青森県のレンタカー検索・予約

全国のレンタカーを予約できる!

地図から探す

今選択中のエリアで再読み込み

日付・条件から探す

貸出場所
貸出日時
返却場所
返却日時
予算

車両タイプを選択

レンタカー会社から探す

青森県のドライブスポット情報

奥入瀬渓流
奥入瀬渓流

青森県にある人気のドライブスポット「奥入瀬渓流」と「浅虫水族館」を紹介していきます。 奥入瀬渓流は、十和田湖畔子ノ口から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流です。奥入瀬を代表するのが、テレビや雑誌で紹介されている阿修羅の流れで、生い茂る木々の間を流れる水がつくりだす景観は大変力強く感じられます。 また、高さ20mで断崖から三段になって落下する雲井の滝や、奥入瀬本流にかかる唯一の滝である銚子大滝は、春夏秋冬それぞれ違った顔を見せるので、どの季節に訪れても魅力的かつ感動的な自然を堪能できます。運が良ければイワナ、カモシカ、トウホクサンショウウオを発見できるかもしれません。 浅虫水族館は本州最北端の総合水族館で、約300種の生き物が飼育されています。15mのトンネル水槽を通ると、まるで海底散歩をしているような気分になります。イルカやラッコ、ペンギンなど人気の動物たちもいるので小さなお子様でも楽しむことができますよ!1日に4〜5回、映像と光を使ったイルカのショーも開催されています。入場料は、大人・高校生1,020円、小・中学生510円です。 奥入瀬渓流には、渓流に沿って車道や歩道が作られているので、車内からも素晴らしい景観が堪能できます。浅虫水族館は、青森東ICから国道4号線を経由すると15分で着くので、ちょっと立ち寄ってみるのもいいですね。

弘前城
弘前城

青森県にある「弘前城」は、国の重要文化財に指定されているお城です。今回は、その周辺の見どころや、ドライブスポットをご紹介します。広大な敷地面積を誇る「弘前公園」の中にある「弘前城」は、東北で唯一の現存天守として知られています。3棟の櫓、5棟の門、9つの橋など数多くの名所をすべて巡るルートもあるので要チェック。また、公園からほど近い場所にある武家屋敷も観覧することができます。追手門から入って本丸へと向かい、武家屋敷のある仲町へと出ます。その後、亀甲門(北門)から再び園内に入り、東門へと抜けるルートです。「弘前城」は四季を通じたイベントの舞台としても有名なので、1年を通していつ訪れても楽しめます。他にも、弘前市内には「長勝寺」や「最勝院五重塔」「弘前昇天教会」「カトリック弘前教会」など寺社や教会が点在していて、さまざまな文化にふれることができるのも魅力の一つ。曹洞宗(禅宗)の三十三ヵ寺が連なる「禅林街」は、厳かな雰囲気で心が洗われるようですね。そして弘前市は「お城とさくらとりんごのまち」としても知られています。東北自動車道大鰐弘前ICから程近く、国道7号線沿いにある、「道の駅ひろさきサンフェスタいしかわ」の直売所ではりんごや農産加工品をはじめ、新鮮な農産物を手に入れることができますよ。

下北半島
下北半島

今回ご紹介するドライブコースは、青森県北東部にある「下北半島」。まず、国道279号線を通って夏泊半島や釜臥山を見ながら、「下北半島」の玄関口である野辺地町からむつ市へと向かいます。そして快適なシーサイドドライブを満喫しながら、鯛島や自衛隊大湊基地に停泊する護衛艦隊、対岸の青森市街地といった眺望を楽しむこともできます。他にも、八戸市方面から「下北半島」へ向かう際に利用する国道338号線は、手つかずの自然が残る小川原湖を見ることも可能。「小川原湖公園」まで行って休憩がてら森林浴をするのもいいですね。半島内ではニホンザルが飼育されている「脇ノ沢」の野猿公苑や、寒立馬が牧草地に放牧されている「尻屋崎」など、愛らしい動物と出会えますよ。また、日本三大霊山の1つとしても知られる「恐山」や、長い年月をかけて自然が作り上げた岩々「仏ヶ浦」といった神秘的なスポットもあり、まさに見どころ満載です。さらに下北半島には、薬研温泉、下風呂温泉などの温泉もあるので、ぜひ足を運んで心も身体もリフレッシュしてみては。豊かな自然や海、動物、温泉と、旅の醍醐味を一気に味わえる下北半島へ、素敵なドライブの旅に出かけてみませんか?

他の都道府県からレンタカーを探す