にきれいな雪富士を拝むことができました。寒すぎるわけでもなく、この時期の富士山は最高だと思います。
(行った時期:2015年12月5日)

富士山
住所/山梨県南都留郡鳴沢村字富士山
「富士山」の詳細はこちら

上高地 【長野県】

上高地
出典:じゃらん 観光ガイド 上高地

\口コミ ピックアップ/
冬でも歩いてなら、行くことができます。ただし、雪歩きの装備が必要で、スノーシューがベストです。
中の湯のバス停から釜トンネル(ライトが必要)を抜けてアプローチ。穂高・焼岳などの素晴らしい景色を独り占めできますが、経験者と同行のこと。
(行った時期:2015年1月13日)

全国的にも観光地として名高い上高地ですが、私のオススメは雪のつもり出す冬です。かなり寒いですが景色は最高です。
(行った時期:2016年12月)

上高地
住所/長野県南安曇郡安曇村上高地
「上高地」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

ランキング